伝統的治療観と現代的支援観

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

言語の遅れに対して、従来は

音声訓練や、検査や助言などを行う「言語治療」がなされていた。

言語治療の対象は限られており、全てのケースをカバーできなかった。

 

障害のある人の中でも言語発達は個人差が大きく、伝統的な治療観ではカバーしきれなくなった。

治療だけでなく、環境面など総合的に対応し、言語発達を支援する考え方へと変化してきた。