公衆浴場(DG版)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

部品構造


  • 大部品: 公衆浴場 RD:5 評価値:3
    • 大部品: 公衆浴場の設備や機材 RD:2 評価値:1
      • 部品: 受付と脱衣所
      • 部品: 大浴場と他の設備
    • 大部品: 公衆浴場の機能 RD:1 評価値:0
      • 部品: 体の健康と衛生を保つ
    • 大部品: 公衆浴場の管理方法 RD:2 評価値:1
      • 部品: お湯の入れ替え
      • 部品: 入浴のルールとマナー



部品定義


部品: 受付と脱衣所

一般的な公衆浴場は、脱衣所と浴場は男湯と女湯でわかれる。
大衆的な浴場の場合、受付のカウンターで左右で男女がわかれ、別々の脱衣場に通される。
カウンターの手前は男女共有でくつろげるスペースになっている。
フルーツ果汁と牛乳を混ぜたフルーツ牛乳やコーヒーと牛乳を混ぜたコーヒー牛乳などが売られている場合もある。
脱衣所はたくさんのロッカーが用意されており、その中に所持品と着替えを入れて鍵がかけれるようになっている。
鍵は腕に通せるヒモがついており、浴場に持ち込む。
その他、洗面所やくつろげる椅子、機械が設置できる場所では髪を乾かすドライヤーやワンコインで15分動くマッサージチェアなどが置いてある。

部品: 大浴場と他の設備

大きさは様々だが、10人~20人ほどがゆったりは入れるほどの大きな浴槽がある。
また、蛇口やシャワー設備、鏡が一対となった一人ひとりが体を洗うためのスペースが10~20個ほど設置されている。
お湯を組む桶や、お風呂用の椅子などもその分用意されている。
液体石鹸やシャンプーは共用のものが置いてあるが、持ち込むこともできる。
また、熱い蒸気の蒸し風呂であるサウナと体を冷やす用の水風呂がある浴場もある。

これらの設備で使用されるお湯を沸かすための設備(高物理域ならボイラー室など)や、温泉の場合は、源泉からひいたお湯を丁度良い温度にするための調整槽が他に設置されている。

部品: 体の健康と衛生を保つ

お風呂がない家や場所に住んでいる者も、比較的安い料金で気軽にお風呂に入れるので、体を清潔に保つことが出来、国民の衛生状況が改善する。
そしてお風呂に入ったらどことなく気分がさっぱりする効果がある。


部品: お湯の入れ替え

お湯はかけ流し方式のところもあるが、基本的には循環させ、一般的なろ過装置で汚れを取り除いているところが多い。
しかし毎日1回はお湯は全て交換しなければならない。その間に浴槽の清掃を行い、衛生的な状態に保つ必要がある。
お湯は次亜塩素酸(一般的には塩素と呼ばれる)を少量添加し、雑菌を殺菌しなければならない。
浴槽中の残留塩素濃度が常時0.4~1.0mg/L以上となるように添加し続ける続ける必要があり、
さらに1日のうちに数回、残留塩素濃度測定の簡易キットを用いて残留塩素を測定して管理する必要がある。
塩素は濃すぎると皮膚が荒れる原因となるので、最適量をあらかじめ決めて、常時添加されるようにしておく。
浴槽だけではなく、そのほかの入浴設備、特に素肌が触れるような場所は重点的に清掃をしなければならない。
多数の人々が入り混じる場所では病気が広まりやすいということを従業員が理解し、衛生管理を徹底して取り組まねばならない。


部品: 入浴のルールとマナー

  • 湯舟につかる前に体を一通り洗い流す。汚れている箇所は重点的に。
  • 髪の毛を湯舟につけないようにまとめる。
  • 浴場の床は滑りやすいので走らない。
  • 浴槽にとびこまない、泳がない。
などなど。文化によって様々存在する。



提出書式


 大部品: 公衆浴場 RD:5 評価値:3
 -大部品: 公衆浴場の設備や機材 RD:2 評価値:1
 --部品: 受付と脱衣所
 --部品: 大浴場と他の設備
 -大部品: 公衆浴場の機能 RD:1 評価値:0
 --部品: 体の健康と衛生を保つ
 -大部品: 公衆浴場の管理方法 RD:2 評価値:1
 --部品: お湯の入れ替え
 --部品: 入浴のルールとマナー
 
 
 部品: 受付と脱衣所
 一般的な公衆浴場は、脱衣所と浴場は男湯と女湯でわかれる。
 大衆的な浴場の場合、受付のカウンターで左右で男女がわかれ、別々の脱衣場に通される。
 カウンターの手前は男女共有でくつろげるスペースになっている。
 フルーツ果汁と牛乳を混ぜたフルーツ牛乳やコーヒーと牛乳を混ぜたコーヒー牛乳などが売られている場合もある。
 脱衣所はたくさんのロッカーが用意されており、その中に所持品と着替えを入れて鍵がかけれるようになっている。
 鍵は腕に通せるヒモがついており、浴場に持ち込む。
 その他、洗面所やくつろげる椅子、機械が設置できる場所では髪を乾かすドライヤーやワンコインで15分動くマッサージチェアなどが置いてある。
 
 部品: 大浴場と他の設備
 大きさは様々だが、10人~20人ほどがゆったりは入れるほどの大きな浴槽がある。
 また、蛇口やシャワー設備、鏡が一対となった一人ひとりが体を洗うためのスペースが10~20個ほど設置されている。
 お湯を組む桶や、お風呂用の椅子などもその分用意されている。
 液体石鹸やシャンプーは共用のものが置いてあるが、持ち込むこともできる。
 また、熱い蒸気の蒸し風呂であるサウナと体を冷やす用の水風呂がある浴場もある。
 
