※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【CMヒーローデータ集】カテゴリです。
『サントリー/BOSS』の宇宙人ジョーンズシリーズのあらすじデータ集です。
(旧HPから移転しました。)

2006年

初登場

初登場は牛丼屋。そばに座ったサラリーマンが、自分の事を話題にしながら全く自分に気づいてないのを見て、この星の住人は「結構抜けている」と感想を漏らす。
その後、工場、家電量販店、宅配便等の仕事に従事しながら地球人の観察を続ける。
宅配便の仕事をしてる時に、視覚がセンサーモニター的になって状況(駐禁取り締まりに引っかかった)を分析していた。
宅配時にドアを怪力で開閉した為、蝶番を破損。ドアをはずしてしまった。
しかしそこまで急いでも取り締まりに間に合わず、二度目の駐車違反を犯してしまう。

カラオケショップ

’06年秋よりよりカラオケショップに勤め始める。
若者のがなり立てる音楽は嫌いだが、八代亜紀さんだけは「泣ける」。
お気に入りは『舟唄』で、自分でも口ずさんでいた。

2007年

ホスト

2007年最初の仕事はホスト。「この惑星の住人は無意味な順位を競い合っている」と評価。
とはいえ、やはり順位は気になるらしく、日焼けサロンで肌を焼いたりしていた。
そこで「この惑星の日焼けサロンはすごい」と感想を漏らす。
ちなみに発奮のきっかけになったのは、女性客が言った仕事向いていないことの発言に対して気に障ったらしく、その客が食べようとしていたフルーツ(?)のスプーンを超能力で曲げてしまった(超能力を見せたのは初めて)。

春の就職先は競走馬のいる牧場。引退したディープインパクトが1日3回も種付けの仕事をすると聞いて「この惑星では退職してからもキツい」と感想を漏らす。
▽夏の仕事は公園での無料誌(『ホットペッパー』)配布。
公園に来ている人々が犬を連れているのを見て、地球人が犬と呼ばれる小動物と共生していると報告する。
自分でも「豆柴は可愛い」と手を出すが、噛みつかれてしまう。

07年7月、空港の手荷物検査官に就職。
家族旅行の子供たちが金属探知機で遊ぶのを両親(上島竜兵さん・広川ひかるさん夫妻)が全く注意しないので、
大声で叱りつけ、周囲の客たちに拍手される。子供たちは子役俳優。
その際一瞬、宇宙人の正体を現しかける(耳がとがり、黒目が小さくなる。CG処理)。

辞令

07年9月…地球を離れる宇宙船(『2001年宇宙の旅』のディスカヴァリー号に似ている)。
中に乗っている背広姿のジョーンズ氏。その手には地球での任務終了を告げる辞令が握られている。
宇宙船には他の宇宙人も同乗しており、口々に地球についての文句を述べる。
ジョーンズ氏も「ろくでもない星だった」と同感だったが、それでも地球の缶コーヒーだけはやめられないと、結局地球に戻ってしまう。

07年11月…今回は温泉旅館の番頭さんに就職。
地球人が“温泉と呼ばれる液体”に浸かってリラックスするのを不思議に思う。
しかしお客さんに誘われてやった温泉卓球は楽しかったらしい。

2008年

08年最初の任務は、宇宙人デーブと宇宙人ゆうこりんと共に秋葉原の調査。
メイド喫茶でオムライスを食べさせてもらった。
しかし結局二人ともジョーンズと一緒に地球に戻り、缶コーヒーを飲む。
地球捜査が続行されるかどうかはまだ不明。

2009年

刑事

09年6/20…NTV系で放映されたドラマ『太陽にほえろ!』の七曲署捜査一係に配属。