願真(T21)(評価値11)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

作成:願真

部品構造

  • 大部品: 願真 RD:114 評価値:11
    • 大部品: 人物 RD:4 評価値:3
      • 部品: 生まれ
      • 部品: 育ち
      • 部品: 容姿
      • 部品: 性格
    • 大部品: 蒼梧藩国での経歴 RD:37 評価値:8
      • 部品: 入国
      • 部品: 立国後
      • 大部品: 軍務経験 RD:31 評価値:8
        • 大部品: コンバットシューティング RD:8 評価値:5
          • 部品: 概要
          • 大部品: 射撃の基本 RD:5 評価値:3
            • 部品: ホールディングとトリガープル
            • 部品: 照準
            • 部品: ダブルタップ
            • 部品: 弾倉交換と予備
            • 部品: 日々の手入れ
          • 部品: ポジショニング
          • 部品: ツーマンセル
        • 大部品: CQC RD:9 評価値:5
          • 部品: 軍隊式の近接戦闘術
          • 大部品: 勝つための知識 RD:2 評価値:1
            • 部品: 人体構造の把握
            • 部品: 行動予測
          • 大部品: 攻撃方法 RD:3 評価値:2
            • 部品: 力の使い方
            • 部品: 体の使い方
            • 部品: 卑怯上等
          • 大部品: ダメージ軽減 RD:2 評価値:1
            • 部品: 受け流し
            • 部品: 受け身
          • 部品: CQCを学ぶには
        • 部品: 経歴
        • 大部品: 軍事偵察技術 RD:13 評価値:6
          • 部品: 軍事偵察とは
          • 部品: 偵察技術習得について
          • 部品: 郊外活動、敵部隊情報把握
          • 部品: 捜索・敵索
          • 部品: 地形探査
          • 部品: 行動について
          • 部品: 隠密偵察の調査
          • 部品: 威力偵察の調査
          • 部品: 生きて帰って報告せよ
          • 部品: 万が一の時は
          • 部品: 軍事基礎能力訓練
          • 部品: 知識訓練
          • 部品: 仮想訓練
      • 部品: エアバイク製造工場勤務経歴
      • 部品: 現場監督及び作業員歴
      • 部品: 現状
      • 部品: 騎士として
    • 大部品: 趣味嗜好 RD:10 評価値:5
      • 部品: 歌
      • 部品: 読み物
      • 大部品: 野郎飯 RD:5 評価値:3
        • 部品: 概要
        • 部品: よく使う食材
        • 部品: よく作る料理
        • 部品: 工夫
        • 部品: 番外編 お菓子
      • 部品: 酒
      • 部品: 一人旅
      • 部品: 機械弄り
    • 大部品: 知識・技術・特技 RD:21 評価値:7
      • 大部品: 運転技術 RD:4 評価値:3
        • 部品: 習得まで
        • 部品: エアバイク免許
        • 部品: 安全配慮
        • 部品: 地図の読み方
      • 大部品: 運転技能 RD:11 評価値:5
        • 部品: 運転技能とは
        • 部品: 習得にあたる期間
        • 部品: 免許制度について
        • 大部品: 習得にあたり必要なもの RD:6 評価値:4
          • 部品: 視覚・聴覚
          • 部品: 四肢
          • 部品: 判断力
          • 部品: 基礎知識
          • 部品: 正確性と余裕
          • 部品: とっさの対応
        • 大部品: 応用力 RD:2 評価値:1
          • 部品: 経験として身体で覚えた後に
          • 部品: 人に教えられる様に
      • 大部品: 子守 RD:3 評価値:2
        • 部品: 対話・会話のやり方
        • 部品: 個人としての尊重
        • 部品: 悪戯や過った行動をした時の対処方法
      • 大部品: 手先の器用さ RD:3 評価値:2
        • 部品: 素手での精密さ
        • 部品: 力の加え方
        • 部品: 集中力
    • 大部品: 特徴 RD:3 評価値:2
      • 部品: 健啖家の胃袋
      • 部品: 行動派
      • 部品: 良く響く声
    • 大部品: 持ち物 RD:39 評価値:9
      • 大部品: B93Rバースト拳銃 RD:6 評価値:4
        • 部品: 対テロ用拳銃
        • 部品: 大型化
        • 部品: 3点バースト
        • 部品: 受注生産品
        • 部品: 携帯許可
        • 部品: 所持の注意点
      • 部品: ヘルメット
      • 部品: グローブ
      • 部品: ゴーグル
      • 部品: アナログ式腕時計
      • 部品: 充電式ラジオ
      • 部品: プライヤーツール
      • 部品: 個人用工具セット
      • 部品: 7つの野営アイテム
      • 部品: 安全ブーツ
      • 部品: ライディングジャケット
      • 部品: リュックサック
      • 部品: コップ付き水筒
      • 部品: 単眼鏡
      • 大部品: 愛車『魅雲』 RD:11 評価値:5
        • 部品: 構成
        • 部品: デザイン
        • 部品: 登録表示
        • 大部品: 追加パーツ RD:8 評価値:5
          • 部品: 説明
          • 部品: 複合機能付きカバー
          • 部品: 高輝度ヘッドライト
          • 部品: 投影式モニター
          • 部品: ロケット噴出機構
          • 部品: 各種センサー
          • 部品: 網ランチャー
          • 部品: エアバイク用トレーラー
      • 大部品: 愛車「鹿目」 RD:9 評価値:5
        • 大部品: 二輪式オートバイ RD:9 評価値:5
          • 部品: 二輪式オートバイの復活
          • 部品: 採用タイヤと駆動方式
          • 部品: 動力
          • 部品: 内蔵バッテリー
          • 部品: パッシング機能付きヘッドライト
          • 部品: キャリア
          • 大部品: 試作追加パーツ RD:3 評価値:2
            • 部品: 鍵付き積載用ボックス
            • 部品: スーパーチャージャー付きエンジン
            • 部品: オートバイ用トレーラー

部品定義

部品: 生まれ

町という場所で生を受ける。年上ばかりの環境にいたせいか、自分は捨て子ではないかと不安を感じていた。問題の解決は親に似てくるまで10年の期間を要した。

部品: 育ち

身内が先生役をかってくれた為に読み書きと最低限の計算、言葉が通じない人や生き物への意思疎通方法・ボディランゲージも少しながら会得しています。

部品: 容姿

身長180㎝。見た目は20代後半。引き締まった体躯で目は細目。トレードマークは代々受け継いでいる後頭部で髪を結い水平に髷をつくる茶筅髷(ちゃせんまげ)。前髪は少し長めに、その他の髪は短く切り揃えられている。

部品: 性格

興味のあることは自分が納得いくまでとことん追い求める。義理人情、人の縁を大事にしており、結構涙もろい面も持ち合わせている。

部品: 入国

何か出来る事は無いかと立国の渦中に飛び込んだ。公にいない立場を生かして裏方での出来る事をせっせとしていた。

部品: 立国後

技術的な進歩が進んでいるので今の立場を活かして国内を見て回ろうと、近場からコツコツと回っている様子。ラジオ局に就職志願中。

部品: 概要

軍隊や警察、スパイ組織等の特殊部隊でのみ教育されている射撃術で一般人には教えられていない。基本となるのは拳銃の撃ち方、構え方等からなる。

部品: ホールディングとトリガープル

射撃時に反動で狙いがぶれないように、銃の握り方、引き金を引くときの力の入れ方、反動の逃がし方の技術。

部品: 照準

ダットサイトと呼ばれる照準器を使ったり、銃についているアイアンサイトを使う。狙いは頭や腕ではなく、動きの少ない胴体や足を狙って敵の動きを止め、次弾で止めを刺す。

部品: ダブルタップ

1回目では弾が外れたり、防御される可能性がある為、敵には必ず2回引き金を引く。フルオートで引き金を引きっぱなしにするのは弾丸を浪費し、命中率も低下するため基本的には使わない。

部品: 弾倉交換と予備

射撃をしながらでも残弾は数えておき、銃身に弾丸が1発は残っている状態で弾倉を交換する。これにより初弾装填の時間を短縮できる。また予備弾倉や予備の銃は必ず携行する。

部品: 日々の手入れ

日々の手入れがされている銃を使う。射撃後は火薬の燃えカス等が残る為、必ず分解、清掃を行う。暗闇や片手でも手入れができるように練習も行っておく。

部品: ポジショニング

建物の壁や、金属製のドア、自動車のエンジン、樹木、ブロック塀、あるいは太陽の逆光や、自分の追い風になる等、自分にとって優位な場所をとる技術。

部品: ツーマンセル

可能な限り2人1組で行動する。死角を補いあったり、無防備になる弾倉交換や移動時に援護射撃を相互に行う。

部品: 軍隊式の近接戦闘術

狭い空間や、敵と密着した状況を想定し、素手の打撃や投げ、関節技だけでなく、銃やナイフ、その他の道具と組み合わせた戦い方。

部品: 人体構造の把握

人体の急所や、関節の構造を理解し、効率よく急所を狙ったり、骨や関節を効率よく砕いたりするための知識を把握する。

部品: 行動予測

人の格闘戦における動きは、ある程度パターン化されている。相手の構えや視線、目線などから、動きを予測し、それに対処を行う。

部品: 力の使い方

相手の力を利用する事で、組み技では自分は力を入れずに投げ倒したり、カウンターによる威力の増加を狙う。

部品: 体の使い方

手首を痛めないように、拳ではなく掌底や、肘等の固い部分を使った打撃を推奨される。また、打撃も蹴りもコンパクトな動作により、隙を無くすようにする。

部品: 卑怯上等

土砂による目つぶしや金的、ハッタリや挑発行為等の心理攻撃、銃やナイフの併用等、本来の武道では禁じ手とされている技も、生死を掛けた戦いにおいては使う。
(訓練では練習用の人形相手にしか使わない。)

部品: 受け流し

相手の技を真っ正面から受けるのではなく、反らしたり、受け流したり、人体の固い部分に誘導することで、自分の受けるダメージを減らす。

部品: 受け身

相手に投げられた時に、手足を広げ、体全体の設置面積を大きくすることで、ダメージを分散する技術。また、その反動を利用し姿勢を立て直す事にも利用される。

部品: CQCを学ぶには

CQCを習得するためには、軍隊としての訓練を積むか、軍隊に所属していた経験がある人間から直接教わる必要がある。実戦で通用するレベルまで磨き上げるには、最低でも1年間の訓練が必要となる。

部品: 経歴

自らの身は自分で、身近な人も守れるようにする為に志願してのエアバイク兵及び歩兵としての経験を有しています。現在は予備役の籍を持っており、大平蔵人氏とは現在も交流があります。

部品: 軍事偵察とは

軍事目的の偵察。野外戦闘など敵の編成部隊と戦う為に行う情報収集。敵の部隊の内容や陣形、戦場の地形を事前に把握することで優位な状況での戦闘を迎えることができる重要な役割である。

部品: 偵察技術習得について

技術習得には3~6年かかる。これは偵察能力を得るための訓練に加え、土台となる軍の兵士としての基礎能力を習得するために必要なものである。


部品: 郊外活動、敵部隊情報把握

主な活動場所は野外など敵部隊が集う場所や戦闘が予想される地域である。情報収集に関しては能動的に動き、敵部隊の情報把握に努める。

部品: 捜索・敵索

調査内容の基本として敵の位置を探る。また、敵を発見した場合は部隊の情報を確認する。確認内容としては兵種の種別や戦力、様子や動き、陣形などがある。

部品: 地形探査

調査内容として地形も含まれる。これは地形による敵の進撃ルートの予測を行い、逆にその地形を味方につけての様々な作戦を立てることができる。(山から谷への奇襲、中央分断、塹壕を生かし戦うなど)その土地の天候や気候を調べることで自然を味方につける事も可能である。

部品: 行動について

基本的な行動としては、敵に見つからないよう息を殺して気配を消す隠密偵察が基本だが、相手に隠密行動が看破されている場合は、撤退または威力偵察に切り替える事もある。

部品: 隠密偵察の調査

敵から離れての偵察になる。基本的には肉眼もしくは遠くがよく見える技術(装置や魔法)を使用して、敵の内容や陣形、戦場の地形を把握する。戦場の環境(領域)によって様々な技術が使われる。

部品: 威力偵察の調査

小編成の部隊で小規模の戦闘を行う事で敵情を知る事。相手の武装や行動の動きを知る事ができるが、戦力差による大敗、宣戦布告と取られ大軍が動くなどリスクが高いので慎重な選択が必要だ。

部品: 生きて帰って報告せよ

隠密活動も威力偵察もあくまで偵察であり、戦闘ではない。得た情報も届かない情報は無駄になり、その後の戦闘が不利になる。自分だけの戦いではない。生きて帰って報告する、それが任務である。

部品: 万が一の時は

生きて帰る、それが困難になってしまう事が万が一起こるかもしれない。生き残る可能性がわずかでもあれば最後まで諦めない。今まで得た情報を暗号化など仲間にだけわかる形式で託す事も考える。どんな状況になっても決して相手に情報を漏らしてはいけない。情報の重みを知っている者ならわかるはずだ。

部品: 軍事基礎能力訓練

偵察の仕事とはいえ、その仕事は軍のための行動である。軍人に必要な基礎体力や身体能力、武器の扱いや軍隊としての思考など兵士としての土台は必要である。

部品: 知識訓練

偵察を行う上で、基本的な戦闘で使われる部隊の知識、そして敵部隊の種別や特徴を知識として蓄える事が必要である。そうする事で偵察時に敵の種別の判別が可能になる。未知の敵ならば、既存の近い部隊の挙動があるか理解できるはずだ。また、小隊、中隊などの計算方法も学ぶ。学ぶことにより1中隊の戦力などがイメージできるようになる。

部品: 仮想訓練

仮想の戦場の元で、隠密活動の訓練や、偵察を行い、戦力の把握そして報告を行う。中隊小隊の数を正確に把握、報告できるようになれば一人前である。

部品: エアバイク製造工場勤務経歴

みっちり働き、整備時のポイントを学び、ビギナーズ系の技術者から改造するならここが良い…という裏話まで聞き、現状の維持とカスタムに役立てています。

部品: 現場監督及び作業員歴

建設業に従事し、主に修理・保全部門を担当していた。設備に詳しいのはその為。工具類を持ち歩くのは仕事の一部が趣味になっているからである。

部品: 現状

みっちり働いた給料で愛車のカスタムエアバイクと共に藩国内漫遊しながらエアバイクや機器類の整備・修理で糧を得ています。おっちゃんラジオの常連投稿者でラジオネームはメガライダー。がっちゃんの愛称の方が知られている。

部品: 騎士として

ひょんな事から蒼梧郵便局の騎士を賜った。運搬用の荷箱・牽引用装備の設計・運用にも積極的に参加している。各地を巡り配送の応援をすることもしばしばある。

部品: 歌

幼い頃からラジオから聞こえる歌を覚え、口ずさむのが好き。聞く事も勿論好きで飲み屋に繰り出しては民謡・戯曲・流行歌を学んでいる。
勿論、歌うことも出来る。謳うことに関しては学ぼうとしている。


