フィリオリ・ソングオブグレイス

女性。21歳。ただし背は低く童顔で十代に見える。
リフヤベルク=ヴァナヘイム帝国の少数民族出身のアヘン商人。
アヘンの他、精製したモルヒネやペニシリン等の医薬品も扱う。

ソフィア内戦では王党派、議会派の別無く各地を巡っている。
アヘンは鎮痛剤、麻酔剤として重要な役割を果たし、また喘息やアルコール中毒の治療薬としても重要であるため、ソフィアの指導者たちは苦々しくその活動を黙認している。

戦場では致命傷を受けた兵士への最後の慈悲としてアヘンの投与が成されることもある。

触れれば消えてしまいそうな儚い美貌を持ちながら、野戦病院などの凄惨な場所に出入りするため、兵士たちには死の天使と畏敬されることもある。
一方で戦乱の長期化により、深刻なアヘン中毒患者も出始めてもいる。
個人としてはかなりの収益を上げているようだが、収入はすべて銀に変えて帝国に送っている。

議会派公安の監視対象になっていることに嫌気が差し、
現在は王党派領域に活動拠点を移した模様。

 -射撃値 0
 -白兵値 0
 -指揮値 2
 -一般値 5
 -分析値 5
 -幸運値 -

いめーじ

タグ:

+ タグ編集
  • タグ:

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

最終更新:2010年04月04日 12:42
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。