CrescentRose


名称  大口径狙撃鎌 / HCSS(High Caliber Sniper Scythe)
愛称  Crescent Rose(クレセント・ローズ)
形状 
使用者 Ruby Rose(ルビー・ローズ)

概要

  • 公式にはハイキャリバー・スナイパーサイス(High Caliber Sniper Scythe: HCSS)とされ、「大口径狙撃鎌」と訳される。携行時は小さく折りたたまれてルビーの腰背に下げられており、そのまま狙撃銃として用いたり、展開して身の丈よりも大きな鎌にし、斬撃を繰り出したりできる。鎌形態では簡単な動作で刃の角度を変えることも可能。また刃の先端部を地面に突き刺し、モノポッドの代わりにすることもできる。

  • どの形態においても銃として扱うことができる。大口径と名のつく通り、威力もかなり高いらしく、射撃は腰撃ち(銃形態時)や刃を地面に突き刺し、モノポッド化しての固定撃ち(鎌形態時)で安定するようである。ルビーはこの強い反動を利用し、跳躍や高速移動に利用したり、鎌の動きを加速させたりするなどの使い方をしている。また、刃を相手に押し当てた状態で発砲すると、その反動で強い斬撃が飛ぶなどの応用的な使い方もある。しかし射撃を用いなくとも樹木を一撃で両断するなど、ルビー自身のポテンシャルの高さもその威力の一因である。

  • マガジンは板状であり、柄に装填することで補給でき、薬莢も近い部分から排出されているところをみると、造形としては鎌の柄が狙撃銃と化しているというのが近い。また特殊な模様の描かれたマガジンも使用しており、このマガジンを装填すると射撃や反動の威力が増している描写がある。

  • シグナル・アカデミーの『武器は自主制作すること』という方針から作られた、ルビーによる手製の武器。オズピン教授の話では、最も危険な武器であり扱えるのは一人しか居ないとも(実質ルビーのみ?)。ビーコン・アカデミー到着時は他生徒の武器に目移りし興奮していたルビーだが、かなりの愛着があるらしく「やっぱり一番はクレセントローズ」だそうな。

タグ:

+ タグ編集
  • タグ:

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

最終更新:2015年01月24日 18:18