※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

反逆の僧侶

  • 勇者
  • 僧侶
  • モンスター将軍A
  • モンスター将軍B

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 *アンデット兵に襲撃された勇者一行は
  回復役の僧侶を残し、倒れてしまった―― ▽
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【SE:倒れる】

僧侶01:勇者様!! みんな!!

A01:ハハハハハ! 口ほどにもないな!
   さあ、最後は貴様の番だ!
   次のターンで葬ってくれる!

僧侶02:くっ…

B01:油断めされるな。
   あれでも勇者の仲間だ。

A02:たかが僧侶だぞ
   回復魔法しか使えん。
   戦いには役立たずだ。

B02:それはそうだが…


僧侶03:(師匠…
    禁術を破ります、お許しください…

A03:どうした!いつまで待たせる!
   命が惜しくなったか!

B03:逃げてもいいのだぞ。
   逃がしはせぬがな

A04:ハーハハハ!!

僧侶04:時の流れよ 次元の神よ
   我にひと時の祝福を
   ひと時、あなたとの距離を埋められますよう
   時よ、流れろ!

B04:(速度上昇…補助魔法か

僧侶05:(赤の魔法は通常の三倍の速度……
    1ターンで3回の行動ができる…

A05:(動けたところで何になる。
    たとえ勇者を蘇生させようと、
    次のターンの全体魔法で全滅させてくれるわ!

僧侶06:穢れ、祓わせ給え
   五臓六腑に流れし血潮よ
   流れ、澄ませ給え…

A06:(やはり回復魔法か!
    いくら蘇生させようと……

僧侶07:――暗き闇のものどもに
   光よ、あれ!!

B05:(光がこちら側に向かってくるぞ!
   攻撃魔法か!?

A07:(まさか!
    聖魔法は魔術師しか使えぬはず…
    僧侶の身の上では…

アンデット兵の呻き声:【ウボワーーー】

A08:!? アンデット兵の体が…

B06:崩れた…だと…

僧侶08:……回復魔法しか使えぬ、とおっしゃいましたか……
   なれど、貴方がたは、その回復魔法の原理も
   ご存じでいらっしゃいますか?

   回復魔法は 薬草に頼らない…
   それは治療ではないから……
  【怪我を受ける前の身体に返す】。
   其れ即ち……時間操作の極意也……

   アンデット兵も…元はただの死体…
   時間を経過させれば…土に還るのみ…

A09:(回復魔法が…時間操作…だと? 初耳だぞ、そんなことは…!

B07:(しかし筋は通っている…
   通常の【治療】よりも高い治癒力を得られるはずなのにもかかわらず、
   緊急性の高い怪我や病気などでなければ魔法は用いられない…
   それは魔法により身体的負荷がかかるとの説を…今まで信じてきたが…
   違ったというのか…

   ならば、それを使う僧侶という存在は…

僧侶09:さあ……私のターンは、あと1回、残っています……

僧侶10:(我々は長く世論を騙し…そしてこれからも騙しつづけるでしょう…
    我は僧侶…神に仕え、平穏な世界を望むもの…

僧侶11:時の流れよ 次元の神よ
   我にひと時の祝福を
   ひと時、あなたとの距離を埋められますよう
   時よ、流れろ!!



勇者01:ハッ…!!

僧侶12:勇者さま!お気づきになられましたか!

勇者02:僧侶…みんなは?

僧侶13:向こうのテントでお休みになられていらっしゃいます。
   皆、無事です

勇者03:よかった…。敵たちはどうした!?

僧侶14:私もよく分からないのです。
   気がついたら、敵はおらず…皆も知らないそうです

勇者04:そうか…。
   ならば、神の御加護があったのだろうと、そう思っておこう。

僧侶15:はい!


【終】
最終更新:2011年02月09日 01:11