加藤研究

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


加藤紘一代議士事務所の前代表・佐藤三郎容疑者(61)の脱税事件

で、容疑となった隠し所得2億7700万円の提供企業のほぼ全容が判明した。新たにわかったのは、
いずれも東証1部上場企業の横河電機(東京都武蔵野市)と安藤建設(同港区)。
横河電機は、山形県発注の浄水場工事の受注をめぐり成功報酬として4200万円を提供。安藤建設は、代議士宅の新築費を要求されて拒否したが、脅されて解決金1000万円を支払ったという。
 前代表は、首相候補と目されていた代議士の威光をかさに、どう喝的な言動を用いて業者に資金を迫ったとされる。
 東京地検特捜部の調べによると、佐藤前代表は00年までの3年間に約2億7700万円の所得を隠し、約1億円を脱税した疑い。特捜部は、業者側から提供された大口資金を一つひとつ固め、隠し所得を積み上げたとされる。
 関係者によると、横河電機は、県企業局が山形県朝日村に建設した庄内広域水道南部浄水場の計装設備工事の受注を目指していたが、営業面で劣勢に立たされていた。そこで同社幹部は、前代表を2度にわたって訪問。「受注の口添えを」と懇請した。前代表は「おれに頼めば大丈夫だ」と請け合ったという。
 競争入札の結果、横河電機が8億8000万円で落札。前代表は受注額の5%にあたる4400万円を成功報酬として要求。交渉の結果、4200万円で折り合ったという。
この資金は前代表が隠し所得の受け皿に利用したとされるコンサルタント会社「コーショーコーポレーション」(横浜市)の00年の売り上げに計上された。
帳簿上は都内の設計会社からの入金になっており、横河電機がこの設計会社を通じて資金提供したとみられる。
 また、佐藤前代表は98年秋、安藤建設に、代議士私邸の土地探しと家屋の設計を依頼。「建築費を全額負担したうえで、代議士に貸してほしい。内装は、代議士夫人の希望通りにやってくれ」と要求した。
 ところが、見積もりの結果、数億円にのぼったため、同社側が断ると、前代表は「おれに恥をかかせた」と憤慨。代わりに金銭を要求してきたため、同社は1000万円を支払ったという。このほか、
法人税法違反罪で起訴されたライジングプロダクション(現フリーゲートプロモーション)の関連会社が99年、土地取引の仲介料名目でコ社に1800万円を振り込んだほか、現金でも1000万円を前代表に渡していた。
特捜部は、いずれも前代表が税務申告すべき個人所得だったとみている。
 また、コ社が、経費として会計処理した資金の中には、代議士の私設秘書数人に支払った賃金があることも発覚した。前代表側によると、この賃金は同社の経理などを手伝ったことへの対価だという。1人月5万円程度で、年間の支出は計100万円余にのぼった。支出は数年間に及んだが、代議士の政治資金収支報告書に記載はなく、政治資金規正法違反にあたる可能性がある。
 資金提供について横河電機の内田勲社長は「事実関係を早急に調査する。現時点ではコメントを控えたい」と話した。一方、安藤建設の首脳は「報告を受けていないが、金銭提供はなかったと思う」と話した。
(03/11)
http://megalodon.jp/2013-0827-1657-00/www.jca.apc.org/water-w/asahi311.html

ポスト橋龍の “本命” 加藤 紘一 自民党幹事長の私設秘書、佐藤 三郎 にまつわる怪文書出回る。
 加藤幹事長の資金源、スポンサーでもある人物のスキャンダルだけに 「調査結果」 と表題のついたこの文章が、同幹事長の命取りにもなりかねない。
