※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

同居お断り

男・女・父・母


女01「あ、ここ? かわいいおうちなんだね」
男01「……ねえ、律子ちゃん」
女02「なに?」
男02「うちの家族、ちょっと取っ付き難いかもしれないけど、気にしなくていいから」
女03「え?……咲田君の家、厳しいんだ?」
男03「そうじゃないんだけど、なんていうか……びっくりしないでね」
女04「うん……分かった」

男04「ただい――」
父01「ルルル~ル~ルル~♪」(ハッピーバースデーのメロディ)
母01「ルルル~ルル~ル~♪」
父02「ハッピーーデーー息子が彼女を家に連れて来た日~♪」
母02「ハッピデーートゥデーーーイ♪」
父03「おめでとう!」
母03「おめでとう!」
女05「…………えっ?」
男05「あああ……もう余計なことすんなって言ったろ!! ケホッ、クラッカー煙いよ!」
母04「まあまあ、玄関先で大声出さないの。早く入りなさい。あなたが……律子さん?」
女06「は、はい。はじめまして」
母05「律子、律……りっちゃんでいい?」
女07「はい?」
父04「りっちゃんみちみち……♪」
母06「あなた」
父05「おっと、ついつい。じゃあ、りっちゃん、あがってくれたまえ!
   そしてうちの馬鹿息子にたぶらかされた経緯をおもしろおかしく
   時に感動の涙を交えて語ってくれたまえ!」
女08「は……はあ……?」
父06「母さん、茶!いいや、やっぱり、ビール!」
母07「まあまあ明るいうちからですか?いけないお父さん☆」
父07「はーははははは!さ、りっちゃんも飲もう!飲んじゃおう!みんな一緒で酒がウマイ!」
女09「えっ、わ、私、あのーー……」
男06「だからつれてくるの嫌だったんだよ……」
最終更新:2010年10月21日 02:58