変身ヒーロー Ver.2

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

部品構造


  • 大部品: 変身ヒーロー(職業4)akiharu国 RD:38 評価値:8
    • 部品: 概要:akiharu国の変身ヒーローとは
    • 部品: 取得制限
    • 大部品: 変身ヒーローの可能行為・能力 RD:8 評価値:5
      • 部品: 変身ヒーローの能力の使用制限
      • 部品: 変身能力
      • 部品: 白兵戦闘行為
      • 部品: 治安維持行為
      • 部品: 不殺の拳
      • 部品: 変身による能力強化
      • 部品: 幸運の女神の微笑み
      • 部品: みんなの応援
    • 大部品: 変身ヒーロー(職業4)akiharu国の可能行為 RD:2 評価値:1
      • 部品: I=Dのパイロット・コパイロット行為
      • 部品: バイク操縦行為
    • 大部品: 職業としての変身ヒーローの義務 RD:2 評価値:1
      • 部品: 公的組織への所属
      • 部品: 私刑の禁止
    • 大部品: ヒーローの心 RD:4 評価値:3
      • 大部品: ヒーローの正義心 RD:2 評価値:1
        • 部品: 正義とは何かを考え続ける心
        • 部品: 力を振るうことの責任と悪について
      • 部品: 無謀ではない勇気
      • 部品: 諦めない心
    • 大部品: ヒーロー協会による訓練 RD:8 評価値:5
      • 部品: 訓練の意味
      • 部品: 運動訓練
      • 部品: I=D操縦訓練
      • 部品: 知恵の授業
      • 部品: 正義の授業
      • 部品: バイク訓練
      • 部品: 合体技訓練
      • 部品: 卒業試験
    • 大部品: マテリアライズ・スフィア RD:6 評価値:4
      • 部品: ヒーローの証
      • 部品: 個別認証
      • 部品: 開発秘話
      • 部品: 強化スーツ
      • 部品: カスタマイズ機能
      • 部品: コンパクト設計
    • 大部品: ヒーローブレス RD:4 評価値:3
      • 部品: 標準的な機能
      • 部品: ヒーロー協会からの出動要請
      • 部品: 救援信号
      • 部品: 頑丈設計
    • 部品: 国是「みんななかよく」
    • 部品: 多種族で競い高められた身体能力



部品定義


部品: 概要:akiharu国の変身ヒーローとは

akiharu国の変身ヒーローとは、akiharu国技術開発部によって開発された「マテリアライズ・スフィア」より発生する強化ヒーロースーツを纏い変身するヒーローたちである。
akiharu国変身ヒーロー協会の厳しい訓練を受け、能力的にも精神的にも成長して、卒業試験を合格できた者のみ、「マテリアライズ・スフィア」が支給され、変身ヒーローとして認められる。
彼らの目指すヒーロー像は一人ひとり異なる為、ヒーロー協会が開発した様々なオプション装備を目的に合わせ自由にカスタマイズしている。
したがって、一人として同じ姿のヒーローはいないが、自由と平和を愛する心はひとつ。彼らは日夜akiharu国を守っているのだ。

部品: 取得制限

1.みんなを守る意思
2.平和を愛する心
3.ヒーローの正義心
4.変身できる者
5.ニューワールド全体の道徳観念に沿った善なる者
以上条件を満たした者だけが、変身ヒーローを名乗ることが出来る。
さらに、akiharu国民であること。また、akiharu国変身ヒーロー協会(国営組織)による6年以上のヒーロー訓練を受け、
卒業試験と人格テスト(面談と機械的心理テスト)に合格したもののみ取得できる。
人格テストでは、人を殺すのが正しい、平和だと信じているような危険思想を持つ者やサイコパスを除外する。
また、問題が発見された場合は、即座にマテリアル・スフィアの使用権限がなくなり、変身ヒーロー着用資格が停止される。

また、変身ヒーローは他の職と問題なく併用できる。そのほとんどの行動(上記の取得制限に抵触しない場合のみ)において力を発揮することができる。
これは、変身ヒーローの力が、変身による着用者自身の全般的基礎能力向上によるものである為である。



部品: 変身ヒーローの能力の使用制限

変身ヒーロー(職業)が扱える一般的な行為や能力。もちろん、変身ヒーロー(職業)を持つ者のみが使用できる。

部品: 変身能力

変身するからこそ変身ヒーローである。
種族特性などの先天的理由、またはアイテムなどによる後天的理由で変身する者が変身ヒーローを名乗れる。
全身タイツに着替えるのも、立派な変身という扱いである。
ここでの変身にはドラッグ等による一時的肉体強化を含まない。


部品: 白兵戦闘行為

変身ヒーローは白兵戦闘行為が可能である。正々堂々姿を現して戦う、というヒーローの戦闘スタイルを貫く者は多い。

部品: 治安維持行為

変身ヒーローは治安維持行為が可能である。ヒーローたちは一般人の目線から、日々国の治安を陰から守っているのだ。

部品: 不殺の拳

変身ヒーローは敵を不殺のまま捕縛し、とらえることができる。
日夜国の治安を守る変身ヒーローたちは、自分たちが捕まえた犯人が法の裁きを受け、更生することを願っている。


部品: 変身による能力強化

変身ヒーローは変身することで、能力が全般的にアップする。体力、筋力はもちろん、感覚や器用さ、頭の回転まで速くなる。
これは日々の鍛錬の成果が、変身することで無意識に制限していた部分を超えて発揮される為である。
要するに火事場の馬鹿力を、変身をスイッチに意識的に引き出すことで、能力を向上しているのだ。
先天的変身の場合はこの論に必ずしも当てはまるわけではないが、少なからずこのような側面を持つだろう。

部品: 幸運の女神の微笑み

ヒーローには銃弾が当たらない…そんな場面を見たことがないだろうか。
変身したヒーローは統計学的に明らかに運がよくなることが多い。正義の行いによって幸運の女神が微笑むのか、身体能力向上の結果なのかは判明していない。