http://megalodon.jp/2013-0827-1702-25/www.rondan.co.jp/html/news/seiji/sato.html
以下、全文、掲載する。
(中略)
2.佐藤三郎(含・株式会社コーショー)と北朝鮮の関係について
(情報源・公安機関《複数》、その他の政府機関、民間研究機関、外国出先機関、政党本部関係者、国会議員秘書、マスコミ関係者等)
 加藤紘一事務所代表・佐藤三郎は、実質的に5つの企業を経営しながら、加藤紘一のために単なる秘書ではなく金庫番として、さらに北朝鮮工作に関しては加藤の分身として重要な役割を果たしている人物である。
その北朝鮮との関係は、加藤と北朝鮮との関係に基づくものであり、佐藤が昔から独自の人脈と利害関係をもっていたとは認められない。(源・自民党議員)
従って、まず、加藤紘一と北朝鮮との関係について見てみると、次のとおりである。
(1)自民党幹事長・加藤紘一と北朝鮮の関係
 加藤は 1972年の総選挙に初当選を果たすまで外務省中国課主席事務官をしていた関係上、中国問題は専門であったが、北朝鮮問題にはずぶの素人であったことを自認しており、(源・現代コリア研究所)中国や韓国には何回もいっているが、北朝鮮には一度も渡航歴がない。(源・政府機関)
 同人が北朝鮮問題に関心を持つようになったのは、いわゆる「五十五年体制」末期に防衛庁長官の時、防衛的見地から、また、宮沢政権の官房長官になった時であろうが、本格化したのは昨年の村山連立内閣発足と同時に自民党政務調査会長になってからである。
 このころは、山崎拓、小泉純一郎とともに組んだ YKKのリーダーとして、村山政権を名実共に支え、さらに派閥横断の若手議員の政治グループ「グループ新世紀」を主宰し、政界のニューリーダーの代表として既にその地位を不動なものとしていた。
 加藤としてはこれまで中曽根康弘、竹下登、渡辺美智雄ら大物政治家の誰もが成し得なかった 日朝国交正常化を自分の手で実現し、歴史に残る政治的実績を挙げて念願の首相への道を確実なものにしようと野心を燃やしたであろうことは当然考えられる。(源・某政党本部)
 このため、北朝鮮労働党と親しい社会党の委員長・村山富市を首相とする連立政権時代に実現するのがもっとも有利だと考えた。(源・現代コリア研究所)
 そして、数本のチャンネルを持って、北朝鮮側と連絡した。
 それは
朴啓允女史(金剛山国際グループ会長、在米韓国籍婦人、平壌で普通江ホテル経営、金正日や統一協会に近い)
吉田猛(帰化朝鮮人、新日本産業社長)
今村富也(マスコミ情報研究会 事務局長、金正日の義弟・張成沢 労働党組織部第一副部長及び崔龍海・金日成社会主義青年同盟委員長と直結)
中国共産党中央対外連絡部長・李淑錚=推定
その他である。(源・公安機関)
 これらチャンネルについては「マダム朴は 1991年、初めて名古屋から平壌まで観光団のため直行便を飛ばしたことで知られているし、吉田を外務省が北朝鮮向けのパイプとして利用しているという話があった。
 今村は元麻生良方秘書として頻繁に中国と北朝鮮に行き、自民党の大物に情報を提供しており、今は加藤に打ち込んでいて北朝鮮については最高の情報通を自認しいている。
今年になって『金日成社会主義青年同盟』と改称する前から崔龍海と密着している。
中国通の加藤は李淑錚女史を知っており、同女史を通じて間接的に北朝鮮の情報は入手していたはず」との話もある。(源・公安機関ほか)
