友人代表

作者:雨天決行 ◆bQJrO3CpYk


大人になった記念に着た以来
着てなかった背広に腕を通す
少し大きめに作ったあの時のまま
ため息も出ないくらい憂鬱な日

雨上がりの鬱蒼とした街並みを
バスの窓から眺めて向かう場所は
ぼくが立ちたかったあの場所
白い屋根を見ない振りして


横で笑ってるのが僕なら
なんて考えが霞むくらい
輝くような君の笑顔
思いは出すのはずっと前に見た
僕が作った笑顔
そうか僕の君は思い出か
なんて無理矢理笑ってみせた



嘘なんかじゃないよ



「おめでとう
ずっとずっと幸せにね」