花嫁にブーケを>2サイクル

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第二サイクル

システム:サイクル開始時に憑依している断章の憑依深度が1上昇
システム:情報は裏が二枚のみ
システム:断章情報 歪み 2,4,6 憑依深度2

三里の行動

時ヶ峰三里:まずはわたくしが裏を調べにいきますわ
システム:ST シーン表
MagicaLogia : シーン表(11) → 街のはるか上空。あなたは重力から解き放たれ、自由に空を飛ぶ。
時ヶ峰三里:過去に遡って、情報を集めますわ <時>で
時ヶ峰三里:2D6>=5 判定
MagicaLogia : (2D6>=5) → 9[3,6] → 9 → 成功
システム:chice[A,B]
システム:choice[A,B]
MagicaLogia : (CHOICE[A,B]) → B
システム:犬神博士 <混血主義者>に属する書籍卿 今回の魔法災厄の進行を望んでいる
システム:魔法戦から撤退する彼に会えます
システム/犬神博士:おや、おや 先ほどの魔法使いの方でないですか
時ヶ峰三里:初めまして・・・かしら? 犬神博士
システム/犬神博士:えぇ、この世界線で出会うのは初めてとなります。
システム/犬神博士:この世界ではあなたは外典として動いているのですね
時ヶ峰三里:禁書のわたくしもいるような言い方ですわね
システム/犬神博士:世界を原初の時まで巻き戻す禁書でしたか、因果があればあなたもなっていただけると楽しいのですけどね
時ヶ峰三里:お断りですわ。 今の私は正義の魔法使いなのですから
システム/犬神博士:そうですか
システム/犬神博士:では台本にも書いてありますので
システム/犬神博士:「無粋な<大法典>の魔法使いよ、この美しい事件に介入するのはやめてくれないか」
システム/犬神博士:「もし介入するならば、我々は敵対することになるだろう」
時ヶ峰三里:えぇ、あなたに引導を渡して差し上げますわ。お待ちになっていてね
システム:三里は犬神博士に対して運命を取得します。属性は宿敵
時ヶ峰三里:3+1D 夢枕で魔力回復
MagicaLogia : (3+1D6) → 3+1[1] → 4
時ヶ峰三里:下がりましたわ
ハヤト:乱数だからしょうがない
時ヶ峰三里:あと未来の魔王に星辰
時ヶ峰三里:2D6>=5 判定
MagicaLogia : (2D6>=5) → 5[1,4] → 5 → 成功

ハヤトの行動

ハヤト:犬神博士を調べるか
システム:ST シーン表
MagicaLogia : シーン表(6) → 無人の路地裏。ここならば、邪魔が入ることもないだろう。
ハヤト:では、ひとり路地裏で
ハヤト:三里が過去に行って行っていたことを、ひとつの本を通して見ています
ハヤト:それと同時に本を通し犬神博士にパスがとおり、彼の物語を読み解きます。
ハヤト:<物語>で判定
ハヤト:2D6>=5 判定
MagicaLogia : (2D6>=5) → 10[5,5] → 10 → 成功 → 夢の魔素2が発生
ハヤト:三里に魔素をパス
時ヶ峰三里:ありがたくいただきますわ
時ヶ峰三里:回想にチャージ
ハヤト:わかったぞ、やつの物語が
システム:秘密
システム:犬神博士は、今回の花澤カオルの結婚が失敗した場合、彼女によって、より恐ろしい事件が引き起こされることを予知している。カオルは結婚式に乱入して花嫁花婿を次々に殺して回る「血染めの花嫁」を名乗る怪人となる。犬神博士はこの予知が成就することを望んでいる。ただし、魔法戦を挑まれ、敗北すればこの件からは手を引く
ハヤト:邪魔だな
時ヶ峰三里:狩りの時間ですわ
システム:第二サイクル前半終了

第二サイクル後半

時ヶ峰三里:犬神博士に魔法戦を挑みますわ
システム/犬神博士:ようこそ、無限の少女
時ヶ峰三里:あなたの時間をいただきますわ
システム/犬神博士:できるものならやってみせてください
時ヶ峰三里:無限の少女"エンドレスガール"が犬神博士に魔法戦を挑みますわ
システム/犬神博士:では相手しましょう
時ヶ峰三里:呪園"スペルバウンド"展開
ハヤト:立ち会おう
システム:犬神博士の魔力は7
システム:エネミー補正でランク*2 =8の一時的魔力を取得
時ヶ峰三里:禁書並みの魔力ですわね
ハヤト:やるしかない

