蒼江下流域の特徴的地形(評価値7)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

作成:平林

部品構造


  • 大部品: 蒼江下流域の特徴的地形 RD:19 評価値:7
    • 部品: 蒼江下流域の概要
    • 部品: 環状線とパイプライン
    • 大部品: 九江天啓府とその周辺 RD:4 評価値:3
      • 部品: 蒼江デルタ
      • 部品: 首都の形成
      • 部品: 治水対策
      • 部品: 放水路の開鑿
    • 大部品: 砂漠地帯 RD:3 評価値:2
      • 部品: 黄漢平原の南
      • 部品: オアシス都市の誕生
      • 部品: 内陸流通の拠点へ
    • 大部品: 通呉とその周辺 RD:3 評価値:2
      • 部品: 漁村からの発展
      • 部品: 蒼梧藩国の玄関口
      • 部品: 工業都市としての側面
    • 大部品: 長汀とその周辺 RD:3 評価値:2
      • 部品: 辺境の港
      • 部品: 漁業と農業の両輪
      • 部品: 首都と内陸への物資供給
    • 大部品: 昇竜島とその周辺 RD:4 評価値:3
      • 部品: 土侯国としての昇竜島
      • 部品: 蒼梧藩国への合流
      • 部品: リゾートの島
      • 部品: 風俗産業の発展



部品定義


部品: 蒼江下流域の概要

蒼江下流域は河口部のデルタ地帯、沿岸部、島嶼部など変化に富んだ表情を見せる。内戦後は汚染からも回復し、豊かな資源を持ち、人口と商業の集積地であるとともに、首都圏を含み藩国の政治・外交機能の中心にもなっている。

部品: 環状線とパイプライン

帝国の復興に際し、各国共同で設置されたのが環状線とパイプラインである。帝国環状線の蒼梧中央駅、ならびにパイプラインの引き込み地点はいずれも下流域が選定された。

部品: 蒼江デルタ

蒼江の河口部は広大なデルタ地帯を形成している。かつては氾濫のたびにその数や形を変えたが、現在では9つの自然河川と、1つの放水路に分流して海に注いでいる。

部品: 首都の形成

蒼江デルタには古来より多くの人が集まった。ここに営まれた街が境を接して一体化し、巨大都市に成長したのが首都・九江天啓府である。一時は水没し臨時首都移転もしたが、内戦復興を経て現在では再び首都に戻っている。

部品: 治水対策

天啓府の治水対策として、地盤強化と土砂移入によりゼロメートル地帯をなくす作業、堤防や防潮林、防潮堤の設置、中流域における遊水池設定などが実施された。

部品: 放水路の開鑿

治水対策の中でももっとも大がかりなものが、放水路の開鑿である。この蒼梧藩国を挙げた公共事業により、都江放水路が完成し、デルタ地帯の治水は一定の達成を見た。

部品: 黄漢平原の南

穀倉地帯として知られる黄漢平原の南方は砂漠地帯となっている。高温で水資源に乏しいため、住む者はほとんどいなかったが、内戦時に避難民が居住し、その結果として街ができることになった。

