蒼梧焼(評価値2)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

作成者:稠

部品構造


  • 大部品: 蒼梧焼 RD:3 評価値:2
    • 部品: 由緒
    • 部品: 特徴
    • 部品: 蒼梧焼を名乗るために



部品定義


部品: 由緒

蒼梧藩国の西方に位置する昌徳周辺は古くから良質の陶土を産し、陶工たちが住み着いて陶器の生産を行ってきた。この伝統は連綿と受け継がれ、蒼梧焼の名で親しまれている。

部品: 特徴

白い器に青い絵付けがされているものが多い。日用雑貨から芸術品まで、サイズも大小様々で、工房・陶工ごとに得意なものを生産している。

部品: 蒼梧焼を名乗るために

低品質な類似品が出回ったり、それによって信用が下落するのを防ぐために、昌徳周辺の陶土を用い、技術水準を認められた工房で生産されたもののみ「蒼梧焼」の印を押すことが認められている。



提出書式


 大部品: 蒼梧焼 RD:3 評価値:2
 -部品: 由緒
 -部品: 特徴
 -部品: 蒼梧焼を名乗るために
 
 
 部品: 由緒
 蒼梧藩国の西方に位置する昌徳周辺は古くから良質の陶土を産し、陶工たちが住み着いて陶器の生産を行ってきた。この伝統は連綿と受け継がれ、蒼梧焼の名で親しまれている。
 
 部品: 特徴
 白い器に青い絵付けがされているものが多い。日用雑貨から芸術品まで、サイズも大小様々で、工房・陶工ごとに得意なものを生産している。
 
 部品: 蒼梧焼を名乗るために
 低品質な類似品が出回ったり、それによって信用が下落するのを防ぐために、昌徳周辺の陶土を用い、技術水準を認められた工房で生産されたもののみ「蒼梧焼」の印を押すことが認められている。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "蒼梧焼",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "由緒",
         "description": "蒼梧藩国の西方に位置する昌徳周辺は古くから良質の陶土を産し、陶工たちが住み着いて陶器の生産を行ってきた。この伝統は連綿と受け継がれ、蒼梧焼の名で親しまれている。",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "特徴",
         "description": "白い器に青い絵付けがされているものが多い。日用雑貨から芸術品まで、サイズも大小様々で、工房・陶工ごとに得意なものを生産している。",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "蒼梧焼を名乗るために",
         "description": "低品質な類似品が出回ったり、それによって信用が下落するのを防ぐために、昌徳周辺の陶土を用い、技術水準を認められた工房で生産されたもののみ「蒼梧焼」の印を押すことが認められている。",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]
最終更新:2017年08月20日 23:02