始祖の巨人は「SISO」の巨人

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

始祖の巨人とは、SISOの巨人です。
 
SISO(Single Input, Single Output)とは通信技術の一種で、シングル・インプットとシングル・アウトプットの略です。
一つのアンテナから送信された信号を、単一のアンテナで受信する通信方式のこと。
アンテナを1対1で用いる通常の通信方式です。
 
※参考
 
MISO
フルスペル:Multiple Input, Single Output
読み方:エムアイエスオー,マイソ
 
MISOとは、高性能アンテナ技術の一種で、複数のアンテナによって送信された信号を単一のアンテナで受信する通信方式のことである。
 
MISOでは、複数のアンテナを組み合わせてデータを送信することによって、高速、かつエラーも最小限に抑えた信号の送受信を行うことができる。MISOはデジタルテレビをはじめワイヤレスLAN、モバイル通信などに広く採用されている。
 
なお、MISOのようにアンテナを複数用いた通信技術としては、SIMO(Single Input, Multiple Output)、MIMO(Multiple Input, Multiple Output)がある。なお、アンテナを1対1で用いる通常の方式はSISO(Single Input, Single Output)と呼ばれている。
無線通信のほかの用語一覧
無線LAN:  IEEE 802.15.4  IEEE 802.1x  MIMO  MISO  MU-MIMO  無線LAN  無線LANアクセスポイント
 
従来の無線通信はほとんど全てがSISO。
 
 
 
 
 
つまり、始祖の巨人とは、信号を送信する電波塔や放送局のような存在です。
始祖の巨人が発信する信号を、人類が受信しているのです。
 
この場合の信号とは、始祖の巨人の思考や主観です。
人類は始祖の巨人の思考や主観を受信し、影響されます。
 
たとえば始祖の巨人が「カリスマを持つ最悪の独裁者」である場合、国民は独裁者にコントロールされます。
いわばアドルフ・ヒットラー現象です。
 
『進撃の巨人』122話「二千年前の君から」は、日本の皇室と国歌『君が代』を貶める内容となっています。
また、人柱をイメージした絵も描かれ、日本の文化や歴史を「悪意ある主観」で描こうという意図が、いよいよ明確になってきました。
 
これは、天皇陛下の写真を燃やし、足で踏みつける映像を流して問題となった「あいちトリエンナーレ」と同じ内容です。
主催者側は芸術だと言い訳していますが、日本人の税金で補助されながら、日本人を冤罪で中傷する内容が芸術であるわけがありません。
 
例えば韓国の反日デモでは、犬に天皇陛下や安倍総理の写真を付けさせ、その犬を殴り殺すというパフォーマンスがしばしば行われます。
日本の国鳥であるキジの首を切って、その内臓を食べることさえあります。
https://www.afpbb.com/articles/-/2419347
最終更新:2019年10月27日 05:00