羅幻王国紹介文

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

羅幻王国紹介文

こちら、『にゃんにゃん共和国』所属の『羅幻王国』の紹介文になります。
羅幻王国についてご紹介する前に『無名世界観』『電網適応アイドレス』についてご紹介します。


★砂漠の海の国 羅幻王国、貴方はそこで一人の老人に出会い、羅幻王国について聞いた。


★その方『無名世界観』をご存知か? 望遠鏡を持った老人は言った。
 
  無名世界観』とは、芝村裕吏氏が手がける多くの物語作品に共通する背景設定です。
  これらの作品群は、実はひと結びに繋がっているのです。いわゆるクロスオーバーものですね。
  それぞれの世界は困難や危機と戦いながら未来を目指しています。
 

★その方『アイドレス』をご存知か? 夜空に輝く光の戦士達を見よ。
 
  『電網適応アイドレス』は、これら『無名世界観』における『最後の希望』です。
  世界群の危機を、それでも滅せない時に現れる、異世界の戦士達。
  フィクショノーツ。仮想飛行士とも呼ばれる戦士たちの物語。 
  その全ての作品世界を巻き込んだ戦いこそが『電網適応アイドレス』です。
 

★その方『共和国と帝國』をご存知か? 城の上に輝かしく光る旗を見よ。
 
  『電網適応アイドレス』でフィクショノーツ達は、ニューワールドという異世界に
  『にゃんにゃん共和国』『わんわん帝國』という国を持っており、彼らはその国を細分化した
  『藩国』があります。 貴方はその『藩国』の国民であり、希望の光でもあります。
 

★その方『羅幻王国』をご存知か? 老人はスコップを剣の様に道路に突き立て、海を見た。
 
  『羅幻王国』は、猫好きの人々の国『にゃんにゃん共和国』に属する『藩国』です。
  『羅幻王国』は、工兵と整備士と商人と輸送の国です。彼らにとって輸送が誇りであり
  海路、陸路の輸送を行い、工兵と整備士は民の安全と生活環境を整え、商人は彼らの懐を温めます。


 

それでは、藩国の詳しい内容を見られたい方は、どうぞこちらへ。

羅幻王国 紹介文《詳細版》 

羅幻王国 紹介文 《詳細版2》

藩国が今現在どういう状況なのか知りたい方は、どうぞこちらへ。

羅幻王国紹介文 B世界に来るまで

羅幻王国紹介文 T20終了後含めて
ーー

TOPに戻る

 

最終更新:2017年10月05日 01:39