※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『初恋がそらを蹴る』


きっかけらしいきっかけなんてなかった。
ただ、あの人が、私を見て笑ってくれた。

そんな、なんてありふれたストーリー!
ガラスの靴も、毒りんごも、真っ赤なバラも必要なかった。

あの人を一目見ただけで、たまらず心がジャンプする。
バランスを崩す。
そして転ぶ。
世界が宙返りする。
ああ、通学路の空はこんなにも青かった。
ああ、コンクリートの地面はこんなにも暖かだった。
ああ、きっと私は恋に恋をしている。
けれどこの恋はあの人なしでは始まらなかった。
だって私、またあの人を探してる。

きっかけらしいきっかけなんてなかった。
ただ、あの人がいて、私がいただけ。

なんてありふれたストーリー!
微笑んで、赤くなって、世界がきらめくだけの恋心。
今日もあの人を見つめて、私の温度が上がっていく。

なんてありふれたストーリー!
ラブレターも、キッスも、それからのことも今は知らない。
何もかもが輝きだした、そのひとつひとつを指折り数えて、
今はただ、この時間にもてあそばれていたい。

今日も私、あの人を見つけられた。
心がジャンプする。
世界が宙返りする。
お日様は今日も輝いている。
今日は、それから、目の前に大きな手のひら。

そう、
きっかけらしいきっかけなんて、本当はなかった。
あの人が知らない、そんな、私だけの内緒の思い出。