珍妙な服(評価値4)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

作成:がるた

部品構造


  • 大部品: 珍妙な服 RD:6 評価値:4
    • 部品: 概要
    • 部品: 制作経緯
    • 部品: 周囲の反応
    • 部品: 特徴
    • 部品: 素材
    • 部品: 付属品



部品定義


部品: 概要

蒼梧藩国の宮廷画家がるたが制作した宮廷服である。
元々は自らが着用するために制作されたものだが、その特殊なデザインから主に中年男性の間で人気となり商品化。
他国から中年男性の観光客が増えるという珍事件を引き起こした。

部品: 制作経緯

蒼梧藩国の宮廷画家に任命されたばかりのがるたは宮廷服のデザインを考えていた。
現行のものは重く動きにくく肩や腕まわりがもたついて絵が描きにくいことや、絵具がはねても簡単に洗えず着替えるにも時間がかかることから大変窮屈に感じていた。
それならいっそ新しくデザインしてやろう、というわけである。
そして生まれたのはノースリーブに深いスリット。
フォーマルかつ先進的なデザインで、肩や足を動かしやすいと本人は大満足の一品。

部品: 周囲の反応

男性と視線が合わず、子連れの母親に嫌な顔をされ、妙な観光客が増えた。
いつの間にか商品として販売され売れているらしい。
まぁいいかと気にせずいつも通り元気に跳ね回ると何故か逮捕された。3度も。警察の顔見知りが増えたと喜んでいる。
『えっちな服』などと呼ばれるが納得していない。そのようにデザインした覚えなどないからである。

部品: 特徴

肩周りや深いスリットなど従来の宮廷服より圧倒的に露出度が高い。
胸部から下腹部にかけて身体にフィットした作りで、これが『えっちな』と形容される所以である。

部品: 素材

伸縮する化学繊維で作られているため、身体にぴったりフィットする。
また袖やスカートにはシルク素材のレース、金縁の飾りが施されている。

部品: 付属品

袖は別のパーツになっており肘の上から身に着ける。
他に服と同素材の金の房飾りの付いた帽子、フォーマル用の白いスカーフ、歩きやすいミリタリーブーツ。



提出書式


 大部品: 珍妙な服 RD:6 評価値:4
 -部品: 概要
 -部品: 制作経緯
 -部品: 周囲の反応
 -部品: 特徴
 -部品: 素材
 -部品: 付属品
 
 
 部品: 概要
 蒼梧藩国の宮廷画家がるたが制作した宮廷服である。
 元々は自らが着用するために制作されたものだが、その特殊なデザインから主に中年男性の間で人気となり商品化。
 他国から中年男性の観光客が増えるという珍事件を引き起こした。
 
 部品: 制作経緯
 蒼梧藩国の宮廷画家に任命されたばかりのがるたは宮廷服のデザインを考えていた。
 現行のものは重く動きにくく肩や腕まわりがもたついて絵が描きにくいことや、絵具がはねても簡単に洗えず着替えるにも時間がかかることから大変窮屈に感じていた。
 それならいっそ新しくデザインしてやろう、というわけである。
 そして生まれたのはノースリーブに深いスリット。
 フォーマルかつ先進的なデザインで、肩や足を動かしやすいと本人は大満足の一品。
 
 部品: 周囲の反応
 男性と視線が合わず、子連れの母親に嫌な顔をされ、妙な観光客が増えた。
 いつの間にか商品として販売され売れているらしい。
 まぁいいかと気にせずいつも通り元気に跳ね回ると何故か逮捕された。3度も。警察の顔見知りが増えたと喜んでいる。
 『えっちな服』などと呼ばれるが納得していない。そのようにデザインした覚えなどないからである。
 
 部品: 特徴
 肩周りや深いスリットなど従来の宮廷服より圧倒的に露出度が高い。
 胸部から下腹部にかけて身体にフィットした作りで、これが『えっちな』と形容される所以である。
 
 部品: 素材
 伸縮する化学繊維で作られているため、身体にぴったりフィットする。
 また袖やスカートにはシルク素材のレース、金縁の飾りが施されている。
 
 部品: 付属品
 袖は別のパーツになっており肘の上から身に着ける。
 他に服と同素材の金の房飾りの付いた帽子、フォーマル用の白いスカーフ、歩きやすいミリタリーブーツ。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "珍妙な服",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "概要",
         "description": "蒼梧藩国の宮廷画家がるたが制作した宮廷服である。\n元々は自らが着用するために制作されたものだが、その特殊なデザインから主に中年男性の間で人気となり商品化。\n他国から中年男性の観光客が増えるという珍事件を引き起こした。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "制作経緯",
         "description": "蒼梧藩国の宮廷画家に任命されたばかりのがるたは宮廷服のデザインを考えていた。\n現行のものは重く動きにくく肩や腕まわりがもたついて絵が描きにくいことや、絵具がはねても簡単に洗えず着替えるにも時間がかかることから大変窮屈に感じていた。\nそれならいっそ新しくデザインしてやろう、というわけである。\nそして生まれたのはノースリーブに深いスリット。\nフォーマルかつ先進的なデザインで、肩や足を動かしやすいと本人は大満足の一品。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "周囲の反応",
         "description": "男性と視線が合わず、子連れの母親に嫌な顔をされ、妙な観光客が増えた。\nいつの間にか商品として販売され売れているらしい。\nまぁいいかと気にせずいつも通り元気に跳ね回ると何故か逮捕された。3度も。警察の顔見知りが増えたと喜んでいる。\n『えっちな服』などと呼ばれるが納得していない。そのようにデザインした覚えなどないからである。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "特徴",
         "description": "肩周りや深いスリットなど従来の宮廷服より圧倒的に露出度が高い。\n胸部から下腹部にかけて身体にフィットした作りで、これが『えっちな』と形容される所以である。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "素材",
         "description": "伸縮する化学繊維で作られているため、身体にぴったりフィットする。\nまた袖やスカートにはシルク素材のレース、金縁の飾りが施されている。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "付属品",
         "description": "袖は別のパーツになっており肘の上から身に着ける。\n他に服と同素材の金の房飾りの付いた帽子、フォーマル用の白いスカーフ、歩きやすいミリタリーブーツ。",
         "part_type": "part"
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]
最終更新:2017年08月20日 22:43