部品: みんなの応援

助けた子供がありがとうと言ってくれる。周りの皆が頑張れと言ってくれる。それだけで体の底から力が湧き出して強くなる。なった気がするのだ。

部品: I=Dのパイロット・コパイロット行為

akiharu国の変身ヒーローはI=Dのパイロット、コパイロット行為ができる。
変身ヒーローの資格を取得する際のヒーロー協会の訓練においてI=D操縦技術は修得が必須である。

部品: バイク操縦行為

akiharu国の変身ヒーローはバイクの操縦行為が可能。
変身ヒーローの資格を取得する際のヒーロー協会の訓練においてバイク操縦技術は修得が必須である。
つまるところ、akiharu国産バイク、バトルマンティスに搭乗できる能力である。


部品: 公的組織への所属

職業として変身ヒーロー保持者は各国の公的機関(政庁・警察・ヒーロー協会等)に届け出をして活動許可と所属の許可を得なければならない。
その際には身元調査の同意書及び住所・経歴などを書いた書類の提出が義務づけられている。
PCの場合は所属国の政府機関に認知されている扱いになる。
義務以上に、公的組織所属のメリットとして、情報の共有・警察組織や他のヒーローとの連携がしやすくなることがあげられる。


部品: 私刑の禁止

私刑とは、法と刑罰権に基づくことなく、個人または集団により執行される私的な制裁、リンチのこと。
誰であっても、法律の定める手続きによらなければ、その生命もしくは自由を奪われ、または他の刑罰を科せられない。
変身ヒーローであるないにかかわらず私刑は禁止されている。


部品: 正義とは何かを考え続ける心

ヒーローとは、何かのために誰かが犠牲になることを悲しいと感じ、それを防げないかと常に考え続ける存在。
助けを呼ぶ者の声を聞き逃さず、手を伸ばせる者。良心を大切にし、それが広まっていくことを是とする者。
各々が胸の内にある正義を大切にし、時には他人の正義に触れて、自分の正義を見つめなおすことが出来る者。
それが真のヒーローである。

部品: 力を振るうことの責任と悪について

ヒーローが力を振るうとき、そこに失われるものがあることを忘れてはならない。
この世界では数多く悲劇が起こり、その加害者にも大なり小なり納得できる理由が存在する。
なぜ悪なのか、悪だから倒さなければいけないのか。ヒーローはそれを考え、理解したうえで戦わないといけない。
でないと悪が救われない。悪は粉砕するものじゃなくて、救うものだ。


部品: 無謀ではない勇気

強大な敵でも、逃げず臆せず立ち向かう。そんな勇気を持つ者がヒーローである。
しかし勇気と無謀は別である。一人では敵わない敵に無謀に突っ込むことは勇気ではない。
現代のヒーローには、強大な敵に対して、仲間や警察などと連携をとり対応していくことが求められている。

部品: 諦めない心

圧倒的劣勢や一朝一夕に解けない問題でも、挫けず諦めずに挑み続ける心がヒーローには必要だ。
そんなヒーローがみんなの先頭に立つことによって、その背中を見る人々も諦めずにいられるだろう。

部品: 訓練の意味

目的は「ヒーローになるための訓練」であるが、何事にも通じる基礎能力の向上と、人格形成を非常に重視した授業内容となっている。
前者は、基礎体力及び判断能力・思考力の強化、仲間との信頼を育み、連携能力を高めるといったものであり、
後者は正義の授業はもちろん、一見関係ないI=D訓練及びバイク訓練においても、機械や生物を愛する心を育むなどの副目標が掲げられている。

部品: 運動訓練

ヒーローには戦うための体力と力が必要である。
ヒーロー協会では最新のトレーニング器具での強化訓練はもちろん、厳しい教官の下、転がる岩から逃げるなどの訓練授業が開催されている。

部品: I=D操縦訓練

巨大ロボを操ることはヒーローにとって必須の技術である。よってヒーロー協会でもI=Dの操縦訓練を行っている。
本職パイロットにも劣らぬ操縦技術を身に着けるだけでなく、ロボを愛する心を育み、他の乗組員と心を一つにするのだ。


部品: 知恵の授業

ここでの知恵は、「知識」ではなく、「判断力」と言う意味での知恵である。ヒーローにはその場の機転で対処しなければならない場面が数多くある。
また、悪の口車にのらない、騙されないことも重要な課題である。
教官の言葉「諸君、我々の仕打ちに対して納得行かないことも多々あるだろう。
だがそれが世界の流れというものだ。ただ理不尽に対して暴力で抗うか、それとも別の道を探るか。
その答えが諸君の胸の内に芽生えていることを私は願っている」

部品: 正義の授業

正義の心、言わずとしれた、ヒーローに最も大切なものである。
正義の授業では、「これ」と決めた正義ではなく、様々な実例を元に各々の正義を考え話し合う。そしてどうすればよかったのか考える心を身に着けるのだ。
教官の言葉「正義というものは、人それぞれ、星の数ほどある。誰の胸にも、君の胸にも宿っている。
誰かを傷つける悪を倒すことが正義か。大切な人々を守り抜くことが正義か。
力を振るうことには常に責任が伴う。正義とは何か。悪とは何か。常に考えてくれ」 

部品: バイク訓練

本来は藩王の趣味で行われていたバイク訓練だが、ヒーロー専用バイク、バトルマンティスの開発によって、正式にカリキュラムに組み込まれた。
バトルマンティスは生きたバイクである。その為、通常のバイク操縦技術の訓練に加え、バトルマンティスと心を通わせる訓練も行われる。

部品: 合体技訓練

様々なヒーローが存在するakiharu国、その為、他のヒーローとの連携は必須事項である。
お互いの長所を理解しあい、苦手なことをフォローしあう。そんな訓練の末に生み出されるのが合体技である。


部品: 卒業試験

様々な訓練を耐え抜き、ヒーローに必要な心を学んだヒーロー候補生たちは、卒業試験に挑む。
身体能力と知恵、そして正義の心を試される試験に合格することで
一人前のヒーローと認定され、変身アイテムとしてヒーローの証であるマテリアライズ・スフィアを授与されるのだ。