 加藤は素人ながらこれらのルートを使い、まず国交交渉再開の小道具として利用したのが、「農林族」に相応しい「コメ」であった。
 加藤は北朝鮮に対するコメ援助は余剰米 250万トンの処分にもなるから一挙両得と考えたのである。特に北朝鮮の利権を狙ってのことではないといっている。
 当時、1993年の不作の際に緊急輸入したタイ米 30万トンと中国米 50万トン以上が倉庫に眠り、そのうえ翌94年は豊作であった。しかし、この構想は、北朝鮮側の理由に加えて、渡辺美智雄の病死(95・9)、村山首相の引退(96・1)、橋本新政権の誕生に便乗した自民党幹事長への昇格に伴う多忙化と、膠着化した「住専国会」等により頓挫して今日に至っている。
 なお、加藤紘一が北朝鮮側から期待をかけられている理由は、
首相及び自民党総裁への最有力候補者の一人である。
かつて東大全共闘運動参加の経験があり、自民党らしからぬ創造的発想をする政界ニューリーダーである。
元外交官としての経験上、外務省や中国に人脈を持っている。
朝鮮総聯の責任副議長・許宗萬および吉田猛と今村富也の推薦がある。
等によるものと判断される。(源・政府外郭機関)
加藤紘一絡みの北朝鮮との関係について、これまでの経過を年代順にまとめてみると次のとおりである。
1994年10月 三与党責任者会議で自民党参議院幹事長・齋藤十朗が「日朝交渉」再会を提案。社会党・深田肇が久保亘書記長を団長とする与党代表団の派遣計画を北朝鮮に提案したのに対し、11月末、北朝鮮側は深田肇参議院議員(社会党内で、労働党員といわれていた)を通じて、加藤ら三党政調・政審会長の訪朝を希望してきた。
北朝鮮側の狙いは連立政権の要は自民党であり(特に加藤の訪朝を望んだ)、社会党は見限られていた。
社会党が一番期待されていたのは昔のことであるのを加藤は知らなかった。だから村山政権時代に交渉を再開しなければならない、と焦ることはなかったのである。
「北朝鮮に取り組んだ政治家は失脚する」というジンクスがある、ということを加藤も知ってはいるようである。(源・現代コリア研究所)
同年4月、日朝議連も会長・石井 一が自民党を離党し非自民連立の羽田政権下で自治相就任とともに会長職辞任後、同ポスト空席のままで機能を停止し、石井と北朝鮮とのパイプは完全に切れた。

新しい北朝鮮に対するパイプとして金丸-石井(一)の旧経世会ラインに代わって加藤-山崎の YKKラインが登場した。

山崎拓元防衛庁長官は日朝議連会長代行・元日朝貿易会会長の谷洋一と共に 94年6月、初めて訪朝、北京では中国共産党中央対外連絡部長・李淑錚と懇談(加藤紘一の紹介と推定)し、北朝鮮について意見を交換した。
山崎はこのころ渡辺美智雄の訪朝を画策していた。
北朝鮮は首相級の人物の訪朝を期待していたからである。
コメ援助を誰よりも早く手掛けようとしたのは実は谷洋一であったが、当時の農林省に反対された。(源・谷洋一議員秘書)
1994年10月21日 「朝鮮半島エネルギー開発機構(KEDO)合意」後、北朝鮮側から加藤に対する働き掛けが活発化した。
日朝国交交渉の再会を北朝鮮側は強く期待した。(源・某政党本部)
 1994年11月 今村富也が単独訪朝し、「日本側の次の実力者として加藤の名前を挙げたことと、コメについての援助を頼まれたこと」を、帰国後加藤に連絡した。今村は加藤にコメ支援の話をした最初の人物であると自認している。(源・今村側近者)
 1994年12月3日頃 北朝鮮側から突然、代表団受け入れ拒否の通告あり。理由は「武村蔵相発言(三党共同宣言の使命終了)、三党代表が韓国に事前説明にいったことと在ニューヨーク国連代表部の北朝鮮代表に対する失礼な発言だ、と朝鮮総聯責任副議長・許宗萬から聞いた」と加藤が言っていた。(源・現代コリア研究所)