部品: 読み物

物語に触れたことから始まり、歴史的な書物、資料や説明書などを見て知識とするのが好き。最近は絵と字の合作である漫画にハマる。

部品: 概要

手間をかけずに旨い物が作れないかと考え、煮る・焼くを主体に。外で作る際の片づけもやり易いように考慮しています。

部品: よく使う食材

米・バナナを主食に魚、たまに肉(自分で獲れる鳥類と市場で買う牛・豚)と食べられるキノコと野菜類。携行する為に干してあるものが多く、ダシ取りには困りません。

部品: よく作る料理

主にさっぱりスープカレー。味付けを日によって変えます。その他、ポトフ、シチュー、リゾットと煮込み主体。残ったご飯は翌日の朝に焼き飯、焼きおにぎりとすることが多いです。

部品: 工夫

料理をしたら基本はその日のうちに食べきれる量にする、手元にあるもので何を作るかを考えます。また、保存食を必ず一つは作っておくを徹底しています。

部品: 番外編 お菓子

小麦粉があればパンケーキ、蒸し器があれば蒸しパン、プリンなど偏りはありますが、少しは作れます。子供向けのものが多いです。

部品: 酒

嗜む程度に見えて実は大酒派。周りに対しても飲んだら乗るな。絡み酒は禁止を徹底している。好きな酒は蒸留酒のシロップ割り。

部品: 一人旅

思い立ったら吉日でふらりと温泉や海、野山を。地域の食べ物を目標にふらりと旅立つのが好き。おかげで野営もお手の物になっている。掃除スキルのみ少し低め。
洗濯もちゃんと出来ます。

部品: 機械弄り

工場を営んでいた祖父の影響か物を作る・維持する・手入れをする事に関しては大好き。好きこそものの上手なれの家訓の影響か手先の器用さへも繋がっています。


部品: 習得まで

乗り物の扱いに長けた兄からハンドルのついているものなら大体動かせると言われ、それを真似し実践してきた経験によるものです。

部品: エアバイク免許

乗れるようになるまでに時間は掛からなかった。ちゃんと試験を受けて正式なライセンスと免許を得ています。

部品: 安全配慮

車間の確保と正しい合図の出し方、過度にスピードを出さないなど基本的な事柄は必ず守るようにしています。

部品: 地図の読み方

地図上の表示は勿論、方位などを確認い、今自分が何処にいるかを分かるようにしています。これは父親譲りの物です。

部品: 運転技能とは

機器の操作を行う為に努力して得るものという意味合いが強い。全てに置いて反応・対応が求められる。一部が行う応用は基礎があってのものである。

部品: 習得にあたる期間

機器の製造者の指定期間無いし関係する法令で定義された期間は間違いなく遵守される。一般的に免許の習得期間が目安とされる。一朝一夕で出来るものは無いが、教育制度により短縮されるものもある。連続での講習は危険がつきものなので適度な休憩時間・期間が必ず設けられる。


部品: 免許制度について

国の管轄機関無いし警察に各種申請書類を提出し、取得条件を満たしたもので試験に合格した者が交付される。違反行為や公共・個人・組織・企業に対し害を及ぼす行為のある際ははく奪・失効を行える。

部品: 視覚・聴覚

周囲の確認において音と視野から得られる情報はとても情報を得る手段として必然。行動の予測の一助ともなりえる。機器のサポートによる補助も認可されている。

部品: 四肢

動かすに辺り不自由の無いものが求められる。押す、引く、握る、回す、踏む、返す等の基礎的な動きは必然。義手・義足に関しては一定の基準を満たせば類するものとして許可されている。

部品: 判断力

通常や応用又は緊急の際に全てを司る対応力として最重要視される。それは自らが置かれている場所を客観的に見る能力とも言える。

部品: 基礎知識

扱う機器の役割、名称、マニュアル等を理解しなければならない。誤った理解は事故の元として戒められている。

部品: 正確性と余裕

動作の正確さは勿論の事、焦らない、心を平静に保つことは安全確保と周囲への配慮を確実に行う為に必要です。とっさの判断が必要な時以外は全てに共通するものとされる。

部品: とっさの対応

自らのミスや外的なもの、様々な要因が考えられるが、それらに対しては反射として応じなければならない。ケースの想定と事例の確認、仮の体験を経る事により、その能力を磨く。

部品: 経験として身体で覚えた後に

繰り返し行う事により得たものは自分を裏切らない。その後に自らの中で試してみたい事は多々出てくる。安全に配慮した上で行うことによりそれは個人の能力としてまた一段上のものとなる。

部品: 人に教えられる様に

自分が組み立てたものを人に教える事が出来れば、全体の能力の向上や本人の更なる技術の向上に繋がる。手間を惜しまず、継承まで行ければ間違いなくその能力は一線級である。

部品: 対話・会話のやり方

親戚の子の面倒を見ていた経験からまだ会話の出来ない赤ちゃんは通常時はお遊び、声の大きさや表情、泣き声や四肢の状態から何を望んでいるかを読み取るようにしている。会話が出来る子に対しては注意するものは極力その対象をさして、身振り手振りや絵を交えて、その子が分かり易いようにする。思春期には機微を読み、助言を主に「伝える」ことを主に行い、それを受けてどう思ったかを聞くことを主にしています。

部品: 個人としての尊重

押しつけや頭からの批判・侮辱は絶対に行わない。再三の注意に対してのルールの無視や危ない行動には対面してのお説教を適用する。それが終われば蒸し返すことはしない。ちゃんと出来たら褒めるを行う。

部品: 悪戯や過った行動をした時の対処方法

怒る前にまずは相手が落ち着いて話の出来る状況にあるかを確認し、それからどうしてその行いに至ったかを確認、それをして実際にどう思ったかを確認し、本人がそれを反省し、今後はどうするか、答えが出るようにアドバイスを行います。

部品: 素手での精密さ

捻じる、つまむといった基本動作を繰り返し行う訓練(模型を作る、家の中の仕事を手伝うなど)を経て習得したもの。

部品: 力の加え方

ネジの構造を理解して始めはゆっくりと取り付け、最後はぐっと力を入れる。勘どころと言われる部分を理解した上で行います。

部品: 集中力

幼い頃から小さなことからコツコツと、長い時間をかかるお手伝いや作業でもあきらめずに丁寧に行うことで得たもの。深呼吸一つで我に返れるようにしています。

部品: 健啖家の胃袋

喰えるときに食べる。傷んだんものを食べても腹痛なんのその。ウイルスや感染症、寄生虫にも少なからず耐性があり、安全な食べ物や水を探すのに一役買います。

部品: 行動派

まずは手で見て触って、やってみなければ何も分からない。対人においては話をしてみないと分からない。その為の努力は惜しみません。

部品: 良く響く声

趣味の歌を繰り返していたことにより得たもの。拡声器を使わなくてもホール程度の広さなら端までは聞こえます。

部品: 対テロ用拳銃

イタリアのベレッタ社が米軍の正式拳銃ベレッタ92をベースに、対テロ用として、軍や警察向けに開発した大型自動拳銃のレプリカモデル


部品: 大型化

大型化はデメリットが大きいとされるが、フォアグリップと重量増、ガスポート付ロングバレルによる安定性の向上。ロングマガジンによる弾数増加等、メリットの方が大きくなっている。


部品: 3点バースト

通常の拳銃はセミオート、一部の軍用拳銃ではフルオートも可能だが、本銃は3点バースト(1度に3発)を採用し、速射性と弾の節約を両立している。


部品: 受注生産品

軍・警察の対テロ用という特殊用途であること、3点バーストという特殊機能がついていることから、一般市場には出回っておらず、藩王摂政の許可を受けてからの受注生産となっている。その為品質は通常の拳銃よりも高い。

部品: 携帯許可

蒼梧藩国の藩王および摂政から、銃の所持許可はもらっており、この銃のシリアルナンバーと線状跡は政庁に登録・管理されている。

部品: 所持の注意点

見えることによる威圧をなくす為、普段は見えないよう箇所に身に付けます。また、その際は暴発及び盗難防止用の安全装置の付いたホルスターに入れておきます。

部品: ヘルメット

その昔、タイヤがついていた頃は悪路走破用としてデザインされたものの復刻品。スリークバイザー、ノーズカバーとマッドガード、通気用インテークも備えています。

部品: グローブ

ナックルガードを備えた革製の手縫いの手袋。古くから愛用しており、艶と色合いは年季が入っており、一品ものとなっています。

部品: ゴーグル

少年期に父親から貰った誕生日プレゼント。修理しながら使っている。偏光レンズは後付けの為に取り外しが可能。縁の色はブルー。

部品: アナログ式腕時計

手巻き式、晴れている日は方角を見るのにも役に立つ。ベルトの部分は編み込み式の皮を採用。耐水コート済み。

部品: 充電式ラジオ

手回し充電とエアバイク走行中の充電の2パターンが可能。良く聞く局の周波数は登録済み。カラビナ付きでベルトにも下げられる。


部品: プライヤーツール

ワイヤーストリッパー付きのペンチ、ビット差し替え式ドライバー、スケール(定規)がワンセットに纏められたものです。

部品: 個人用工具セット

仕事で使っていた工具を選り抜き、持ち運び重量と使いやすさに主眼をおいて、自らが選んだもの。絶縁プライヤー・ゴムハンマー・半田ごて・テスターが含まれている。

部品: 7つの野営アイテム

防水シート、火おこし用のメタルマッチ、針金入りガムテープ、2層式飯盒、バーナーパッド、調味・香辛料セット、簡易医療キット(包帯・消毒液・絆創膏)を一纏めにしています。

部品: 安全ブーツ

脚、足部の保護、挫いての捻挫を防ぐために作られた靴。長いこと使っており、つま先には別に保護皮を貼り合わせている。

部品: ライディングジャケット

衝撃に強く、保護プロテクターが内蔵されているジャケット。防水機能を有し、ベンチレートはチャックで開閉出来るようになっています。


部品: リュックサック

上下の替えの下着、靴下、地図、その他の持ち物を収納するためのものです。肩掛け機能の他にエアバイクに固定するためのワイヤーが備えられています。

部品: コップ付き水筒

蓋がコップになる水入れ。元々は軍用品だったらしい。払い下げの品を市場で安く手に入れた後に愛用の品となっています。内部にろ過フィルターが入っています。

部品: 単眼鏡

ミルスケール100/100採用の防水・耐衝撃機能付きの一品。7倍ズーム式。さっと周囲を見回す際に重宝している。

部品: 構成

退職金代わりに作らせて貰ったもの。蒼梧製エアバイク「ガクヒ」主体に改造を施しています。前方・サイドにガードバンパー、各種ハードポイント、燃料タンクを増設している。エンジンは増設重量に耐えられるものに替えられている。


部品: デザイン

通常のものと違い、角ばった形状をしており、フロントは鮮やかなスカイブルーに、サイドはパールホワイト、リアはイエローに塗り分けられている。

部品: 登録表示

白いプレートに数字が光るようにしたものを車体の前後につけている。曲がりなりにも認可登録されている事を示しています。


部品: 説明

作られたは良いが事情により日の目を見ることがなく工場の奥で眠っていた又は廃棄扱いになっていた部品を見つけ出して利用しています。

部品: 複合機能付きカバー

通常時は高速運転後の放熱カバーとして備えられているものにスコップの機能を備えたもの。柄もちゃんとついている。運転後に取り外す素手で触れないほど熱くなるのでお蔵入りになっていたものを再利用したもの。

部品: 高輝度ヘッドライト

2連式のヘッドライト。対象に強力な光を浴びせて“目潰し”を行うために開発されたもので最大5分程度照射が可能。現在では照度を落としたものが遭難救助用のストロボライトとして採用されています。

部品: 投影式モニター

各種状況を操縦者に伝えるオリジナルの再現品。安全に配慮して視界を塞ぐことのないように表示数を変更、個人所有のゴーグルにのみ投影する形としています。

部品: ロケット噴出機構

急発進・急制動を可能とするために採用された輸入時のオリジナルを再現した際に作られた部品。燃料繊維を個々に搭載し、出力は向上しているが同調が難しい為、ホコリを被っていた。願真の手により3分間のみ使用が可能なリミッターをかけて使えるようにしています。

部品: 各種センサー

サーマル・アクティブ・パッシブセンサーなどを一通り揃えています。輸入型のコピー品であるがレーダー機構のみ再現できず、別系統のものが採用されていた為、修理講習用の部材とされていたものを組み立てなおしたもの。

部品: 網ランチャー

狩猟用に試作品されたものです。網はパラシュートにも使われる頑丈な素材を使っているので、素手では簡単には切れません。動けば動くほどガッチリ絡みつきます。その発射には銃とは別の構造が用いられています。防犯用のものとして開発が進められています。

部品: エアバイク用トレーラー

推進力をオミットし、ホバー能力のみを付与したもの。それ自体にも燃料繊維が内蔵されている。郵便物運搬用のボックスを2個、成人ならば座り状態で4人、寝台扱いする際は2人までのスペースを確保している。屋根代わりの幌も装着可能。着脱は容易で外した際は手押しの台車としても使える。

部品: 二輪式オートバイの復活

エアバイクがあるんならオートバイもあって良いんじゃない?という思い付きからエアバイクパーツを主体に逆説的に願真が蘇らさせた。記念すべき1号車。
型式はGRX-00。父の話と資料から過去にあったとされるホイール・タイヤ、サスペンション、クラッチ、油圧ディスクブレーキ、マフラー、ウィンカー等を再設計し使用している。

部品: 採用タイヤと駆動方式

パンクレス仕様のオフロードタイヤを前後備える。駆動系はマニュアル型を採用、動力の伝達にはチェーンタイプを採用している。

部品: 動力

エンジンとモーターを備えており、燃料だけ、モーターだけ、そしてハイブリット方式での走行が可能となっている。エンジン走行時の排気ガスは各種フィルターにより環境への負荷をかけないように低減されている。