1ラウンド

システム:魔素獲得
時ヶ峰三里:星辰にチャージ
システム:召喚ステップ
時ヶ峰三里:<追憶>の魔王を召喚
時ヶ峰三里:2D6>=5 判定
MagicaLogia : (2D6>=5) → 5[2,3] → 5 → 成功
ハヤト:速攻で決めよう
ハヤト:真の姿解放
ハヤト:アクセス、我がシン
我が罪は強欲
我は多くを望み、無限に果てることはない。
この身を変貌し、望みを叶えよう
真の姿解放「強欲の王”マモン”」
ハヤト:根源力以下の元
ハヤト:魔王に変化し無限の少女に使役してもらう
システム/犬神博士:一瞬で魔王が二体も、これはピンチというやつかもしれませんね
システム/犬神博士:私の召喚です
システム/犬神博士:<花>の騎士を召喚
システム/犬神博士:詠唱いたしましょう
システム/犬神博士:現れよ、あまたの世界に存在
システム/犬神博士:に存在する私よ。 これは私たちの聖戦である
システム/犬神博士:達成値+1
システム:2D6 +1 >= 5 判定
MagicaLogia : (2D6) → 3[1,2] → 3
システム/犬神博士:今日の私は来ないようですね
システム/犬神博士:忘れないうちに【感染】も打ちましょう
システム/犬神博士:"詠唱" あなたには死の運命が待っている。 ただ滅びるだけそれがあなたの運命なのだ
システム/犬神博士:抵抗-1
システム:2D6>=5 判定
MagicaLogia : (2D6>=5) → 6[1,5] → 6 → 成功
時ヶ峰三里:未来から代用して 8 -1されますので出目9ですわね
時ヶ峰三里:2D6>=9 未来 判定
MagicaLogia : (2D6>=9) → 8[2,6] → 8 → 失敗
システム/犬神博士:綻びを付与します
システム:先行攻撃ステップ
時ヶ峰三里:犬神博士は集中防御もできるけど出目が重なる可能性は低いはずですわ
時ヶ峰三里:臆せず、5,5,5ですわ
システム:3B6 エネミープロット
MagicaLogia : (3B6) → 1,1,2
システム:⇒1,2の集中防御
時ヶ峰三里:魔王が二体で追加ダメージが4 ブーストもプレゼントしますわ
時ヶ峰三里:2B6 ブースト
MagicaLogia : (2B6) → 5,6
時ヶ峰三里:9点プレゼントですわ
システム/犬神博士:一時的魔力が全部禿げて残り魔力6
時ヶ峰三里:いかがです? 犬神博士?
システム/犬神博士:とても気分が最悪です。 人がやることとはとても思えません
システム/犬神博士:あ、あなたは外典でしたね
システム/犬神博士:こちらの攻撃です。
時ヶ峰三里:防御は5,5,5ですわ
システム:3B6 エネミープロット
MagicaLogia : (3B6) → 1,2,6
時ヶ峰三里:魔王たちのブロックを1点ずつ使って私には1点ダメージですわ
時ヶ峰三里:一時的魔力が残り2になりましたわ
時ヶ峰三里:魔素は回想に1、魔王に2チャージしますわ
システム:ラウンド終了
時ヶ峰三里:綻びの影響で一時的魔力が1点減少

第二ラウンド

時ヶ峰三里:追憶の魔王にチャージ
システム:召喚ステップ
時ヶ峰三里:緊急召喚"コーリング"
システム:RTT ランダム決定
MagicaLogia : ランダム特技決定表(3,2) → 「力」≪重力≫
時ヶ峰三里:追憶から8
時ヶ峰三里:2D6>=8 判定
MagicaLogia : (2D6>=8) → 7[2,5] → 7 → 失敗
時ヶ峰三里:しょうがないですわね
システム/犬神博士:騎士召喚
システム:2D6>=5 判定
MagicaLogia : (2D6>=5) → 7[2,5] → 7 → 成功
システム/犬神博士:これで耐えることができるでしょう
時ヶ峰三里:攻撃しますわ
時ヶ峰三里:5,5,5
システム:3B6 エネミープロット
MagicaLogia : (3B6) → 1,2,6
システム/犬神博士:ブーストしてみましょう
システム/犬神博士:1D6
MagicaLogia : (1D6) → 5
時ヶ峰三里:ブーストしますわ
時ヶ峰三里:2D6 ブースト
MagicaLogia : (2D6) → 6[1,5] → 6
時ヶ峰三里:最終的に1,5,5,5,5 追加ダメージ4
システム/犬神博士:こちらは1,2,5,6 魔力6,ブロック1
システム/犬神博士:ちょうど落ちますね
時ヶ峰三里:私の勝利ですわ
システム:魔法戦終了
システム/犬神博士:わたしをいかがなさいますか?
時ヶ峰三里:見逃してさしあげますわ。 ただ、私が契約を妖精したら無条件で答えてくださいね?
システム/犬神博士:やれやれ、外典と契約することになるとは嫌なものですね
システム/犬神博士:では、良き魔法災厄を
システム:犬神博士は退場します。

