タイトル:歩く
書いた人:るー
一言:快楽主義者と書いて愉快犯とも読む人がいる


A 目的はなんだったのかな
B わからないよ、だって最初からやりたいことなんてなかったんだ
A 最初はそうかもしれない、しかし続けてきたということは何か理由があるんじゃないのか?

B 別に。ただ、居心地が良かったから変えるのが面倒だっただけだよ
A なるほど、その結果キミはここにいるわけだね
B そーゆーことだね

A このままキミは死ぬのかい? ただ、めんどくさいと言いながら
B 分からないね。もしかしたら今見えないでいる壁が全て取り除かれているかもしれない
A そうしたらキミはどうするんだい

B 同じさ。また新たな壁がやってくる、あきあきだよ
A そう思うのかい?
B なんで?当り前じゃないか

A 当り前なんてものは、何処にもないんだよ
B そうか?
A そうさ
B そうなんだ・・・

A だからこそ、人は違いに苦しみ、悩む、だがそれのもう一つの意味を知ってるかい?
B ・・・なに?
A ”おもしろい”ってことさ、知らないからこそおもしろい。納得する過程がおもしろい

B わからないよ、なんでそんなめんどくさいことをするの? マゾヒストじゃないか
A 違うね、マゾヒストは虐げられることに快楽を感じる。ボクが言ってるのは快楽主議者さ
B ・・・どこが違うの?

A 快楽主義者は自分のためにしか生きない動かない、けど自分だけでは孤独で死んでしまう
B めんどうな主義だね
A だから、人に優しく人を求め、人と関わることを望むのさ。たとえそこにどれだけの壁があろうとも

B ・・・変な奴
A 褒め言葉と受け取ろう、試しにキミもやってみるといい
B どうやってさ?

A ボクを喜ばせて、くれたいいのさ。キミの料理は最高だ、食べる度に称賛せずにはいられない。
B たしかに、あの時もそうだったね
A そうだとも、それで・・・まだ立ち止まるのかい?

B いや・・・めんどうな奴に捕まってるからね、まかないでもかまわないか?
A あぁ、もちろんだ。出来たての手料理、それ以上の美食はないよ
B ・・・奇特な奴め
+ タグ編集
  • タグ:
  • 掛け合い
  • 2人
  • 不条理

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

最終更新:2010年10月19日 16:00