部品: 内蔵バッテリー

非常時には電源取り出しも可能な防水・耐衝撃性のバッテリーを備えている。ヘッドライトやウインカー・エンジン始動時の点火にも勿論使用される。

部品: パッシング機能付きヘッドライト

高輝度ヘッドライトを少し改良を施して合図用の機能を追加したもの。光のよる信号通信を行える様になっている為、逆採用も検討されている。

部品: キャリア

荷物をのっける際に利用する台を標準装備とした。荷縛り用の各種フックを6か所用意。収納箱の積載も可能なものとなっている。

部品: 鍵付き積載用ボックス

密閉式を採用した収納用の箱。専用のベースを取り付けてからの設置となる。取り外しが可能で取っ手がついておりそのままハードケースとしての使用が可能。

部品: スーパーチャージャー付きエンジン

過給器システムを採用したカスタムエンジン。願真のお手製。(エアバイクメーカーの協力在り)、エンジン駆動時のみ燃費と引き換えにパワーを発揮出来る。

部品: オートバイ用トレーラー

荷物運搬・テントの寝台代わりにもなる牽引用の物。1名までなら乗ることが出来る。停車時は固定用の台座を伸ばして立てる事が可能。



提出書式


 大部品: 願真 RD:114 評価値:11
 -大部品: 人物 RD:4 評価値:3
 --部品: 生まれ
 --部品: 育ち
 --部品: 容姿
 --部品: 性格
 -大部品: 蒼梧藩国での経歴 RD:37 評価値:8
 --部品: 入国
 --部品: 立国後
 --大部品: 軍務経験 RD:31 評価値:8
 ---大部品: コンバットシューティング RD:8 評価値:5
 ----部品: 概要
 ----大部品: 射撃の基本 RD:5 評価値:3
 -----部品: ホールディングとトリガープル
 -----部品: 照準
 -----部品: ダブルタップ
 -----部品: 弾倉交換と予備
 -----部品: 日々の手入れ
 ----部品: ポジショニング
 ----部品: ツーマンセル
 ---大部品: CQC RD:9 評価値:5
 ----部品: 軍隊式の近接戦闘術
 ----大部品: 勝つための知識 RD:2 評価値:1
 -----部品: 人体構造の把握
 -----部品: 行動予測
 ----大部品: 攻撃方法 RD:3 評価値:2
 -----部品: 力の使い方
 -----部品: 体の使い方
 -----部品: 卑怯上等
 ----大部品: ダメージ軽減 RD:2 評価値:1
 -----部品: 受け流し
 -----部品: 受け身
 ----部品: CQCを学ぶには
 ---部品: 経歴
 ---大部品: 軍事偵察技術 RD:13 評価値:6
 ----部品: 軍事偵察とは
 ----部品: 偵察技術習得について
 ----部品: 郊外活動、敵部隊情報把握
 ----部品: 捜索・敵索
 ----部品: 地形探査
 ----部品: 行動について
 ----部品: 隠密偵察の調査
 ----部品: 威力偵察の調査
 ----部品: 生きて帰って報告せよ
 ----部品: 万が一の時は
 ----部品: 軍事基礎能力訓練
 ----部品: 知識訓練
 ----部品: 仮想訓練
 --部品: エアバイク製造工場勤務経歴
 --部品:  現場監督及び作業員歴
 --部品: 現状
 --部品: 騎士として
 -大部品: 趣味嗜好 RD:10 評価値:5
 --部品: 歌
 --部品: 読み物
 --大部品: 野郎飯 RD:5 評価値:3
 ---部品: 概要
 ---部品: よく使う食材
 ---部品: よく作る料理
 ---部品: 工夫
 ---部品: 番外編 お菓子
 --部品: 酒
 --部品: 一人旅
 --部品: 機械弄り
 -大部品: 知識・技術・特技 RD:21 評価値:7
 --大部品: 運転技術 RD:4 評価値:3
 ---部品:  習得まで
 ---部品: エアバイク免許
 ---部品: 安全配慮
 ---部品: 地図の読み方
 --大部品: 運転技能 RD:11 評価値:5
 ---部品:  運転技能とは
 ---部品: 習得にあたる期間
 ---部品: 免許制度について
 ---大部品: 習得にあたり必要なもの RD:6 評価値:4
 ----部品: 視覚・聴覚
 ----部品: 四肢
 ----部品: 判断力
 ----部品: 基礎知識 
 ----部品: 正確性と余裕
 ----部品: とっさの対応
 ---大部品: 応用力 RD:2 評価値:1
 ----部品: 経験として身体で覚えた後に 
 ----部品: 人に教えられる様に
 --大部品: 子守 RD:3 評価値:2
 ---部品: 対話・会話のやり方
 ---部品: 個人としての尊重
 ---部品: 悪戯や過った行動をした時の対処方法
 --大部品: 手先の器用さ RD:3 評価値:2
 ---部品: 素手での精密さ
 ---部品: 力の加え方
 ---部品: 集中力
 -大部品: 特徴 RD:3 評価値:2
 --部品: 健啖家の胃袋
 --部品: 行動派
 --部品: 良く響く声
 -大部品:  持ち物 RD:39 評価値:9
 --大部品: B93Rバースト拳銃 RD:6 評価値:4
 ---部品: 対テロ用拳銃
 ---部品: 大型化
 ---部品: 3点バースト
 ---部品: 受注生産品
 ---部品: 携帯許可
 ---部品: 所持の注意点
 --部品: ヘルメット
 --部品: グローブ
 --部品: ゴーグル
 --部品: アナログ式腕時計
 --部品: 充電式ラジオ
 --部品: プライヤーツール
 --部品: 個人用工具セット
 --部品: 7つの野営アイテム
 --部品: 安全ブーツ
 --部品: ライディングジャケット
 --部品: リュックサック
 --部品: コップ付き水筒
 --部品: 単眼鏡
 --大部品: 愛車『魅雲』 RD:11 評価値:5
 ---部品: 構成
 ---部品: デザイン
 ---部品: 登録表示
 ---大部品: 追加パーツ RD:8 評価値:5
 ----部品: 説明
 ----部品:  複合機能付きカバー
 ----部品: 高輝度ヘッドライト
 ----部品: 投影式モニター
 ----部品: ロケット噴出機構
 ----部品: 各種センサー
 ----部品:  網ランチャー
 ----部品: エアバイク用トレーラー
 --大部品: 愛車「鹿目」 RD:9 評価値:5
 ---大部品: 二輪式オートバイ RD:9 評価値:5
 ----部品: 二輪式オートバイの復活
 ----部品: 採用タイヤと駆動方式
 ----部品: 動力
 ----部品: 内蔵バッテリー
 ----部品: パッシング機能付きヘッドライト
 ----部品: キャリア
 ----大部品: 試作追加パーツ RD:3 評価値:2
 -----部品: 鍵付き積載用ボックス
 -----部品: スーパーチャージャー付きエンジン
 -----部品: オートバイ用トレーラー
 
 
 部品: 生まれ
 町という場所で生を受ける。年上ばかりの環境にいたせいか、自分は捨て子ではないかと不安を感じていた。問題の解決は親に似てくるまで10年の期間を要した。
 
 部品: 育ち
 身内が先生役をかってくれた為に読み書きと最低限の計算、言葉が通じない人や生き物への意思疎通方法・ボディランゲージも少しながら会得しています。
 
 部品: 容姿
 身長180㎝。見た目は20代後半。引き締まった体躯で目は細目。トレードマークは代々受け継いでいる後頭部で髪を結い水平に髷をつくる茶筅髷(ちゃせんまげ)。前髪は少し長めに、その他の髪は短く切り揃えられている。
 
 
 部品: 性格
 興味のあることは自分が納得いくまでとことん追い求める。義理人情、人の縁を大事にしており、結構涙もろい面も持ち合わせている。
 
 部品: 入国
 何か出来る事は無いかと立国の渦中に飛び込んだ。公にいない立場を生かして裏方での出来る事をせっせとしていた。
 
 部品: 立国後
 技術的な進歩が進んでいるので今の立場を活かして国内を見て回ろうと、近場からコツコツと回っている様子。ラジオ局に就職志願中。
 
 部品: 概要
 軍隊や警察、スパイ組織等の特殊部隊でのみ教育されている射撃術で一般人には教えられていない。基本となるのは拳銃の撃ち方、構え方等からなる。
 
 
 部品: ホールディングとトリガープル
 射撃時に反動で狙いがぶれないように、銃の握り方、引き金を引くときの力の入れ方、反動の逃がし方の技術。
 
 部品: 照準
 ダットサイトと呼ばれる照準器を使ったり、銃についているアイアンサイトを使う。狙いは頭や腕ではなく、動きの少ない胴体や足を狙って敵の動きを止め、次弾で止めを刺す。
 
 部品: ダブルタップ
 1回目では弾が外れたり、防御される可能性がある為、敵には必ず2回引き金を引く。フルオートで引き金を引きっぱなしにするのは弾丸を浪費し、命中率も低下するため基本的には使わない。
 
 部品: 弾倉交換と予備
 射撃をしながらでも残弾は数えておき、銃身に弾丸が1発は残っている状態で弾倉を交換する。これにより初弾装填の時間を短縮できる。また予備弾倉や予備の銃は必ず携行する。
 
 部品: 日々の手入れ
 日々の手入れがされている銃を使う。射撃後は火薬の燃えカス等が残る為、必ず分解、清掃を行う。暗闇や片手でも手入れができるように練習も行っておく。
 
 部品: ポジショニング
 建物の壁や、金属製のドア、自動車のエンジン、樹木、ブロック塀、あるいは太陽の逆光や、自分の追い風になる等、自分にとって優位な場所をとる技術。
 
 部品: ツーマンセル
 可能な限り2人1組で行動する。死角を補いあったり、無防備になる弾倉交換や移動時に援護射撃を相互に行う。
 
 部品: 軍隊式の近接戦闘術
 狭い空間や、敵と密着した状況を想定し、素手の打撃や投げ、関節技だけでなく、銃やナイフ、その他の道具と組み合わせた戦い方。
 
 部品: 人体構造の把握
 人体の急所や、関節の構造を理解し、効率よく急所を狙ったり、骨や関節を効率よく砕いたりするための知識を把握する。
 
 部品: 行動予測
 人の格闘戦における動きは、ある程度パターン化されている。相手の構えや視線、目線などから、動きを予測し、それに対処を行う。
 
 部品: 力の使い方
 相手の力を利用する事で、組み技では自分は力を入れずに投げ倒したり、カウンターによる威力の増加を狙う。
 
 部品: 体の使い方
 手首を痛めないように、拳ではなく掌底や、肘等の固い部分を使った打撃を推奨される。また、打撃も蹴りもコンパクトな動作により、隙を無くすようにする。
 
 部品: 卑怯上等
 土砂による目つぶしや金的、ハッタリや挑発行為等の心理攻撃、銃やナイフの併用等、本来の武道では禁じ手とされている技も、生死を掛けた戦いにおいては使う。
 (訓練では練習用の人形相手にしか使わない。)
 
 
 部品: 受け流し
 相手の技を真っ正面から受けるのではなく、反らしたり、受け流したり、人体の固い部分に誘導することで、自分の受けるダメージを減らす。
 
 部品: 受け身
 相手に投げられた時に、手足を広げ、体全体の設置面積を大きくすることで、ダメージを分散する技術。また、その反動を利用し姿勢を立て直す事にも利用される。
 
 部品: CQCを学ぶには
 CQCを習得するためには、軍隊としての訓練を積むか、軍隊に所属していた経験がある人間から直接教わる必要がある。実戦で通用するレベルまで磨き上げるには、最低でも1年間の訓練が必要となる。
 
 部品: 経歴
 自らの身は自分で、身近な人も守れるようにする為に志願してのエアバイク兵及び歩兵としての経験を有しています。現在は予備役の籍を持っており、大平蔵人氏とは現在も交流があります。
 
 部品: 軍事偵察とは
 軍事目的の偵察。野外戦闘など敵の編成部隊と戦う為に行う情報収集。敵の部隊の内容や陣形、戦場の地形を事前に把握することで優位な状況での戦闘を迎えることができる重要な役割である。 
 
 部品: 偵察技術習得について
 技術習得には3~6年かかる。これは偵察能力を得るための訓練に加え、土台となる軍の兵士としての基礎能力を習得するために必要なものである。
 
 
 部品: 郊外活動、敵部隊情報把握
 主な活動場所は野外など敵部隊が集う場所や戦闘が予想される地域である。情報収集に関しては能動的に動き、敵部隊の情報把握に努める。
 
 
 部品: 捜索・敵索
 調査内容の基本として敵の位置を探る。また、敵を発見した場合は部隊の情報を確認する。確認内容としては兵種の種別や戦力、様子や動き、陣形などがある。 
 
 部品: 地形探査
 調査内容として地形も含まれる。これは地形による敵の進撃ルートの予測を行い、逆にその地形を味方につけての様々な作戦を立てることができる。(山から谷への奇襲、中央分断、塹壕を生かし戦うなど)その土地の天候や気候を調べることで自然を味方につける事も可能である。
 
 
 部品: 行動について
 基本的な行動としては、敵に見つからないよう息を殺して気配を消す隠密偵察が基本だが、相手に隠密行動が看破されている場合は、撤退または威力偵察に切り替える事もある。
 
 部品: 隠密偵察の調査
 敵から離れての偵察になる。基本的には肉眼もしくは遠くがよく見える技術(装置や魔法)を使用して、敵の内容や陣形、戦場の地形を把握する。戦場の環境(領域)によって様々な技術が使われる。 
 
 部品: 威力偵察の調査
 小編成の部隊で小規模の戦闘を行う事で敵情を知る事。相手の武装や行動の動きを知る事ができるが、戦力差による大敗、宣戦布告と取られ大軍が動くなどリスクが高いので慎重な選択が必要だ。 
 
 部品: 生きて帰って報告せよ
 隠密活動も威力偵察もあくまで偵察であり、戦闘ではない。得た情報も届かない情報は無駄になり、その後の戦闘が不利になる。自分だけの戦いではない。生きて帰って報告する、それが任務である。 
 
 部品: 万が一の時は
 生きて帰る、それが困難になってしまう事が万が一起こるかもしれない。生き残る可能性がわずかでもあれば最後まで諦めない。今まで得た情報を暗号化など仲間にだけわかる形式で託す事も考える。どんな状況になっても決して相手に情報を漏らしてはいけない。情報の重みを知っている者ならわかるはずだ。 
 
 部品: 軍事基礎能力訓練
  偵察の仕事とはいえ、その仕事は軍のための行動である。軍人に必要な基礎体力や身体能力、武器の扱いや軍隊としての思考など兵士としての土台は必要である。
 
 
 部品: 知識訓練
 偵察を行う上で、基本的な戦闘で使われる部隊の知識、そして敵部隊の種別や特徴を知識として蓄える事が必要である。そうする事で偵察時に敵の種別の判別が可能になる。未知の敵ならば、既存の近い部隊の挙動があるか理解できるはずだ。また、小隊、中隊などの計算方法も学ぶ。学ぶことにより1中隊の戦力などがイメージできるようになる。 
 
 部品: 仮想訓練
 仮想の戦場の元で、隠密活動の訓練や、偵察を行い、戦力の把握そして報告を行う。中隊小隊の数を正確に把握、報告できるようになれば一人前である。 
 
 部品: エアバイク製造工場勤務経歴
 みっちり働き、整備時のポイントを学び、ビギナーズ系の技術者から改造するならここが良い…という裏話まで聞き、現状の維持とカスタムに役立てています。
 
 部品:  現場監督及び作業員歴
 建設業に従事し、主に修理・保全部門を担当していた。設備に詳しいのはその為。工具類を持ち歩くのは仕事の一部が趣味になっているからである。
 
 
 部品: 現状
 みっちり働いた給料で愛車のカスタムエアバイクと共に藩国内漫遊しながらエアバイクや機器類の整備・修理で糧を得ています。おっちゃんラジオの常連投稿者でラジオネームはメガライダー。がっちゃんの愛称の方が知られている。
 
 部品: 騎士として
 ひょんな事から蒼梧郵便局の騎士を賜った。運搬用の荷箱・牽引用装備の設計・運用にも積極的に参加している。各地を巡り配送の応援をすることもしばしばある。
 
 部品: 歌
 幼い頃からラジオから聞こえる歌を覚え、口ずさむのが好き。聞く事も勿論好きで飲み屋に繰り出しては民謡・戯曲・流行歌を学んでいる。 
 勿論、歌うことも出来る。謳うことに関しては学ぼうとしている。
 
 
 部品: 読み物
 物語に触れたことから始まり、歴史的な書物、資料や説明書などを見て知識とするのが好き。最近は絵と字の合作である漫画にハマる。
 
 部品: 概要
 手間をかけずに旨い物が作れないかと考え、煮る・焼くを主体に。外で作る際の片づけもやり易いように考慮しています。
 
 部品: よく使う食材
 米・バナナを主食に魚、たまに肉(自分で獲れる鳥類と市場で買う牛・豚)と食べられるキノコと野菜類。携行する為に干してあるものが多く、ダシ取りには困りません。
 