 これらの設備で使用されるお湯を沸かすための設備(高物理域ならボイラー室など)や、温泉の場合は、源泉からひいたお湯を丁度良い温度にするための調整槽が他に設置されている。
 
 部品: 体の健康と衛生を保つ
 お風呂がない家や場所に住んでいる者も、比較的安い料金で気軽にお風呂に入れるので、体を清潔に保つことが出来、国民の衛生状況が改善する。
 そしてお風呂に入ったらどことなく気分がさっぱりする効果がある。
 
 
 部品: お湯の入れ替え
 お湯はかけ流し方式のところもあるが、基本的には循環させ、一般的なろ過装置で汚れを取り除いているところが多い。
 しかし毎日1回はお湯は全て交換しなければならない。その間に浴槽の清掃を行い、衛生的な状態に保つ必要がある。
 お湯は次亜塩素酸(一般的には塩素と呼ばれる)を少量添加し、雑菌を殺菌しなければならない。
 浴槽中の残留塩素濃度が常時0.4~1.0mg/L以上となるように添加し続ける続ける必要があり、
 さらに1日のうちに数回、残留塩素濃度測定の簡易キットを用いて残留塩素を測定して管理する必要がある。
 塩素は濃すぎると皮膚が荒れる原因となるので、最適量をあらかじめ決めて、常時添加されるようにしておく。
 浴槽だけではなく、そのほかの入浴設備、特に素肌が触れるような場所は重点的に清掃をしなければならない。
 多数の人々が入り混じる場所では病気が広まりやすいということを従業員が理解し、衛生管理を徹底して取り組まねばならない。
 
 
 部品: 入浴のルールとマナー
 ・湯舟につかる前に体を一通り洗い流す。汚れている箇所は重点的に。
 ・髪の毛を湯舟につけないようにまとめる。
 ・浴場の床は滑りやすいので走らない。
 ・浴槽にとびこまない、泳がない。
 などなど。文化によって様々存在する。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "公衆浴場",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "公衆浴場の設備や機材",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "受付と脱衣所",
             "description": "一般的な公衆浴場は、脱衣所と浴場は男湯と女湯でわかれる。\n大衆的な浴場の場合、受付のカウンターで左右で男女がわかれ、別々の脱衣場に通される。\nカウンターの手前は男女共有でくつろげるスペースになっている。\nフルーツ果汁と牛乳を混ぜたフルーツ牛乳やコーヒーと牛乳を混ぜたコーヒー牛乳などが売られている場合もある。\n脱衣所はたくさんのロッカーが用意されており、その中に所持品と着替えを入れて鍵がかけれるようになっている。\n鍵は腕に通せるヒモがついており、浴場に持ち込む。\nその他、洗面所やくつろげる椅子、機械が設置できる場所では髪を乾かすドライヤーやワンコインで15分動くマッサージチェアなどが置いてある。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "大浴場と他の設備",
             "description": "大きさは様々だが、10人~20人ほどがゆったりは入れるほどの大きな浴槽がある。\nまた、蛇口やシャワー設備、鏡が一対となった一人ひとりが体を洗うためのスペースが10~20個ほど設置されている。\nお湯を組む桶や、お風呂用の椅子などもその分用意されている。\n液体石鹸やシャンプーは共用のものが置いてあるが、持ち込むこともできる。\nまた、熱い蒸気の蒸し風呂であるサウナと体を冷やす用の水風呂がある浴場もある。\n\nこれらの設備で使用されるお湯を沸かすための設備(高物理域ならボイラー室など)や、温泉の場合は、源泉からひいたお湯を丁度良い温度にするための調整槽が他に設置されている。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "公衆浴場の機能",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "体の健康と衛生を保つ",
             "description": "お風呂がない家や場所に住んでいる者も、比較的安い料金で気軽にお風呂に入れるので、体を清潔に保つことが出来、国民の衛生状況が改善する。\nそしてお風呂に入ったらどことなく気分がさっぱりする効果がある。\n",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "公衆浴場の管理方法",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "お湯の入れ替え",
             "description": "お湯はかけ流し方式のところもあるが、基本的には循環させ、一般的なろ過装置で汚れを取り除いているところが多い。\nしかし毎日1回はお湯は全て交換しなければならない。その間に浴槽の清掃を行い、衛生的な状態に保つ必要がある。\nお湯は次亜塩素酸(一般的には塩素と呼ばれる)を少量添加し、雑菌を殺菌しなければならない。\n浴槽中の残留塩素濃度が常時0.4~1.0mg/L以上となるように添加し続ける続ける必要があり、\nさらに1日のうちに数回、残留塩素濃度測定の簡易キットを用いて残留塩素を測定して管理する必要がある。\n塩素は濃すぎると皮膚が荒れる原因となるので、最適量をあらかじめ決めて、常時添加されるようにしておく。\n浴槽だけではなく、そのほかの入浴設備、特に素肌が触れるような場所は重点的に清掃をしなければならない。\n多数の人々が入り混じる場所では病気が広まりやすいということを従業員が理解し、衛生管理を徹底して取り組まねばならない。\n",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "入浴のルールとマナー",
             "description": "・湯舟につかる前に体を一通り洗い流す。汚れている箇所は重点的に。\n・髪の毛を湯舟につけないようにまとめる。\n・浴場の床は滑りやすいので走らない。\n・浴槽にとびこまない、泳がない。\nなどなど。文化によって様々存在する。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]
最終更新:2017年08月20日 02:03