蒼梧車両工場(評価値8)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

作成:せこいあ

部品構造


  • 大部品: 蒼梧車両工場 RD:32 評価値:8
    • 部品: 概要
    • 大部品: エアバイクの製造 RD:8 評価値:5
      • 部品: 反重力装置の製造・データ収集
      • 部品: 専門家の立会い
      • 部品: 危険物の処理
      • 部品: 本体部分の製造
      • 大部品: 各所へのこだわり RD:4 評価値:3
        • 部品: ハンドル
        • 部品: 計器
        • 部品: 推進装置
        • 部品: 安全設計
    • 大部品: 汎用工場 RD:22 評価値:7
      • 大部品: 操業規則 RD:14 評価値:6
        • 大部品: 総合規定 RD:4 評価値:3
          • 部品: 藩王からの認可
          • 部品: 法令の遵守
          • 部品: 環境・人体への配慮
          • 部品: 安全第一
        • 大部品: 労務規定 RD:5 評価値:3
          • 部品: 新人教育の徹底
          • 部品: 労働環境の整備
          • 部品: 情報管理の徹底
          • 部品: マニュアルの作成
          • 部品: 報告義務
        • 大部品: 製造・管理 RD:4 評価値:3
          • 部品: 徹底した品質チェック
          • 部品: ヒューマンエラーの防止
          • 部品: 異物混入の防止
          • 部品: 廃棄物の処理
        • 部品: 流用実績(操業規則)
      • 大部品: 製造施設 RD:5 評価値:3
        • 部品: 効率的な配置
        • 部品: 排煙・排水処理
        • 部品: 加工
        • 部品: 組み立て
        • 部品: 検査
      • 大部品: 主な業務 RD:3 評価値:2
        • 部品: 生活必需品の生産
        • 部品: 民間企業からの委託生産
        • 部品: 国からの依頼による生産
    • 部品: 立地



部品定義


部品: 概要

蒼梧藩国における車両工場。蒼梧藩国での主な交通手段であるガクヒや、工事用の特殊車両、民間で使用する消防ポンプ自動車などを製造する工場である。

部品: 反重力装置の製造・データ収集

エアバイク蒼梧に組み込む反重力装置の製造と、その過程や実運用上のデータの採集を行う。藩王からの認可がなければ製造法や、手順の変更などは行うことが出来ない。

部品: 専門家の立会い

反重力装置の扱いには専門家が必要となるため、各工場には必ず技術者としての経験を積み、国から認可された資格を持つ専任技術者が製造に立会い、指示を出すことになる。そのため、反重力装置の製造についての責任は専任技術者に帰属する。


部品: 危険物の処理

反重力装置などの危険な部品の扱いに関しては、エアバイク蒼梧の設計に携わった技術者達の厳密な指導が入っており、原理に基づいた安全で操業規則に反しない処理方法が考案され、執り行われている。

部品: 本体部分の製造

本体部分は機械の導入により品質の良い規格化されたものが安価に製造出来る。民間用に必要ない様々な機能をオミットした結果、大幅な小型化と軽量化に成功し、また比較的デザインの自由度が上がっている。この結果として、女性にも扱いやすい乗り物として、女性向けのデザインがなされた機種も出てきている。

部品: ハンドル

元になったエアバイクピケでは手が自由になるように操作は足で行っていたが、国民への普及を目的としてつくられたエアバイク蒼梧は手放し運転防止のため、操作系をハンドル部に置き換えている。これにより、操縦の習得が比較的簡単となった。

部品: 計器

エアバイクピケは軍用のため、大量のセンサー類と計器類がつけられていたが、こちらは民間用のためそのほとんどがオミットされ、通常の運転に必要なもののみとなっている。そのため、計器類もスッキリとして扱いやすくなった。

部品: 推進装置

推進部は比較的エアバイクピケのロケット推進装置に、環境への配慮と、事故の防止を考慮して改造がなされたものが使われている。特にノイズキャンセラーについては、無音だと事故のもとになるためある程度性能を落として近づいてくるのが分かる程度のものになっている。

部品: 安全設計

万が一の事故に備えて、エアバックや搭乗席の保護など安全性にはかなり気を使って設計されている。おかげでエアバイク蒼梧の事故による死傷者はほとんどいない。

部品: 藩王からの認可

工場を設立・運営するためには法によって定められた手順に則って申請を出し、藩王から認可を受ける必要がある。なお無認可操業・違法操業が発覚した場合には、法に基づいて莫大な罰金と懲役が課されることになる。これは国家全体として工場の数とその影響をコントロールするためである。

部品: 法令の遵守

工場の設立・運営にあたっては環境系・労働系・製造責任系と多種多様な法令を遵守する必要がある。そのため、各工場には必ず法務が置かれ、法に基づいた就業規則・運営体制が整えられている。

部品: 環境・人体への配慮

操業にあたっては法律を守るのはもちろんのこと、各社が環境・人体に配慮した独自の基準を設定している。その実態に即した実施状況を民間に公開することによって企業アピールとしても用いられることが多い。

部品: 安全第一

工員の怪我の防止、事故の予防のために、規則と教育によって充分に安全への配慮がなされている。また、緊急時の対応も定められており、万が一にでも二次被害が起きないよう迅速に対応する。

