※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ヤア、君は美しいね」
そんなことを言われたものだから仰天した。
僕は胸のどきどきを押し殺して、
「僕が何なのかわかって言っているのかい?」と尋ねた。
「わかる、わかる」とそれは答えた。

声の主は、吹けば飛ぶようなちゃちな羽虫で、僕はちっとがっかりした。
それでも気分が良かったから、それの言うにまかせることにした。
「鳥居は神様のお使いが止まるところなんだろう?
 だから、君は神様のお使いなのだろうね」
へえ、そう、と僕はそっ気のない返事をしたが、僕の心の臓は如実にどきどきと答えた。
「これでも2年も生きてるんだ。物知りなんだよ。
 今朝、やっと地上に出てきたばかりだから、目で見るのははじめてだけどね。
 神のお使いは、君のようにきれいなものなんだろうとずっと思っていたんだ」
僕はひどく憐憫の情がわきあがった。
そうか、このちゃちな羽虫は見るものすべてが新しく、見るものすべてが彼の小さな世界のすべてになるんだろう。
今の僕はひどく機嫌が良いから、彼の好きなままにさせてやっているが、
他の…彼の云う神のお使いが彼を見たら、そういう風にはさせないだろう。
とすると、彼の世界の中で、美しい神のお使いはきっと僕だけになるのだろうな。
僕は、彼に何か言ってやらなくてはならないと思って、あわてて言葉を探した。

「そうだね、でも君も……美しいよ。
 そう……べっこう飴に似てる!」
「それはなんだい?」と彼が尋ね、僕は答える。
「夕焼けに溶ける太陽のような色なんだ。すごく……甘くて美味しい食べ物…なんだ」
しゃべりながら、まずい言葉を選んだと僕は蒼くなった。
まかりまちがっても僕が彼を食べ物にたとえるのだけは、やってはいけなかったろう。
それでも彼はにこにこして、
「そんな美味しいものがあるんだね!いつか食べてみたいなあ!」
と笑った。

神社の鳥居に、ぽつんと座る神のお使いがいたら、
きっと僕のように親しい友達を待っているのだろう。
カア、カア、と鳴き声をたてながら。
最終更新:2011年01月07日 23:53