※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『色眼鏡』

A:ナレーション。イミフ。
B:男性。世界が赤い人。イライラ。
C:男性。世界が青い人。冷静……?
D:世界が暗い人。ウツダシノウ。
E:女性。世界が広い人。ポジティブ。
F:男性。うんこ。


A01「いつかどこかで、とある人間たちは『他人の目を通して世界を見つめる』技術を手に入れ
  た。比喩や誇張ではなく、言葉通り、外科的に他人の眼球を、視神経を、後頭葉を、側頭葉
  を、頭頂葉を、そっくりそのまま自分のものとして扱うことができるのだ。……『果たして
  それにどんな意味があるのか』あなたは疑問に思うだろう。……色眼鏡だ。あなたは物事を
  自分の色眼鏡で見つめているに過ぎない。それは自らの経験と照らし合わせ自らの思考しう
  る自らの世界の理に自らをどっぷりと浸した故の、あなた一人の感性だ。そこには現実にこ
  の事件に触れた者たちの経験も思考も世界観も自我も一欠片とて在りやしない!……さて、
  これが色眼鏡である」

B01「世界が真っ赤だ!赤。赤。赤。紅色、朱色、緋色、茜色、マゼンタ、カーマイン、アッ
  シュローズ!世界は赤で満ちている!世界は赤で出来ている!ありとあらゆる赤がこの世界
  に集っている!赤。赤。赤。気が触れてしまいそうだ!君は、この目の持ち主である君は、
  この世をいったいどんな風に見つめていたんだ!」
C01「それは僕の台詞だ。世界が青い!空の色。海の色。サメの色。イルカの色。あの暑い夏の
  日に海辺で食べたかき氷の色。なんてことだ、世界は青かった!いいや、まさかそんなはず
  はない。先刻、私が私自身の目で見た世界は取り取りの光で鮮やかに輝いていた!なんてこ
  とだ、君の目は紛い物だ。あるいは腐っている!早急に取り替えた方がいい!」
D01「世界が暗い。太陽も、月も、星も、文明の光さえも。何もかもが色あせて見える。何もか
  もが同じに思える。こんなにもつまらない世界が存在するとは思いも寄らなかった」
E01「世界が広い!いつも眺めていたあのお山の向こうにはまたお山があって、そのまた向こう
  にもお山があって、またお山があって。お空を見上げると花粉が飛んでたり、インフルエン
  ザウイルスが飛んでいたり、流れ星が第二宇宙速度でかっ飛んでいたり!世界って意外と不
  思議!」
F01「うんこが見える。人がうんこに見える。花がうんこに見える。雲がうんこに見える。パソ
  コンがうんこに見える。2chの書き込みがうんこに見える。晩ご飯がカレーに見える。俺は
  ……俺自身もうんこに見える。この世界は……うんこだ」
B02「赤い世界なんて普通じゃない!」
C02「まさか他人の目を通すだけでここまで世界が違って見えるとは」
D02「違って見える?いいや、違ってて、ちっとも見えないね」
F02「うんこ」
B03「世界を赤く見るなんてキ○ガイのすることだ!」
C03「落ち着きなさい。君からすると真っ赤な世界でも、僕にとっては色鮮やかで美しい世界な
  んだ」
B04「それがキ○ガイだと言っているんだ!」
D03「どっちでもいいさ。どっちでも大した違いはないのだから」
F03「カレー味のうんこか、うんこ味のカレーか」
E02「2つに1つとは限らないかもしれないよ。探してみたらもっとずっとたくさんのものが、
  きっと絶対に見つかるはず!」
C04「少なくともここに5つの世界がある」
B05「世界は1つだ。君たちは頭がおかしい!俺たちが今立っている場所はどこだ?俺たちはそれ
  ぞれ違う世界に存在しているのか?違う!俺たちは同じ世界に生きている!このキ○ガイじ
  みた真っ赤な世界でな!」
D04「真っ赤な世界とかいっそ羨ましい。色あせ、くすんだ世界に比べたらなんぼかマシな世界
  だろうに」
E03「きっとホントはどちらもそれぞれに素敵な世界なんだと思うな」
F04「うんこよりはね」
D05「いいねえ、君は希望に満ちていて」
F05「満ちてるものがうんこじゃなくて」
E04「違うよ。希望に満ちているのは私じゃなくて、この目の持ち主」
D06「その人はずいぶん前に自殺しちゃってるけどね」
E05「へえ、不思議」
C05「君、大丈夫?顔色が悪いように見えるけど」
D07「それは君の目の方の問題だと思うね」
C06「あ、そうか。まぎらわしい」
B06「ああイライラする!どうして世界は赤いのか!」
C07「どうして世界は青いのか」
D08「何故世界は暗いのか」
F06「うんこ・ザ・ワールド」
E06「世界中みんな、ひとりひとり違った色を持っているわけで。それってつまり色とりどりっ
  てことじゃない?」
F07「誰がうまいことまとめろと」

A02「いつかどこかで誰かが問うた。『あなたが眺めるその夕日は、本当に赤いですか?』もち
  ろん赤いに決まっている。赤は、夕日の色なのだから。……これだって色眼鏡に違いない」
最終更新:2011年06月29日 17:28