EV145

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

はじめに


 帝國および共和国全域で確認さている「人の形質問題」は、さまざまなグループの研究により、「環境に適応した結果であり、病気の類ではない」と言う結果が出ました。
 つまり、適応しなければならない問題が、各所にあると言う事です。
 この研究データは各国に配布され、星鋼京はこれを参考に、聯合国と歩調を合わせてこの問題を撃滅します。


 大まかな内容は以下の通りです。

  1:直接市場取引の許可制導入
  2:時間外取引の禁止
  3:25歳以下の身体改造の禁止(医療目的などの例外あり)
  4:満天星との合同軍事演習
  5:T14星満軍事経済相互協力協定
  6:星鋼京を中核とした、越前・満天・星鋼京による市場システムの強化

 大方針としては、各国の形質問題の中で出来る範囲でカバーをしあい(4・5)、星鋼京内の形質問題に対処をしつつ(1・2・3)、その結果で市場が消沈化しないようにカウンターを当てていく(5・6)と言うのが狙いとなります。
 以下に各内容の詳細を記述します。


直接市場取引の許可制導入

現在の市場取引を、原則として許可を持つ企業が個人投資家や一般企業などの市場取引を仲介する形にします。
個人投資家や一般企業がワンクッション置いて市場と接する形となり、個人投資の過熱を防ぐのが狙いです。


時間外取引の原則禁止

時間外取引が、値段の不正操作や不正取引に利用される可能性がある事は事実です。
また、24時間市場に張り付く事による、健康問題も生まれます。これを解消するための身体改造は、前述の人の形質問題への対処のため、これを制限します。


25歳以下の身体改造の禁止

医療目的を除く、身体的に成熟していない肉体への身体改造は禁じます。
これは成長途中の体を機械化することへの弊害を抑制するためです。
また、身体改造は人の形質問題にも関わる為、電脳化を行う際は、施術者並びに被験者は藩国に届出を出し、許可を受けた後に施術を行う事を義務付けます。
この際、生体遺失率の高い電脳化は禁止とし、違反した場合は、電脳に制限を掛ける措置を施した上で、罰則を課すとします。
なお、すでに改造されている方も届出を義務とし、通常の肉体への置換手術については、医療控除を受けられるようにします。
クローン問題のときにも同じような事が話題に上がった事もあるので、それを覚えておられる方もいると思います。


満天星との合同軍事演習

満天星にて行われる軍事演習に、星鋼京の藩国部隊として参加します。
越前藩国の許可の下、EAIシステムの実地テストも兼ねます。
この期間の藩国内の警備は、警察組織に頑張って頂く事になりますが、有事の際には即帰還する予定です。
こちら、希望者は抽選により観覧可能ですので、宜しければご参加ください。
(参照:http://www9.atwiki.jp/doudan/pages/170.html
同時に、星鋼京の市場システムへの協力として、先方から経済専門家を派遣して頂きます。


T14星満軍事経済相互協力協定

満天星―星鋼京間の軍事経済相互協力協定を締結します。
これは、合同演習を基本とした有事に備えての軍事協力と、星鋼京の市場経済への経済専門家による助成を旨とした協定です。
(正式文面:http://www9.atwiki.jp/doudan/pages/172.html



星鋼京を中核とした、越前・満天・星鋼京による市場システムの強化

前述のT14星満軍事経済相互協力協定において、派遣された経済専門家の方を含んだ「星鋼京派遣経済専門家グループ」を発足します。星鋼京からは、市場・銀行関係者および有識者から、政府主導で選び出した方をメンバーに据えます。
このグループにより、星鋼京国内の金融関係の正常な範囲での良化を図ります。
またこのグループは、越前藩国から星鋼京に試験的に提供される金融アプリケーションなどのプログラムやインターフェイスの利用に関しての実地テスト及び意見交換も行います。

電子取引用の通信プロトコルについて標準化委員会を設け、越前・星鋼京主体でこれに取り組みます。この際、市場・銀行・証券取引会社の電子システム管理者と投資家の助言を受けることとします。満天より派遣された経済専門家の方にも、同じように助言を受けます。これは、市場を実際に使う人間の意見を取り入れる事で、より適正な標準化を行うためです。

これらの強化により、効率的な取引を行えると想定されます。時間あたりの取引量も増やせる可能性もあります。


国民全体がより良い暮らしを目指していく事は、政府としても喜ばしいことであります。
しかし、電脳化を進めた後の身体で、皆が目指した生活を満喫できるでしょうか。

文責:サカキ、ポレポレ・キブルゥ
認可:セタ・ロスティフンケ・フシミ
最終更新:2009年06月10日 00:19
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。