※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『昨夜は雨が降っていました』


昨夜は雨が降っていました。
叩きつけるような土砂降りの大雨でした。
僕はひとりパソコンに向かっていました。

ふと窓の外から「ドスン」「ガタン」という大きな物音が聞こえました。
人の声も切れ切れに聞こえてきました。
一つは腹に響く、恐ろしく低い怒鳴り声でした。
一つは絹を裂くような、甲高い泣き声でした。
「殺す」とか「許して」とか言っていたように思います。
僕はひとりパソコンに向かっていました。

やがて物音は止みました。
そうして辺りが静まり返ったしばらく後、今度は大勢が騒ぐ声が聞こえました。
外を覗くと、斜向かいの家の前に2、30人ほどの人が集まっていました。
皆が皆、着の身着のままの姿で斜向かいの家を指さし、口々に何やら言いあっていました。
どこからか、血の匂いが漂ってきました。
それから救急車がやってきて、斜向かいの家の中から誰かを運び去りました。
辺りは再び静まり返りました。
僕はひとりパソコンに向かっていました。

朝。
僕は眠い目を擦りながら窓の外を見ました。
空には大きな虹がかかっていました。
そういえば、昨夜は雨が降っていました。