部品: ヒーローの証

akiharu国の変身ヒーローとしての証であるマテリアライズ・スフィア。ヒーロー協会の卒業試験に合格した者のみ授与される。
また、ヒーローが悪事を働くなど、変身ヒーローとしてふさわしくない所業を行った場合、マテリアライズ・スフィアの機能は協会が凍結する。
このとき、マテリアライズ・スフィアは点滅し、そのヒーローがヒーロー権限を凍結されたことを示している。
なお、この変身アイテムは協会の会員証も兼ねており、偽造や複製を防ぐため、様々な技術が使われている。そのため、内部構造についてはブラックボックスとなっている。

部品: 個別認証

マテリアライズ・スフィアには個別認証がされており、授与された個人以外では変身が不可能である。
また、他のオプションパーツもマテリアライズ・スフィアと連動して個別認証がされるようになっている。

部品: 開発秘話

 時はT12末、そしてオフシーズン。変身ヒーローのアイドレスの開発がakiharu国技術部では始まっていた。
ただでさえTLO問題でピリピリしていた情勢下である。絶対にTLOにするわけにはいかない、と皆が頭を悩ませたが、一つだけ光明があった。
 「変身」のワードとポーズに対応して強化スーツが全身を覆う、そんなヒーローが大量発生する世界が第6世界群の1つにある。
通称「カーリー・ザ・ライトニング」の世界。この世界で使用された技術を手本として開発は進められた。
 そして完成したのが、強化スーツとその発生装置であるマテリアライズ・スフィアである。

部品: 強化スーツ

マテリアライズ・スフィアに内臓された強化スーツ。「変身」の掛け声やポーズをとることによってマテリアライズ・スフィアから取り出し、身にまとうことが出来る。
着用者の力を増幅するとともに、命を守ることを第一とした設計になっている。


部品: カスタマイズ機能

強化スーツの外見は個人が好きなようにカスタマイズできる。これはヒーローのやる気に直結する重要な機能である。
デザインの一例として、スペースシェリフ系、ライダー系、超人系などがある。またデザインが異なっても能力に優劣はない。

部品: コンパクト設計

変身アイテムは非常に小型であり、別売りのオプションと組み合わせることで、ベルトのバックルや腕時計、携帯電話などに偽装することができる。
むろんワンドやステッキ、コンパクトのような魔法少女系ヒロインのアイテムにすることもできる。

部品: 標準的な機能

見た目はただのデジタル腕時計だが、時計機能のほかに地図アプリや通信アプリが入っている。ヒーロー協会や交友がある他のヒーローたちと無線通信が可能。
アプリ等は音声認識対応。また追加アプリをヒーロー協会で購入可能である。
オプションパーツのため、マテリアライズ・スフィアと連携して個人認証がはたらく。

部品: ヒーロー協会からの出動要請

警察の手に負えない事件が発生すると、ヒーロー協会に通報が入り、ヒーローたちに出動要請が入る。
事件の発生場所が伝えられ、すぐに近くのヒーローが駆け付けられるようになっている。

部品: 救援信号

単独で事件に遭遇した時、ヒーローブレスのボタンを押すことによって救援信号が発せられる。近くにいるヒーローの元に届いて救援を呼ぶことが出来る。
akiharu国のヒーローは一人でない。仲間と協力することで速やかに事件解決し、被害を最小限にするのだ。

部品: 頑丈設計

ヒーローブレスは過酷な戦闘の最中にも壊れないよう頑丈設計を第一に考えられている。また耐水性能が高く、水中でも機能する。

部品: 国是「みんななかよく」

akiharu国の国是である「みんななかよく」。akiharu国のヒーローの考え方の基本の一つである。
種族がばらばらであっても国は一つである。国は違っても共和国は一つである。そして帝国ともなかよくやっていきたい。
そんな風に分け隔てなく、助けの手を伸ばせる心。
そして、悪人だって捕まって法の裁きを受け、罪を償って更生すればなかよくできるかもしれない。
そう考えることができること。

部品: 多種族で競い高められた身体能力

人・猫・カマキリ、それぞれみんな違ってみんな良いだが、身体能力の差というものはある。力強いカマキリに張り合って力で活躍するには相当な努力がいるだろう。
助ける相手より強くなりたい、そんな気持ちがヒーローたちの日々の訓練へ向ける情熱を高めている。



提出書式


 大部品: 変身ヒーロー(職業4)akiharu国 RD:38 評価値:8
 -部品: 概要:akiharu国の変身ヒーローとは
 -部品: 取得制限
 -大部品: 変身ヒーローの可能行為・能力 RD:8 評価値:5
 --部品: 変身ヒーローの能力の使用制限
 --部品: 変身能力
 --部品: 白兵戦闘行為
 --部品: 治安維持行為
 --部品: 不殺の拳
 --部品: 変身による能力強化
 --部品: 幸運の女神の微笑み
 --部品: みんなの応援
 -大部品: 変身ヒーロー(職業4)akiharu国の可能行為 RD:2 評価値:1
 --部品: I=Dのパイロット・コパイロット行為
 --部品: バイク操縦行為
 -大部品: 職業としての変身ヒーローの義務 RD:2 評価値:1
 --部品: 公的組織への所属
 --部品: 私刑の禁止
 -大部品: ヒーローの心 RD:4 評価値:3
 --大部品: ヒーローの正義心 RD:2 評価値:1
 ---部品: 正義とは何かを考え続ける心
 ---部品: 力を振るうことの責任と悪について
 --部品: 無謀ではない勇気
 --部品: 諦めない心
 -大部品: ヒーロー協会による訓練 RD:8 評価値:5
 --部品: 訓練の意味
 --部品: 運動訓練
 --部品: I=D操縦訓練
 --部品: 知恵の授業
 --部品: 正義の授業
 --部品: バイク訓練
 --部品: 合体技訓練
 --部品: 卒業試験
 -大部品: マテリアライズ・スフィア RD:6 評価値:4
 --部品: ヒーローの証
 --部品: 個別認証
 --部品: 開発秘話
 --部品: 強化スーツ
 --部品: カスタマイズ機能
 --部品: コンパクト設計
 -大部品: ヒーローブレス RD:4 評価値:3
 --部品: 標準的な機能
 --部品: ヒーロー協会からの出動要請
 --部品: 救援信号
 --部品: 頑丈設計
 -部品: 国是「みんななかよく」
 -部品: 多種族で競い高められた身体能力
 