1994年12月 麻布十番の某韓国料理屋で金剛山国際グループ会長・朴啓允女史と加藤が懇談。
北朝鮮側からの最初のコメ援助要請が朴女史によって行われた。
加藤はその後、朴ルートで2回平壌と連絡し、コメの希望を確認したが、北朝鮮側はチャンネルを吉田猛ルートに変更した。
同女史が統一協会に近く、また商売に利用しようとしたからかも知れないが、とにかくコメ・ルートから外された。(源・韓国大使館)
 1994年11月 都内の中華料理屋で加藤は、自民党の親朝系某国会議員(野中前自治相かもしれない)の紹介で初めて吉田猛と会った。
同人は現在、北朝鮮の実力者の一人である金容淳(朝鮮アジア太平洋平和委員会委員長。労働党「三号書記」統一戦線部、社会文化部、作戦部担当。金正日の生母・故金生淑の従弟)と直結の工作員容疑者で公安当局からマークされている人物。
加藤と外務省同期の川島裕アジア局長が同席。(源・政府機関)
 1994年12月 加藤は山崎拓(当時、アジア安保研究会会長、政権復帰後与党三党の北朝鮮プロジェクトチームの自民党座長、現・政調会長)と協議して訪朝自民党団長を渡辺美智雄とすることに合意し、本人の了承を得た。(源・某政党議員秘書)
1995年1月5日 赤坂のうなぎ屋「重箱」で加藤は宮沢喜一元首相と河野外相の三者会談を開き、渡辺団長の件で両名の了解を取り付けた(源・某政党本部)
1995年1月31日 ソウル市内韓国料理店「ソラボル」で加藤は、前外相・韓昇洲と北朝鮮に対するコメの援助について了解を取り付けるため懇談。
李洪九首相が同席した。加藤と韓は親しい間柄である。(源・韓国大使館)
 1994年2月26日 シンガポール(吉田猛がセットアップした)で、自民党政務調査会長代理・保利耕輔(加藤紘一名代)と李種革(当時、朝鮮アジア太平洋平和委員会副委員長、現在、労働党国際部副部長=日本担当)が非公式会談し、外務省アジア局審議官・竹内行夫(川島アジア局長 名代)同席。
 日朝交渉再開のための金丸・田辺訪朝団の時の「三党共同声明」の扱いなどについて協議。
 コメの援助方法と値段について協議したとの説があるも、加藤は否定。(源・政府機関)
1995年3月28日 与党訪朝団出発。自民党(渡辺美智雄、保利耕輔、中川秀直 首相特別補佐、麻生太郎 副幹事長、大木浩 参議院議員)、社会党(久保亘書記長、関山信之 政審会会長、深田肇 組織局長、渡辺鋭気 本部調査局長)、新党さきがけ(鳩山由紀夫代表幹事、管直人政調会長)計10名。
3月30日、渡辺、久保、鳩山、金容淳の四党代表が「日朝会談再開のための合意文書」に署名。金丸・田辺訪朝団の「三党共同宣言」は事実上棚上げとなった。(源・某政党議員秘書)
 1995年4月下旬 金容淳から「日朝交渉の再開拒否」の連絡あり。原因は米韓連合軍司令部による米韓合同軍事訓練の予定(4月下旬~5月中旬)発表と韓国による「韓国型軽水炉」主張に反対。(源・現代コリア研究所)
 1995年4月11日 参議院外務委員会で新進党の石井一二議員が、「与党訪朝団に北朝鮮工作員容疑者・吉田猛が「衆議院議員 加藤紘一事務所 吉田猛」の名刺を持参して同行したこと」について加藤を追求した。
 加藤紘一夫人の弟である杉浦幸男が出発の二日前になって急に行けなくなったので、平壌の地理に明るく言葉のできる吉田に行ってもらうことにしたと加藤は釈明したが、当初からの予定と推察された。
