夏は揺れる



作者:蟻 ◆vA0bquCiP2


【夏は揺れる】


窓を打つ音が響く
光の渦が耳をつんざく
風は啼いて
一人、この部屋で揺れている

満たされない焦燥は
優しく日常を蝕んでいく
指の先すらも動かせない

張り詰めた音色の中で
ぽつり、ぽつりと水のように
近づき、遠のき
自分の居場所もつかめないまま
また、ぽつり、ぽつり


【あとがき】
状況的には台風の夜、部屋で一人。と言う感じです。
寂しげに、孤独を感じながら読んでもらえればいいと思います。