 
 部品: 概要:akiharu国の変身ヒーローとは
 akiharu国の変身ヒーローとは、akiharu国技術開発部によって開発された「マテリアライズ・スフィア」より発生する強化ヒーロースーツを纏い変身するヒーローたちである。
 akiharu国変身ヒーロー協会の厳しい訓練を受け、能力的にも精神的にも成長して、卒業試験を合格できた者のみ、「マテリアライズ・スフィア」が支給され、変身ヒーローとして認められる。
 彼らの目指すヒーロー像は一人ひとり異なる為、ヒーロー協会が開発した様々なオプション装備を目的に合わせ自由にカスタマイズしている。
 したがって、一人として同じ姿のヒーローはいないが、自由と平和を愛する心はひとつ。彼らは日夜akiharu国を守っているのだ。
 
 部品: 取得制限
 1.みんなを守る意思
 2.平和を愛する心
 3.ヒーローの正義心
 4.変身できる者
 5.ニューワールド全体の道徳観念に沿った善なる者
 以上条件を満たした者だけが、変身ヒーローを名乗ることが出来る。
 さらに、akiharu国民であること。また、akiharu国変身ヒーロー協会(国営組織)による6年以上のヒーロー訓練を受け、
 卒業試験と人格テスト(面談と機械的心理テスト)に合格したもののみ取得できる。
 人格テストでは、人を殺すのが正しい、平和だと信じているような危険思想を持つ者やサイコパスを除外する。
 また、問題が発見された場合は、即座にマテリアル・スフィアの使用権限がなくなり、変身ヒーロー着用資格が停止される。
 
 また、変身ヒーローは他の職と問題なく併用できる。そのほとんどの行動(上記の取得制限に抵触しない場合のみ)において力を発揮することができる。
 これは、変身ヒーローの力が、変身による着用者自身の全般的基礎能力向上によるものである為である。
 
 
 
 部品: 変身ヒーローの能力の使用制限
 変身ヒーロー(職業)が扱える一般的な行為や能力。もちろん、変身ヒーロー(職業)を持つ者のみが使用できる。
 
 部品: 変身能力
 変身するからこそ変身ヒーローである。
 種族特性などの先天的理由、またはアイテムなどによる後天的理由で変身する者が変身ヒーローを名乗れる。
 全身タイツに着替えるのも、立派な変身という扱いである。
 ここでの変身にはドラッグ等による一時的肉体強化を含まない。
 
 
 部品: 白兵戦闘行為
 変身ヒーローは白兵戦闘行為が可能である。正々堂々姿を現して戦う、というヒーローの戦闘スタイルを貫く者は多い。
 
 部品: 治安維持行為
 変身ヒーローは治安維持行為が可能である。ヒーローたちは一般人の目線から、日々国の治安を陰から守っているのだ。
 
 部品: 不殺の拳
 変身ヒーローは敵を不殺のまま捕縛し、とらえることができる。
 日夜国の治安を守る変身ヒーローたちは、自分たちが捕まえた犯人が法の裁きを受け、更生することを願っている。
 
 
 部品: 変身による能力強化
 変身ヒーローは変身することで、能力が全般的にアップする。体力、筋力はもちろん、感覚や器用さ、頭の回転まで速くなる。
 これは日々の鍛錬の成果が、変身することで無意識に制限していた部分を超えて発揮される為である。
 要するに火事場の馬鹿力を、変身をスイッチに意識的に引き出すことで、能力を向上しているのだ。
 先天的変身の場合はこの論に必ずしも当てはまるわけではないが、少なからずこのような側面を持つだろう。
 
 部品: 幸運の女神の微笑み
 ヒーローには銃弾が当たらない…そんな場面を見たことがないだろうか。
 変身したヒーローは統計学的に明らかに運がよくなることが多い。正義の行いによって幸運の女神が微笑むのか、身体能力向上の結果なのかは判明していない。
 
 部品: みんなの応援
 助けた子供がありがとうと言ってくれる。周りの皆が頑張れと言ってくれる。それだけで体の底から力が湧き出して強くなる。なった気がするのだ。
 
 部品: I=Dのパイロット・コパイロット行為
 akiharu国の変身ヒーローはI=Dのパイロット、コパイロット行為ができる。
 変身ヒーローの資格を取得する際のヒーロー協会の訓練においてI=D操縦技術は修得が必須である。
 
 部品: バイク操縦行為
 akiharu国の変身ヒーローはバイクの操縦行為が可能。
 変身ヒーローの資格を取得する際のヒーロー協会の訓練においてバイク操縦技術は修得が必須である。
 つまるところ、akiharu国産バイク、バトルマンティスに搭乗できる能力である。
 
 
 部品: 公的組織への所属
 職業として変身ヒーロー保持者は各国の公的機関(政庁・警察・ヒーロー協会等)に届け出をして活動許可と所属の許可を得なければならない。
 その際には身元調査の同意書及び住所・経歴などを書いた書類の提出が義務づけられている。
 PCの場合は所属国の政府機関に認知されている扱いになる。
 義務以上に、公的組織所属のメリットとして、情報の共有・警察組織や他のヒーローとの連携がしやすくなることがあげられる。
 
 
 部品: 私刑の禁止
 私刑とは、法と刑罰権に基づくことなく、個人または集団により執行される私的な制裁、リンチのこと。
 誰であっても、法律の定める手続きによらなければ、その生命もしくは自由を奪われ、または他の刑罰を科せられない。 
 変身ヒーローであるないにかかわらず私刑は禁止されている。
 
 
 部品: 正義とは何かを考え続ける心
 ヒーローとは、何かのために誰かが犠牲になることを悲しいと感じ、それを防げないかと常に考え続ける存在。
 助けを呼ぶ者の声を聞き逃さず、手を伸ばせる者。良心を大切にし、それが広まっていくことを是とする者。
 各々が胸の内にある正義を大切にし、時には他人の正義に触れて、自分の正義を見つめなおすことが出来る者。
 それが真のヒーローである。
 