1995年5月24日 国際貿易促進委員会会長・李成禄が「日朝友好学術文化フェスティバル」(10月、京都開催予定)打ち合わせの口実で関西空港到着(野中広務前自治相の秘書出迎え)。京都都ホテル宿泊(吉田猛出迎え)。(源・某政党本部)
同年5月26日 東京六本木全日空ホテル36階「シリウスの間」でコメに関する朝飯会開催。
李成禄、渡辺美智雄、加藤紘一(司会)、久保亘(社会党書記長)、鳩山由紀夫ら7人が出席。
 李は金容淳(肩書なし)からの4通の親書(渡辺、加藤、久保、鳩山宛て)を提出し、正式なコメ援助要請発言を行った。これに即応して政府レベルでのコメ援助と日朝交渉再開で動き出した。(源・現代コリア研究所)
 1995年6月13日 クアラルンプールで米朝交渉が軽水炉問題で最終合意。タ1995年6月21日 韓国から北朝鮮宛て援助米計15万トン決定。
 1995年6月23日 朝鮮アジア太平洋平和委員会副委員長・李種革代表団来日。
 6月24日、「霞友会館」で、李種革と川島・外務省アジア局長、上野博史・食糧庁長官が会談したが、日本側が耕地面積や食糧不足の事情を質問したことで対立し不調に終わる。
 李は無償援助要望。24日夜、加藤、渡辺と李の三者会談。26日午前、与党訪朝代表団及び加藤と李代表団員との懇談、(源・政府外郭機関)
 1995年6月30日 合計30万トンの第一次コメ支援策決定(15万トン無償、15万トン有償=10年据え置き、金利2%、20年分割返済、金利3%。輸入金額に換算すると有・無償、合わせて約216億円)(源・政府機関)
李種革主催のパーティーに渡辺、加藤、鳩山、関山、深田、川島アジア局長と上野食糧庁長官が出席。(源・政府機関)
 1995年7月 コメ輸送開始。
 1995年8月2日 李種革は再度コメ支援要請。加藤は同日「自由民主党 政務調査会 会長・加藤紘一」名で李種革宛てに2点確認のファックスを加藤事務所から送る(源・X)
 1995年8月10日 李種革2点肯定の回答が加藤宛に届いた。
しかし、産経新聞が8月2日と8日の2回、韓国の親朝鮮雑誌「マル」(8月号)に掲載された金容淳の問題発言(コメは日本が謝罪の意味で援助。コメは畜産と軽工業に使う)を掲載し、一挙に政治問題化した。(源・現代コリア研究所)
 1995年9月1日 金容淳から第一回回答書くるも、事実を認めず。「デマ報道に惑わされるな」という内容。
 8月24日、渡辺、久保、鳩山、加藤の四氏連名で金容淳に釈明を要求する書簡を送った。
 9月1日、金容淳から第一回回答書が来たが、事実を認めず。
 1995年9月6日 朝鮮総聯通信が水害の被害報道開始。「7月31日から 8月18日の百年来の大雨で死者 68人、被災者 520万人、被害総額 150億ドル」
1995年9月12日 日本政府は国連の援助要請に応じて、50万トンを北朝鮮に送ることを決定。
金容淳から二度目の書簡が渡辺美智雄宛に届いた。
 これには感謝の言葉はなかったが日本側の立場に配慮する姿勢が少しは認められたとして、日本政府は追加援助を検討。(源・某政党本部)
 1995年9月14日 与党側が20万トン(144億円)の追加支援決定。(源・政府機関)
 同年9月30日 在北京 北朝鮮大使館で第2次コメ支援協議、外務省・別所浩郎出席(源・政府機関)
 1995年10月3日 日本政府が北朝鮮から届いた 20万トンの追加支援に合意。(有償条件は第一次と同じ)(源・政府機関)
東京銀座。東武ホテルの「北朝鮮民主化と人権回復東京大会」で朝鮮民主統一救国戦線・朴甲東が「コメは北朝鮮では武器を作り、戦争を企んでいる特殊な人々の口にしか入らない戦争物資だ」と加藤の北朝鮮へのコメ援助の積極性を攻撃。(源・アジア問題研究所)
