6-77氏 無題

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

雲ひとつ無い青い空。
降り注ぐ日差しを浴びながら縁側に座る私の目の前には、今、枯山水の庭が広がっています。
白砂と小石を波に見立てた庭園は、なんでも現世と極楽を表しているんだとか。
その深遠な世界観はわかりませんが、そんな私の目にも波紋の形に均された白砂が日光に反射している様は、とても趣があるものに映ります。

これがワビサビというものなのでしょうか。
庭内は静かで物音一つありません。
時折渡っていく風に、辛うじて時間の存在を思い出すほどです。
この静寂に包まれた縁側で枯山水に対峙しながら、私は先程からなんとか心を無にしようと頑張っているのですが、

(宮永さん……)
「喝!」

なかなか上手くいきません。
雑念を見抜かれ、お坊さんに警策(坐禅のとき、修行者の肩ないし背中を打つための棒)で叩かれてばかりです。

………説明が遅れましたが、実は私、今座禅修行に来ているんです。


どうして座禅修行をしているかというと、きっかけはいつものごとく部長とマコ先輩の言葉で、

『和、あなたはネット麻雀では長期スパンで高いトップ率を誇る理詰めの打ち方が出来てるわ。
 でも、リアルな麻雀ではネット麻雀程の成績が出せていない。
 その場の勢いに流されたり、ミスが目立ったり。
 これは私の推測だけど、ネットにはないリアルな情報に惑わされているんじゃない?
 麻雀だけじゃないそれ以外の存在の情報。
 否応なくあなたの精神を揺るがせるもの』
『たとえば、咲の存在とか』
『というわけで、否応無くあなたの精神を揺るがせる咲の存在に打ち克つため、心を無にする訓練をしてきなさい』
『キーワードはずばり克己じゃ!』

おおまかに言うと、こんな具合です。


(果たして座禅を通して宮永さんにも揺るがない精神力が身につくのか……)

半信半疑ながら、言われるままに日本最大の禅寺 京都花園 臨済宗大本山 妙心寺 の門を叩いたのですが、
いざやってみると、確かに私にぴったりの訓練のように思われました。

座禅は、心を無にして一切の雑念から解き放たれることを目的としています。
そのためにひたすら自我の消失に努め、様々な欲望に振り回されないことを己に課すんです。
もし、座禅を通して忘我の訓練に励めば、宮永さんの存在に揺るがない落ち着いた心を手に入れられるはず!
なのですが、肝心の雑念がなかなか頭から離れません。

(宮永さん…)
    ピシッ!
「雑念が混じっております」

(今何を考えているのでしょう)
    ピシッ!
「心を無にするのです」

(はぁ、宮永さん)
    ピシッ!
「迷いを捨てるのです」

雑念がよぎり、少しも堪えられずに警策で打たれてばかり。
というのも、私の隣には同じように座禅を組んだ宮永さんがいて、それが気になって仕方がないんです。

『克己の心を養うためには、否応無くあなたの精神を揺るがせる咲が身近にいた方がいいわよね』
『咲がいない所で心が落ち着いていても意味はないしのう』
『修行へは咲と一緒に行きなさい』

宮永さんと二人で旅行に来られたことは嬉しいのですが、これでは修行が終わるのはいつになることやら……
しかも警策で叩かれてばかりいる私と違って、宮永さんは一度も叩かれず、すっかり心を無にしている様子。
私が隣にいてもなんら揺るがないということは、つまり私にドキドキしたりはしていないということ。
それがなお更私の心に重たく圧し掛かります。

(少しくらいは私のことを意識してくれてもいいのに…グスン)


心の中で恨み言を言いながら、また散々に警策で叩かれてようやく一休憩。
枯山水の庭を眺めながら穏やかな顔をしている宮永さんがちょっぴり憎らしくなって

「随分落ち着いているみたいですね?」

私は八つ当たり気味にそう声をかけました。
すると、返って来たのは

「うん。原村さんが隣にいるから何だかボーっとしちゃって。何も考えられなかったんだ」

思ってもみない答え。

「そ、それはつまり、どういうことですか?」
「え? こんなに近くで二人きりになることが今までなかったから、なんていうか、頭が追いつかなくて、それでボーっとしてたんだ」

続けて宮永さんが口にした言葉によって私の頭のヒューズが呆気なく飛んで、真っ白に。
あまりの嬉しさに思考回路が焼ききれてしまった私はやがて再開された座禅修行で一度も叩かれることなく

「ついに無我の境地に辿りついたのですね」

最後にそんなお褒めの言葉まで!
実際は頭が真っ白になっていただけのなのですが、終わり良ければ全て良しと言いますし、この際細かいことには目を瞑りましょう。
というわけで、宮永さんと一緒に清澄高校へと帰るべく、列車に飛び乗りました。
最終更新:2010年07月13日 14:34
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。