 部品: よく作る料理
 主にさっぱりスープカレー。味付けを日によって変えます。その他、ポトフ、シチュー、リゾットと煮込み主体。残ったご飯は翌日の朝に焼き飯、焼きおにぎりとすることが多いです。
 
 部品: 工夫
 料理をしたら基本はその日のうちに食べきれる量にする、手元にあるもので何を作るかを考えます。また、保存食を必ず一つは作っておくを徹底しています。
 
 部品: 番外編 お菓子
 小麦粉があればパンケーキ、蒸し器があれば蒸しパン、プリンなど偏りはありますが、少しは作れます。子供向けのものが多いです。
 
 部品: 酒
 嗜む程度に見えて実は大酒派。周りに対しても飲んだら乗るな。絡み酒は禁止を徹底している。好きな酒は蒸留酒のシロップ割り。
 
 部品: 一人旅
 思い立ったら吉日でふらりと温泉や海、野山を。地域の食べ物を目標にふらりと旅立つのが好き。おかげで野営もお手の物になっている。掃除スキルのみ少し低め。 
 洗濯もちゃんと出来ます。
 
 部品: 機械弄り
 工場を営んでいた祖父の影響か物を作る・維持する・手入れをする事に関しては大好き。好きこそものの上手なれの家訓の影響か手先の器用さへも繋がっています。
 
 
 部品:  習得まで
 乗り物の扱いに長けた兄からハンドルのついているものなら大体動かせると言われ、それを真似し実践してきた経験によるものです。
 
 部品: エアバイク免許
 乗れるようになるまでに時間は掛からなかった。ちゃんと試験を受けて正式なライセンスと免許を得ています。
 
 部品: 安全配慮
 車間の確保と正しい合図の出し方、過度にスピードを出さないなど基本的な事柄は必ず守るようにしています。
 
 部品: 地図の読み方
 地図上の表示は勿論、方位などを確認い、今自分が何処にいるかを分かるようにしています。これは父親譲りの物です。
 
 部品:  運転技能とは
 機器の操作を行う為に努力して得るものという意味合いが強い。全てに置いて反応・対応が求められる。一部が行う応用は基礎があってのものである。
 
 部品: 習得にあたる期間
 機器の製造者の指定期間無いし関係する法令で定義された期間は間違いなく遵守される。一般的に免許の習得期間が目安とされる。一朝一夕で出来るものは無いが、教育制度により短縮されるものもある。連続での講習は危険がつきものなので適度な休憩時間・期間が必ず設けられる。
 
 
 部品: 免許制度について
 国の管轄機関無いし警察に各種申請書類を提出し、取得条件を満たしたもので試験に合格した者が交付される。違反行為や公共・個人・組織・企業に対し害を及ぼす行為のある際ははく奪・失効を行える。
 
 部品: 視覚・聴覚
 周囲の確認において音と視野から得られる情報はとても情報を得る手段として必然。行動の予測の一助ともなりえる。機器のサポートによる補助も認可されている。
 
 部品: 四肢
 動かすに辺り不自由の無いものが求められる。押す、引く、握る、回す、踏む、返す等の基礎的な動きは必然。義手・義足に関しては一定の基準を満たせば類するものとして許可されている。
 
 部品: 判断力
 通常や応用又は緊急の際に全てを司る対応力として最重要視される。それは自らが置かれている場所を客観的に見る能力とも言える。
 
 部品: 基礎知識 
 扱う機器の役割、名称、マニュアル等を理解しなければならない。誤った理解は事故の元として戒められている。
 
 部品: 正確性と余裕
 動作の正確さは勿論の事、焦らない、心を平静に保つことは安全確保と周囲への配慮を確実に行う為に必要です。とっさの判断が必要な時以外は全てに共通するものとされる。
 
 部品: とっさの対応
 自らのミスや外的なもの、様々な要因が考えられるが、それらに対しては反射として応じなければならない。ケースの想定と事例の確認、仮の体験を経る事により、その能力を磨く。
 
 部品: 経験として身体で覚えた後に 
 繰り返し行う事により得たものは自分を裏切らない。その後に自らの中で試してみたい事は多々出てくる。安全に配慮した上で行うことによりそれは個人の能力としてまた一段上のものとなる。
 
 部品: 人に教えられる様に
 自分が組み立てたものを人に教える事が出来れば、全体の能力の向上や本人の更なる技術の向上に繋がる。手間を惜しまず、継承まで行ければ間違いなくその能力は一線級である。
 
 部品: 対話・会話のやり方
 親戚の子の面倒を見ていた経験からまだ会話の出来ない赤ちゃんは通常時はお遊び、声の大きさや表情、泣き声や四肢の状態から何を望んでいるかを読み取るようにしている。会話が出来る子に対しては注意するものは極力その対象をさして、身振り手振りや絵を交えて、その子が分かり易いようにする。思春期には機微を読み、助言を主に「伝える」ことを主に行い、それを受けてどう思ったかを聞くことを主にしています。
 
 部品: 個人としての尊重
 押しつけや頭からの批判・侮辱は絶対に行わない。再三の注意に対してのルールの無視や危ない行動には対面してのお説教を適用する。それが終われば蒸し返すことはしない。ちゃんと出来たら褒めるを行う。
 
 部品: 悪戯や過った行動をした時の対処方法
 怒る前にまずは相手が落ち着いて話の出来る状況にあるかを確認し、それからどうしてその行いに至ったかを確認、それをして実際にどう思ったかを確認し、本人がそれを反省し、今後はどうするか、答えが出るようにアドバイスを行います。
 
 部品: 素手での精密さ
 捻じる、つまむといった基本動作を繰り返し行う訓練(模型を作る、家の中の仕事を手伝うなど)を経て習得したもの。
 
 部品: 力の加え方
 ネジの構造を理解して始めはゆっくりと取り付け、最後はぐっと力を入れる。勘どころと言われる部分を理解した上で行います。
 
 部品: 集中力
 幼い頃から小さなことからコツコツと、長い時間をかかるお手伝いや作業でもあきらめずに丁寧に行うことで得たもの。深呼吸一つで我に返れるようにしています。
 
 部品: 健啖家の胃袋
 喰えるときに食べる。傷んだんものを食べても腹痛なんのその。ウイルスや感染症、寄生虫にも少なからず耐性があり、安全な食べ物や水を探すのに一役買います。
 
 部品: 行動派
 まずは手で見て触って、やってみなければ何も分からない。対人においては話をしてみないと分からない。その為の努力は惜しみません。
 
 部品: 良く響く声
 趣味の歌を繰り返していたことにより得たもの。拡声器を使わなくてもホール程度の広さなら端までは聞こえます。
 
 部品: 対テロ用拳銃
 イタリアのベレッタ社が米軍の正式拳銃ベレッタ92をベースに、対テロ用として、軍や警察向けに開発した大型自動拳銃のレプリカモデル
 
 
 部品: 大型化
 大型化はデメリットが大きいとされるが、フォアグリップと重量増、ガスポート付ロングバレルによる安定性の向上。ロングマガジンによる弾数増加等、メリットの方が大きくなっている。
 
 
 部品: 3点バースト
 通常の拳銃はセミオート、一部の軍用拳銃ではフルオートも可能だが、本銃は3点バースト(1度に3発)を採用し、速射性と弾の節約を両立している。
 
 
 部品: 受注生産品
 軍・警察の対テロ用という特殊用途であること、3点バーストという特殊機能がついていることから、一般市場には出回っておらず、藩王摂政の許可を受けてからの受注生産となっている。その為品質は通常の拳銃よりも高い。
 
 部品: 携帯許可
 蒼梧藩国の藩王および摂政から、銃の所持許可はもらっており、この銃のシリアルナンバーと線状跡は政庁に登録・管理されている。
 
 部品: 所持の注意点
 見えることによる威圧をなくす為、普段は見えないよう箇所に身に付けます。また、その際は暴発及び盗難防止用の安全装置の付いたホルスターに入れておきます。
 
 部品: ヘルメット
 その昔、タイヤがついていた頃は悪路走破用としてデザインされたものの復刻品。スリークバイザー、ノーズカバーとマッドガード、通気用インテークも備えています。
 
 部品: グローブ
 ナックルガードを備えた革製の手縫いの手袋。古くから愛用しており、艶と色合いは年季が入っており、一品ものとなっています。
 
 部品: ゴーグル
 少年期に父親から貰った誕生日プレゼント。修理しながら使っている。偏光レンズは後付けの為に取り外しが可能。縁の色はブルー。
 
 部品: アナログ式腕時計
 手巻き式、晴れている日は方角を見るのにも役に立つ。ベルトの部分は編み込み式の皮を採用。耐水コート済み。
 
 部品: 充電式ラジオ
 手回し充電とエアバイク走行中の充電の2パターンが可能。良く聞く局の周波数は登録済み。カラビナ付きでベルトにも下げられる。
 
 
 部品: プライヤーツール
 ワイヤーストリッパー付きのペンチ、ビット差し替え式ドライバー、スケール(定規)がワンセットに纏められたものです。
 
 部品: 個人用工具セット
 仕事で使っていた工具を選り抜き、持ち運び重量と使いやすさに主眼をおいて、自らが選んだもの。絶縁プライヤー・ゴムハンマー・半田ごて・テスターが含まれている。
 
 部品: 7つの野営アイテム
 防水シート、火おこし用のメタルマッチ、針金入りガムテープ、2層式飯盒、バーナーパッド、調味・香辛料セット、簡易医療キット(包帯・消毒液・絆創膏)を一纏めにしています。
 
 部品: 安全ブーツ
 脚、足部の保護、挫いての捻挫を防ぐために作られた靴。長いこと使っており、つま先には別に保護皮を貼り合わせている。
 
 部品: ライディングジャケット
 衝撃に強く、保護プロテクターが内蔵されているジャケット。防水機能を有し、ベンチレートはチャックで開閉出来るようになっています。
 
 
 部品: リュックサック
 上下の替えの下着、靴下、地図、その他の持ち物を収納するためのものです。肩掛け機能の他にエアバイクに固定するためのワイヤーが備えられています。
 
 部品: コップ付き水筒
 蓋がコップになる水入れ。元々は軍用品だったらしい。払い下げの品を市場で安く手に入れた後に愛用の品となっています。内部にろ過フィルターが入っています。
 
 部品: 単眼鏡
 ミルスケール100/100採用の防水・耐衝撃機能付きの一品。7倍ズーム式。さっと周囲を見回す際に重宝している。
 
 部品: 構成
 退職金代わりに作らせて貰ったもの。蒼梧製エアバイク「ガクヒ」主体に改造を施しています。前方・サイドにガードバンパー、各種ハードポイント、燃料タンクを増設している。エンジンは増設重量に耐えられるものに替えられている。
 
 
 部品: デザイン
 通常のものと違い、角ばった形状をしており、フロントは鮮やかなスカイブルーに、サイドはパールホワイト、リアはイエローに塗り分けられている。
 
 部品: 登録表示
 白いプレートに数字が光るようにしたものを車体の前後につけている。曲がりなりにも認可登録されている事を示しています。
 
 
 部品: 説明
 作られたは良いが事情により日の目を見ることがなく工場の奥で眠っていた又は廃棄扱いになっていた部品を見つけ出して利用しています。
 
 部品:  複合機能付きカバー
 通常時は高速運転後の放熱カバーとして備えられているものにスコップの機能を備えたもの。柄もちゃんとついている。運転後に取り外す素手で触れないほど熱くなるのでお蔵入りになっていたものを再利用したもの。
 
 部品: 高輝度ヘッドライト
 2連式のヘッドライト。対象に強力な光を浴びせて“目潰し”を行うために開発されたもので最大5分程度照射が可能。現在では照度を落としたものが遭難救助用のストロボライトとして採用されています。
 
 部品: 投影式モニター
 各種状況を操縦者に伝えるオリジナルの再現品。安全に配慮して視界を塞ぐことのないように表示数を変更、個人所有のゴーグルにのみ投影する形としています。
 
 部品: ロケット噴出機構
 急発進・急制動を可能とするために採用された輸入時のオリジナルを再現した際に作られた部品。燃料繊維を個々に搭載し、出力は向上しているが同調が難しい為、ホコリを被っていた。願真の手により3分間のみ使用が可能なリミッターをかけて使えるようにしています。
 
 部品: 各種センサー
 サーマル・アクティブ・パッシブセンサーなどを一通り揃えています。輸入型のコピー品であるがレーダー機構のみ再現できず、別系統のものが採用されていた為、修理講習用の部材とされていたものを組み立てなおしたもの。
 
 部品:  網ランチャー
 狩猟用に試作品されたものです。網はパラシュートにも使われる頑丈な素材を使っているので、素手では簡単には切れません。動けば動くほどガッチリ絡みつきます。その発射には銃とは別の構造が用いられています。防犯用のものとして開発が進められています。
 
 部品: エアバイク用トレーラー
 推進力をオミットし、ホバー能力のみを付与したもの。それ自体にも燃料繊維が内蔵されている。郵便物運搬用のボックスを2個、成人ならば座り状態で4人、寝台扱いする際は2人までのスペースを確保している。屋根代わりの幌も装着可能。着脱は容易で外した際は手押しの台車としても使える。
 
 部品: 二輪式オートバイの復活
 エアバイクがあるんならオートバイもあって良いんじゃない?という思い付きからエアバイクパーツを主体に逆説的に願真が蘇らさせた。記念すべき1号車。
 型式はGRX-00。父の話と資料から過去にあったとされるホイール・タイヤ、サスペンション、クラッチ、油圧ディスクブレーキ、マフラー、ウィンカー等を再設計し使用している。
 
 部品: 採用タイヤと駆動方式
 パンクレス仕様のオフロードタイヤを前後備える。駆動系はマニュアル型を採用、動力の伝達にはチェーンタイプを採用している。
 
 部品: 動力
 エンジンとモーターを備えており、燃料だけ、モーターだけ、そしてハイブリット方式での走行が可能となっている。エンジン走行時の排気ガスは各種フィルターにより環境への負荷をかけないように低減されている。
 
 部品: 内蔵バッテリー
 非常時には電源取り出しも可能な防水・耐衝撃性のバッテリーを備えている。ヘッドライトやウインカー・エンジン始動時の点火にも勿論使用される。
 
 部品: パッシング機能付きヘッドライト
 高輝度ヘッドライトを少し改良を施して合図用の機能を追加したもの。光のよる信号通信を行える様になっている為、逆採用も検討されている。
 
 部品: キャリア
 荷物をのっける際に利用する台を標準装備とした。荷縛り用の各種フックを6か所用意。収納箱の積載も可能なものとなっている。
 
 部品: 鍵付き積載用ボックス
 密閉式を採用した収納用の箱。専用のベースを取り付けてからの設置となる。取り外しが可能で取っ手がついておりそのままハードケースとしての使用が可能。
 
 部品: スーパーチャージャー付きエンジン
 過給器システムを採用したカスタムエンジン。願真のお手製。(エアバイクメーカーの協力在り)、エンジン駆動時のみ燃費と引き換えにパワーを発揮出来る。
 