部品: 新人教育の徹底

新人を教育する際、基本的にはまったく知識がない状態であることを前提として行う。そのため、習熟度合いによって担当させる仕事を変え、危険な仕事は充分な能力を得るまで就かせないようにした上で、必ず1人につき1人の教育係がつけるように設定される。教育係には、ベテランから教育方法についての研修が行われる。このような形式で個人ごとに、充分な能力を得たと判断されるまで教育が行われる。

部品: 労働環境の整備

労働時間の管理、トイレ、社員食堂、社員寮の設置、福利厚生の充実など従業員が快適に働ける環境づくりへの工夫がなされている。これは良い労働環境は従業員のパフォーマンスを向上させることを皆が把握しているからである。

部品: 情報管理の徹底

顧客情報の漏洩防止はもちろんのこと、業務上の機密事項など、重要な情報に対しては取り扱いの手順が定められ、アクセスできる人間も限られている。情報の漏洩は信用を失うことにつながり、操業が危うくなるため、特に注意されている。

部品: マニュアルの作成

作業の属人化が行われないように、ほとんどの作業においてマニュアルが作られており、新人教育にも利用されている。なお、閲覧権限には段階があり、機密事項に関しては国から認可された資格を持つ人間にしかアクセスできず、存在も知られていない。

部品: 報告義務

工場から国へ、操業状況の詳細な報告を定期的に行うことが義務付けられている。報告書の作成時には必ず監査が確認し、虚偽申告があった場合は違法操業として法で罰せられる。また問題発生時などの緊急時にも迅速な国への報告が必要であり、状況次第では国から対応部隊が編成される。なお報告・連絡・相談は社員間でも徹底されており、それが健全に活発になりやすい環境づくりが意識されている。

部品: 徹底した品質チェック

非破壊検査、抜き出し検査などにより外から見て分かる部分だけでなく、耐久性、安全性についても逐一チェックをされ市場に出しても問題ない品か確認される。この際不適合だと判断された品は問題が起きないように再調整がなされた上で、非正規品としてジャンクショップや中古販売店に納入される。それが難しいと判断された場合は工場内の廃棄施設で処理するか、廃棄物処理業者に委託される。

部品: ヒューマンエラーの防止

人間が関わる以上、1人の人間に任せた場合、まったくミスがないというのは難しい。そのため、機械の導入、チェックリストの作成、複数人による多重チェックなど、ミスをなくす工夫がなされている。

部品: 異物混入の防止

品質上の問題はもちろんのこと、テロなどの防止の意味も含め、製造・出荷過程に異物が入り込む余地がないよう厳重に考えられている。これは品質チェックの際にも重視して確認される項目である。

部品: 廃棄物の処理

廃棄物に関しては、簡単なものや、顧客情報、部外秘の特許申請技術などの機密情報については工場内の廃棄施設にて処理される。それ以外の、処理に手間のかかるもの、専門性の必要なものに関しては国に認可された処理業者に委託を行っている。

部品: 流用実績(操業規則)

星鋼京の【I=D工場】に流用されました
星鋼京の【星鋼京造船所】に流用されました
後ほねっこ男爵領のの【ほねっこ軍用工場】に流用されました
紅葉国の紅葉国民間造船所に流用されました


部品: 効率的な配置

製造過程に合わせ効率的な配置がなされています。ライン・セル・機能形式などがあり、作業工程毎に間仕切りや視覚的にわかりやすく、安全にも配慮された形になっています。場合により加工・組立・検査はおなじ施設内で行われていることもあります。

部品: 排煙・排水処理

製造過程で出る廃材や排煙・排水などを汚水の外部流出、地下水汚染、などを防止するため施設内で管理されています。排煙に関してはフィルタ処理など排水に関しては貯蔵し廃棄物保管所に送ります。

部品: 加工

原材料を加工し、製品または部品に加工する施設です。業種により、加工過程により間仕切りなどで異物の混入などを避ける仕組みを作るなどがあります。原材料によってはこちらでの一時保存を禁止します。

部品: 組み立て

部品を組み立てて製品にする、または製品をパッケージングし完成させる施設です。業種により、組立作業前に検査があるものもあります。

部品: 検査

加工された部品や組み立てられた製品を検査し、不具合がないか、製品基準値を満たしているかを確認する施設です。加工された部品と製品検査場所を分け検査効率をあげることもあります。


部品: 生活必需品の生産

国民が生きるうえで必要な食料・衣服・設備などを生産している。国が安全基準を定めているため、それに従い生産を行う。衣・食・住が満たされてこそ心に余裕が生まれてくる。

部品: 民間企業からの委託生産

国内にある民間の企業や団体からの依頼を受けて、必要な設備などを生産する。もちろん取引相手は信頼の出来る相手に限っており、主に病院、警察、消防などの公的機関や、神社などの組織が顧客となる。

部品: 国からの依頼による生産

国が国営の工場だけでは賄いきれないものを民間の工場に生産を依頼し、それを調達することがある。そのため、国側も信頼できる工場に頼れるよう、工場の操業状況や評判などは随時チェックしている。

