※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ツンデレ鬼嫁

先生:佐々本、作家。
有明:佐々本の編集担当。
千春:佐々本の奥さん。


有明01「先生、先生!」
先生01「……」
有明02「ほら、いつまでそこでぶさっとしている気ですか。
    お暇なんでしたら、作品の構想でも練られたらどうですか」
先生02「うるさいな。君の所の本は、この前に渡しただろう」
有明03「新作のことですよ。ただでさえ佐々本先生は寡作でいらっしゃるんですから」
先生03「うるさいよ君。今私はナイーブな気持ちなんだ、邪魔をしないでくれたまえ」
有明04「人ん家に押しかけてきて何を生意気な」
先生04「君だって人ん家に押しかけてくるじゃないか、締め切り前に」
有明05「それは趣旨が違うでしょう。……全く、どうしたんですか、今日は?」
先生05「ふ……作家には、ふと悲嘆にくれる日があるのさ」
有明06「またそんな……どうせ、奥さんと喧嘩でもして、家を追い出されたんでしょ」
先生06「違う。私から出て行ってやったんだ、あの芋女……」
有明07「あーあ。つげ口しますよ」
先生07「有明君、君の辞書に慈悲という文字はないのかね」
有明08「どうせくだらないことで怒鳴りでもされたんでしょう?
    それで、居づらくなって逃げて来たってとこですか?
    千春さん、穏やかな方じゃないですか。それなのに、先生いつも横柄にされてるから」
先生08「……」
有明08「……よいしょっと。えっと、自宅は……」
先生09「ん……お、おい、有明君?君、どこに電話を……おい、待て!」
有明09「あ、かかった。もしも……」
千春01【ようかけてこられましたなァ?あ?】
有明10「え」
千春02【ようかけてこれたものやとて言うとりますんじゃ、蛆虫が。
    どこおわすんじゃ?この腐れ外道。
    近所のどこ探してもおらんばってんなァ……人を駆けずりまわすたぁ、よう偉くなりはりましたなぁ?
    心配しとるんやおまへんで、保険金のおりるかどうかを心配しとんじゃ。
    悔いて死ぬならかまわれへんけど、海とか山とか人知れず死にさらしなはれや、それくらいしか使い道がない蛆虫が。
    アア?この電話どっからかけとりますん?女のとこからやったら承知しませんぞアホンダラァ!】
有明11「……すみません、千春さん。僕です」
千春03【あ……有明さん?】
有明12「ハイ、有明です……」
千春04【……え、あ、あの、ね、これはね、その……違うの!】
有明13「ハイ……あの、佐々本先生がですね、その……僕ん家で喚いておりまして」
先生10「な!?」
千春05【まあ、主人がそこに?】
有明14「ハイ、どうも、奥さんに別れるって言われた……とか。
    アイツに別れられたら俺は死ぬしかない、とか。
    しまいには包丁を持ち出されそうになりまして、僕、困ってるんです」
先生11「おい君、何を……」
千春06【まあまあ、そうでしたの……ご迷惑をおかけしまして】
有明15「いいえ。ですが、そろそろ僕のほうも別件の仕事がありまして。
    何分、先生が何か無粋なまねをしてしまったんでしょうが、
    迎えに来てはいただけないでしょうか」
千春07【……わかりました。担当さんに迷惑をおかけするなんて、本当に厄介な作家先生ですこと】
有明16「いいえいいえ、わが社も先生のお引き立てあってのことです。
    それでは、お手数おかけします……」
(電話置く)
有明17「千春さん、来られるそうですよ」
先生12「有明君……君は、あれか。私の身がどうなってもいいのか」
有明18「いえ、利き腕と脳と目さえ無事でいてほしいと願っています」
先生13「なんて外道のふるまいだ……」
(ピンポーン)
先生14「ひぃっ!」
有明19「先生、そんなにすぐ来るはずがないじゃありませんか。新聞屋か何かですよ」
千春08「ごめんください、有明さん」
有明20「って、早い!」
千春09「あなた、あなた、いらっしゃるの?お迎えに参りましたわよ」
有明21「ほら、先生。千春さん、怒ってないようですよ」
先生15「有明君、きみには聞こえないのかね。彼女の背後からゴゴゴ…と威圧の書き文字が!
    地獄から湧き出るメロディズムがうなりを立て……」
有明22「耳までもうろくされたんですか。ほら、千春さん待ってらっしゃいますよ」
千春10「あなたー。いるんでしょう、あけてちょうだい」
有明23「ほら、先生!」
先生16「い……嫌だ。私はまだ死にたく……」
千春11「ほら、有明さんも困っているじゃありませんか……ね?」
先生17「(断末魔の叫び声)」

最終更新:2010年10月21日 14:10