 部品: オートバイ用トレーラー
 荷物運搬・テントの寝台代わりにもなる牽引用の物。1名までなら乗ることが出来る。停車時は固定用の台座を伸ばして立てる事が可能。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "id": 72103,
     "title": "願真",
     "description": null,
     "part_type": "group",
     "created_at": "2017-08-25 11:53:29.964189",
     "updated_at": "2017-08-25 11:53:29.964189",
     "children": [
       {
         "id": 72104,
         "title": "人物",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-08-25 11:53:29.96941",
         "updated_at": "2017-08-25 11:53:29.96941",
         "children": [
           {
             "id": 72105,
             "title": "生まれ",
             "description": "町という場所で生を受ける。年上ばかりの環境にいたせいか、自分は捨て子ではないかと不安を感じていた。問題の解決は親に似てくるまで10年の期間を要した。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-25 11:53:29.972564",
             "updated_at": "2017-08-25 11:53:29.972564",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 1951,
               "name": "願真"
             },
             "localID": 2
           },
           {
             "id": 72106,
             "title": "育ち",
             "description": "身内が先生役をかってくれた為に読み書きと最低限の計算、言葉が通じない人や生き物への意思疎通方法・ボディランゲージも少しながら会得しています。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-25 11:53:30.012399",
             "updated_at": "2017-08-25 11:53:30.012399",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 1951,
               "name": "願真"
             },
             "localID": 3
           },
           {
             "id": 72107,
             "title": "容姿",
             "description": "身長180㎝。見た目は20代後半。引き締まった体躯で目は細目。トレードマークは代々受け継いでいる後頭部で髪を結い水平に髷をつくる茶筅髷(ちゃせんまげ)。前髪は少し長めに、その他の髪は短く切り揃えられている。\n",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-25 11:53:30.058951",
             "updated_at": "2017-08-25 11:53:30.058951",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 1951,
               "name": "願真"
             },
             "localID": 4
           },
           {
             "id": 72108,
             "title": "性格",
             "description": "興味のあることは自分が納得いくまでとことん追い求める。義理人情、人の縁を大事にしており、結構涙もろい面も持ち合わせている。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-25 11:53:30.106945",
             "updated_at": "2017-08-25 11:53:30.106945",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 1951,
               "name": "願真"
             },
             "localID": 5
           }
         ],
         "position": null,
         "character": {
           "id": 1951,
           "name": "願真"
         },
         "expanded": true,
         "localID": 1
       },
       {
         "id": 72109,
         "title": "蒼梧藩国での経歴",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-08-25 11:53:30.230814",
         "updated_at": "2017-08-25 11:53:30.230814",
         "children": [
           {
             "id": 72110,
             "title": "入国",
             "description": "何か出来る事は無いかと立国の渦中に飛び込んだ。公にいない立場を生かして裏方での出来る事をせっせとしていた。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-25 11:53:30.234627",
             "updated_at": "2017-08-25 11:53:30.234627",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 1951,
               "name": "願真"
             },
             "localID": 7
           },
           {
             "id": 72111,
             "title": "立国後",
             "description": "技術的な進歩が進んでいるので今の立場を活かして国内を見て回ろうと、近場からコツコツと回っている様子。ラジオ局に就職志願中。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-25 11:53:30.284319",
             "updated_at": "2017-08-25 11:53:30.284319",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 1951,
               "name": "願真"
             },
             "localID": 8
           },
           {
             "id": 72112,
             "title": "軍務経験",
             "description": null,
             "part_type": "group",
             "created_at": "2017-08-25 11:53:30.313053",
             "updated_at": "2017-08-25 11:53:30.313053",
             "children": [
               {
                 "id": 71447,
                 "title": "コンバットシューティング",
                 "description": null,
                 "part_type": "group",
                 "created_at": "2017-08-25 07:47:48.154283",
                 "updated_at": "2017-08-25 07:47:48.154283",
                 "children": [
                   {
                     "id": 71448,
                     "title": "概要",
                     "description": "軍隊や警察、スパイ組織等の特殊部隊でのみ教育されている射撃術で一般人には教えられていない。基本となるのは拳銃の撃ち方、構え方等からなる。\n",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-25 07:47:48.155295",
                     "updated_at": "2017-08-25 07:47:48.155295",
                     "children": [],
                     "position": null,
                     "character": {
                       "id": 1949,
                       "name": "大平蔵人"
                     },
                     "localID": 11
                   },
                   {
                     "id": 71449,
                     "title": "射撃の基本",
                     "description": null,
                     "part_type": "group",
                     "created_at": "2017-08-25 07:47:48.173273",
                     "updated_at": "2017-08-25 07:47:48.173273",
                     "children": [
                       {
                         "id": 71450,
                         "title": "ホールディングとトリガープル",
                         "description": "射撃時に反動で狙いがぶれないように、銃の握り方、引き金を引くときの力の入れ方、反動の逃がし方の技術。",
                         "part_type": "part",
                         "created_at": "2017-08-25 07:47:48.174323",
                         "updated_at": "2017-08-25 07:47:48.174323",
                         "children": [],
                         "position": null,
                         "character": {
                           "id": 1949,
                           "name": "大平蔵人"
                         },
                         "localID": 13
                       },
                       {
                         "id": 71451,
                         "title": "照準",
                         "description": "ダットサイトと呼ばれる照準器を使ったり、銃についているアイアンサイトを使う。狙いは頭や腕ではなく、動きの少ない胴体や足を狙って敵の動きを止め、次弾で止めを刺す。",
                         "part_type": "part",
                         "created_at": "2017-08-25 07:47:48.191454",
                         "updated_at": "2017-08-25 07:47:48.191454",
                         "children": [],
                         "position": null,
                         "character": {
                           "id": 1949,
                           "name": "大平蔵人"
                         },
                         "localID": 14
                       },
                       {
                         "id": 71452,
                         "title": "ダブルタップ",
                         "description": "1回目では弾が外れたり、防御される可能性がある為、敵には必ず2回引き金を引く。フルオートで引き金を引きっぱなしにするのは弾丸を浪費し、命中率も低下するため基本的には使わない。",
                         "part_type": "part",
                         "created_at": "2017-08-25 07:47:48.208311",
                         "updated_at": "2017-08-25 07:47:48.208311",
                         "children": [],
                         "position": null,
                         "character": {
                           "id": 1949,
                           "name": "大平蔵人"
                         },
                         "localID": 15
                       },
                       {
                         "id": 71453,
                         "title": "弾倉交換と予備",
                         "description": "射撃をしながらでも残弾は数えておき、銃身に弾丸が1発は残っている状態で弾倉を交換する。これにより初弾装填の時間を短縮できる。また予備弾倉や予備の銃は必ず携行する。",
                         "part_type": "part",
                         "created_at": "2017-08-25 07:47:48.228532",
                         "updated_at": "2017-08-25 07:47:48.228532",
                         "children": [],
                         "position": null,
                         "character": {
                           "id": 1949,
                           "name": "大平蔵人"
                         },
                         "localID": 16
                       },
                       {
                         "id": 71454,
                         "title": "日々の手入れ",
                         "description": "日々の手入れがされている銃を使う。射撃後は火薬の燃えカス等が残る為、必ず分解、清掃を行う。暗闇や片手でも手入れができるように練習も行っておく。",
                         "part_type": "part",
                         "created_at": "2017-08-25 07:47:48.249262",
                         "updated_at": "2017-08-25 07:47:48.249262",
                         "children": [],
                         "position": null,
                         "character": {
                           "id": 1949,
                           "name": "大平蔵人"
                         },
                         "localID": 17
                       }
                     ],
                     "position": null,
                     "character": {
                       "id": 1949,
                       "name": "大平蔵人"
                     },
                     "expanded": true,
                     "localID": 12
                   },
                   {
                     "id": 71455,
                     "title": "ポジショニング",
                     "description": "建物の壁や、金属製のドア、自動車のエンジン、樹木、ブロック塀、あるいは太陽の逆光や、自分の追い風になる等、自分にとって優位な場所をとる技術。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-25 07:47:48.287748",
                     "updated_at": "2017-08-25 07:47:48.287748",
                     "children": [],
                     "position": null,
                     "character": {
                       "id": 1949,
                       "name": "大平蔵人"
                     },
                     "localID": 18
                   },
                   {
                     "id": 71456,
                     "title": "ツーマンセル",
                     "description": "可能な限り2人1組で行動する。死角を補いあったり、無防備になる弾倉交換や移動時に援護射撃を相互に行う。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-25 07:47:48.304784",
                     "updated_at": "2017-08-25 07:47:48.304784",
                     "children": [],
                     "position": null,
                     "character": {
                       "id": 1949,
                       "name": "大平蔵人"
                     },
                     "localID": 19
                   }
                 ],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 1949,
                   "name": "大平蔵人"
                 },
                 "expanded": true,
                 "localID": 10
               },
               {
                 "id": 71457,
                 "title": "CQC",
                 "description": null,
                 "part_type": "group",
                 "created_at": "2017-08-25 07:47:48.345594",
                 "updated_at": "2017-08-25 07:47:48.345594",
                 "children": [
                   {
                     "id": 71458,
                     "title": "軍隊式の近接戦闘術",
                     "description": "狭い空間や、敵と密着した状況を想定し、素手の打撃や投げ、関節技だけでなく、銃やナイフ、その他の道具と組み合わせた戦い方。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-25 07:47:48.346943",
                     "updated_at": "2017-08-25 07:47:48.346943",
                     "children": [],
                     "position": null,
                     "character": {
                       "id": 1949,
                       "name": "大平蔵人"
                     },
                     "localID": 21
                   },
                   {
                     "id": 71459,
                     "title": "勝つための知識",
                     "description": null,
                     "part_type": "group",
                     "created_at": "2017-08-25 07:47:48.366144",
                     "updated_at": "2017-08-25 07:47:48.366144",
                     "children": [
                       {
                         "id": 71460,
                         "title": "人体構造の把握",
                         "description": "人体の急所や、関節の構造を理解し、効率よく急所を狙ったり、骨や関節を効率よく砕いたりするための知識を把握する。",
                         "part_type": "part",
                         "created_at": "2017-08-25 07:47:48.367207",
                         "updated_at": "2017-08-25 07:47:48.367207",
                         "children": [],
                         "position": null,
                         "character": {
                           "id": 1949,
                           "name": "大平蔵人"
                         },
                         "localID": 23
                       },
                       {
                         "id": 71461,
                         "title": "行動予測",
                         "description": "人の格闘戦における動きは、ある程度パターン化されている。相手の構えや視線、目線などから、動きを予測し、それに対処を行う。",
                         "part_type": "part",
                         "created_at": "2017-08-25 07:47:48.388254",
                         "updated_at": "2017-08-25 07:47:48.388254",
                         "children": [],
                         "position": null,
                         "character": {
                           "id": 1949,
                           "name": "大平蔵人"
                         },
                         "localID": 24
                       }
                     ],
                     "position": null,
                     "character": {
                       "id": 1949,
                       "name": "大平蔵人"
                     },
                     "expanded": true,
                     "localID": 22
                   },
                   {
                     "id": 71462,
                     "title": "攻撃方法",
                     "description": null,
                     "part_type": "group",
                     "created_at": "2017-08-25 07:47:48.426063",
                     "updated_at": "2017-08-25 07:47:48.426063",
                     "children": [
                       {
                         "id": 71463,
                         "title": "力の使い方",
                         "description": "相手の力を利用する事で、組み技では自分は力を入れずに投げ倒したり、カウンターによる威力の増加を狙う。",
                         "part_type": "part",
                         "created_at": "2017-08-25 07:47:48.427491",
                         "updated_at": "2017-08-25 07:47:48.427491",
                         "children": [],
                         "position": null,
                         "character": {
                           "id": 1949,
                           "name": "大平蔵人"
                         },
                         "localID": 26
                       },
                       {
                         "id": 71464,
                         "title": "体の使い方",
                         "description": "手首を痛めないように、拳ではなく掌底や、肘等の固い部分を使った打撃を推奨される。また、打撃も蹴りもコンパクトな動作により、隙を無くすようにする。",
                         "part_type": "part",
                         "created_at": "2017-08-25 07:47:48.448124",
                         "updated_at": "2017-08-25 07:47:48.448124",
                         "children": [],
                         "position": null,
                         "character": {
                           "id": 1949,
                           "name": "大平蔵人"
                         },
                         "localID": 27
                       },
                       {
                         "id": 71465,
                         "title": "卑怯上等",
                         "description": "土砂による目つぶしや金的、ハッタリや挑発行為等の心理攻撃、銃やナイフの併用等、本来の武道では禁じ手とされている技も、生死を掛けた戦いにおいては使う。\n(訓練では練習用の人形相手にしか使わない。)\n",
                         "part_type": "part",
                         "created_at": "2017-08-25 07:47:48.476637",
                         "updated_at": "2017-08-25 07:47:48.476637",
                         "children": [],
                         "position": null,
                         "character": {
                           "id": 1949,
                           "name": "大平蔵人"
                         },
                         "localID": 28
                       }
                     ],
                     "position": null,
                     "character": {
                       "id": 1949,
                       "name": "大平蔵人"
                     },
                     "expanded": true,
                     "localID": 25
                   },
                   {
                     "id": 71466,
                     "title": "ダメージ軽減",
                     "description": null,
                     "part_type": "group",
                     "created_at": "2017-08-25 07:47:48.511341",
                     "updated_at": "2017-08-25 07:47:48.511341",
                     "children": [
                       {
                         "id": 71467,
                         "title": "受け流し",
                         "description": "相手の技を真っ正面から受けるのではなく、反らしたり、受け流したり、人体の固い部分に誘導することで、自分の受けるダメージを減らす。",
                         "part_type": "part",
                         "created_at": "2017-08-25 07:47:48.512878",
                         "updated_at": "2017-08-25 07:47:48.512878",
                         "children": [],
                         "position": null,
                         "character": {
                           "id": 1949,
                           "name": "大平蔵人"
                         },
                         "localID": 30
                       },
                       {
                         "id": 71468,
                         "title": "受け身",
                         "description": "相手に投げられた時に、手足を広げ、体全体の設置面積を大きくすることで、ダメージを分散する技術。また、その反動を利用し姿勢を立て直す事にも利用される。",
                         "part_type": "part",
                         "created_at": "2017-08-25 07:47:48.531798",
                         "updated_at": "2017-08-25 07:47:48.531798",
                         "children": [],
                         "position": null,
                         "character": {
                           "id": 1949,
                           "name": "大平蔵人"
                         },
                         "localID": 31
                       }
                     ],
                     "position": null,