部品: 立地

蒼梧藩国にある通呉の工業地帯の一角に他の工場よりも少しだけ広く場所をとって設置されている。製造品目が複数あるため、工場設備も複数に分かれて建てられている。



提出書式


 大部品: 蒼梧車両工場 RD:32 評価値:8
 -部品: 概要
 -大部品: エアバイクの製造 RD:8 評価値:5
 --部品: 反重力装置の製造・データ収集
 --部品: 専門家の立会い
 --部品: 危険物の処理
 --部品: 本体部分の製造
 --大部品: 各所へのこだわり RD:4 評価値:3
 ---部品: ハンドル
 ---部品: 計器
 ---部品: 推進装置
 ---部品: 安全設計
 -大部品: 汎用工場 RD:22 評価値:7
 --大部品: 操業規則 RD:14 評価値:6
 ---大部品: 総合規定 RD:4 評価値:3
 ----部品: 藩王からの認可
 ----部品: 法令の遵守
 ----部品: 環境・人体への配慮
 ----部品: 安全第一
 ---大部品: 労務規定 RD:5 評価値:3
 ----部品: 新人教育の徹底
 ----部品: 労働環境の整備
 ----部品: 情報管理の徹底
 ----部品: マニュアルの作成
 ----部品: 報告義務
 ---大部品: 製造・管理 RD:4 評価値:3
 ----部品: 徹底した品質チェック
 ----部品: ヒューマンエラーの防止
 ----部品: 異物混入の防止
 ----部品: 廃棄物の処理
 ---部品: 流用実績(操業規則)
 --大部品: 製造施設 RD:5 評価値:3
 ---部品: 効率的な配置
 ---部品: 排煙・排水処理
 ---部品: 加工
 ---部品: 組み立て
 ---部品: 検査
 --大部品: 主な業務 RD:3 評価値:2
 ---部品: 生活必需品の生産
 ---部品: 民間企業からの委託生産
 ---部品: 国からの依頼による生産
 -部品: 立地
 
 
 部品: 概要
 蒼梧藩国における車両工場。蒼梧藩国での主な交通手段であるガクヒや、工事用の特殊車両、民間で使用する消防ポンプ自動車などを製造する工場である。
 
 部品: 反重力装置の製造・データ収集
 エアバイク蒼梧に組み込む反重力装置の製造と、その過程や実運用上のデータの採集を行う。藩王からの認可がなければ製造法や、手順の変更などは行うことが出来ない。
 
 部品: 専門家の立会い
 反重力装置の扱いには専門家が必要となるため、各工場には必ず技術者としての経験を積み、国から認可された資格を持つ専任技術者が製造に立会い、指示を出すことになる。そのため、反重力装置の製造についての責任は専任技術者に帰属する。
 
 
 部品: 危険物の処理
 反重力装置などの危険な部品の扱いに関しては、エアバイク蒼梧の設計に携わった技術者達の厳密な指導が入っており、原理に基づいた安全で操業規則に反しない処理方法が考案され、執り行われている。
 
 部品: 本体部分の製造
 本体部分は機械の導入により品質の良い規格化されたものが安価に製造出来る。民間用に必要ない様々な機能をオミットした結果、大幅な小型化と軽量化に成功し、また比較的デザインの自由度が上がっている。この結果として、女性にも扱いやすい乗り物として、女性向けのデザインがなされた機種も出てきている。
 
 部品: ハンドル
 元になったエアバイクピケでは手が自由になるように操作は足で行っていたが、国民への普及を目的としてつくられたエアバイク蒼梧は手放し運転防止のため、操作系をハンドル部に置き換えている。これにより、操縦の習得が比較的簡単となった。
 
 部品: 計器
 エアバイクピケは軍用のため、大量のセンサー類と計器類がつけられていたが、こちらは民間用のためそのほとんどがオミットされ、通常の運転に必要なもののみとなっている。そのため、計器類もスッキリとして扱いやすくなった。
 
 部品: 推進装置
 推進部は比較的エアバイクピケのロケット推進装置に、環境への配慮と、事故の防止を考慮して改造がなされたものが使われている。特にノイズキャンセラーについては、無音だと事故のもとになるためある程度性能を落として近づいてくるのが分かる程度のものになっている。
 
 部品: 安全設計
 万が一の事故に備えて、エアバックや搭乗席の保護など安全性にはかなり気を使って設計されている。おかげでエアバイク蒼梧の事故による死傷者はほとんどいない。
 
 部品: 藩王からの認可
 工場を設立・運営するためには法によって定められた手順に則って申請を出し、藩王から認可を受ける必要がある。なお無認可操業・違法操業が発覚した場合には、法に基づいて莫大な罰金と懲役が課されることになる。これは国家全体として工場の数とその影響をコントロールするためである。
 
 部品: 法令の遵守
 工場の設立・運営にあたっては環境系・労働系・製造責任系と多種多様な法令を遵守する必要がある。そのため、各工場には必ず法務が置かれ、法に基づいた就業規則・運営体制が整えられている。
 
 部品: 環境・人体への配慮
 操業にあたっては法律を守るのはもちろんのこと、各社が環境・人体に配慮した独自の基準を設定している。その実態に即した実施状況を民間に公開することによって企業アピールとしても用いられることが多い。
 
 部品: 安全第一
 工員の怪我の防止、事故の予防のために、規則と教育によって充分に安全への配慮がなされている。また、緊急時の対応も定められており、万が一にでも二次被害が起きないよう迅速に対応する。
 