 部品: 力を振るうことの責任と悪について
 ヒーローが力を振るうとき、そこに失われるものがあることを忘れてはならない。
 この世界では数多く悲劇が起こり、その加害者にも大なり小なり納得できる理由が存在する。
 なぜ悪なのか、悪だから倒さなければいけないのか。ヒーローはそれを考え、理解したうえで戦わないといけない。
 でないと悪が救われない。悪は粉砕するものじゃなくて、救うものだ。
 
 
 部品: 無謀ではない勇気
 強大な敵でも、逃げず臆せず立ち向かう。そんな勇気を持つ者がヒーローである。
 しかし勇気と無謀は別である。一人では敵わない敵に無謀に突っ込むことは勇気ではない。
 現代のヒーローには、強大な敵に対して、仲間や警察などと連携をとり対応していくことが求められている。
 
 部品: 諦めない心
 圧倒的劣勢や一朝一夕に解けない問題でも、挫けず諦めずに挑み続ける心がヒーローには必要だ。
 そんなヒーローがみんなの先頭に立つことによって、その背中を見る人々も諦めずにいられるだろう。
 
 部品: 訓練の意味
 目的は「ヒーローになるための訓練」であるが、何事にも通じる基礎能力の向上と、人格形成を非常に重視した授業内容となっている。
 前者は、基礎体力及び判断能力・思考力の強化、仲間との信頼を育み、連携能力を高めるといったものであり、
 後者は正義の授業はもちろん、一見関係ないI=D訓練及びバイク訓練においても、機械や生物を愛する心を育むなどの副目標が掲げられている。
 
 部品: 運動訓練
 ヒーローには戦うための体力と力が必要である。
 ヒーロー協会では最新のトレーニング器具での強化訓練はもちろん、厳しい教官の下、転がる岩から逃げるなどの訓練授業が開催されている。
 
 部品: I=D操縦訓練
 巨大ロボを操ることはヒーローにとって必須の技術である。よってヒーロー協会でもI=Dの操縦訓練を行っている。
 本職パイロットにも劣らぬ操縦技術を身に着けるだけでなく、ロボを愛する心を育み、他の乗組員と心を一つにするのだ。
 
 
 部品: 知恵の授業
 ここでの知恵は、「知識」ではなく、「判断力」と言う意味での知恵である。ヒーローにはその場の機転で対処しなければならない場面が数多くある。
 また、悪の口車にのらない、騙されないことも重要な課題である。
 教官の言葉「諸君、我々の仕打ちに対して納得行かないことも多々あるだろう。
 だがそれが世界の流れというものだ。ただ理不尽に対して暴力で抗うか、それとも別の道を探るか。
 その答えが諸君の胸の内に芽生えていることを私は願っている」
 
 部品: 正義の授業
 正義の心、言わずとしれた、ヒーローに最も大切なものである。
 正義の授業では、「これ」と決めた正義ではなく、様々な実例を元に各々の正義を考え話し合う。そしてどうすればよかったのか考える心を身に着けるのだ。
 教官の言葉「正義というものは、人それぞれ、星の数ほどある。誰の胸にも、君の胸にも宿っている。
 誰かを傷つける悪を倒すことが正義か。大切な人々を守り抜くことが正義か。
 力を振るうことには常に責任が伴う。正義とは何か。悪とは何か。常に考えてくれ」 
 
 部品: バイク訓練
 本来は藩王の趣味で行われていたバイク訓練だが、ヒーロー専用バイク、バトルマンティスの開発によって、正式にカリキュラムに組み込まれた。
 バトルマンティスは生きたバイクである。その為、通常のバイク操縦技術の訓練に加え、バトルマンティスと心を通わせる訓練も行われる。
 
 部品: 合体技訓練
 様々なヒーローが存在するakiharu国、その為、他のヒーローとの連携は必須事項である。
 お互いの長所を理解しあい、苦手なことをフォローしあう。そんな訓練の末に生み出されるのが合体技である。
 
 
 部品: 卒業試験
 様々な訓練を耐え抜き、ヒーローに必要な心を学んだヒーロー候補生たちは、卒業試験に挑む。
 身体能力と知恵、そして正義の心を試される試験に合格することで
 一人前のヒーローと認定され、変身アイテムとしてヒーローの証であるマテリアライズ・スフィアを授与されるのだ。
 
 部品: ヒーローの証
 akiharu国の変身ヒーローとしての証であるマテリアライズ・スフィア。ヒーロー協会の卒業試験に合格した者のみ授与される。
 また、ヒーローが悪事を働くなど、変身ヒーローとしてふさわしくない所業を行った場合、マテリアライズ・スフィアの機能は協会が凍結する。
 このとき、マテリアライズ・スフィアは点滅し、そのヒーローがヒーロー権限を凍結されたことを示している。
 なお、この変身アイテムは協会の会員証も兼ねており、偽造や複製を防ぐため、様々な技術が使われている。そのため、内部構造についてはブラックボックスとなっている。
 
 部品: 個別認証
 マテリアライズ・スフィアには個別認証がされており、授与された個人以外では変身が不可能である。
 また、他のオプションパーツもマテリアライズ・スフィアと連動して個別認証がされるようになっている。
 
 部品: 開発秘話
  時はT12末、そしてオフシーズン。変身ヒーローのアイドレスの開発がakiharu国技術部では始まっていた。
 ただでさえTLO問題でピリピリしていた情勢下である。絶対にTLOにするわけにはいかない、と皆が頭を悩ませたが、一つだけ光明があった。
  「変身」のワードとポーズに対応して強化スーツが全身を覆う、そんなヒーローが大量発生する世界が第6世界群の1つにある。
 通称「カーリー・ザ・ライトニング」の世界。この世界で使用された技術を手本として開発は進められた。
  そして完成したのが、強化スーツとその発生装置であるマテリアライズ・スフィアである。
 
 部品: 強化スーツ
 マテリアライズ・スフィアに内臓された強化スーツ。「変身」の掛け声やポーズをとることによってマテリアライズ・スフィアから取り出し、身にまとうことが出来る。
 着用者の力を増幅するとともに、命を守ることを第一とした設計になっている。
 