ハヤトの二回目の行動

ハヤト:さて、どうしたものか
ハヤト:三里がかっこよく勝っているし俺も倒しにいくか
ハヤト:【報復】が怖いが行こう
ハヤト:黒田のところに行く
システム:彼は結婚前で仕事を休んでいます。
システム:ただ、部屋に引きこもり明日の結婚式に恐怖しています。
システム:「僕は結婚していいのだろうか?、カオルを幸せにできるだろうか」
ハヤト:話せることもないな。
ハヤト:強欲の主"グリードマスター"が断章<歪み>に魔法戦を挑む 姿を表せ
システム/断章<歪み>:歪め、歪め 己の願いを歪めろ
システム/断章<歪み>:我を邪魔する貴様に死を
ハヤト:呪園展開
システム:魔法戦開始
システム:基本魔力6 憑依深度2で一時的魔力を4獲得
システム:憑依深度補正は攻撃に全部付与
システム:4,4,6(4)
ハヤト:なかなかの強敵だがやるしかない
時ヶ峰三里:立会いますわ
システム:魔素獲得
ハヤト:乙女にチャージ
ハヤト:【写本】した魔王を召喚
ハヤト:指定特技は<追憶> 物語から代用して判定する。
ハヤト:たがその前に"詠唱"する
ハヤト:刻みし魔言を唱える。
ハヤト:アレフ ベート ギーメル ダレット ヘー
ヴァヴ ザイン ヘット テット ユッド
ユッド・ベート いでよ、刻々帝(ザフキエル)
ハヤト:達成値+1
ハヤト:2D6 +1 >=6 判定
MagicaLogia : (2D6) → 10[5,5] → 10
ハヤト:夢の魔素は三里に渡す
時ヶ峰三里:魔剣召喚にチャージしますわ
システム/断章<歪み>:召喚できないからなし
ハヤト:攻撃する。 相手は断章だかかやはりこれだな
ハヤト:4,4,4
システム:4B6 エネミープロット
MagicaLogia : (4B6) → 2,3,5,5
ハヤト:いい感じに避けたな
ハヤト:魔王込で5点
システム/断章<歪み>:一時的魔力がなくなり 残5
システム:後手攻撃
ハヤト:1,5,6
時ヶ峰三里:夢の魔法使いですので5ですわ
システム:4B6 エネミープロット
MagicaLogia : (4B6) → 2,2,5,6
ハヤト:ブースト
ハヤト:1D
MagicaLogia : (1D6) → 6
ハヤト:魔王が1点ブロックして本体には1点
時ヶ峰三里:フィードバックしてわたくしにも1点
時ヶ峰三里:一時的魔力がなくなってしまいましたわ
ハヤト:こっちは残り魔力2
ハヤト:残ったプロットはチャージ
ハヤト:攻殻、禁呪、写本がチャージ
システム:ラウンド終了
システム:第二ラウンド
ハヤト:写本にチャージ
ハヤト:緊急召喚"コーリング"
システム:RTT ランダム決定
MagicaLogia : ランダム特技決定表(5,3) → 「夢」≪謎≫
ハヤト:物語から代用して7
ハヤト:2D6>=7 判定
MagicaLogia : (2D6>=7) → 5[1,4] → 5 → 失敗
ハヤト:出ないものはしょうがない
ハヤト:そのまま攻撃ステップ
ハヤト:4,4,4だ
システム:4B6 エネミープロット
MagicaLogia : (4B6) → 3,3,4,5
ハヤト:ブースト
ハヤト:1D
MagicaLogia : (1D6) → 5
ハヤト:カオルと契約する
システム:WIT 願い表
MagicaLogia : 願い表(4) → 自分のなくした何かを取り戻して欲しい。
システム:では彼女は「血染めの花嫁」になることを夢で見て恐怖していることにしましょう
システム:だから幸せに結婚できることが彼女の願いです
ハヤト:その願い聞き届けた
ハヤト:2D 契約補正
MagicaLogia : (2D6) → 7[3,4] → 7
ハヤト:最終的に3,4,4,4,4,5
システム/断章<歪み>:我は3,3,4,5
ハヤト:通ったのは3個 追加ダメージ2で撃破だ
システム/断章<歪み>:これが強欲の主の力か・・・ 
システム:戦闘終了
ハヤト:魔力を剥奪
システム/黒田:魔法戦後、突如黒田は立ち上がります。
システム/黒田:「もう一度、告白しよう」
システム/黒田:「僕はまだしっかり告白できていなかったんだ。 だから迷っていたんだ」
システム/黒田:「カオルを愛しているこの気持ちは嘘じゃない」
ハヤト:告白はしっかりしとけよ・・・
時ヶ峰三里:もうひとりヒロインがいらしたらナイスボートでしたわね
ハヤト:断章は残り1つだ
システム:2サイクル終了