 部品: 新人教育の徹底
 新人を教育する際、基本的にはまったく知識がない状態であることを前提として行う。そのため、習熟度合いによって担当させる仕事を変え、危険な仕事は充分な能力を得るまで就かせないようにした上で、必ず1人につき1人の教育係がつけるように設定される。教育係には、ベテランから教育方法についての研修が行われる。このような形式で個人ごとに、充分な能力を得たと判断されるまで教育が行われる。
 
 部品: 労働環境の整備
 労働時間の管理、トイレ、社員食堂、社員寮の設置、福利厚生の充実など従業員が快適に働ける環境づくりへの工夫がなされている。これは良い労働環境は従業員のパフォーマンスを向上させることを皆が把握しているからである。
 
 部品: 情報管理の徹底
 顧客情報の漏洩防止はもちろんのこと、業務上の機密事項など、重要な情報に対しては取り扱いの手順が定められ、アクセスできる人間も限られている。情報の漏洩は信用を失うことにつながり、操業が危うくなるため、特に注意されている。
 
 部品: マニュアルの作成
 作業の属人化が行われないように、ほとんどの作業においてマニュアルが作られており、新人教育にも利用されている。なお、閲覧権限には段階があり、機密事項に関しては国から認可された資格を持つ人間にしかアクセスできず、存在も知られていない。
 
 部品: 報告義務
 工場から国へ、操業状況の詳細な報告を定期的に行うことが義務付けられている。報告書の作成時には必ず監査が確認し、虚偽申告があった場合は違法操業として法で罰せられる。また問題発生時などの緊急時にも迅速な国への報告が必要であり、状況次第では国から対応部隊が編成される。なお報告・連絡・相談は社員間でも徹底されており、それが健全に活発になりやすい環境づくりが意識されている。
 
 部品: 徹底した品質チェック
 非破壊検査、抜き出し検査などにより外から見て分かる部分だけでなく、耐久性、安全性についても逐一チェックをされ市場に出しても問題ない品か確認される。この際不適合だと判断された品は問題が起きないように再調整がなされた上で、非正規品としてジャンクショップや中古販売店に納入される。それが難しいと判断された場合は工場内の廃棄施設で処理するか、廃棄物処理業者に委託される。
 
 部品: ヒューマンエラーの防止
 人間が関わる以上、1人の人間に任せた場合、まったくミスがないというのは難しい。そのため、機械の導入、チェックリストの作成、複数人による多重チェックなど、ミスをなくす工夫がなされている。
 
 部品: 異物混入の防止
 品質上の問題はもちろんのこと、テロなどの防止の意味も含め、製造・出荷過程に異物が入り込む余地がないよう厳重に考えられている。これは品質チェックの際にも重視して確認される項目である。
 
 部品: 廃棄物の処理
 廃棄物に関しては、簡単なものや、顧客情報、部外秘の特許申請技術などの機密情報については工場内の廃棄施設にて処理される。それ以外の、処理に手間のかかるもの、専門性の必要なものに関しては国に認可された処理業者に委託を行っている。
 
 部品: 流用実績(操業規則)
 星鋼京の【I=D工場】に流用されました
 星鋼京の【星鋼京造船所】に流用されました 
 後ほねっこ男爵領のの【ほねっこ軍用工場】に流用されました
 紅葉国の紅葉国民間造船所に流用されました
 
 
 部品: 効率的な配置
 製造過程に合わせ効率的な配置がなされています。ライン・セル・機能形式などがあり、作業工程毎に間仕切りや視覚的にわかりやすく、安全にも配慮された形になっています。場合により加工・組立・検査はおなじ施設内で行われていることもあります。
 
 部品: 排煙・排水処理
 製造過程で出る廃材や排煙・排水などを汚水の外部流出、地下水汚染、などを防止するため施設内で管理されています。排煙に関してはフィルタ処理など排水に関しては貯蔵し廃棄物保管所に送ります。
 
 部品: 加工
 原材料を加工し、製品または部品に加工する施設です。業種により、加工過程により間仕切りなどで異物の混入などを避ける仕組みを作るなどがあります。原材料によってはこちらでの一時保存を禁止します。
 
 部品: 組み立て
 部品を組み立てて製品にする、または製品をパッケージングし完成させる施設です。業種により、組立作業前に検査があるものもあります。
 
 部品: 検査
 加工された部品や組み立てられた製品を検査し、不具合がないか、製品基準値を満たしているかを確認する施設です。加工された部品と製品検査場所を分け検査効率をあげることもあります。
 
 
 部品: 生活必需品の生産
 国民が生きるうえで必要な食料・衣服・設備などを生産している。国が安全基準を定めているため、それに従い生産を行う。衣・食・住が満たされてこそ心に余裕が生まれてくる。
 
 部品: 民間企業からの委託生産
 国内にある民間の企業や団体からの依頼を受けて、必要な設備などを生産する。もちろん取引相手は信頼の出来る相手に限っており、主に病院、警察、消防などの公的機関や、神社などの組織が顧客となる。
 
 部品: 国からの依頼による生産
 国が国営の工場だけでは賄いきれないものを民間の工場に生産を依頼し、それを調達することがある。そのため、国側も信頼できる工場に頼れるよう、工場の操業状況や評判などは随時チェックしている。
 