部品: オアシス都市の誕生

内戦終結後も砂漠に住み続ける人々がいたため、藩国政府によって井戸の掘削が行われ、三日月型のオアシスが誕生した。この泉のほとりにできた街が月牙(げつが)である。

部品: 内陸流通の拠点へ

月牙は、漁業やサツマイモの栽培などで知られる長汀から内陸部への流通経路にあたり、内陸交通の拠点へと成長していった。

部品: 漁村からの発展

通呉(つうご)は元は小さな漁港であったが、漁業や工業の発展とともに大都市に成長していった。内戦と汚染で一旦荒廃したが、現在は以前を超える賑わいを取り戻している。

部品: 蒼梧藩国の玄関口

蒼梧藩国を代表する港湾である通呉港を擁し、ヒトやモノの流通に際し、藩国になくてはならない存在となっている。

部品: 工業都市としての側面

古くから流通拠点となったため職人が多く、復興後は郊外に工場の建設が進んでいる。エアバイクをはじめ、船舶や機械部品など、その品目は多様である。

部品: 辺境の港

長汀(ちょうてい)長い砂州の奥に位置する天然の良港だが、藩国の東の端に位置するため、長く都市としては規模が大きくならなかった。

部品: 漁業と農業の両輪

経済基盤が弱いことも都市としての発展を阻害していたが、漁業だけでなくバナナやサトウキビの栽培がはじまるに及んで、徐々に人口が増加していった。

部品: 首都と内陸への物資供給

漁獲物と農作物は、首都・天啓府や内陸部に輸送されるようになり、徐々に長汀にもその恩恵がもたらされるようになった。現在はサトウキビを原料にラムの生産も行われている。

部品: 土侯国としての昇竜島

通呉の沖合に浮かぶ昇竜島(タンロン島)には、中世に土侯国が成立、藩国本土と友好的交流を持ちつつも、若干異なる文化が栄えた。

部品: 蒼梧藩国への合流

近世に蒼梧藩国が成立する際、やや遅れて合流した。昇竜島の参加をもって、蒼梧藩国が正式に成立したと現在の歴史学ではみなされている。

部品: リゾートの島

昇竜島は藩国最南端に位置するため、もっとも気候が温暖で、南国の美しい風景が広がっている。これを売り物に、リゾート開発が進められ、国外からも観光客が訪れている。

部品: 風俗産業の発展

観光客の増加により、昇竜島ではとくに風俗産業が発展している。風俗産業は風営法の遵守が徹底されており、そこで働く人々もれっきとした労働者として法的に保護されている。なお、バナナプレイのお店も風営法届け出済みの法的に潔白なお店である。



提出書式


 大部品: 蒼江下流域の特徴的地形 RD:19 評価値:7
 -部品: 蒼江下流域の概要
 -部品: 環状線とパイプライン
 -大部品: 九江天啓府とその周辺 RD:4 評価値:3
 --部品: 蒼江デルタ
 --部品: 首都の形成
 --部品: 治水対策
 --部品: 放水路の開鑿
 -大部品: 砂漠地帯 RD:3 評価値:2
 --部品: 黄漢平原の南
 --部品: オアシス都市の誕生
 --部品: 内陸流通の拠点へ
 -大部品: 通呉とその周辺 RD:3 評価値:2
 --部品: 漁村からの発展
 --部品: 蒼梧藩国の玄関口
 --部品: 工業都市としての側面
 -大部品: 長汀とその周辺 RD:3 評価値:2
 --部品: 辺境の港
 --部品: 漁業と農業の両輪
 --部品: 首都と内陸への物資供給
 -大部品: 昇竜島とその周辺 RD:4 評価値:3
 --部品: 土侯国としての昇竜島
 --部品: 蒼梧藩国への合流
 --部品: リゾートの島
 --部品: 風俗産業の発展
 
 
 部品: 蒼江下流域の概要
 蒼江下流域は河口部のデルタ地帯、沿岸部、島嶼部など変化に富んだ表情を見せる。内戦後は汚染からも回復し、豊かな資源を持ち、人口と商業の集積地であるとともに、首都圏を含み藩国の政治・外交機能の中心にもなっている。
 
 部品: 環状線とパイプライン
 帝国の復興に際し、各国共同で設置されたのが環状線とパイプラインである。帝国環状線の蒼梧中央駅、ならびにパイプラインの引き込み地点はいずれも下流域が選定された。
 
 部品: 蒼江デルタ
 蒼江の河口部は広大なデルタ地帯を形成している。かつては氾濫のたびにその数や形を変えたが、現在では9つの自然河川と、1つの放水路に分流して海に注いでいる。
 
 部品: 首都の形成
 蒼江デルタには古来より多くの人が集まった。ここに営まれた街が境を接して一体化し、巨大都市に成長したのが首都・九江天啓府である。一時は水没し臨時首都移転もしたが、内戦復興を経て現在では再び首都に戻っている。
 
 部品: 治水対策
 天啓府の治水対策として、地盤強化と土砂移入によりゼロメートル地帯をなくす作業、堤防や防潮林、防潮堤の設置、中流域における遊水池設定などが実施された。
 
