【喧嘩の絶えない二人でした】


一緒にいても幸せを作れない相手と分かっていました
気遣いに欠けると、粗暴だと、散々文句も言ってきました
生まれて初めて分かりあえない相手でした
喧嘩の絶えない二人でした


でも


これまで幾度となく恋愛はしましたが、あなたが一番大好きでした
どんなに傷つけられても、あなたに向かって走っていました
傷つける事が怖くて仕方ないのに、あなただけは何度も傷つけました
好きなところを聞かれるのが怖くなるほど、あなたのどこが好きなのか分かっていませんでした
それでも好きでした


先ほど、そんな大切な鯉の息の根を止めてきました
いちばん大好きで大切な鯉に、さようなら

ありがとう



あいしてた