※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【CAST】男・女・友・先生・ナレ

男「す、すすすすすすっ好きです女さん!!俺と付き合ってください!!」
女「いっ………いやーーーーーっ!!」

(バチーーーーン!!)

男「アッーーーーー」


男(タイトルコール)「新ジャンル。鉄拳女子」


男「というわけなんだよ~友~!! 俺さあ、何が悪かったんだと思う?」
友「…男、俺はお前の親友だと思ってる。だから、正直に話してくれ。」
男「何?」
友「お前…告白のついでにパンツ一丁で女さんに飛びかかったりはしていまいか」
男「ルパンかよ!しねーよ!!」
友「神に誓ってしてないか」
男「シエルに誓ってもしねえ」
友「よし信じよう、ブラザー。
  しかし、あの絵に描いたようなおしとかやかな女さんが、グーパンなんて相当だぞ…。
  お前相当嫌われてたんだな」
男「やっぱそう思う?
  でもさあ…俺的には結構フラグも立ててたほうだと思うわけよ。
  委員会も、係も同じの選んだし、席だって隣…」
友「OK男よ、そのギャルゲ思考を捨てよう」
男「OKブラボー」
友「まず自分の行動を振り返ってみろ。なにかまずいことはなかったか?」
男「…告白して殴られるまで関係は悪くなかったと思います。
  告白場所も人通りもありそうな見晴らしのいい場所でござんした。
  女さんとの身体距離も2Mは離れてました。身の危険を感じるとかありえません。
  つか俺にそんなアグレッシブな行動は100%できませんありえません…」
友「本当に脱いでないか?」
男「しねー。脱衣から離れろジャンオタ」
友「……この前『マージャンMUSUME』OVAの初版が手に入ってな」
男「OK俺が間違っていた」

先生「おい保健委員ー。手当終わったんならさっさと帰れー。保健室はだべり場じゃねーぞコラー」

友「サーセン。帰ろうぜ、男。」
男「うん…」


友「じゃ、俺こっちだから」
男「おーう…」


友「顔真っ青だぞ、男…思い余って馬鹿な事しなきゃいいが…」

女「あっ…友君」
友「あ…………女さん…帰り、こっちだっけ?」
女「う、うん…ちょっと、より道…」
友「……」
女「……」

友「うわー、すげえ意識されてる…男からなんか聞いたと思われてるな……よし、ここは遠まわしに」

友「あのさ女さん!」
女「なっ、ななななんですかっ?」
友「俺保健委員なんだけどさ、知ってたっけ?」
女「う、うん…」
友「どこの部活も夏大の練習でさー、最近けが人多くて大変なんだよねー」
女「へえ…そうなんだ」
友「そうそう!女さん図書委員だっけ?俺も図書委員が良かったな~」
女「ふふっ…図書委員も結構大変なんだよ。図書整理とか重くて大変」
友「そうなの?あ、そういやもう一人の図書委員って男だっけ?」
女「!」
友「今日、男さー……ホッペ怪我してきたんだ。殴られたっぽくてさー。
  あいつケンカするようなタイプじゃないのにどうしたんだろうなー。
  理由聞いても言わないし…女さん、男に何か聞いてる?
女「……」

友「わざとらしかったか…?」

女「あのね、友君、わたし…」
友「な、何?」
女「わたし…男君に嫌われたかもしれない…」
友「……えっ?」


女「わたしね、その、恥ずかしくなると…恥ずかしくて、頭が真っ白になって、わけわからなくなって…」
友「それで…男のことも殴っちゃったの?」
女「うん……」
友「なんだ、そんなことか」
女「そんなことって…」
友「そんなことだよ。照れて殴っちゃうなんて、かわいいじゃん。」
女「かっかっかかかかかわいくなんかないんですっ!!!」
友「!」

(バーーーーーーン!!)

ナレ「女の たたくこうげき!!」

友「なっ…」

ナレ「電柱は1500のダメージを受けた!! …電柱は たおれた…」

mob(男)「で、電柱が倒れてきたぞーーー!!」
mob(先生)「老朽化か!?突貫工事か!? 君たち、大丈夫だったかー!?」

友「………」
女「いつも、わたしこんな感じで…気づくと相手の人が…その…」
友「そ、そう、なんだ…? でも男、そんなに怪我してるようには…」
女「男君、離れてたから、手の振りの衝撃だけが当たったんだと思う…」
友「し、衝撃…?」
女「どうしよう…わたし……男の人と付き合ったら、恥ずかしくて、その人のこと…怪我させちゃう…」
友「そ…そうだね…」
女「わたし…一生誰とも付き合えないんだ…!」

男「そんなことない!!」

友「男!?」
女「男くん!?」

男「話は聞いてた…。けど、お、俺は!女さんのそんなところも、全部受け入れてみせる!!」
女「男君…いいの…?わたし、きっと男君のこと傷つける…」
男「乗り越えていけばいいよ!俺たち二人で! お願いします、女さん!俺と付き合ってください!!」
女「わ…わかりました…!」
男「やった!女さん…」
女「おっ、おとこくんと、つきあ……キャーーーーーーーッ!!!」
男「ゴフゥッ!!!」

友「なんとなく…落ちの想像はついていたぞ…男…」

女「きゃあああ!!!男君、男君しっかりしてーーーー!!だ、だれかーーー!!救急車ーーーー!!」



友「そして、男と女は付き合うことになりましたとさ」

女「男君、本当にごめんね、入院までさせちゃって…」
男「いいんだよ。それに、女さんが毎日お見舞いに来てくれるなら、すぐに治っちゃうよ」
女「そっそそそそそそ、そんなこと、そんなこと」
男「?」
女「いやーーーーーっ!!男君のばかーーーーーっ!!!」
男「ギャアアアアア、果物ナイフはらめえええええええええ!!!ナースコール!ナースコール!!!」

友「めでたし、めでた…これめでたくないよね?」

終わる
最終更新:2010年10月25日 20:45