羅幻王国紹介文 B世界に来るまで

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■羅幻王国紹介文 B世界に来るまで


『電網適応アイドレス3』に置いて、羅幻王国では多くの戦い災厄が起きました。
各地で大規模な爆弾テロ。警官たちによる反乱と亡命。激しい銃撃戦。
そして藩国は腐った大地の中に堕ちました。 

巨大な迷宮が生まれ、そこから瘴気が溢れ、共和国の空を覆いました。

瘴気は数々の生物のその形質を乱し、魚であれば人魚へと姿を変えました。
『フィクショノーツ』達は、瘴気を止めるべく、藩国民達を置いて、多くの世界を貫く巨大な地下迷宮に降りていきました。


 

後に『迷宮競技会』とも言われる暗い迷宮を降りる『フィクショノーツ』達、数々の罠と敵と
戦いながら、奥へと進みました。 この迷宮は、途中に出口があり、その先は異世界に繋がっていました。
この迷宮は多くの世界を貫く迷宮だとされています。
迷宮を降りる『フィクショノーツ』達。

その迷宮の先で、彼らはある方に会い、瘴気を止め、地上に戻されたと聞きます。



転送された『フィクショノーツ』達の前に広がった世界は、瘴気はなく
ただただ荒廃しており、瘴気の影響によって汚染された者達が動き、多くの屍が倒れる世界でした。

『羅幻王国』の『フィクショノーツ』達は、
そこで『たくさんの沈んだ船が重油を垂れ流している状況』を見たといいます。

 


多くの国に生き残りが避難しており、そこでも多くの争いが起こっていました。
『フィクショノーツ』達は、そこで彼らを助け、国を復興させるべく動き出しました。

そこが、A世界と数々の死闘を繰り広げてきたB世界であると分かるのは、その後しばらく経っての事でした。

B世界の復興は苦難との連続でした。 食糧の供給と配布、住宅建設と配布、そして衛生管理。
資源を用意、農業機械を修理、燃料施設を復活、食料生産地の復活、遺体の埋葬墓地整備。
それに並行する形で様々な問題が噴出していました。その一つ一つが非常に困難なものばかりでした。

 


しかし、悪いことばかりではありませんでした。
『フィクショノーツ』達の行動で義勇復興団が結成されました。
そして、ある国の放った火を放ちました。世界の半分を焼いた
その火は、雨を誘い、B世界に雨をもたらしました。行政組織は復活し、各地の工場は動き出しました。
ネクロマンサー達により腐食した海の復活が行われました。



しかしそれでも、問題は数多く残っていました。
ナショナルネットの汚染。 各地の藩国に蠢く瘴気により変異した者達。
藩王の暗殺を企む者達。 今後の大規模戦闘の可能性が示唆され、編成講習、内政テストが行われました。


その後、2014年9月を持って、『電網適応アイドレス3』は停止しました。
数々の問題を残して、一旦休みの時期に入ることになりました。

 

それから、2年と数ヶ月 2017年6月 再び、アイドレスが開始されようとしています。


 

現在の状況:

現在、迷宮を通って、元いた世界ではなく、元いた世界と似ていますが大きく異なる

B世界にいます。 B世界羅幻王国の状況は、《たくさんの沈んだ船が重油を垂れ流している状況》 だった。

その後、色々なイベントが起きて、腐った海、義勇復興団の結成、水の問題、行政組織の復活、各地の工場の稼働が

行われ、数々の問題がなくなりました。 ただ問題は多く残っています。 今そういう状況です。

 


羅幻王国紹介文

TOPに戻る

 

 

 

 

 

最終更新:2017年07月07日 13:28