2008-01-26

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

藍塾さんを見学してきました!

スプリングウォーター事務局の三上です。
代表の金田さんからのつながりで藍塾さんを見学させて頂きました。
塾長は株式会社ウェルネスの長澤社長です。

藍塾に関しては、私が下手な説明をさせて頂くよりも藍塾Webサイトをご覧になって頂いた方がいいと思います。
(※藍塾Webサイトは2008年3月にリニューアル予定だそうです。)
簡単にご説明すると、スプリングウォーターと同じように志高い学生さんが毎月1回、塾長の長澤社長の下に集い、講演を聴いたりディスカッションしたりしています。

この日も10名ほどの学生さんが参加されていましたが、驚いたことは『誰も遅刻していなかったこと』これって、なかなかできることではないですよね。私自身も勉強させて頂く面でした。また、『全員がメモを自ら取っている姿勢』もすごい!と感じました。
スプリングウォーターと同じだなと思ったところは、『卒業生の方も顔を出していらっしゃったこと』やはり、学生時代からのつながりって強いですよね。


勉強会のタイムテーブルとしては、まず学生メンバーからのコーナーが2つ。
1つ目は『江戸しぐさ』に関して。
私は知らなかったのですが、皆さんは『江戸しぐさ』ご存知ですか?
雨のしずくがかからないように、傘をかしげ(傾け)あって気配りをすることも『傘かしげ』という『江戸しぐさ』の一つだそうです。今回は『目つき』に関してのお話でした。
続いて、宴会に役立つ「箸置き作り」
箸袋を使った箸置きを作りました。が、難しかったので自分ではもうできません(^_^;)

メインの講演 テーマは『チャンスはピンチのふりしてやってくる』
今回は私が見学させて頂いたこともあり、長澤社長が起業される経緯をお話して下さいました。感謝。様々な出会いと縁によって、起業されていく様子をお聞かせ下さいました。
  • ピンチだと思ったことが、結果的に今となってはチャンスで、ピンチがあったからこそ今のお客さんと仕事をしていられる。
  • 会社を作るということは信用を失うということ。社歴が短いとリースやカードの審査が降りないということをこの時知った。
  • お金と時間だけは守る。それが信頼に応えるということ。
  • 就職活動 簡単に内定取るな。受かるな。すんなり決まった人よりも、苦労した人の方が一生懸命仕事ができる。

時間の関係で最後まで見学できませんでしたが、またご一緒させて頂きたいと思いました。そして、スプリングウォーターともきっと何かでコラボできるのでは?と思っております。
藍塾の皆さん、ありがとうございました!!

       みんなで箸置き作り                 藍塾 長澤塾長



















当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無断掲載を禁止します。
Copyright (C) SpringWater. All rights reserved.
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。