 部品: 放水路の開鑿
 治水対策の中でももっとも大がかりなものが、放水路の開鑿である。この蒼梧藩国を挙げた公共事業により、都江放水路が完成し、デルタ地帯の治水は一定の達成を見た。
 
 部品: 黄漢平原の南
 穀倉地帯として知られる黄漢平原の南方は砂漠地帯となっている。高温で水資源に乏しいため、住む者はほとんどいなかったが、内戦時に避難民が居住し、その結果として街ができることになった。
 
 部品: オアシス都市の誕生
 内戦終結後も砂漠に住み続ける人々がいたため、藩国政府によって井戸の掘削が行われ、三日月型のオアシスが誕生した。この泉のほとりにできた街が月牙(げつが)である。
 
 部品: 内陸流通の拠点へ
 月牙は、漁業やサツマイモの栽培などで知られる長汀から内陸部への流通経路にあたり、内陸交通の拠点へと成長していった。
 
 部品: 漁村からの発展
 通呉(つうご)は元は小さな漁港であったが、漁業や工業の発展とともに大都市に成長していった。内戦と汚染で一旦荒廃したが、現在は以前を超える賑わいを取り戻している。
 
 部品: 蒼梧藩国の玄関口
 蒼梧藩国を代表する港湾である通呉港を擁し、ヒトやモノの流通に際し、藩国になくてはならない存在となっている。
 
 部品: 工業都市としての側面
 古くから流通拠点となったため職人が多く、復興後は郊外に工場の建設が進んでいる。エアバイクをはじめ、船舶や機械部品など、その品目は多様である。
 
 部品: 辺境の港
 長汀(ちょうてい)長い砂州の奥に位置する天然の良港だが、藩国の東の端に位置するため、長く都市としては規模が大きくならなかった。
 
 部品: 漁業と農業の両輪
 経済基盤が弱いことも都市としての発展を阻害していたが、漁業だけでなくバナナやサトウキビの栽培がはじまるに及んで、徐々に人口が増加していった。
 
 部品: 首都と内陸への物資供給
 漁獲物と農作物は、首都・天啓府や内陸部に輸送されるようになり、徐々に長汀にもその恩恵がもたらされるようになった。現在はサトウキビを原料にラムの生産も行われている。
 
 部品: 土侯国としての昇竜島
 通呉の沖合に浮かぶ昇竜島(タンロン島)には、中世に土侯国が成立、藩国本土と友好的交流を持ちつつも、若干異なる文化が栄えた。
 
 部品: 蒼梧藩国への合流
 近世に蒼梧藩国が成立する際、やや遅れて合流した。昇竜島の参加をもって、蒼梧藩国が正式に成立したと現在の歴史学ではみなされている。
 
 部品: リゾートの島
 昇竜島は藩国最南端に位置するため、もっとも気候が温暖で、南国の美しい風景が広がっている。これを売り物に、リゾート開発が進められ、国外からも観光客が訪れている。
 