 
 部品: カスタマイズ機能
 強化スーツの外見は個人が好きなようにカスタマイズできる。これはヒーローのやる気に直結する重要な機能である。
 デザインの一例として、スペースシェリフ系、ライダー系、超人系などがある。またデザインが異なっても能力に優劣はない。
 
 部品: コンパクト設計
 変身アイテムは非常に小型であり、別売りのオプションと組み合わせることで、ベルトのバックルや腕時計、携帯電話などに偽装することができる。
 むろんワンドやステッキ、コンパクトのような魔法少女系ヒロインのアイテムにすることもできる。
 
 部品: 標準的な機能
 見た目はただのデジタル腕時計だが、時計機能のほかに地図アプリや通信アプリが入っている。ヒーロー協会や交友がある他のヒーローたちと無線通信が可能。
 アプリ等は音声認識対応。また追加アプリをヒーロー協会で購入可能である。
 オプションパーツのため、マテリアライズ・スフィアと連携して個人認証がはたらく。
 
 部品: ヒーロー協会からの出動要請
 警察の手に負えない事件が発生すると、ヒーロー協会に通報が入り、ヒーローたちに出動要請が入る。
 事件の発生場所が伝えられ、すぐに近くのヒーローが駆け付けられるようになっている。
 
 部品: 救援信号
 単独で事件に遭遇した時、ヒーローブレスのボタンを押すことによって救援信号が発せられる。近くにいるヒーローの元に届いて救援を呼ぶことが出来る。
 akiharu国のヒーローは一人でない。仲間と協力することで速やかに事件解決し、被害を最小限にするのだ。
 
 部品: 頑丈設計
 ヒーローブレスは過酷な戦闘の最中にも壊れないよう頑丈設計を第一に考えられている。また耐水性能が高く、水中でも機能する。
 
 部品: 国是「みんななかよく」
 akiharu国の国是である「みんななかよく」。akiharu国のヒーローの考え方の基本の一つである。
 種族がばらばらであっても国は一つである。国は違っても共和国は一つである。そして帝国ともなかよくやっていきたい。
 そんな風に分け隔てなく、助けの手を伸ばせる心。
 そして、悪人だって捕まって法の裁きを受け、罪を償って更生すればなかよくできるかもしれない。
 そう考えることができること。
 