                     "character": {
                       "id": 1949,
                       "name": "大平蔵人"
                     },
                     "expanded": true,
                     "localID": 29
                   },
                   {
                     "id": 106427,
                     "title": "CQCを学ぶには",
                     "description": "CQCを習得するためには、軍隊としての訓練を積むか、軍隊に所属していた経験がある人間から直接教わる必要がある。実戦で通用するレベルまで磨き上げるには、最低でも1年間の訓練が必要となる。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-09-13 14:36:06.974397",
                     "updated_at": "2017-09-13 14:36:06.974397",
                     "children": [],
                     "position": null,
                     "character": {
                       "id": 1949,
                       "name": "大平蔵人"
                     },
                     "localID": 32
                   }
                 ],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 1949,
                   "name": "大平蔵人"
                 },
                 "expanded": true,
                 "localID": 20
               },
               {
                 "id": 72113,
                 "title": "経歴",
                 "description": "自らの身は自分で、身近な人も守れるようにする為に志願してのエアバイク兵及び歩兵としての経験を有しています。現在は予備役の籍を持っており、大平蔵人氏とは現在も交流があります。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-25 11:53:30.315395",
                 "updated_at": "2017-08-25 11:53:30.315395",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 1951,
                   "name": "願真"
                 },
                 "localID": 33
               },
               {
                 "id": 108358,
                 "title": "軍事偵察技術",
                 "description": "",
                 "part_type": "group",
                 "created_at": "2017-09-26 15:01:45.568335",
                 "updated_at": "2017-09-26 15:01:45.568335",
                 "children": [
                   {
                     "id": 108345,
                     "title": "軍事偵察とは",
                     "description": "軍事目的の偵察。野外戦闘など敵の編成部隊と戦う為に行う情報収集。敵の部隊の内容や陣形、戦場の地形を事前に把握することで優位な状況での戦闘を迎えることができる重要な役割である。 ",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-09-26 15:01:45.513259",
                     "updated_at": "2017-09-26 15:01:45.513259",
                     "children": [],
                     "position": "1",
                     "character": {
                       "id": 1952,
                       "name": "忠信"
                     },
                     "localID": 35
                   },
                   {
                     "id": 108346,
                     "title": "偵察技術習得について",
                     "description": "技術習得には3~6年かかる。これは偵察能力を得るための訓練に加え、土台となる軍の兵士としての基礎能力を習得するために必要なものである。\n",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-09-26 15:01:45.518532",
                     "updated_at": "2017-09-26 15:03:38.312333",
                     "children": [],
                     "position": "2",
                     "character": {
                       "id": 1952,
                       "name": "忠信"
                     },
                     "localID": 36
                   },
                   {
                     "id": 108347,
                     "title": "郊外活動、敵部隊情報把握",
                     "description": "主な活動場所は野外など敵部隊が集う場所や戦闘が予想される地域である。情報収集に関しては能動的に動き、敵部隊の情報把握に努める。\n",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-09-26 15:01:45.521446",
                     "updated_at": "2017-09-26 15:03:38.323565",
                     "children": [],
                     "position": "3",
                     "character": {
                       "id": 1952,
                       "name": "忠信"
                     },
                     "localID": 37
                   },
                   {
                     "id": 108348,
                     "title": "捜索・敵索",
                     "description": "調査内容の基本として敵の位置を探る。また、敵を発見した場合は部隊の情報を確認する。確認内容としては兵種の種別や戦力、様子や動き、陣形などがある。 ",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-09-26 15:01:45.524644",
                     "updated_at": "2017-09-26 15:01:45.524644",
                     "children": [],
                     "position": "4",
                     "character": {
                       "id": 1952,
                       "name": "忠信"
                     },
                     "localID": 38
                   },
                   {
                     "id": 108349,
                     "title": "地形探査",
                     "description": "調査内容として地形も含まれる。これは地形による敵の進撃ルートの予測を行い、逆にその地形を味方につけての様々な作戦を立てることができる。(山から谷への奇襲、中央分断、塹壕を生かし戦うなど)その土地の天候や気候を調べることで自然を味方につける事も可能である。\n",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-09-26 15:01:45.527634",
                     "updated_at": "2017-09-26 15:03:38.340046",
                     "children": [],
                     "position": "5",
                     "character": {
                       "id": 1952,
                       "name": "忠信"
                     },
                     "localID": 39
                   },
                   {
                     "id": 108350,
                     "title": "行動について",
                     "description": "基本的な行動としては、敵に見つからないよう息を殺して気配を消す隠密偵察が基本だが、相手に隠密行動が看破されている場合は、撤退または威力偵察に切り替える事もある。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-09-26 15:01:45.5307",
                     "updated_at": "2017-09-26 15:01:45.5307",
                     "children": [],
                     "position": "6",
                     "character": {
                       "id": 1952,
                       "name": "忠信"
                     },
                     "localID": 40
                   },
                   {
                     "id": 108351,
                     "title": "隠密偵察の調査",
                     "description": "敵から離れての偵察になる。基本的には肉眼もしくは遠くがよく見える技術(装置や魔法)を使用して、敵の内容や陣形、戦場の地形を把握する。戦場の環境(領域)によって様々な技術が使われる。 ",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-09-26 15:01:45.533613",
                     "updated_at": "2017-09-26 15:01:45.533613",
                     "children": [],
                     "position": "7",
                     "character": {
                       "id": 1952,
                       "name": "忠信"
                     },
                     "localID": 41
                   },
                   {
                     "id": 108352,
                     "title": "威力偵察の調査",
                     "description": "小編成の部隊で小規模の戦闘を行う事で敵情を知る事。相手の武装や行動の動きを知る事ができるが、戦力差による大敗、宣戦布告と取られ大軍が動くなどリスクが高いので慎重な選択が必要だ。 ",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-09-26 15:01:45.536508",
                     "updated_at": "2017-09-26 15:01:45.536508",
                     "children": [],
                     "position": "8",
                     "character": {
                       "id": 1952,
                       "name": "忠信"
                     },
                     "localID": 42
                   },
                   {
                     "id": 108353,
                     "title": "生きて帰って報告せよ",
                     "description": "隠密活動も威力偵察もあくまで偵察であり、戦闘ではない。得た情報も届かない情報は無駄になり、その後の戦闘が不利になる。自分だけの戦いではない。生きて帰って報告する、それが任務である。 ",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-09-26 15:01:45.539696",
                     "updated_at": "2017-09-26 15:01:45.539696",
                     "children": [],
                     "position": "9",
                     "character": {
                       "id": 1952,
                       "name": "忠信"
                     },
                     "localID": 43
                   },
                   {
                     "id": 108354,
                     "title": "万が一の時は",
                     "description": "生きて帰る、それが困難になってしまう事が万が一起こるかもしれない。生き残る可能性がわずかでもあれば最後まで諦めない。今まで得た情報を暗号化など仲間にだけわかる形式で託す事も考える。どんな状況になっても決して相手に情報を漏らしてはいけない。情報の重みを知っている者ならわかるはずだ。 ",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-09-26 15:01:45.542933",
                     "updated_at": "2017-09-26 15:01:45.542933",
                     "children": [],
                     "position": "10",
                     "character": {
                       "id": 1952,
                       "name": "忠信"
                     },
                     "localID": 44
                   },
                   {
                     "id": 108355,
                     "title": "軍事基礎能力訓練",
                     "description": " 偵察の仕事とはいえ、その仕事は軍のための行動である。軍人に必要な基礎体力や身体能力、武器の扱いや軍隊としての思考など兵士としての土台は必要である。\n",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-09-26 15:01:45.545804",
                     "updated_at": "2017-09-26 15:01:45.545804",
                     "children": [],
                     "position": "11",
                     "character": {
                       "id": 1952,
                       "name": "忠信"
                     },
                     "localID": 45
                   },
                   {
                     "id": 108356,
                     "title": "知識訓練",
                     "description": "偵察を行う上で、基本的な戦闘で使われる部隊の知識、そして敵部隊の種別や特徴を知識として蓄える事が必要である。そうする事で偵察時に敵の種別の判別が可能になる。未知の敵ならば、既存の近い部隊の挙動があるか理解できるはずだ。また、小隊、中隊などの計算方法も学ぶ。学ぶことにより1中隊の戦力などがイメージできるようになる。 ",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-09-26 15:01:45.548639",
                     "updated_at": "2017-09-26 15:01:45.548639",
                     "children": [],
                     "position": "12",
                     "character": {
                       "id": 1952,
                       "name": "忠信"
                     },
                     "localID": 46
                   },
                   {
                     "id": 108357,
                     "title": "仮想訓練",
                     "description": "仮想の戦場の元で、隠密活動の訓練や、偵察を行い、戦力の把握そして報告を行う。中隊小隊の数を正確に把握、報告できるようになれば一人前である。 ",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-09-26 15:01:45.551851",
                     "updated_at": "2017-09-26 15:01:45.551851",
                     "children": [],
                     "position": "13",
                     "character": {
                       "id": 1952,
                       "name": "忠信"
                     },
                     "localID": 47
                   }
                 ],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 1952,
                   "name": "忠信"
                 },
                 "expanded": true,
                 "localID": 34
               }
             ],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 1951,
               "name": "願真"
             },
             "expanded": true,
             "localID": 9
           },
           {
             "id": 72114,
             "title": "エアバイク製造工場勤務経歴",
             "description": "みっちり働き、整備時のポイントを学び、ビギナーズ系の技術者から改造するならここが良い…という裏話まで聞き、現状の維持とカスタムに役立てています。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-25 11:53:30.611538",
             "updated_at": "2017-08-25 11:53:30.611538",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 1951,
               "name": "願真"
             },
             "localID": 48
           },
           {
             "id": 72115,
             "title": " 現場監督及び作業員歴",
             "description": "建設業に従事し、主に修理・保全部門を担当していた。設備に詳しいのはその為。工具類を持ち歩くのは仕事の一部が趣味になっているからである。\n",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-25 11:53:30.641572",
             "updated_at": "2017-08-25 11:53:30.641572",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 1951,
               "name": "願真"
             },
             "localID": 49
           },
           {
             "id": 72116,
             "title": "現状",
             "description": "みっちり働いた給料で愛車のカスタムエアバイクと共に藩国内漫遊しながらエアバイクや機器類の整備・修理で糧を得ています。おっちゃんラジオの常連投稿者でラジオネームはメガライダー。がっちゃんの愛称の方が知られている。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-25 11:53:30.668084",
             "updated_at": "2017-08-25 11:53:30.668084",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 1951,
               "name": "願真"
             },
             "localID": 50,
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "騎士として",
             "description": "ひょんな事から蒼梧郵便局の騎士を賜った。運搬用の荷箱・牽引用装備の設計・運用にも積極的に参加している。各地を巡り配送の応援をすることもしばしばある。",
             "part_type": "part",
             "localID": 51
           }
         ],
         "position": null,
         "character": {
           "id": 1951,
           "name": "願真"
         },
         "expanded": true,
         "localID": 6
       },
       {
         "id": 72117,
         "title": "趣味嗜好",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-08-25 11:53:30.723234",
         "updated_at": "2017-08-25 11:53:30.723234",
         "children": [
           {
             "id": 72118,
             "title": "歌",
             "description": "幼い頃からラジオから聞こえる歌を覚え、口ずさむのが好き。聞く事も勿論好きで飲み屋に繰り出しては民謡・戯曲・流行歌を学んでいる。 \n勿論、歌うことも出来る。謳うことに関しては学ぼうとしている。\n",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-25 11:53:30.724541",
             "updated_at": "2017-08-25 11:53:30.724541",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 1951,
               "name": "願真"
             },
             "localID": 53
           },
           {
             "id": 72119,
             "title": "読み物",
             "description": "物語に触れたことから始まり、歴史的な書物、資料や説明書などを見て知識とするのが好き。最近は絵と字の合作である漫画にハマる。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-25 11:53:30.760131",
             "updated_at": "2017-08-25 11:53:30.760131",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 1951,
               "name": "願真"
             },
             "localID": 54
           },
           {
             "id": 72120,
             "title": "野郎飯",
             "description": null,
             "part_type": "group",
             "created_at": "2017-08-25 11:53:30.782499",
             "updated_at": "2017-08-25 11:53:30.782499",
             "children": [
               {
                 "id": 72121,
                 "title": "概要",
                 "description": "手間をかけずに旨い物が作れないかと考え、煮る・焼くを主体に。外で作る際の片づけもやり易いように考慮しています。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-25 11:53:30.783756",
                 "updated_at": "2017-08-25 11:53:30.783756",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 1951,
                   "name": "願真"
                 },
                 "localID": 56
               },
               {
                 "id": 72122,
                 "title": "よく使う食材",
                 "description": "米・バナナを主食に魚、たまに肉(自分で獲れる鳥類と市場で買う牛・豚)と食べられるキノコと野菜類。携行する為に干してあるものが多く、ダシ取りには困りません。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-25 11:53:30.804391",
                 "updated_at": "2017-08-25 11:53:30.804391",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 1951,
                   "name": "願真"
                 },
                 "localID": 57
               },
               {
                 "id": 72123,
                 "title": "よく作る料理",
                 "description": "主にさっぱりスープカレー。味付けを日によって変えます。その他、ポトフ、シチュー、リゾットと煮込み主体。残ったご飯は翌日の朝に焼き飯、焼きおにぎりとすることが多いです。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-25 11:53:30.827878",
                 "updated_at": "2017-08-25 11:53:30.827878",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 1951,
                   "name": "願真"
                 },
                 "localID": 58
               },
               {
                 "id": 72124,
                 "title": "工夫",
                 "description": "料理をしたら基本はその日のうちに食べきれる量にする、手元にあるもので何を作るかを考えます。また、保存食を必ず一つは作っておくを徹底しています。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-25 11:53:30.854337",
                 "updated_at": "2017-08-25 11:53:30.854337",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 1951,
                   "name": "願真"
                 },
                 "localID": 59
               },
               {
                 "id": 72125,
                 "title": "番外編 お菓子",
                 "description": "小麦粉があればパンケーキ、蒸し器があれば蒸しパン、プリンなど偏りはありますが、少しは作れます。子供向けのものが多いです。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-25 11:53:30.875865",
                 "updated_at": "2017-08-25 11:53:30.875865",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 1951,
                   "name": "願真"
                 },
                 "localID": 60
               }
             ],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 1951,
               "name": "願真"
             },
             "expanded": true,
             "localID": 55
           },
           {
             "id": 72126,
             "title": "酒",
             "description": "嗜む程度に見えて実は大酒派。周りに対しても飲んだら乗るな。絡み酒は禁止を徹底している。好きな酒は蒸留酒のシロップ割り。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-25 11:53:30.923388",
             "updated_at": "2017-08-25 11:53:30.923388",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 1951,
               "name": "願真"
             },
             "localID": 61
           },
           {
             "id": 72127,
             "title": "一人旅",
             "description": "思い立ったら吉日でふらりと温泉や海、野山を。地域の食べ物を目標にふらりと旅立つのが好き。おかげで野営もお手の物になっている。掃除スキルのみ少し低め。 \n洗濯もちゃんと出来ます。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-25 11:53:30.960872",
             "updated_at": "2017-08-25 11:53:30.960872",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 1951,
               "name": "願真"
             },
             "localID": 62
           },
           {
             "id": 72128,
             "title": "機械弄り",
             "description": "工場を営んでいた祖父の影響か物を作る・維持する・手入れをする事に関しては大好き。好きこそものの上手なれの家訓の影響か手先の器用さへも繋がっています。\n",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-25 11:53:31.003696",
             "updated_at": "2017-08-25 11:53:31.003696",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 1951,
               "name": "願真"
             },
             "localID": 63
           }
         ],
         "position": null,
         "character": {
           "id": 1951,
           "name": "願真"
         },
         "expanded": true,
         "localID": 52
       },
       {
