せんぱい


作者:どらいも ◆pTHzZZJPRqii

【キャスト】
 ・せんぱい ♂
 ・こうはい ♀


♀01 「せーんぱい!」
♂01 「っと、…なんだ、瀬能(せの)じゃねぇか」
♀02 「なんだとはなんだぁ!」
♂02 「いや、そんなんじゃ…」
♀03 「まあいいっスよ……。せんぱい今帰りっスか?」
♂03 「放課後カバン持って校門前うろついてるんだぞ。どう見ても下校中でしょうが」
♀04 「ふーん」
♂04 「なんだよ…気持ち悪いな」
♀05 「ホームルームで学校の周りに変質者が出てるって先生が言ってたっスから」
♂05 「あー、そんで下校中の俺がその変質者に襲われないよう守ってくれてるのか」
♀06 「ちがうっス。せんぱいが破廉恥な真似をしないよう、こうして見張ってたっス」
♂06 「はいはい。3年変態部のエースですからね、俺は」
♀07 「そんなことないっス。誰っスか?そんなこと言いふらしてるヤカラは!」
♂07 「2年C組の学級委員やってる、身長160センチ黒髪ショートヘアーでCカップの女子が言ってたって」
♀08 「むっかー!一応Dカップあるっス!見た事無いやつがほざいてるっスね!」
♂08 「やっぱおまえか…」
♀09 「し、知らないっスよ。瀬能はなんにも……」
♂09 「ふっ、まあいいや。しかし、おまえも暇なやつだな」
♀10 「こう見えても瀬能は結構忙しいっス」
♂10 「そうだな、文化祭近いし。来週からは準備やなんかで俺もこんなに早く帰れなくなるしなぁ」
♀11 「文化祭実行委員長様っスからね!」
♂11 「委員長様という名の奴隷だからな……」
♀12 「だいじょーぶっス!今年はこの瀬能が実行委員になったっスから!」
♂12 「たのむから、俺の仕事をこれ以上増やさないでくれよな」
♀13 「はーい。万事休すっスよ。せんぱいはどーんと構えて、草葉の陰からみているだけでいいっス!」
♂13 「不気味な事言うなよ。……はぁ、俺の計画がぁ……」
♀14 「けいかく?……あー、まーさーかー、せんぱいもしかしてあの噂本気にしてます?」
♂14 「そうだよ!その噂のためだよ!!俺が文化祭実行委員長とかいう奴隷に甘んじてるのは」
♀15 「文化祭実行委員長の役目をを無事果たした人には、もれなく素敵な異性との出会いがあるでしょう……
   けへへっ、せんぱいまじかわいいっス。今時女子でもそんな純粋無垢なやついないっス」
♂15 「てめぇ、笑ったな…よくも…俺の高校3年間を賭けた壮大な計画を……」
♀16 「いえいえ、瀬能は応援してるっス。せんぱいまじがんばれっス!」
♂16 「まあいいや。瀬能、なんかあった時は協力してくれよ!」
♀17 「せんぱい」
♂17 「ん?」
♀18 「魚心あれば水心っていうっス」
♂18 「そうか。ならば駅前の”むっちゃん饅頭”で手を打とう。おごってやるから先生にばらすなよ」
♀19 「商談成立っス」
♂19 「よっしゃ行くか!!」
♀20 「………」
♂20 「ん?どうした瀬能」
♀21 「なんでもないっス……………ばか……」



【テンプレに書いてあったから、一応後書き】
高校時代文化祭実行委員長やってました。
こんな風なイベントがあったら最高だったのに……現実はあまくないです
あとむっちゃん饅頭はハムエッグが神