 1995年11月25日~12月3日の間「社会主義労働青年同盟(現「金日成社会主義青年同盟」)委員長・崔龍海以下5名が日青協との定期協議のため来日 。
 加藤紘一もしくは代理人が都内で2時間、崔と会談。(今村の紹介と推定)会談内容不明。(源・公安機関)
1996年1月 新党さきがけ・堂本暁子が訪朝し、金容淳書記と会談。
 1996年2月17日~20日 社会民主党組織局長・元参議院議員が前官房長官・野坂浩賢の秘書・松原和範と共に訪朝して、金容淳書記と李種革 党国際部長と会談し、両党間の今後の交流の緊密化を約した。
 金容淳は「橋本自立外交」に期待。(源・某政党)
 1996年3月28日 山崎自民党政務調査会長が記者団に対して「国交正常化への努力が交渉再開に結びついていない現状があり、これを繰り返すより政府がやった方がいい」と表明。
 1996年3月28日 加藤紘一幹事長が「産経新聞」のインタビューで、「北朝鮮との国交正常化について、昨年3月の与党訪朝団が政府間交渉が出来る素地を作った。今後とも政府に継続して努力してもらう。与党や自民党の対応については山崎政調会長が判断する」と、自民党による北朝鮮外交の中止の意向を表明した。
(2)加藤紘一事務所代表・佐藤三郎と北朝鮮との関係について
 佐藤三郎は、東京都千代田区永田町 2丁目 TBRビル6階608号室(電話 03-3502-1200)に所在する「加藤紘一」事務所の代表者である。
 この事務所は6階の「キャピトル東急ホテル」に最も近い部屋で、斜め向かい側に元自由民主党衆議院議員浜田卓二郎と浜田マキ子夫妻の事務所がある。
佐藤三郎は単なる加藤の秘書ではなく、加藤の裏財政を預かる重要な「金庫番」であると共に、
自らも横浜に3つ(株式会社コーショー、株式会社コーショーコーポレーション、日本貨物流通株式会社)、米国に1つ(コーショーUSA,INC)の計4つの運輸関係企業と赤坂に1つのスナックを実質経営している企業家である。
 これらの事業の中で直接的な北朝鮮がらみの商売は今までのところ聞かれないし、また、日本が北朝鮮に送った援助米に関連した商売に直接かかわっているとか、それによって利益を得ているかどうかについては、確たる情報はない。
 しかし、将来もしも加藤が日朝国交の成立に重要な役割を果たした場合、加藤の立場を通じて大きな利権が取得されることは間違いない。
 佐藤三郎の加藤秘書としての経歴は比較的浅く、「1991年2月頃から加藤の秘書的な活動を始め、94年10月頃から加藤事務所代表として永田町で知られるようになった」(源・自民党議員秘書)
 事務所代表になった 94年10月頃というのは加藤が北朝鮮関係で多忙になってからのことであり、なお、
前事務所代表の森田廣は国会要覧では衆議院第二議員会館 711号室所在、加藤事務所の第二秘書になっているが、現在、地元で秘書活動をしている。
 そして、森田と「共和ヤミ献金疑惑」問題で加藤を裏切った元後援会長・水町重範との共和問題に関する電話の会話内容のカセットテープが今、巷に出回っている。
加藤が佐藤を加藤事務所代表にした理由は、
 前秘書・森田廣に対する金銭面をはじめとする秘書としての不信感
 佐藤に対する人間的信頼感(秘密保持など)
 佐藤の人事管理並びに裏財政活動能力に対する期待感
 北朝鮮工作推進に役立つ人物としての期待感
 近い将来首相になる場合に備えての最も信頼のおける腹心としての期待感
等に基づくものと考えられる。(源・自民党議員秘書)
次に、佐藤三郎がこれまで加藤紘一事務所代表として北朝鮮と関わってきた状況は次のとおりである。