         "id": 72129,
         "title": "知識・技術・特技",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-08-25 11:53:31.174539",
         "updated_at": "2017-08-25 11:53:31.174539",
         "children": [
           {
             "id": 72131,
             "title": "運転技術",
             "description": null,
             "part_type": "group",
             "created_at": "2017-08-25 11:53:31.243891",
             "updated_at": "2017-08-25 11:53:31.243891",
             "children": [
               {
                 "id": 72132,
                 "title": " 習得まで",
                 "description": "乗り物の扱いに長けた兄からハンドルのついているものなら大体動かせると言われ、それを真似し実践してきた経験によるものです。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-25 11:53:31.248062",
                 "updated_at": "2017-08-25 11:53:31.248062",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 1951,
                   "name": "願真"
                 },
                 "localID": 66
               },
               {
                 "id": 72133,
                 "title": "エアバイク免許",
                 "description": "乗れるようになるまでに時間は掛からなかった。ちゃんと試験を受けて正式なライセンスと免許を得ています。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-25 11:53:31.355185",
                 "updated_at": "2017-08-25 11:53:31.355185",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 1951,
                   "name": "願真"
                 },
                 "localID": 67
               },
               {
                 "id": 72134,
                 "title": "安全配慮",
                 "description": "車間の確保と正しい合図の出し方、過度にスピードを出さないなど基本的な事柄は必ず守るようにしています。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-25 11:53:31.438957",
                 "updated_at": "2017-08-25 11:53:31.438957",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 1951,
                   "name": "願真"
                 },
                 "localID": 68
               },
               {
                 "id": 72135,
                 "title": "地図の読み方",
                 "description": "地図上の表示は勿論、方位などを確認い、今自分が何処にいるかを分かるようにしています。これは父親譲りの物です。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-25 11:53:31.527062",
                 "updated_at": "2017-08-25 11:53:31.527062",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 1951,
                   "name": "願真"
                 },
                 "localID": 69
               }
             ],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 1951,
               "name": "願真"
             },
             "expanded": true,
             "localID": 65
           },
           {
             "id": 108321,
             "title": "運転技能",
             "description": "",
             "part_type": "group",
             "created_at": "2017-09-26 14:26:28.354895",
             "updated_at": "2017-09-26 14:26:28.354895",
             "children": [
               {
                 "id": 108308,
                 "title": " 運転技能とは",
                 "description": "機器の操作を行う為に努力して得るものという意味合いが強い。全てに置いて反応・対応が求められる。一部が行う応用は基礎があってのものである。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-09-26 14:26:28.011286",
                 "updated_at": "2017-09-26 14:26:28.011286",
                 "children": [],
                 "position": "1",
                 "character": {
                   "id": 1951,
                   "name": "願真"
                 },
                 "localID": 71
               },
               {
                 "id": 108309,
                 "title": "習得にあたる期間",
                 "description": "機器の製造者の指定期間無いし関係する法令で定義された期間は間違いなく遵守される。一般的に免許の習得期間が目安とされる。一朝一夕で出来るものは無いが、教育制度により短縮されるものもある。連続での講習は危険がつきものなので適度な休憩時間・期間が必ず設けられる。\n",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-09-26 14:26:28.015991",
                 "updated_at": "2017-09-26 14:26:28.015991",
                 "children": [],
                 "position": "2",
                 "character": {
                   "id": 1951,
                   "name": "願真"
                 },
                 "localID": 72
               },
               {
                 "id": 108310,
                 "title": "免許制度について",
                 "description": "国の管轄機関無いし警察に各種申請書類を提出し、取得条件を満たしたもので試験に合格した者が交付される。違反行為や公共・個人・組織・企業に対し害を及ぼす行為のある際ははく奪・失効を行える。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-09-26 14:26:28.019034",
                 "updated_at": "2017-09-26 14:26:28.019034",
                 "children": [],
                 "position": "3",
                 "character": {
                   "id": 1951,
                   "name": "願真"
                 },
                 "localID": 73
               },
               {
                 "id": 108317,
                 "title": "習得にあたり必要なもの",
                 "description": "",
                 "part_type": "group",
                 "created_at": "2017-09-26 14:26:28.051164",
                 "updated_at": "2017-09-26 14:26:28.051164",
                 "children": [
                   {
                     "id": 108311,
                     "title": "視覚・聴覚",
                     "description": "周囲の確認において音と視野から得られる情報はとても情報を得る手段として必然。行動の予測の一助ともなりえる。機器のサポートによる補助も認可されている。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-09-26 14:26:28.022648",
                     "updated_at": "2017-09-26 14:26:28.022648",
                     "children": [],
                     "position": "1",
                     "character": {
                       "id": 1951,
                       "name": "願真"
                     },
                     "localID": 75
                   },
                   {
                     "id": 108312,
                     "title": "四肢",
                     "description": "動かすに辺り不自由の無いものが求められる。押す、引く、握る、回す、踏む、返す等の基礎的な動きは必然。義手・義足に関しては一定の基準を満たせば類するものとして許可されている。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-09-26 14:26:28.025628",
                     "updated_at": "2017-09-26 14:26:28.025628",
                     "children": [],
                     "position": "2",
                     "character": {
                       "id": 1951,
                       "name": "願真"
                     },
                     "localID": 76
                   },
                   {
                     "id": 108313,
                     "title": "判断力",
                     "description": "通常や応用又は緊急の際に全てを司る対応力として最重要視される。それは自らが置かれている場所を客観的に見る能力とも言える。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-09-26 14:26:28.03002",
                     "updated_at": "2017-09-26 14:26:28.03002",
                     "children": [],
                     "position": "3",
                     "character": {
                       "id": 1951,
                       "name": "願真"
                     },
                     "localID": 77
                   },
                   {
                     "id": 108314,
                     "title": "基礎知識 ",
                     "description": "扱う機器の役割、名称、マニュアル等を理解しなければならない。誤った理解は事故の元として戒められている。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-09-26 14:26:28.035277",
                     "updated_at": "2017-09-26 14:26:28.035277",
                     "children": [],
                     "position": "4",
                     "character": {
                       "id": 1951,
                       "name": "願真"
                     },
                     "localID": 78
                   },
                   {
                     "id": 108315,
                     "title": "正確性と余裕",
                     "description": "動作の正確さは勿論の事、焦らない、心を平静に保つことは安全確保と周囲への配慮を確実に行う為に必要です。とっさの判断が必要な時以外は全てに共通するものとされる。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-09-26 14:26:28.039681",
                     "updated_at": "2017-09-26 14:26:28.039681",
                     "children": [],
                     "position": "5",
                     "character": {
                       "id": 1951,
                       "name": "願真"
                     },
                     "localID": 79,
                     "expanded": true
                   },
                   {
                     "id": 108316,
                     "title": "とっさの対応",
                     "description": "自らのミスや外的なもの、様々な要因が考えられるが、それらに対しては反射として応じなければならない。ケースの想定と事例の確認、仮の体験を経る事により、その能力を磨く。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-09-26 14:26:28.043154",
                     "updated_at": "2017-09-26 14:26:28.043154",
                     "children": [],
                     "position": "6",
                     "character": {
                       "id": 1951,
                       "name": "願真"
                     },
                     "localID": 80,
                     "expanded": true
                   }
                 ],
                 "position": "4",
                 "character": {
                   "id": 1951,
                   "name": "願真"
                 },
                 "expanded": true,
                 "localID": 74
               },
               {
                 "id": 108320,
                 "title": "応用力",
                 "description": "",
                 "part_type": "group",
                 "created_at": "2017-09-26 14:26:28.283197",
                 "updated_at": "2017-09-26 14:26:28.283197",
                 "children": [
                   {
                     "id": 108318,
                     "title": "経験として身体で覚えた後に ",
                     "description": "繰り返し行う事により得たものは自分を裏切らない。その後に自らの中で試してみたい事は多々出てくる。安全に配慮した上で行うことによりそれは個人の能力としてまた一段上のものとなる。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-09-26 14:26:28.275579",
                     "updated_at": "2017-09-26 14:26:28.275579",
                     "children": [],
                     "position": "1",
                     "character": {
                       "id": 1951,
                       "name": "願真"
                     },
                     "localID": 82
                   },
                   {
                     "id": 108319,
                     "title": "人に教えられる様に",
                     "description": "自分が組み立てたものを人に教える事が出来れば、全体の能力の向上や本人の更なる技術の向上に繋がる。手間を惜しまず、継承まで行ければ間違いなくその能力は一線級である。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-09-26 14:26:28.279003",
                     "updated_at": "2017-09-26 14:26:28.279003",
                     "children": [],
                     "position": "2",
                     "character": {
                       "id": 1951,
                       "name": "願真"
                     },
                     "localID": 83
                   }
                 ],
                 "position": "5",
                 "character": {
                   "id": 1951,
                   "name": "願真"
                 },
                 "expanded": true,
                 "localID": 81
               }
             ],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 1951,
               "name": "願真"
             },
             "expanded": true,
             "localID": 70
           },
           {
             "title": "子守",
             "description": "",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "id": 72130,
                 "title": "対話・会話のやり方",
                 "description": "親戚の子の面倒を見ていた経験からまだ会話の出来ない赤ちゃんは通常時はお遊び、声の大きさや表情、泣き声や四肢の状態から何を望んでいるかを読み取るようにしている。会話が出来る子に対しては注意するものは極力その対象をさして、身振り手振りや絵を交えて、その子が分かり易いようにする。思春期には機微を読み、助言を主に「伝える」ことを主に行い、それを受けてどう思ったかを聞くことを主にしています。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-25 11:53:31.179369",
                 "updated_at": "2017-08-25 11:53:31.179369",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 1951,
                   "name": "願真"
                 },
                 "localID": 85
               },
               {
                 "title": "個人としての尊重",
                 "description": "押しつけや頭からの批判・侮辱は絶対に行わない。再三の注意に対してのルールの無視や危ない行動には対面してのお説教を適用する。それが終われば蒸し返すことはしない。ちゃんと出来たら褒めるを行う。",
                 "part_type": "part",
                 "localID": 86
               },
               {
                 "title": "悪戯や過った行動をした時の対処方法",
                 "description": "怒る前にまずは相手が落ち着いて話の出来る状況にあるかを確認し、それからどうしてその行いに至ったかを確認、それをして実際にどう思ったかを確認し、本人がそれを反省し、今後はどうするか、答えが出るようにアドバイスを行います。",
                 "part_type": "part",
                 "localID": 87
               }
             ],
             "localID": 84,
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "手先の器用さ",
             "description": "",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "素手での精密さ",
                 "description": "捻じる、つまむといった基本動作を繰り返し行う訓練(模型を作る、家の中の仕事を手伝うなど)を経て習得したもの。",
                 "part_type": "part",
                 "localID": 89
               },
               {
                 "title": "力の加え方",
                 "description": "ネジの構造を理解して始めはゆっくりと取り付け、最後はぐっと力を入れる。勘どころと言われる部分を理解した上で行います。",
                 "part_type": "part",
                 "localID": 90
               },
               {
                 "title": "集中力",
                 "description": "幼い頃から小さなことからコツコツと、長い時間をかかるお手伝いや作業でもあきらめずに丁寧に行うことで得たもの。深呼吸一つで我に返れるようにしています。",
                 "part_type": "part",
                 "localID": 91
               }
             ],
             "localID": 88,
             "expanded": true
           }
         ],
         "position": null,
         "character": {
           "id": 1951,
           "name": "願真"
         },
         "expanded": true,
         "localID": 64
       },
       {
         "id": 72137,
         "title": "特徴",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-08-25 11:53:34.394957",
         "updated_at": "2017-08-25 11:53:34.394957",
         "children": [
           {
             "id": 72138,
             "title": "健啖家の胃袋",
             "description": "喰えるときに食べる。傷んだんものを食べても腹痛なんのその。ウイルスや感染症、寄生虫にも少なからず耐性があり、安全な食べ物や水を探すのに一役買います。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-25 11:53:34.396469",
             "updated_at": "2017-08-25 11:53:34.396469",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 1951,
               "name": "願真"
             },
             "localID": 93,
             "expanded": true
           },
           {
             "id": 72139,
             "title": "行動派",
             "description": "まずは手で見て触って、やってみなければ何も分からない。対人においては話をしてみないと分からない。その為の努力は惜しみません。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-25 11:53:34.429851",
             "updated_at": "2017-08-25 11:53:34.429851",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 1951,
               "name": "願真"
             },
             "localID": 94,
             "expanded": true
           },
           {
             "id": 72140,
             "title": "良く響く声",
             "description": "趣味の歌を繰り返していたことにより得たもの。拡声器を使わなくてもホール程度の広さなら端までは聞こえます。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-25 11:53:34.457736",
             "updated_at": "2017-08-25 11:53:34.457736",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 1951,
               "name": "願真"
             },
             "localID": 95,
             "expanded": true
           }
         ],
         "position": null,
         "character": {
           "id": 1951,
           "name": "願真"
         },
         "expanded": true,
         "localID": 92
       },
       {
         "id": 72141,
         "title": " 持ち物",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-08-25 11:53:34.525165",
         "updated_at": "2017-08-25 11:53:34.525165",
         "children": [
           {
             "id": 35037,
             "title": "B93Rバースト拳銃",
             "description": null,
             "part_type": "group",
             "created_at": "2017-08-22 14:30:05.0596",
             "updated_at": "2017-08-22 14:30:05.0596",
             "children": [
               {
                 "id": 35038,
                 "title": "対テロ用拳銃",
                 "description": "イタリアのベレッタ社が米軍の正式拳銃ベレッタ92をベースに、対テロ用として、軍や警察向けに開発した大型自動拳銃のレプリカモデル\n",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-22 14:30:05.10683",
                 "updated_at": "2017-08-22 14:30:05.10683",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 1949,
                   "name": "大平蔵人"
                 },
                 "localID": 98
               },
               {
                 "id": 35039,
                 "title": "大型化",
                 "description": "大型化はデメリットが大きいとされるが、フォアグリップと重量増、ガスポート付ロングバレルによる安定性の向上。ロングマガジンによる弾数増加等、メリットの方が大きくなっている。\n",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-22 14:30:05.316835",
                 "updated_at": "2017-08-22 14:30:05.316835",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 1949,
                   "name": "大平蔵人"
                 },
                 "localID": 99
               },
               {
                 "id": 35040,
                 "title": "3点バースト",
                 "description": "通常の拳銃はセミオート、一部の軍用拳銃ではフルオートも可能だが、本銃は3点バースト(1度に3発)を採用し、速射性と弾の節約を両立している。\n",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-22 14:30:05.396754",
                 "updated_at": "2017-08-22 14:30:05.396754",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 1949,
                   "name": "大平蔵人"
                 },
                 "localID": 100
               },
               {
                 "id": 35041,
                 "title": "受注生産品",
                 "description": "軍・警察の対テロ用という特殊用途であること、3点バーストという特殊機能がついていることから、一般市場には出回っておらず、藩王摂政の許可を受けてからの受注生産となっている。その為品質は通常の拳銃よりも高い。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-22 14:30:05.46586",
                 "updated_at": "2017-08-22 14:30:05.46586",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 1949,
                   "name": "大平蔵人"
                 },
                 "localID": 101
               },
               {
                 "id": 72101,
                 "title": "携帯許可",
                 "description": "蒼梧藩国の藩王および摂政から、銃の所持許可はもらっており、この銃のシリアルナンバーと線状跡は政庁に登録・管理されている。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-25 11:53:29.74359",
                 "updated_at": "2017-08-25 11:53:29.74359",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 1949,
