「characters/ヴァージル・ベルナルドゥス」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

characters/ヴァージル・ベルナルドゥス」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *設定
 【名称】ヴァージル・ベルナルドゥス
 【外見】中性的な外見(性別不詳)。長い金髪に碧眼。
 【星辰】星
 【属性】道理
 【霊格】23
 【背景】
 “同じ星の下の別人”という概念を専門とする天使。ほかの世界における同じ星の下の別人への理解から、このパーマフロスト世界におけるその人物の理解に繋げることを目指している。自身が他世界を観測したり干渉したりはあまりしない。
 中性的な外見なのは、“これなら男にも女にも見えないから天使と理解されやすいだろう”という考えに基づいているためらしいが、他の天使がそんなことない以上どう考えても無意味である。
 良くも悪くも官僚的な性格で、目の前の問題を最も効率的な方法で対処することを好み、自分の手の届かないところには触れようとしない。
 専門性より一般性を重視する道理天使にありながらなぜかデータ解析、低温環境下の物理現象・気象現象などの分野においてやたら専門的な知識を持っている。官僚というよりテクノクラートというべきなのかもしれない。
 天使としての物質世界への干渉能力を高級言語によるルーチンで数式的に制御するスタイルをとっている。このため物質世界の解析能力は高いが、ライブラリそのものの安定性が問題になる霊子戦や電子戦的な状況はあまり好まない。
 *能力値
 【太陽】4→5 【月】6→7 【星】7→8 【大地】4
 *詠唱
 >一切の無駄なく。
 >一切の無理なく。
 >一切の無策なく。
 >……合理化の刃は無毛なる特異点を招く剃刀。
 #co{
 *使用したルーチン
 **[permafrost:0207]
 >電磁場形成プログラム起動。「魔弾の射手」ルーチン展開。
 >電磁場によりケルカンの手の中にある剣を逆向きに加速。
 **[permafrost:0269]
 >―電磁気学的制御プログラム起動。荷電粒子加速ルーチン展開。
 **[permafrost:0280]
 >―電磁気学的制御・荷電粒子加速ルーチン起動。
 >荷電粒子ビームにより攻撃。月の3を使用、達成値9。
+**[permafrost:0291]
+>―『連弾』クエリ1・統計力学的制御・エネルギー収束。エネルギー準位の高い領域を生成。
+>―『連弾』クエリ2・電磁気学的制御・荷電粒子加速。高エネルギー領域で対生成された電子・陽電子砲撃。
+>数条の電子と陽電子のビームは600の誘導弾の弾道をそれぞれ阻む地点で重なり対消滅し、誘導弾を誘爆させる。
 **[permafrost:0306]
 >データリンクオープン。ポート21開放。情報取得開始。統計処理ルーチンを起動。
 **[permafrost:0321]
 (詠唱つき)
 >―相対論的制御・時間曲率制御ルーチン起動。
 **[permafrost:0363]
 >―汎用事務処理ライブラリ起動。天使炉に関する報告を作成。
 >―ステガノグラフィールーチン起動。報告にヴァージル・ベルナルドゥスの電子署名付与。
 >―暗号化ルーチン起動。報告を暗号化、鍵強度はエデンの計算能力において二十四時間分相当。鍵共有はオフ。
 >―無線通信ライブラリ。炉の高出力電磁波のノイズに偽装して暗号文を送信。
 **[permafrost:0395]
 >(分子運動制御ルーチン:弾丸、起動)
 >「どこにも導けない、ね」
 >(…施設を傷つけないようにしなければならないのですから厄介です。本当は近接戦闘なら電磁気学的制御の打撃力を使いたいんですが)
 >起動したルーチンが空気を昇華させ形成した無数の極小の氷晶が浮かぶ後ろで、星天使は小さく肩を竦める。
 >(―射出)
 >極小の窒素の弾丸は、その軌道上で気体に戻りながらも目にもとまらぬ速度で黒天使に向かって飛翔する。
 }
 *セッション一時データ管理
 [[データ管理>characters/ヴァージル・ベルナルドゥス/データ解析]]