 加藤事務所が北朝鮮問題で急に多忙になったのは、1994年11月、社会党内で最大のパイプ役といわれる参議院議員・深田肇(現・社会民主組織局長)が、久保亘書記長(現・蔵相)を団長とする社会党主導の与党代表団の派遣について奔走中、同月下旬、三与党政務調査会長の訪朝を金容淳党書記から促してきた時からである。
朝鮮総聯を経由して深田から伝えられた話は、明らかに加藤の期待したものであった。
 この話は直ぐにつぶれたが、10月21日の米朝間の包括的枠組みの合意を受けて、北朝鮮が加藤に対して金丸信同様「一本釣」の常套戦術に出たことが分かった。
佐藤はこれを確認するため、朝鮮総聯、今村富也、深田肇などを通じて情報を集めた。(源・政府外郭団体)
 北朝鮮側からコメ支援問題を最初に加藤に持ち込むため金剛山国際グループの「マダム朴啓允」は 1994年12月、麻布十番の韓国料理屋で加藤にあったが、間もなく朴は北朝鮮側によってコメ支援ルートから切られた。佐藤は2回このルートで平壌と連絡し大丈夫かと思っていたら切れてしまった。
朴女史が翌年の8月初旬、このことで加藤事務所を訪れたが、すでに北朝鮮側が吉田猛にチャンネルを変えたことを知っていた加藤は会うのを避けて、佐藤が代わりに会った。(源・韓国大使館)
 1995年2月のシンガポール非公式会談や同年3月の与党三党代表団の訪朝問題に関して、佐藤は加藤の絶大な信頼の下にファックスで平壌の金容淳と頻繁に連絡をとった。(源・某政党本部)
 1995年4月11日 参議院外務委員会における新進党・石井一二議員質問で、初めて佐藤三郎の名前がマスコミに浮上した。
 昨年3月、訪朝した与党代表団に北朝鮮の工作員容疑者として公安当局にマークされている吉田猛が同行したからである。
「与党三党代表団に加藤の義弟が随行する予定であったが行けなくなったので、代わりに行ってくれと佐藤に頼まれた。
 3日間の滞在だが、身分をはっきりさせておく必要があるからと、佐藤から加藤紘一事務所の名刺を渡された。
 その名刺をたった一枚、平壌のレストランで隣に座った男に渡したことが国会問題の原因となった。私はただの商売人であって、コメのことは何も関係なく、佐藤に頼まれて行っただけだ」と吉田は後日友人に語っている。佐藤は代表団にとりまとめ役として同行した。(源・現代コリア研究所)
北朝鮮の工作員容疑者としての吉田猛の同行問題だけでなく、「株式会社コーショーという利権に絡む通関業の社長である佐藤が日本を代表する立場の代表団に同行するのは好ましくない」という指摘もある(評論家・浅川博忠)
が、これについては、国会では問題にされていない。(源・公安機関)
 1995年5月26日 六本木の全日空ホテルで行われた北朝鮮の国際貿易促進協会会長・李成禄代表団と与党訪朝代表団との朝食会に佐藤が出席した。
 同席で李成禄が正式にコメ援助の要請を行ったことと関連して、佐藤のコメ援助暗躍説が出た。(源・現代コリア研究所)
 佐藤三郎と北朝鮮援助米との関係を直接裏付ける確たる証拠はない。
 ただ、昨年の9月に「ラスプーチン政治家-加藤紘一の知られざる素顔、加藤-泰道を結ぶ線に一人の謎の男が浮上する」という怪文書が巷に出回ったが、その中で、加藤と吉田猛との関係に触れた後で、
「横浜の とある埠頭に加藤の秘書名義の倉庫があります。その中は国産米から外米まで米で埋もれている。これが莫大なカネに変身する日は近いのだ。先に2人がほくそ笑んだといった所以である。勿論『北朝鮮利権』は米だけではない」という記事がある。