 部品: 立地
 蒼梧藩国にある通呉の工業地帯の一角に他の工場よりも少しだけ広く場所をとって設置されている。製造品目が複数あるため、工場設備も複数に分かれて建てられている。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "id": 40600,
     "title": "蒼梧車両工場",
     "description": null,
     "part_type": "group",
     "created_at": "2017-08-23 04:18:30.323345",
     "updated_at": "2017-08-23 04:18:30.323345",
     "children": [
       {
         "id": 40601,
         "title": "概要",
         "description": "蒼梧藩国における車両工場。蒼梧藩国での主な交通手段であるガクヒや、工事用の特殊車両、民間で使用する消防ポンプ自動車などを製造する工場である。",
         "part_type": "part",
         "created_at": "2017-08-23 04:18:30.328666",
         "updated_at": "2017-08-26 15:27:10.901262",
         "children": [],
         "character": {
           "id": 1946,
           "name": "哀川・A・セコイア"
         },
         "localID": 1
       },
       {
         "id": 40602,
         "title": "エアバイクの製造",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-08-23 04:18:30.363386",
         "updated_at": "2017-08-23 04:18:30.363386",
         "children": [
           {
             "id": 40603,
             "title": "反重力装置の製造・データ収集",
             "description": "エアバイク蒼梧に組み込む反重力装置の製造と、その過程や実運用上のデータの採集を行う。藩王からの認可がなければ製造法や、手順の変更などは行うことが出来ない。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 04:18:30.364628",
             "updated_at": "2017-08-23 04:18:30.364628",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 1946,
               "name": "哀川・A・セコイア"
             },
             "localID": 3
           },
           {
             "id": 40604,
             "title": "専門家の立会い",
             "description": "反重力装置の扱いには専門家が必要となるため、各工場には必ず技術者としての経験を積み、国から認可された資格を持つ専任技術者が製造に立会い、指示を出すことになる。そのため、反重力装置の製造についての責任は専任技術者に帰属する。\n",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 04:18:30.376961",
             "updated_at": "2017-08-23 04:18:30.376961",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 1946,
               "name": "哀川・A・セコイア"
             },
             "localID": 4
           },
           {
             "id": 40605,
             "title": "危険物の処理",
             "description": "反重力装置などの危険な部品の扱いに関しては、エアバイク蒼梧の設計に携わった技術者達の厳密な指導が入っており、原理に基づいた安全で操業規則に反しない処理方法が考案され、執り行われている。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 04:18:30.388778",
             "updated_at": "2017-08-23 04:18:30.388778",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 1946,
               "name": "哀川・A・セコイア"
             },
             "localID": 5
           },
           {
             "id": 40606,
             "title": "本体部分の製造",
             "description": "本体部分は機械の導入により品質の良い規格化されたものが安価に製造出来る。民間用に必要ない様々な機能をオミットした結果、大幅な小型化と軽量化に成功し、また比較的デザインの自由度が上がっている。この結果として、女性にも扱いやすい乗り物として、女性向けのデザインがなされた機種も出てきている。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 04:18:30.400567",
             "updated_at": "2017-08-23 04:18:30.400567",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 1946,
               "name": "哀川・A・セコイア"
             },
             "localID": 6
           },
           {
             "id": 40607,
             "title": "各所へのこだわり",
             "description": null,
             "part_type": "group",
             "created_at": "2017-08-23 04:18:30.425364",
             "updated_at": "2017-08-23 04:18:30.425364",
             "children": [
               {
                 "id": 40608,
                 "title": "ハンドル",
                 "description": "元になったエアバイクピケでは手が自由になるように操作は足で行っていたが、国民への普及を目的としてつくられたエアバイク蒼梧は手放し運転防止のため、操作系をハンドル部に置き換えている。これにより、操縦の習得が比較的簡単となった。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-23 04:18:30.427842",
                 "updated_at": "2017-08-23 04:18:30.427842",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 1946,
                   "name": "哀川・A・セコイア"
                 },
                 "localID": 8
               },
               {
                 "id": 40609,
                 "title": "計器",
                 "description": "エアバイクピケは軍用のため、大量のセンサー類と計器類がつけられていたが、こちらは民間用のためそのほとんどがオミットされ、通常の運転に必要なもののみとなっている。そのため、計器類もスッキリとして扱いやすくなった。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-23 04:18:30.444143",
                 "updated_at": "2017-08-23 04:18:30.444143",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 1946,
                   "name": "哀川・A・セコイア"
                 },
                 "localID": 9
               },
               {
                 "id": 40611,
                 "title": "推進装置",
                 "description": "推進部は比較的エアバイクピケのロケット推進装置に、環境への配慮と、事故の防止を考慮して改造がなされたものが使われている。特にノイズキャンセラーについては、無音だと事故のもとになるためある程度性能を落として近づいてくるのが分かる程度のものになっている。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-23 04:18:30.471671",
                 "updated_at": "2017-08-23 04:18:30.471671",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 1946,
                   "name": "哀川・A・セコイア"
                 },
                 "localID": 10
               },
               {
                 "id": 40612,
                 "title": "安全設計",
                 "description": "万が一の事故に備えて、エアバックや搭乗席の保護など安全性にはかなり気を使って設計されている。おかげでエアバイク蒼梧の事故による死傷者はほとんどいない。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-23 04:18:30.484287",
                 "updated_at": "2017-08-23 04:18:30.484287",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 1946,
                   "name": "哀川・A・セコイア"
                 },
                 "localID": 11
               }
             ],
             "character": {
               "id": 1946,
               "name": "哀川・A・セコイア"
             },
