※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『逃走中』アイテム一覧】カテゴリです。
ここでは『逃走中』(フジテレビ系)に登場したアイテムをまとめます。

★逃走中2011~卑弥呼伝説~(11.1/16)

賞金単価減額装置
最初のミッションの際に卑弥呼の屋敷に登場。制限時間内に2つのレバーを下さないと賞金単価が200円から100円になる。
ワラ, 果物の種
卑弥呼の屋敷に入るため必要なアイテム。
村の住人が持っているが、譲渡してくれない人もいる。
王の鏡
卑弥呼が魔術を使うのに使用する鏡。王の証でもあるため大臣が欲しており、逃走者にハンター1人消滅と引き換えに入手するように指示を出した。
黒い服
卑弥呼の屋敷の人間が着ている服で最初のミッションの際、話には出てくるが、実際に使用可能になるのは王の鏡入手のために大臣が逃走者に貸し出すとき。

★逃走中2011~大統領暗殺計画~(11.3/6)

自首用電話
エリア2ヵ所に設置された携帯電話。これで電話をすると自首が成立する。
王の鏡
前回のキーアイテム。封印されていたが発掘され展示されている。
監視カメラ
ゲームマスターの手により乗っ取られた遊園地の監視カメラ。
これを使い監視が行われ見つかるとハンターに位置情報がばれてしまう。
阻止するためには監視カメラのプラグを抜いて電源を落とさなければいけない。
アラーム
逃走者の左腕に装備されたアイテム。
既定時間になると始動し徐々に音が大きくなりハンターに見つかりやすくなってしまう。
これを止めるためには、警備室か迷子センターに置かれている工具箱のペンチでコードを切らなければいけない。
なお、警備室の工具箱には鍵がかかっており、鍵の場所はスナイパーによりロッカーに閉じ込められた山村警備員を救出して聞かなければいけない。
賞金リセット装置
スナイパーの逃走用の車に装備された装置。
残り5分になるとスナイパーがこの車で逃げるとともに、装置につながれた鎖を引き抜きスイッチが起動され、獲得賞金(クリア時6万円)がリセットしてしまう。
阻止するためには下記の防犯ネットでスナイパーを捕まえなければいけない。
防犯ネット
エリア2か所に置かれている防犯用のネット銃。
ヘリで上空から携帯電話に送られるニュース映像を頼りにこれをスナイパーに当てればスナイパーを捕まえられる。

★逃走中エピソード1~ハンター誕生~(11.4/10)

自首用電話ボックス
エリア内に2ヵ所設置された電話ボックスで、ここから電話することで自首が成立する。
ハンター放出レバー
エリア内に設置されたコンテナ車の中に3つ隠されたレバーで、これを下すと観覧車ハンターが放出される。
カードキー
ダミーハンターの胸ポケットに入っているカードキーで、それぞれのサングラスのフレームの色(赤・青・黄色の3色)に対応したボックスのカギをロックできる。
逃走者カード
この時点でゲームを行っているプレーヤーの写真が貼られたカード。
このカードを引かれた人2人は残り55分になると“強制失格"となってしまう。
時限装置
逃走者の腕にセットされた装置で逃走者カードをひかれた2人はセンサーが反応する。ただし、暗証番号‘903’を入力すれば停止できる。
指紋認証装置
屋内エリア2か所に設置された装置で、これに逃走者全員の諮問を認証するとエリア内に置かれたコンテナ車が移動し時計台から解除番号を知ることができる。
実は屋内に設置していたのはこの後のミッションへの布石だった。
携帯電話無効化装置
ミレイに操られた2人のエキストラにより一部逃走者に取り付けられた装置。
これにより取り付けられた4人は携帯電話が強制的にOFFとなってしまい、この4人には観覧車ビルの封鎖通知ミッションおよび装置発動後の確保通知が伝達されない。
4人を助けるためには、4人を見つけ装置を外してミッションを教えてやる必要がある。
なお、この装置はゲームのため用意されたものではなく、サトシをはめようとたくらむミレイが独断で用意した物である。
冷凍銃
ミレイの策略により放出されたハンターへの対抗策として、サトシが逃走者への救援物資として転送した物で5丁用意されている。
残り20分までに指定コンテナへ赴くことでゲットでき、1丁につき1人のハンターを強制冷却し機能を停止させれる。

  • 情報提供:ブベンボーさん