                   "name": "大平蔵人"
                 },
                 "localID": 102
               },
               {
                 "id": 72102,
                 "title": "所持の注意点",
                 "description": "見えることによる威圧をなくす為、普段は見えないよう箇所に身に付けます。また、その際は暴発及び盗難防止用の安全装置の付いたホルスターに入れておきます。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-25 11:53:29.842972",
                 "updated_at": "2017-08-25 11:53:29.842972",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 1949,
                   "name": "大平蔵人"
                 },
                 "localID": 103
               }
             ],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 1949,
               "name": "大平蔵人"
             },
             "expanded": true,
             "localID": 97
           },
           {
             "id": 72142,
             "title": "ヘルメット",
             "description": "その昔、タイヤがついていた頃は悪路走破用としてデザインされたものの復刻品。スリークバイザー、ノーズカバーとマッドガード、通気用インテークも備えています。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-25 11:53:34.528181",
             "updated_at": "2017-08-25 11:53:34.528181",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 1951,
               "name": "願真"
             },
             "localID": 104
           },
           {
             "id": 72143,
             "title": "グローブ",
             "description": "ナックルガードを備えた革製の手縫いの手袋。古くから愛用しており、艶と色合いは年季が入っており、一品ものとなっています。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-25 11:53:34.553223",
             "updated_at": "2017-08-25 11:53:34.553223",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 1951,
               "name": "願真"
             },
             "localID": 105
           },
           {
             "id": 72144,
             "title": "ゴーグル",
             "description": "少年期に父親から貰った誕生日プレゼント。修理しながら使っている。偏光レンズは後付けの為に取り外しが可能。縁の色はブルー。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-25 11:53:34.587778",
             "updated_at": "2017-08-25 11:53:34.587778",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 1951,
               "name": "願真"
             },
             "localID": 106
           },
           {
             "id": 72145,
             "title": "アナログ式腕時計",
             "description": "手巻き式、晴れている日は方角を見るのにも役に立つ。ベルトの部分は編み込み式の皮を採用。耐水コート済み。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-25 11:53:34.621018",
             "updated_at": "2017-08-25 11:53:34.621018",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 1951,
               "name": "願真"
             },
             "localID": 107
           },
           {
             "id": 72146,
             "title": "充電式ラジオ",
             "description": "手回し充電とエアバイク走行中の充電の2パターンが可能。良く聞く局の周波数は登録済み。カラビナ付きでベルトにも下げられる。\n",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-25 11:53:34.652755",
             "updated_at": "2017-08-25 11:53:34.652755",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 1951,
               "name": "願真"
             },
             "localID": 108
           },
           {
             "id": 72147,
             "title": "プライヤーツール",
             "description": "ワイヤーストリッパー付きのペンチ、ビット差し替え式ドライバー、スケール(定規)がワンセットに纏められたものです。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-25 11:53:34.707136",
             "updated_at": "2017-08-25 11:53:34.707136",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 1951,
               "name": "願真"
             },
             "localID": 109
           },
           {
             "id": 72148,
             "title": "個人用工具セット",
             "description": "仕事で使っていた工具を選り抜き、持ち運び重量と使いやすさに主眼をおいて、自らが選んだもの。絶縁プライヤー・ゴムハンマー・半田ごて・テスターが含まれている。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-25 11:53:34.754088",
             "updated_at": "2017-08-25 11:53:34.754088",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 1951,
               "name": "願真"
             },
             "localID": 110,
             "expanded": true
           },
           {
             "id": 72149,
             "title": "7つの野営アイテム",
             "description": "防水シート、火おこし用のメタルマッチ、針金入りガムテープ、2層式飯盒、バーナーパッド、調味・香辛料セット、簡易医療キット(包帯・消毒液・絆創膏)を一纏めにしています。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-25 11:53:34.80007",
             "updated_at": "2017-08-25 11:53:34.80007",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 1951,
               "name": "願真"
             },
             "localID": 111,
             "expanded": true
           },
           {
             "id": 72150,
             "title": "安全ブーツ",
             "description": "脚、足部の保護、挫いての捻挫を防ぐために作られた靴。長いこと使っており、つま先には別に保護皮を貼り合わせている。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-25 11:53:34.860453",
             "updated_at": "2017-08-25 11:53:34.860453",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 1951,
               "name": "願真"
             },
             "localID": 112,
             "expanded": true
           },
           {
             "id": 72151,
             "title": "ライディングジャケット",
             "description": "衝撃に強く、保護プロテクターが内蔵されているジャケット。防水機能を有し、ベンチレートはチャックで開閉出来るようになっています。\n",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-25 11:53:34.913201",
             "updated_at": "2017-08-25 11:53:34.913201",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 1951,
               "name": "願真"
             },
             "localID": 113,
             "expanded": true
           },
           {
             "id": 72152,
             "title": "リュックサック",
             "description": "上下の替えの下着、靴下、地図、その他の持ち物を収納するためのものです。肩掛け機能の他にエアバイクに固定するためのワイヤーが備えられています。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-25 11:53:34.952015",
             "updated_at": "2017-08-25 11:53:34.952015",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 1951,
               "name": "願真"
             },
             "localID": 114
           },
           {
             "id": 72153,
             "title": "コップ付き水筒",
             "description": "蓋がコップになる水入れ。元々は軍用品だったらしい。払い下げの品を市場で安く手に入れた後に愛用の品となっています。内部にろ過フィルターが入っています。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-25 11:53:34.986627",
             "updated_at": "2017-08-25 11:53:34.986627",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 1951,
               "name": "願真"
             },
             "localID": 115
           },
           {
             "title": "単眼鏡",
             "description": "ミルスケール100/100採用の防水・耐衝撃機能付きの一品。7倍ズーム式。さっと周囲を見回す際に重宝している。",
             "part_type": "part",
             "localID": 116
           },
           {
             "id": 72154,
             "title": "愛車『魅雲』",
             "description": null,
             "part_type": "group",
             "created_at": "2017-08-25 11:53:35.115299",
             "updated_at": "2017-08-25 11:53:35.115299",
             "children": [
               {
                 "id": 72155,
                 "title": "構成",
                 "description": "退職金代わりに作らせて貰ったもの。蒼梧製エアバイク「ガクヒ」主体に改造を施しています。前方・サイドにガードバンパー、各種ハードポイント、燃料タンクを増設している。エンジンは増設重量に耐えられるものに替えられている。\n",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-25 11:53:35.119201",
                 "updated_at": "2017-08-25 11:53:35.119201",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 1951,
                   "name": "願真"
                 },
                 "localID": 118
               },
               {
                 "id": 72156,
                 "title": "デザイン",
                 "description": "通常のものと違い、角ばった形状をしており、フロントは鮮やかなスカイブルーに、サイドはパールホワイト、リアはイエローに塗り分けられている。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-25 11:53:35.155993",
                 "updated_at": "2017-08-25 11:53:35.155993",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 1951,
                   "name": "願真"
                 },
                 "localID": 119,
                 "expanded": true
               },
               {
                 "id": 72157,
                 "title": "登録表示",
                 "description": "白いプレートに数字が光るようにしたものを車体の前後につけている。曲がりなりにも認可登録されている事を示しています。\n",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-25 11:53:35.212022",
                 "updated_at": "2017-08-25 11:53:35.212022",
                 "children": [],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 1951,
                   "name": "願真"
                 },
                 "localID": 120,
                 "expanded": true
               },
               {
                 "id": 72158,
                 "title": "追加パーツ",
                 "description": null,
                 "part_type": "group",
                 "created_at": "2017-08-25 11:53:35.263587",
                 "updated_at": "2017-08-25 11:53:35.263587",
                 "children": [
                   {
                     "id": 72159,
                     "title": "説明",
                     "description": "作られたは良いが事情により日の目を見ることがなく工場の奥で眠っていた又は廃棄扱いになっていた部品を見つけ出して利用しています。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-25 11:53:35.265408",
                     "updated_at": "2017-08-25 11:53:35.265408",
                     "children": [],
                     "position": null,
                     "character": {
                       "id": 1951,
                       "name": "願真"
                     },
                     "localID": 122,
                     "expanded": true
                   },
                   {
                     "id": 72160,
                     "title": " 複合機能付きカバー",
                     "description": "通常時は高速運転後の放熱カバーとして備えられているものにスコップの機能を備えたもの。柄もちゃんとついている。運転後に取り外す素手で触れないほど熱くなるのでお蔵入りになっていたものを再利用したもの。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-25 11:53:35.304919",
                     "updated_at": "2017-08-25 11:53:35.304919",
                     "children": [],
                     "position": null,
                     "character": {
                       "id": 1951,
                       "name": "願真"
                     },
                     "localID": 123,
                     "expanded": true
                   },
                   {
                     "id": 72161,
                     "title": "高輝度ヘッドライト",
                     "description": "2連式のヘッドライト。対象に強力な光を浴びせて“目潰し”を行うために開発されたもので最大5分程度照射が可能。現在では照度を落としたものが遭難救助用のストロボライトとして採用されています。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-25 11:53:35.341214",
                     "updated_at": "2017-08-25 11:53:35.341214",
                     "children": [],
                     "position": null,
                     "character": {
                       "id": 1951,
                       "name": "願真"
                     },
                     "localID": 124,
                     "expanded": true
                   },
                   {
                     "id": 72162,
                     "title": "投影式モニター",
                     "description": "各種状況を操縦者に伝えるオリジナルの再現品。安全に配慮して視界を塞ぐことのないように表示数を変更、個人所有のゴーグルにのみ投影する形としています。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-25 11:53:35.41865",
                     "updated_at": "2017-08-25 11:53:35.41865",
                     "children": [],
                     "position": null,
                     "character": {
                       "id": 1951,
                       "name": "願真"
                     },
                     "localID": 125
                   },
                   {
                     "id": 72163,
                     "title": "ロケット噴出機構",
                     "description": "急発進・急制動を可能とするために採用された輸入時のオリジナルを再現した際に作られた部品。燃料繊維を個々に搭載し、出力は向上しているが同調が難しい為、ホコリを被っていた。願真の手により3分間のみ使用が可能なリミッターをかけて使えるようにしています。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-25 11:53:35.474042",
                     "updated_at": "2017-08-25 11:53:35.474042",
                     "children": [],
                     "position": null,
                     "character": {
                       "id": 1951,
                       "name": "願真"
                     },
                     "localID": 126
                   },
                   {
                     "id": 72164,
                     "title": "各種センサー",
                     "description": "サーマル・アクティブ・パッシブセンサーなどを一通り揃えています。輸入型のコピー品であるがレーダー機構のみ再現できず、別系統のものが採用されていた為、修理講習用の部材とされていたものを組み立てなおしたもの。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-25 11:53:35.517319",
                     "updated_at": "2017-08-25 11:53:35.517319",
                     "children": [],
                     "position": null,
                     "character": {
                       "id": 1951,
                       "name": "願真"
                     },
                     "localID": 127
                   },
                   {
                     "id": 72165,
                     "title": " 網ランチャー",
                     "description": "狩猟用に試作品されたものです。網はパラシュートにも使われる頑丈な素材を使っているので、素手では簡単には切れません。動けば動くほどガッチリ絡みつきます。その発射には銃とは別の構造が用いられています。防犯用のものとして開発が進められています。",
                     "part_type": "part",
                     "created_at": "2017-08-25 11:53:35.55655",
                     "updated_at": "2017-08-25 11:53:35.55655",
                     "children": [],
                     "position": null,
                     "character": {
                       "id": 1951,
                       "name": "願真"
                     },
                     "localID": 128
                   },
                   {
                     "title": "エアバイク用トレーラー",
                     "description": "推進力をオミットし、ホバー能力のみを付与したもの。それ自体にも燃料繊維が内蔵されている。郵便物運搬用のボックスを2個、成人ならば座り状態で4人、寝台扱いする際は2人までのスペースを確保している。屋根代わりの幌も装着可能。着脱は容易で外した際は手押しの台車としても使える。",
                     "part_type": "part",
                     "localID": 129,
                     "expanded": true
                   }
                 ],
                 "position": null,
                 "character": {
                   "id": 1951,
                   "name": "願真"
                 },
                 "expanded": true,
                 "localID": 121
               }
             ],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 1951,
               "name": "願真"
             },
             "expanded": true,
             "localID": 117
           },
           {
             "title": "愛車「鹿目」",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "二輪式オートバイ",
                 "part_type": "group",
                 "children": [
                   {
                     "title": "二輪式オートバイの復活",
                     "description": "エアバイクがあるんならオートバイもあって良いんじゃない?という思い付きからエアバイクパーツを主体に逆説的に願真が蘇らさせた。記念すべき1号車。\n型式はGRX-00。父の話と資料から過去にあったとされるホイール・タイヤ、サスペンション、クラッチ、油圧ディスクブレーキ、マフラー、ウィンカー等を再設計し使用している。",
                     "part_type": "part",
                     "localID": 132,
                     "expanded": true
                   },
                   {
                     "title": "採用タイヤと駆動方式",
                     "description": "パンクレス仕様のオフロードタイヤを前後備える。駆動系はマニュアル型を採用、動力の伝達にはチェーンタイプを採用している。",
                     "part_type": "part",
                     "localID": 133,
                     "expanded": true
                   },
                   {
                     "title": "動力",
                     "description": "エンジンとモーターを備えており、燃料だけ、モーターだけ、そしてハイブリット方式での走行が可能となっている。エンジン走行時の排気ガスは各種フィルターにより環境への負荷をかけないように低減されている。",
                     "part_type": "part",
                     "localID": 134,
                     "expanded": true
                   },
                   {
                     "title": "内蔵バッテリー",
                     "description": "非常時には電源取り出しも可能な防水・耐衝撃性のバッテリーを備えている。ヘッドライトやウインカー・エンジン始動時の点火にも勿論使用される。",
                     "part_type": "part",
                     "localID": 135
                   },
                   {
                     "title": "パッシング機能付きヘッドライト",
                     "description": "高輝度ヘッドライトを少し改良を施して合図用の機能を追加したもの。光のよる信号通信を行える様になっている為、逆採用も検討されている。",
                     "part_type": "part",
                     "localID": 136,
                     "expanded": true
                   },
                   {
                     "title": "キャリア",
                     "description": "荷物をのっける際に利用する台を標準装備とした。荷縛り用の各種フックを6か所用意。収納箱の積載も可能なものとなっている。",
                     "part_type": "part",
                     "localID": 137
                   },
                   {
                     "title": "試作追加パーツ",
                     "part_type": "group",
                     "children": [
                       {
                         "title": "鍵付き積載用ボックス",
                         "description": "密閉式を採用した収納用の箱。専用のベースを取り付けてからの設置となる。取り外しが可能で取っ手がついておりそのままハードケースとしての使用が可能。",
                         "part_type": "part",
                         "localID": 139
                       },
                       {
                         "title": "スーパーチャージャー付きエンジン",
                         "description": "過給器システムを採用したカスタムエンジン。願真のお手製。(エアバイクメーカーの協力在り)、エンジン駆動時のみ燃費と引き換えにパワーを発揮出来る。",
                         "part_type": "part",
                         "localID": 140
                       },
                       {
                         "title": "オートバイ用トレーラー",
                         "description": "荷物運搬・テントの寝台代わりにもなる牽引用の物。1名までなら乗ることが出来る。停車時は固定用の台座を伸ばして立てる事が可能。",
                         "part_type": "part",
                         "localID": 141,
                         "expanded": true
                       }
                     ],
                     "localID": 138,
                     "expanded": true
                   }
                 ],
                 "localID": 131,
                 "expanded": true
               }
             ],
             "localID": 130,
             "expanded": true
           }
         ],
         "position": null,
         "character": {
           "id": 1951,
           "name": "願真"
         },
         "expanded": true,
         "localID": 96
       }
     ],
     "position": null,
     "character": {
       "id": 1951,
       "name": "願真"
     },
     "expanded": true,
     "localID": 0
   }
 ]
最終更新:2017年10月09日 00:09