             "expanded": true,
             "localID": 7
           }
         ],
         "character": {
           "id": 1946,
           "name": "哀川・A・セコイア"
         },
         "expanded": true,
         "localID": 2
       },
       {
         "id": 40613,
         "title": "汎用工場",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-08-23 04:20:34.254884",
         "updated_at": "2017-08-23 04:20:34.254884",
         "children": [
           {
             "id": 16727,
             "title": "操業規則",
             "description": null,
             "part_type": "group",
             "created_at": "2017-08-21 14:51:45.604133",
             "updated_at": "2017-08-21 14:51:45.604133",
             "children": [
               {
                 "id": 16728,
                 "title": "総合規定",
                 "description": null,
                 "part_type": "group",
                 "created_at": "2017-08-21 14:51:45.609361",
                 "updated_at": "2017-08-21 14:51:45.609361",
                 "children": [
                   {
                     "id": 16729,
                     "title": "藩王からの認可",
                     "description": "工場を設立・運営するためには法によって定められた手順に則って申請を出し、藩王から認可を受ける必要がある。なお無認可操業・違法操業が発覚した場合には、法に基づいて莫大な罰金と懲役が課されることになる。これは国家全体として工場の数とその影響をコントロールするためである。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-21 14:51:45.61221",
                     "updated_at": "2017-08-21 14:51:45.61221",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 1946,
                       "name": "哀川・A・セコイア"
                     },
                     "localID": 15
                   },
                   {
                     "id": 16730,
                     "title": "法令の遵守",
                     "description": "工場の設立・運営にあたっては環境系・労働系・製造責任系と多種多様な法令を遵守する必要がある。そのため、各工場には必ず法務が置かれ、法に基づいた就業規則・運営体制が整えられている。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-21 14:51:45.657544",
                     "updated_at": "2017-08-21 14:51:45.657544",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 1946,
                       "name": "哀川・A・セコイア"
                     },
                     "localID": 16
                   },
                   {
                     "id": 16731,
                     "title": "環境・人体への配慮",
                     "description": "操業にあたっては法律を守るのはもちろんのこと、各社が環境・人体に配慮した独自の基準を設定している。その実態に即した実施状況を民間に公開することによって企業アピールとしても用いられることが多い。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-21 14:51:45.69925",
                     "updated_at": "2017-08-27 14:42:22.596248",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 1946,
                       "name": "哀川・A・セコイア"
                     },
                     "localID": 17
                   },
                   {
                     "id": 16732,
                     "title": "安全第一",
                     "description": "工員の怪我の防止、事故の予防のために、規則と教育によって充分に安全への配慮がなされている。また、緊急時の対応も定められており、万が一にでも二次被害が起きないよう迅速に対応する。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-21 14:51:45.740242",
                     "updated_at": "2017-08-21 14:51:45.740242",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 1946,
                       "name": "哀川・A・セコイア"
                     },
                     "localID": 18
                   }
                 ],
                 "character": {
                   "id": 1946,
                   "name": "哀川・A・セコイア"
                 },
                 "expanded": true,
                 "localID": 14
               },
               {
                 "id": 16733,
                 "title": "労務規定",
                 "description": null,
                 "part_type": "group",
                 "created_at": "2017-08-21 14:51:45.86875",
                 "updated_at": "2017-08-21 14:51:45.86875",
                 "children": [
                   {
                     "id": 16734,
                     "title": "新人教育の徹底",
                     "description": "新人を教育する際、基本的にはまったく知識がない状態であることを前提として行う。そのため、習熟度合いによって担当させる仕事を変え、危険な仕事は充分な能力を得るまで就かせないようにした上で、必ず1人につき1人の教育係がつけるように設定される。教育係には、ベテランから教育方法についての研修が行われる。このような形式で個人ごとに、充分な能力を得たと判断されるまで教育が行われる。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-21 14:51:45.871796",
                     "updated_at": "2017-08-21 14:51:45.871796",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 1946,
                       "name": "哀川・A・セコイア"
                     },
                     "localID": 20
                   },
                   {
                     "id": 16735,
                     "title": "労働環境の整備",
                     "description": "労働時間の管理、トイレ、社員食堂、社員寮の設置、福利厚生の充実など従業員が快適に働ける環境づくりへの工夫がなされている。これは良い労働環境は従業員のパフォーマンスを向上させることを皆が把握しているからである。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-21 14:51:45.969317",
                     "updated_at": "2017-08-21 14:51:45.969317",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 1946,
                       "name": "哀川・A・セコイア"
                     },
                     "localID": 21
                   },
                   {
                     "id": 16736,
                     "title": "情報管理の徹底",
                     "description": "顧客情報の漏洩防止はもちろんのこと、業務上の機密事項など、重要な情報に対しては取り扱いの手順が定められ、アクセスできる人間も限られている。情報の漏洩は信用を失うことにつながり、操業が危うくなるため、特に注意されている。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-21 14:51:46.072888",
                     "updated_at": "2017-08-21 14:51:46.072888",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 1946,