 部品: 多種族で競い高められた身体能力
 人・猫・カマキリ、それぞれみんな違ってみんな良いだが、身体能力の差というものはある。力強いカマキリに張り合って力で活躍するには相当な努力がいるだろう。
 助ける相手より強くなりたい、そんな気持ちがヒーローたちの日々の訓練へ向ける情熱を高めている。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "変身ヒーロー(職業4)akiharu国",
     "description": "Default Root",
     "children": [
       {
         "title": "概要:akiharu国の変身ヒーローとは",
         "description": "akiharu国の変身ヒーローとは、akiharu国技術開発部によって開発された「マテリアライズ・スフィア」より発生する強化ヒーロースーツを纏い変身するヒーローたちである。\nakiharu国変身ヒーロー協会の厳しい訓練を受け、能力的にも精神的にも成長して、卒業試験を合格できた者のみ、「マテリアライズ・スフィア」が支給され、変身ヒーローとして認められる。\n彼らの目指すヒーロー像は一人ひとり異なる為、ヒーロー協会が開発した様々なオプション装備を目的に合わせ自由にカスタマイズしている。\nしたがって、一人として同じ姿のヒーローはいないが、自由と平和を愛する心はひとつ。彼らは日夜akiharu国を守っているのだ。",
         "expanded": true,
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "取得制限",
         "description": "1.みんなを守る意思\n2.平和を愛する心\n3.ヒーローの正義心\n4.変身できる者\n5.ニューワールド全体の道徳観念に沿った善なる者\n以上条件を満たした者だけが、変身ヒーローを名乗ることが出来る。\nさらに、akiharu国民であること。また、akiharu国変身ヒーロー協会(国営組織)による6年以上のヒーロー訓練を受け、\n卒業試験と人格テスト(面談と機械的心理テスト)に合格したもののみ取得できる。\n人格テストでは、人を殺すのが正しい、平和だと信じているような危険思想を持つ者やサイコパスを除外する。\nまた、問題が発見された場合は、即座にマテリアル・スフィアの使用権限がなくなり、変身ヒーロー着用資格が停止される。\n\nまた、変身ヒーローは他の職と問題なく併用できる。そのほとんどの行動(上記の取得制限に抵触しない場合のみ)において力を発揮することができる。\nこれは、変身ヒーローの力が、変身による着用者自身の全般的基礎能力向上によるものである為である。\n\n",
         "expanded": true,
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "変身ヒーローの可能行為・能力",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "変身ヒーローの能力の使用制限",
             "description": "変身ヒーロー(職業)が扱える一般的な行為や能力。もちろん、変身ヒーロー(職業)を持つ者のみが使用できる。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "変身能力",
             "description": "変身するからこそ変身ヒーローである。\n種族特性などの先天的理由、またはアイテムなどによる後天的理由で変身する者が変身ヒーローを名乗れる。\n全身タイツに着替えるのも、立派な変身という扱いである。\nここでの変身にはドラッグ等による一時的肉体強化を含まない。\n",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "白兵戦闘行為",
             "description": "変身ヒーローは白兵戦闘行為が可能である。正々堂々姿を現して戦う、というヒーローの戦闘スタイルを貫く者は多い。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "治安維持行為",
             "description": "変身ヒーローは治安維持行為が可能である。ヒーローたちは一般人の目線から、日々国の治安を陰から守っているのだ。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "不殺の拳",
             "description": "変身ヒーローは敵を不殺のまま捕縛し、とらえることができる。\n日夜国の治安を守る変身ヒーローたちは、自分たちが捕まえた犯人が法の裁きを受け、更生することを願っている。\n",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "変身による能力強化",
             "description": "変身ヒーローは変身することで、能力が全般的にアップする。体力、筋力はもちろん、感覚や器用さ、頭の回転まで速くなる。\nこれは日々の鍛錬の成果が、変身することで無意識に制限していた部分を超えて発揮される為である。\n要するに火事場の馬鹿力を、変身をスイッチに意識的に引き出すことで、能力を向上しているのだ。\n先天的変身の場合はこの論に必ずしも当てはまるわけではないが、少なからずこのような側面を持つだろう。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "幸運の女神の微笑み",
             "description": "ヒーローには銃弾が当たらない…そんな場面を見たことがないだろうか。\n変身したヒーローは統計学的に明らかに運がよくなることが多い。正義の行いによって幸運の女神が微笑むのか、身体能力向上の結果なのかは判明していない。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "みんなの応援",
             "description": "助けた子供がありがとうと言ってくれる。周りの皆が頑張れと言ってくれる。それだけで体の底から力が湧き出して強くなる。なった気がするのだ。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "変身ヒーロー(職業4)akiharu国の可能行為",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "I=Dのパイロット・コパイロット行為",
             "description": "akiharu国の変身ヒーローはI=Dのパイロット、コパイロット行為ができる。\n変身ヒーローの資格を取得する際のヒーロー協会の訓練においてI=D操縦技術は修得が必須である。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "バイク操縦行為",
             "description": "akiharu国の変身ヒーローはバイクの操縦行為が可能。\n変身ヒーローの資格を取得する際のヒーロー協会の訓練においてバイク操縦技術は修得が必須である。\nつまるところ、akiharu国産バイク、バトルマンティスに搭乗できる能力である。\n",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "職業としての変身ヒーローの義務",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "公的組織への所属",
             "description": "職業として変身ヒーロー保持者は各国の公的機関(政庁・警察・ヒーロー協会等)に届け出をして活動許可と所属の許可を得なければならない。\nその際には身元調査の同意書及び住所・経歴などを書いた書類の提出が義務づけられている。\nPCの場合は所属国の政府機関に認知されている扱いになる。\n義務以上に、公的組織所属のメリットとして、情報の共有・警察組織や他のヒーローとの連携がしやすくなることがあげられる。\n",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "私刑の禁止",
             "description": "私刑とは、法と刑罰権に基づくことなく、個人または集団により執行される私的な制裁、リンチのこと。\n誰であっても、法律の定める手続きによらなければ、その生命もしくは自由を奪われ、または他の刑罰を科せられない。 \n変身ヒーローであるないにかかわらず私刑は禁止されている。\n",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "ヒーローの心",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "ヒーローの正義心",
             "children": [
               {
                 "title": "正義とは何かを考え続ける心",
                 "description": "ヒーローとは、何かのために誰かが犠牲になることを悲しいと感じ、それを防げないかと常に考え続ける存在。\n助けを呼ぶ者の声を聞き逃さず、手を伸ばせる者。良心を大切にし、それが広まっていくことを是とする者。\n各々が胸の内にある正義を大切にし、時には他人の正義に触れて、自分の正義を見つめなおすことが出来る者。\nそれが真のヒーローである。",
                 "expanded": true,
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "力を振るうことの責任と悪について",
                 "description": "ヒーローが力を振るうとき、そこに失われるものがあることを忘れてはならない。\nこの世界では数多く悲劇が起こり、その加害者にも大なり小なり納得できる理由が存在する。\nなぜ悪なのか、悪だから倒さなければいけないのか。ヒーローはそれを考え、理解したうえで戦わないといけない。\nでないと悪が救われない。悪は粉砕するものじゃなくて、救うものだ。\n",
                 "expanded": true,
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true,
             "part_type": "group"
           },
           {
             "title": "無謀ではない勇気",
             "description": "強大な敵でも、逃げず臆せず立ち向かう。そんな勇気を持つ者がヒーローである。\nしかし勇気と無謀は別である。一人では敵わない敵に無謀に突っ込むことは勇気ではない。\n現代のヒーローには、強大な敵に対して、仲間や警察などと連携をとり対応していくことが求められている。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "諦めない心",
             "description": "圧倒的劣勢や一朝一夕に解けない問題でも、挫けず諦めずに挑み続ける心がヒーローには必要だ。\nそんなヒーローがみんなの先頭に立つことによって、その背中を見る人々も諦めずにいられるだろう。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "ヒーロー協会による訓練",
