※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

開発環境/linux/Ubuntu-9.10/PSPLINK



PSP Forums in JAPANのPSP 用開発ツールを参考にさせて頂きました。


前提として、psptoolchainがインストールされているものとします。


PSPLINKのダウンロード


適当なフォルダに移動して
svn co svn://svn.pspdev.org/psp/trunk/psplink


PSPLINKのインストール



usbhostfs_pcはpsplibrariesをインストールした人ならば既に入っていると思います。

ここでは

  • PSPLINKv2.0(PSP用のバイナリ)
  • usbhostfs_pc
  • pcterm(Windowsのtelnetのようなもの)

のビルドとインストールを説明します。

cd psplink
make release

これでreleaseフォルダが生成されます。
中はこんな感じ。

LICENSE README pc psplink_manual.pdf scripts v1.0 v1.5 v1.5_nocorrupt

バイナリはv1.0やv1.5のフォルダ内に生成されるので、それをPSPにコピーして下さい。




次にusbhostfs_pcとpctermをインストールしますが、
sudo make install-clients
と普通に打ってもpsp-configのパスが通っていないので失敗します。


Ubuntuのsudoはセキュリティの問題で環境変数の継承ができません。
が!

alias sudo="sudo env PATH=$PATH"
と入力すると何故かユーザーの環境変数が継承できます…。

するとpsp-configへのパスが通るので

sudo make install-clients
が成功します。


これでusbhostfs_pcとpctermがインストールされます。
お粗末様でした。

PSPLINKの設定


PSPにコピーしたpsplinkの中のpsplink.iniを以下のように編集します。

+psplink.ini
# Example psplink configuration file.

# usbmass=[0 1] Enable USB mass storage. Set to 1 to enable automatically
usbmass=1

# usbhost=[0 1] Enable USB host file system. Set to 1 to enable automatically
usbhost=1

# pid=num Set the product ID for hostfs allows you to use multiple PSPs at one time
# Must specify the PID using the -p option of usbhostfs_pc
# pid=0x1C9

# pluser=[0 1] Enable the PSPLink user module
pluser=1

# resetonexit=[0 1] Specify wheher to reset psplink when sceKernelExitGame
# is called
resetonexit=1

# sioshell=[0 1] Specify whether to start up the sio shell
sioshell=0

# kprintf=[0 1] Specify that SIO should be used for kprintf only, setting sioshell
# to 1 overrides this setting.
kprintf=1

# wifi=[0..N] Specify wifi should be enabled, the number is the
# configuration to use if > 0
wifi=0

# wifishell=[0 1] Specify whether to start up the wifi shell
wifishell=0

# usbshell=[0 1] Specify whether to start up the usb shell
usbshell=1

# usbgdb=[0 1] Specify whether to use USB gdb or wifi gdb
usbgdb=1

# startsh=path Specify a script to run at startup
# startsh=ms0:/scripts/start.sh

# conshell=[0 1] Specify whether to start up the console shell
conshell=0

# consinterfere[0 1] Specifiy whether the consoleshell may interfere with
# programs in execution
consinterfere=0

# the commands that is run when buttons are pressed in the console shell
conscrosscmd=ld ms0:/sprite.elf
conssquarecmd=thlist
constrianglecmd=modlist
conscirclecmd=
consselectcmd=meminfo
consstartcmd=ls
consdowncmd=scrshot ms0:/scshot.bmp
consleftcmd=usbmoff
consrightcmd=usbmon
consupcmd=cop0

# prompt=... Set the psplink shell prompt
# There are some escape characters, mainly %d to print the current dir
prompt="%d> "

# path=... Set the psplink shell path
# Each path is separated by a semi-colon, you can specify up to around 128 characters
# path=ms0:/apps;ms0:/

# pcterm=[0 1] Indicates whether we are using pcterm as a client or normal
# tools
pcterm=0

# baud=[4800..115200] Set the SIO baud rate (should only use as a last resort)
# baud=115200

# modload=path Load a module on start up, repeat as necessary for more modules

# Example: load the modules for networking
# modload=flash0:/kd/ifhandle.prx
# modload=flash0:/kd/pspnet.prx
# modload=flash0:/kd/pspnet_inet.prx
# modload=flash0:/kd/pspnet_apctl.prx
# modload=flash0:/kd/pspnet_resolver.prx


PSPLINKの使用



PSPとPCをUSBケーブルで接続して「PSPLink 2.0 Final」を起動して下さい。
PC上でホームにさせたいディレクトリに移動
alias sudo="sudo env PATH=$PATH"
sudo usbhosts_pc
作業しているフォルダがhost0:/の場所になります。


PSP内のディレクトリに移動するには
pcterm
cd ms0:/psp/game


EBOOT.PBPを起動するには
./EBOOT.PBP