※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Excel操作 その1 (PowerShell)でやったように、ブックやシートのオブジェクトをつかんでしまえば他の言語とほぼ一緒なわけですが。 めもめも

値の操作

# セルに値を入れる
$sheet.Cells.Item( $resultRowIndex , $column ).Value2 = 123

# セルの値を取り出す
$value = $sheet.Cells.Item( $resultRowIndex , $column ).Value2

# セルの表示文字列を取得(書き込めない)
$text = $sheet.Cells.Item( $resultRowIndex , $column ).Text

書式コピー

# 書式コピー指定
$xlPasteFormats = -4122

# 行単位で書式をコピー
$source = $sheet.Range("$fromRow`:$fromRow")
$dest = $sheet.cells.Item( $destRow , 1)
[void]$source.Copy()
[void]$dest.PasteSpecial( $xlPasteFormats )