         "children": [
           {
             "title": "訓練の意味",
             "description": "目的は「ヒーローになるための訓練」であるが、何事にも通じる基礎能力の向上と、人格形成を非常に重視した授業内容となっている。\n前者は、基礎体力及び判断能力・思考力の強化、仲間との信頼を育み、連携能力を高めるといったものであり、\n後者は正義の授業はもちろん、一見関係ないI=D訓練及びバイク訓練においても、機械や生物を愛する心を育むなどの副目標が掲げられている。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "運動訓練",
             "description": "ヒーローには戦うための体力と力が必要である。\nヒーロー協会では最新のトレーニング器具での強化訓練はもちろん、厳しい教官の下、転がる岩から逃げるなどの訓練授業が開催されている。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "I=D操縦訓練",
             "description": "巨大ロボを操ることはヒーローにとって必須の技術である。よってヒーロー協会でもI=Dの操縦訓練を行っている。\n本職パイロットにも劣らぬ操縦技術を身に着けるだけでなく、ロボを愛する心を育み、他の乗組員と心を一つにするのだ。\n",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "知恵の授業",
             "description": "ここでの知恵は、「知識」ではなく、「判断力」と言う意味での知恵である。ヒーローにはその場の機転で対処しなければならない場面が数多くある。\nまた、悪の口車にのらない、騙されないことも重要な課題である。\n教官の言葉「諸君、我々の仕打ちに対して納得行かないことも多々あるだろう。\nだがそれが世界の流れというものだ。ただ理不尽に対して暴力で抗うか、それとも別の道を探るか。\nその答えが諸君の胸の内に芽生えていることを私は願っている」",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "正義の授業",
             "description": "正義の心、言わずとしれた、ヒーローに最も大切なものである。\n正義の授業では、「これ」と決めた正義ではなく、様々な実例を元に各々の正義を考え話し合う。そしてどうすればよかったのか考える心を身に着けるのだ。\n教官の言葉「正義というものは、人それぞれ、星の数ほどある。誰の胸にも、君の胸にも宿っている。\n誰かを傷つける悪を倒すことが正義か。大切な人々を守り抜くことが正義か。\n力を振るうことには常に責任が伴う。正義とは何か。悪とは何か。常に考えてくれ」 ",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "バイク訓練",
             "description": "本来は藩王の趣味で行われていたバイク訓練だが、ヒーロー専用バイク、バトルマンティスの開発によって、正式にカリキュラムに組み込まれた。\nバトルマンティスは生きたバイクである。その為、通常のバイク操縦技術の訓練に加え、バトルマンティスと心を通わせる訓練も行われる。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "合体技訓練",
             "description": "様々なヒーローが存在するakiharu国、その為、他のヒーローとの連携は必須事項である。\nお互いの長所を理解しあい、苦手なことをフォローしあう。そんな訓練の末に生み出されるのが合体技である。\n",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "卒業試験",
             "description": "様々な訓練を耐え抜き、ヒーローに必要な心を学んだヒーロー候補生たちは、卒業試験に挑む。\n身体能力と知恵、そして正義の心を試される試験に合格することで\n一人前のヒーローと認定され、変身アイテムとしてヒーローの証であるマテリアライズ・スフィアを授与されるのだ。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "マテリアライズ・スフィア",
         "children": [
           {
             "title": "ヒーローの証",
             "description": "akiharu国の変身ヒーローとしての証であるマテリアライズ・スフィア。ヒーロー協会の卒業試験に合格した者のみ授与される。\nまた、ヒーローが悪事を働くなど、変身ヒーローとしてふさわしくない所業を行った場合、マテリアライズ・スフィアの機能は協会が凍結する。\nこのとき、マテリアライズ・スフィアは点滅し、そのヒーローがヒーロー権限を凍結されたことを示している。\nなお、この変身アイテムは協会の会員証も兼ねており、偽造や複製を防ぐため、様々な技術が使われている。そのため、内部構造についてはブラックボックスとなっている。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "個別認証",
             "description": "マテリアライズ・スフィアには個別認証がされており、授与された個人以外では変身が不可能である。\nまた、他のオプションパーツもマテリアライズ・スフィアと連動して個別認証がされるようになっている。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "開発秘話",
             "description": " 時はT12末、そしてオフシーズン。変身ヒーローのアイドレスの開発がakiharu国技術部では始まっていた。\nただでさえTLO問題でピリピリしていた情勢下である。絶対にTLOにするわけにはいかない、と皆が頭を悩ませたが、一つだけ光明があった。\n 「変身」のワードとポーズに対応して強化スーツが全身を覆う、そんなヒーローが大量発生する世界が第6世界群の1つにある。\n通称「カーリー・ザ・ライトニング」の世界。この世界で使用された技術を手本として開発は進められた。\n そして完成したのが、強化スーツとその発生装置であるマテリアライズ・スフィアである。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "強化スーツ",
             "description": "マテリアライズ・スフィアに内臓された強化スーツ。「変身」の掛け声やポーズをとることによってマテリアライズ・スフィアから取り出し、身にまとうことが出来る。\n着用者の力を増幅するとともに、命を守ることを第一とした設計になっている。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "カスタマイズ機能",
             "description": "強化スーツの外見は個人が好きなようにカスタマイズできる。これはヒーローのやる気に直結する重要な機能である。\nデザインの一例として、スペースシェリフ系、ライダー系、超人系などがある。またデザインが異なっても能力に優劣はない。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "コンパクト設計",
             "description": "変身アイテムは非常に小型であり、別売りのオプションと組み合わせることで、ベルトのバックルや腕時計、携帯電話などに偽装することができる。\nむろんワンドやステッキ、コンパクトのような魔法少女系ヒロインのアイテムにすることもできる。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "ヒーローブレス",
         "children": [
           {
             "title": "標準的な機能",
             "description": "見た目はただのデジタル腕時計だが、時計機能のほかに地図アプリや通信アプリが入っている。ヒーロー協会や交友がある他のヒーローたちと無線通信が可能。\nアプリ等は音声認識対応。また追加アプリをヒーロー協会で購入可能である。\nオプションパーツのため、マテリアライズ・スフィアと連携して個人認証がはたらく。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "ヒーロー協会からの出動要請",
             "description": "警察の手に負えない事件が発生すると、ヒーロー協会に通報が入り、ヒーローたちに出動要請が入る。\n事件の発生場所が伝えられ、すぐに近くのヒーローが駆け付けられるようになっている。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "救援信号",
             "description": "単独で事件に遭遇した時、ヒーローブレスのボタンを押すことによって救援信号が発せられる。近くにいるヒーローの元に届いて救援を呼ぶことが出来る。\nakiharu国のヒーローは一人でない。仲間と協力することで速やかに事件解決し、被害を最小限にするのだ。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "頑丈設計",
             "description": "ヒーローブレスは過酷な戦闘の最中にも壊れないよう頑丈設計を第一に考えられている。また耐水性能が高く、水中でも機能する。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true,
         "part_type": "group"
       },
       {
         "title": "国是「みんななかよく」",
         "description": "akiharu国の国是である「みんななかよく」。akiharu国のヒーローの考え方の基本の一つである。\n種族がばらばらであっても国は一つである。国は違っても共和国は一つである。そして帝国ともなかよくやっていきたい。\nそんな風に分け隔てなく、助けの手を伸ばせる心。\nそして、悪人だって捕まって法の裁きを受け、罪を償って更生すればなかよくできるかもしれない。\nそう考えることができること。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "多種族で競い高められた身体能力",
         "description": "人・猫・カマキリ、それぞれみんな違ってみんな良いだが、身体能力の差というものはある。力強いカマキリに張り合って力で活躍するには相当な努力がいるだろう。\n助ける相手より強くなりたい、そんな気持ちがヒーローたちの日々の訓練へ向ける情熱を高めている。",
         "part_type": "part"
       }
     ],
     "expanded": true,
     "part_type": "group"
   }
 ]
最終更新:2017年08月15日 17:15