                       "name": "哀川・A・セコイア"
                     },
                     "localID": 22
                   },
                   {
                     "id": 16737,
                     "title": "マニュアルの作成",
                     "description": "作業の属人化が行われないように、ほとんどの作業においてマニュアルが作られており、新人教育にも利用されている。なお、閲覧権限には段階があり、機密事項に関しては国から認可された資格を持つ人間にしかアクセスできず、存在も知られていない。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-21 14:51:46.179993",
                     "updated_at": "2017-08-21 14:51:46.179993",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 1946,
                       "name": "哀川・A・セコイア"
                     },
                     "localID": 23
                   },
                   {
                     "id": 16738,
                     "title": "報告義務",
                     "description": "工場から国へ、操業状況の詳細な報告を定期的に行うことが義務付けられている。報告書の作成時には必ず監査が確認し、虚偽申告があった場合は違法操業として法で罰せられる。また問題発生時などの緊急時にも迅速な国への報告が必要であり、状況次第では国から対応部隊が編成される。なお報告・連絡・相談は社員間でも徹底されており、それが健全に活発になりやすい環境づくりが意識されている。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-21 14:51:46.219002",
                     "updated_at": "2017-08-21 14:51:46.219002",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 1946,
                       "name": "哀川・A・セコイア"
                     },
                     "localID": 24
                   }
                 ],
                 "character": {
                   "id": 1946,
                   "name": "哀川・A・セコイア"
                 },
                 "expanded": true,
                 "localID": 19
               },
               {
                 "id": 16739,
                 "title": "製造・管理",
                 "description": null,
                 "part_type": "group",
                 "created_at": "2017-08-21 14:51:46.271742",
                 "updated_at": "2017-08-21 14:51:46.271742",
                 "children": [
                   {
                     "id": 16740,
                     "title": "徹底した品質チェック",
                     "description": "非破壊検査、抜き出し検査などにより外から見て分かる部分だけでなく、耐久性、安全性についても逐一チェックをされ市場に出しても問題ない品か確認される。この際不適合だと判断された品は問題が起きないように再調整がなされた上で、非正規品としてジャンクショップや中古販売店に納入される。それが難しいと判断された場合は工場内の廃棄施設で処理するか、廃棄物処理業者に委託される。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-21 14:51:46.274428",
                     "updated_at": "2017-08-21 14:51:46.274428",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 1946,
                       "name": "哀川・A・セコイア"
                     },
                     "localID": 26
                   },
                   {
                     "id": 16741,
                     "title": "ヒューマンエラーの防止",
                     "description": "人間が関わる以上、1人の人間に任せた場合、まったくミスがないというのは難しい。そのため、機械の導入、チェックリストの作成、複数人による多重チェックなど、ミスをなくす工夫がなされている。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-21 14:51:46.297175",
                     "updated_at": "2017-08-21 14:51:46.297175",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 1946,
                       "name": "哀川・A・セコイア"
                     },
                     "localID": 27
                   },
                   {
                     "id": 16742,
                     "title": "異物混入の防止",
                     "description": "品質上の問題はもちろんのこと、テロなどの防止の意味も含め、製造・出荷過程に異物が入り込む余地がないよう厳重に考えられている。これは品質チェックの際にも重視して確認される項目である。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-21 14:51:46.31865",
                     "updated_at": "2017-08-21 14:51:46.31865",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 1946,
                       "name": "哀川・A・セコイア"
                     },
                     "localID": 28
                   },
                   {
                     "id": 16743,
                     "title": "廃棄物の処理",
                     "description": "廃棄物に関しては、簡単なものや、顧客情報、部外秘の特許申請技術などの機密情報については工場内の廃棄施設にて処理される。それ以外の、処理に手間のかかるもの、専門性の必要なものに関しては国に認可された処理業者に委託を行っている。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-21 14:51:48.668655",
                     "updated_at": "2017-08-21 14:51:48.668655",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 1946,
                       "name": "哀川・A・セコイア"
                     },
                     "localID": 29
                   }
                 ],
                 "character": {
                   "id": 1946,
                   "name": "哀川・A・セコイア"
                 },
                 "expanded": true,
                 "localID": 25
               },
               {
                 "id": 69065,
                 "title": "流用実績(操業規則)",
                 "description": "星鋼京の【I=D工場】に流用されました\n星鋼京の【星鋼京造船所】に流用されました \n後ほねっこ男爵領のの【ほねっこ軍用工場】に流用されました\n紅葉国の紅葉国民間造船所に流用されました\n",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-24 17:00:25.044009",
                 "updated_at": "2017-08-24 17:03:29.921599",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 1946,
                   "name": "哀川・A・セコイア"
                 },
                 "localID": 30
               }
             ],
             "character": {
               "id": 1946,
               "name": "哀川・A・セコイア"
             },
             "expanded": true,
             "localID": 13
           },
           {
             "id": 40332,
             "title": "製造施設",
             "description": null,
             "part_type": "group",
             "created_at": "2017-08-23 04:05:56.068628",
             "updated_at": "2017-08-23 04:05:56.068628",
             "children": [
               {
                 "id": 40333,