 部品: 風俗産業の発展
 観光客の増加により、昇竜島ではとくに風俗産業が発展している。風俗産業は風営法の遵守が徹底されており、そこで働く人々もれっきとした労働者として法的に保護されている。なお、バナナプレイのお店も風営法届け出済みの法的に潔白なお店である。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "蒼江下流域の特徴的地形",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "蒼江下流域の概要",
         "description": "蒼江下流域は河口部のデルタ地帯、沿岸部、島嶼部など変化に富んだ表情を見せる。内戦後は汚染からも回復し、豊かな資源を持ち、人口と商業の集積地であるとともに、首都圏を含み藩国の政治・外交機能の中心にもなっている。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "環状線とパイプライン",
         "description": "帝国の復興に際し、各国共同で設置されたのが環状線とパイプラインである。帝国環状線の蒼梧中央駅、ならびにパイプラインの引き込み地点はいずれも下流域が選定された。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "九江天啓府とその周辺",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "蒼江デルタ",
             "description": "蒼江の河口部は広大なデルタ地帯を形成している。かつては氾濫のたびにその数や形を変えたが、現在では9つの自然河川と、1つの放水路に分流して海に注いでいる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "首都の形成",
             "description": "蒼江デルタには古来より多くの人が集まった。ここに営まれた街が境を接して一体化し、巨大都市に成長したのが首都・九江天啓府である。一時は水没し臨時首都移転もしたが、内戦復興を経て現在では再び首都に戻っている。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "治水対策",
             "description": "天啓府の治水対策として、地盤強化と土砂移入によりゼロメートル地帯をなくす作業、堤防や防潮林、防潮堤の設置、中流域における遊水池設定などが実施された。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "放水路の開鑿",
             "description": "治水対策の中でももっとも大がかりなものが、放水路の開鑿である。この蒼梧藩国を挙げた公共事業により、都江放水路が完成し、デルタ地帯の治水は一定の達成を見た。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "砂漠地帯",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "黄漢平原の南",
             "description": "穀倉地帯として知られる黄漢平原の南方は砂漠地帯となっている。高温で水資源に乏しいため、住む者はほとんどいなかったが、内戦時に避難民が居住し、その結果として街ができることになった。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "オアシス都市の誕生",
             "description": "内戦終結後も砂漠に住み続ける人々がいたため、藩国政府によって井戸の掘削が行われ、三日月型のオアシスが誕生した。この泉のほとりにできた街が月牙(げつが)である。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "内陸流通の拠点へ",
             "description": "月牙は、漁業やサツマイモの栽培などで知られる長汀から内陸部への流通経路にあたり、内陸交通の拠点へと成長していった。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "通呉とその周辺",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "漁村からの発展",
             "description": "通呉(つうご)は元は小さな漁港であったが、漁業や工業の発展とともに大都市に成長していった。内戦と汚染で一旦荒廃したが、現在は以前を超える賑わいを取り戻している。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "蒼梧藩国の玄関口",
             "description": "蒼梧藩国を代表する港湾である通呉港を擁し、ヒトやモノの流通に際し、藩国になくてはならない存在となっている。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "工業都市としての側面",
             "description": "古くから流通拠点となったため職人が多く、復興後は郊外に工場の建設が進んでいる。エアバイクをはじめ、船舶や機械部品など、その品目は多様である。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "長汀とその周辺",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "辺境の港",
             "description": "長汀(ちょうてい)長い砂州の奥に位置する天然の良港だが、藩国の東の端に位置するため、長く都市としては規模が大きくならなかった。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "漁業と農業の両輪",
             "description": "経済基盤が弱いことも都市としての発展を阻害していたが、漁業だけでなくバナナやサトウキビの栽培がはじまるに及んで、徐々に人口が増加していった。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "首都と内陸への物資供給",
             "description": "漁獲物と農作物は、首都・天啓府や内陸部に輸送されるようになり、徐々に長汀にもその恩恵がもたらされるようになった。現在はサトウキビを原料にラムの生産も行われている。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "昇竜島とその周辺",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "土侯国としての昇竜島",
             "description": "通呉の沖合に浮かぶ昇竜島(タンロン島)には、中世に土侯国が成立、藩国本土と友好的交流を持ちつつも、若干異なる文化が栄えた。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "蒼梧藩国への合流",
             "description": "近世に蒼梧藩国が成立する際、やや遅れて合流した。昇竜島の参加をもって、蒼梧藩国が正式に成立したと現在の歴史学ではみなされている。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "リゾートの島",
             "description": "昇竜島は藩国最南端に位置するため、もっとも気候が温暖で、南国の美しい風景が広がっている。これを売り物に、リゾート開発が進められ、国外からも観光客が訪れている。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "風俗産業の発展",
             "description": "観光客の増加により、昇竜島ではとくに風俗産業が発展している。風俗産業は風営法の遵守が徹底されており、そこで働く人々もれっきとした労働者として法的に保護されている。なお、バナナプレイのお店も風営法届け出済みの法的に潔白なお店である。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]
最終更新:2017年08月20日 21:41