初代ぷよとは

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

◆初代ぷよぷよとは

ぷよぷよの数あるルールの中でも、アーケード版「ぷよぷよ」から、
「ぷよぷよ通」が出るまでのルールがいわゆる「初代ぷよ」と呼ばれるものである。
公式の作品では単に「ぷよぷよ」と表記されることが多いが、わかり難いので
このwikiでは「初代ぷよ」もしくは「初代ぷよぷよ」と統一することにする。

後発のルールとの大きな差をまとめると、

  • 相殺がない
  • クイックターンがない(クイックターンについては右脳式ぷよぷよルームさんの該当項目にて
  • 次に落ちてくる組ぷよが一組だけ(ネクネクがない)
  • 得点の計算式が緩く、短い連鎖で大量のおじゃまぷよが作られる

といった辺りが対戦に影響を与える。

他にも細かい仕様の差がプレイするゲームによってあるが、ここでは割愛する。

総じて一試合あたりの時間が短く、一瞬で勝負が決まるため連鎖の効率や積みスピードが重要になり、
通ルールやフィーバールールとは違った戦法でプレイする必要がある。
最終更新:2013年04月11日 23:20