                 "title": "効率的な配置",
                 "description": "製造過程に合わせ効率的な配置がなされています。ライン・セル・機能形式などがあり、作業工程毎に間仕切りや視覚的にわかりやすく、安全にも配慮された形になっています。場合により加工・組立・検査はおなじ施設内で行われていることもあります。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-23 04:05:56.069669",
                 "updated_at": "2017-08-23 04:05:56.069669",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 1946,
                   "name": "哀川・A・セコイア"
                 },
                 "localID": 32
               },
               {
                 "id": 40334,
                 "title": "排煙・排水処理",
                 "description": "製造過程で出る廃材や排煙・排水などを汚水の外部流出、地下水汚染、などを防止するため施設内で管理されています。排煙に関してはフィルタ処理など排水に関しては貯蔵し廃棄物保管所に送ります。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-23 04:05:56.082586",
                 "updated_at": "2017-08-23 04:05:56.082586",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 1946,
                   "name": "哀川・A・セコイア"
                 },
                 "localID": 33
               },
               {
                 "id": 40335,
                 "title": "加工",
                 "description": "原材料を加工し、製品または部品に加工する施設です。業種により、加工過程により間仕切りなどで異物の混入などを避ける仕組みを作るなどがあります。原材料によってはこちらでの一時保存を禁止します。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-23 04:05:56.09439",
                 "updated_at": "2017-08-23 04:05:56.09439",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 1946,
                   "name": "哀川・A・セコイア"
                 },
                 "localID": 34
               },
               {
                 "id": 40336,
                 "title": "組み立て",
                 "description": "部品を組み立てて製品にする、または製品をパッケージングし完成させる施設です。業種により、組立作業前に検査があるものもあります。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-23 04:05:56.106123",
                 "updated_at": "2017-08-23 04:05:56.106123",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 1946,
                   "name": "哀川・A・セコイア"
                 },
                 "localID": 35
               },
               {
                 "id": 40337,
                 "title": "検査",
                 "description": "加工された部品や組み立てられた製品を検査し、不具合がないか、製品基準値を満たしているかを確認する施設です。加工された部品と製品検査場所を分け検査効率をあげることもあります。\n",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-23 04:05:56.117823",
                 "updated_at": "2017-08-23 04:05:56.117823",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 1946,
                   "name": "哀川・A・セコイア"
                 },
                 "localID": 36
               }
             ],
             "character": {
               "id": 1946,
               "name": "哀川・A・セコイア"
             },
             "expanded": true,
             "localID": 31
           },
           {
             "id": 40614,
             "title": "主な業務",
             "description": null,
             "part_type": "group",
             "created_at": "2017-08-23 04:20:34.368727",
             "updated_at": "2017-08-23 04:20:34.368727",
             "children": [
               {
                 "id": 40615,
                 "title": "生活必需品の生産",
                 "description": "国民が生きるうえで必要な食料・衣服・設備などを生産している。国が安全基準を定めているため、それに従い生産を行う。衣・食・住が満たされてこそ心に余裕が生まれてくる。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-23 04:20:34.369867",
                 "updated_at": "2017-08-23 04:20:34.369867",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 1946,
                   "name": "哀川・A・セコイア"
                 },
                 "localID": 38
               },
               {
                 "id": 40616,
                 "title": "民間企業からの委託生産",
                 "description": "国内にある民間の企業や団体からの依頼を受けて、必要な設備などを生産する。もちろん取引相手は信頼の出来る相手に限っており、主に病院、警察、消防などの公的機関や、神社などの組織が顧客となる。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-23 04:20:34.3831",
                 "updated_at": "2017-08-23 04:20:34.3831",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 1946,
                   "name": "哀川・A・セコイア"
                 },
                 "localID": 39
               },
               {
                 "id": 40617,
                 "title": "国からの依頼による生産",
                 "description": "国が国営の工場だけでは賄いきれないものを民間の工場に生産を依頼し、それを調達することがある。そのため、国側も信頼できる工場に頼れるよう、工場の操業状況や評判などは随時チェックしている。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-23 04:20:34.395842",
                 "updated_at": "2017-08-23 04:20:34.395842",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 1946,
                   "name": "哀川・A・セコイア"
                 },
                 "localID": 40
               }
             ],
             "character": {
               "id": 1946,
               "name": "哀川・A・セコイア"
             },
             "expanded": true,
             "localID": 37
           }
         ],
         "character": {
           "id": 1946,
           "name": "哀川・A・セコイア"
         },
         "expanded": true,
         "localID": 12
       },
       {
         "id": 78449,
         "title": "立地",
         "description": "蒼梧藩国にある通呉の工業地帯の一角に他の工場よりも少しだけ広く場所をとって設置されている。製造品目が複数あるため、工場設備も複数に分かれて建てられている。",
         "part_type": "part",
         "created_at": "2017-08-26 15:27:11.264919",
         "updated_at": "2017-08-26 15:27:11.264919",
         "children": [],
         "character": {
           "id": 1946,
           "name": "哀川・A・セコイア"
         },
         "localID": 41
       }
     ],
     "character": {
       "id": 1946,
       "name": "哀川・A・セコイア"
     },
     "expanded": true,
     "localID": 0
   }
 ]
最終更新:2017年09月07日 01:14