まわし

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

基本的にが回転軸だと思ってね


だいたいのまわしはぷよ通と変わらない。
ここでは、ぷよふら(以下、ふらと呼ぶ)がぷよ通と違うところ、ふらにしかない仕様について言及する。



クイックターン

知っている人も多いと思うがふらや2ぷよではクイックターンが回転一回でできる。ぷよ通と同じだと思い2回押すと360度回転してしまうので注意。
また、無駄に0回転をしていると、溝に入った後でボタンを押して致命的な置きミスになりかねないので注意。
厳密にはまわしにクイックターンは入らないと思うが、このクイックターンの仕様が、ふらのまわしを難しくする最大の原因だと思われる。



左(右)3回転の落とし穴

ふらでは、左3回転しても一段上にぷよが掛からず、蹴ってしまう。よって、3回転したあとに右にひとつ移動しなければならない。右はその逆である。
※ここに注意※




画面外のふるまい

13段目でぷよが横になっているとき、ぷよ通では下に向かって回転することはできないが、ふらではできる。ってかぷよ初代やぷよ通以外なら全部できる。
☚これはぷよ通でもふらでもできる。

☚これはぷよ通ではできない。  (説明上、一段下げて考える)

なお、タッタカタ等で14段目にぷよがいっても、ぷよ通のようにぷよが消えることは絶対にない。従って予期せぬ暴発や予期せぬ連鎖が起こることもしばしば。



1列越え等

通では1列越えは時間が経ってもでき、あわよくば2列越えができるか、というところだが、ふらではデフォルトの状態から2列越えも3列越えも4列越えも可能。
しかし、タイミングは結構シビアなので、一発で決めるのはなかなか難しい。
ふらにはオプションに移動intarvalというものがあり(デフォルトは0.15秒)、それを小さくすれば3列越えでも4列越えでも簡単にできるようになる。
ただしすべりやすさは半端なくなるので実践に活用するのは無謀。多少のすべりを覚悟して0.125秒にするのも手。



壁越え

2列目と4列目が12段埋まっているとき、脱出するには、回転一回押したあと、左右どちらかに移動するだけで1列目や5列目にいける。
このとき、クイックターンの仕様より、180度回転した状態で脱出するので注意。2つめのぷよが見える前に回転をしないと越えられなくなるので注意。
回転一回押したあと、移動せずにすばやくもう一回回転すると、ぷよ通で3回ボタン押したのと同じことになり、そのまま整地すればその場でちぎることができる。もう一度同じボタンを押すと、360度回転したことになる。つまり、新しいぷよが出てすぐ、回転一回で脱出可能で、そこからは普通のふるまいと同じである。
⇒回転一回⇒(☚このまま移動するだけで越えられる)

⇒左回転一回⇒⇒整地⇒ (説明上一段下げて考える)

しかし、2列目と4列目のうち、一方が13段以上、もう一方が12段埋まっているとき、
3列目から見て13段以上埋まっている方向への回転だけでは何回押しても12段は越えられない。12段の方向の回転なら一回押すだけで越えられる。
実際にやってみるといい。
⇒(この場合右回転しないと越えない)⇒ (説明上一段下げて考える)



13段目越え

ぷよ通では13段越えなどできない。その理由は上にあるが、ふらでは色々な方法で13段目まで積みあがったぷよを越えることができる。
12段のとなりに13段があるとき
なんとかして12段の上にぷよを運び、そこから3回転やタッタカで越えられる。

12段から1列空いて13段があるとき
なんとかして12段の上にぷよを運び、そこから1列越えをすれば越えられる。

2列目と4列目のうち、一方が13段、もう一方が12段のとき
これはひとつ上に含まれ、壁越えを駆使し12段の上に行き、そこからの1列越えで越えられる。
しかし、全く別の方法があり、それは回転ボタン一回で壁越えができることに起因する。
13段の方向への回転をした後、もう一度どちらかの回転をして移動するだけで13段を越えられるのである。そのとき、ぷよは90度、あるいは270度回転した状態で越える。壁越えを知ったとき、180度回転した状態で越えられるのだから回転軸でないぷよが上にあがって横になれば13段も越えられるのではないか、と思った方もいるかもしれないが、全くその通りである。
⇒右回転一回⇒⇒もう一度右回転⇒

⇒左へ⇒⇒右回転して1列目へ⇒ (説明上一段下げて考える)


2列目も4列目も13段埋まっているとき
この状態になればぷよ通でもふらでも、どんなに回転をガチャガチャやっても脱出することはできない。
消せない場合は、速やかに自殺しよう。ところが、ふらにおいては例外がある。それは3列目が11段埋まっているときである。このときは、回転ボタンを3回押せば13段を越えられる。そしてそれは左右の順番によらず180度回転した状態で越える。
しかしいずれにせよ勝てる見込みがあるならともかく、負け確なら速やかに自殺しよう。
 NEXT       左上の状態では次のを何としてもやり過ごしゾロで発火したい。
                              そこで13段越えを試みる。(説明上2段下げて考える)
☚ぷよが出てすぐ回転3回するとこの状態になる。

☚移動して好きな位置にやり過ごそう。   ☚発火!

これをすると15段までぷよが積みあがることになるが、消してみると上に乗ったぷよもちゃんと降りてくる。


以上のことを使えば13段の上にぷよを運べる。ふらでは13段目、14段目だからといってぷよの動きに制限はないので、13段のとなりに14段があったなら(ry



バグ(?)

こんな経験はないだろうか。仲の良い人とふらっていて残り1マスしかないときなどに回転や移動をガチャガチャやっていて、ぷよが消えたと思ったらフィールド外に出ていた・・・なんてこと。これは開発者も予期せぬバグ(?)だと思われる。筆者も完全にわかっているわけではないが、どうやらふらのぷよフィールドの高さはぷよ15段分で、まわしを駆使し15段目までぷよを運べばフィールドを越えられる模様。(新たに確認事項があれば編集してください)このフィールド外にでたぷよは、
普通の振る舞いができ、フィールド内の1段目の高さまで降りるとなぜか1連鎖をする。そのぷよは消えない。4個つなげても消えない。画面外でちぎればちぎり数も増える。1連鎖しても得点が増えるわけではなく、0×1という意味不明な計算をする。だが落下ボーナス分のお邪魔は行く模様。そして画面外のぷよを13段積み上げると1連鎖をしなくなる。これは幽霊の効果が残っているためと思われる。そしてこの画面外のぷよは次の試合が始まっても消えずに見守ってくれる。
また、READY GOやWin、Loseの文字の場所がおかしくなる。
このバグの瞬間を捉えた実戦⇒re1658091
参考リプレイ⇒re1802937
次の対戦(上の試合で画面外に置いたぷよが対戦者には残っているため、リプレイ上では空中に置いているようになる)⇒re1802956




最終更新:2014年08月28日 10:06
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。