夜眠れないときは

A:あっきー。男
B:中宮。男(←ここ大事です)

(電話が鳴り、Aが電話をとる)
A01「はい、もしもし」
B01「もしもーし! あっきー?」
A02「おお中宮か。なんだ、こんな夜遅くに?」
B02「あのね……すっごく寂しくて……眠れなくって……だから電話しちゃった☆」
A03「…………」(無言)
B03「え、何、無視!? 無視するの!? そんなの寂しいよお」
A04「おまえ、その喋りかたやめろ、気持ち悪い」
B04「気持ち悪いとはひどいなあ。恋人どうしならよくする会話でしょ!」
A05「恋人じゃねえだろ! だいたいおまえ男だろうがっ!」
B05「そんなのひどい……。ひどい、ひどい、ひどいっ! うええええええん><」
A06「うっせえ!」
(電話を切る)
A07「ふう、何なんだあいつは……」
(SE:ドアの開く音)
B06「あっきー! 一緒に寝よーっ!!」
A08「ひいぃぃぃーっ!!」