※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ツンデレ姑

姑:お義母様
嫁:真知子(まちこ)
夫:周作(しゅうさく)


姑01「真知子さん!」
嫁01「はい、ただいま……!お義母様、どうなされましたか」
姑02「なんですか、この廊下は」
嫁02「廊下は、さきほど私が雑巾がけを……きゃっ!」(※姑の雑巾アタック!)
姑03「宅の廊下はヒノキの一等板なのですよ。こんなに水浸して、木が腐ってしまうじゃありませんか。そんなこともわからないの?」
嫁03「も、申し訳ございません、お義母様」
姑04「本当にどういう教育を受けてこられたのやら……すぐ乾くように、乾拭きしておいて頂戴。もうすぐお昼ですから、早くお願いね」
嫁04「は、はい、すぐ……」
姑05「全く、本当にもう……」(フェードアウトしながら退場)

夫01「……大丈夫かい」
嫁05「あ……あなた」
夫02「またおふくろにキツイこと言われたんだろ」
嫁06「え……そんな、なんでもないの」
夫03「なんでもないって、君、こんなに震えているじゃないか」
嫁07「これは……気にしないで、ただの武者震いよ」
夫04「え?」
嫁08「本当になんでもないの」
夫05「君には、悪いと思っている。でも、どうか辛抱してくれないか。おふくろも悪気はないんだ、歳で頑固になってるんだよ」
嫁09「いえ、苦労なんて……お義母様は私を思って言ってくださるのよ。……きっとまだ、フラグが立っていないだけ」
夫06「フラグ? いや、君がそう言ってくれるなら嬉しいけど……」
嫁10「大丈夫よ、心配しないで。お父様が亡くなって、母一人子一人でいらしたんだもの。お義母様、さびしいのよ」
夫07「そうだな。親父が死んでから、余計にあんな風になってしまって」
嫁11「長く時間をかけて仲良なればいいのよ。私、気が長いの、ツンドラの攻略も好きよ」
夫08「ツンドラって何?」
嫁12「本当に大丈夫だから」
夫09「……そうか。それならいいんだけど」
姑06「周作!おうどんができましたよ!真知子さんも早く掃除をすましていらっしゃってください、冷めるじゃありませんか。全くもう……」
夫10「あー、はいはーい。……ごめん、俺がいかないとすねるからさ。先、食ってるから」

嫁13「……スチル回収は遠いわ。でも私負けない、頑張れ真知子!!」
姑07「真知子さん、何を騒いでるんですか!さっさと食べてちょうだい、片付かないじゃないの!」
嫁14「ハッ……!」