 加藤の秘書は明らかに佐藤を指すが、同人経営の企業は米殻指定倉庫を所有しないから、捏造されたものであろう。(源・内外日東KK)
3.佐藤三郎に関する参考情報
(情報源・公安機関、雑誌週刊誌記者、北朝鮮問題研究家、国会議員秘書、政治評論家)
(1)佐藤三郎と加藤紘一との人間関係
 5つの企業を経営している佐藤がなぜ加藤事務所に代表として詰めているのか、また、金庫番という重要な仕事を任されているには余程の人間的絆があると思われる。
 この問題はマスコミ界では謎とされているが、次のような憶測がある。
 加藤の弟と佐藤が親しい関係にあって、加藤は弟から佐藤を紹介された。しかし、加藤に実弟がいるかどうかは確認されていない。もし該当する弟が居ないとすると、加藤の夫人 愛子(昭和21年生、日本女子大学卒業)の弟の杉浦幸男のことかも知れない。
 国会で与党代表団に同行した吉田猛問題が起きた時、杉浦の名前が出た。杉浦の代わりに吉田が佐藤の作った加藤事務所の名刺で訪朝したと、加藤が証言したからである。(源・週刊誌記者)
 佐藤が 1989年に赤坂の TBSの裏側に開いたスナック「株式会社 1003」(港区赤坂2丁目 山口花屋2階)の現在の社長・樋口春枝(東京都世田谷区深沢 8丁目9番15号)が、佐藤の友人であると同時に加藤の愛人ではないかという話がある。
 樋口は元銀座の高級クラブ(店名不詳)のママであったが、現在この店のママを勤めている。
 昨年の10月31日号の週間「FLASH」でたたかれたため、今年になって、佐藤は樋口に登記上代表取締役のポストを譲ったが、実権は佐藤が握っている
「株式会社 1003」の登記上の会社所在地は千代田区平河町 2丁目12番13号 平河ハイツ(1989年4月19日設立 資本金 100万円)。
 佐藤が加藤に樋口を斡旋して加藤の弱点を握った形かもしれない。(源・雑誌記者)
 加藤の妻・愛子は1年前まで佐藤の会社「株式会社 コーショー」の監査役であったが、議員秘書の会社の役員にその議員夫人がなったという話は聞いたことがない。
 現在の監査役・榎本正明が佐藤の従兄弟ということからも分かるように、議員夫人が監査役になったというのは加藤と佐藤の両家の間に特別な関係があるものと思わざるを得ない。(源・週刊誌記者)
 例えば、佐藤の妻が山形県西田川群温海町出身であり加藤愛子と同じ年の生まれであるから、二人は同郷、同学の可能性がある。
 一方、加藤(山形県鶴岡市、日比谷高校・東京大学)と佐藤(東京都、早稲田大学)の間には同郷同学の関係はない。(源・週刊誌記者)
 加藤が東大生として全共闘運動に参加していた頃の人脈の一人に早大生の佐藤がいたという情報はない。
 首相の座を目前にして加藤にとってマイナスになるから、昔の人脈とは縁を絶っているだろう。(源・公安機関)
 佐藤は単に加藤を好きだとか尊敬しているとか、政治が好きだとかで加藤にくっついているのではなく、加藤が近い将来、首相になる有望な人間で利用価値があるとの判断に基づく一種の投資で積極的に接近し、また、当面自己の経営する企業の資金工作(銀行、ノンバンク、個人金融業からの融資)のために加藤を利用しているのではないか。
 そうでなければ、自分の会社を部下に任せて国会議員の私設秘書をしているわけがない。(源・国会議員秘書)
(2)佐藤とコメの関係
 昨年9月に出回った「ラスプーチン政治家 - 加藤紘一」と題する怪文書の中で「横浜のとある埠頭に加藤の秘書名義の倉庫があり、その中は外米や国産米で埋もれている」という記事について、埠頭倉庫は確かに次のとおり2つある。
コーショー勝島営業所 - 品川区勝島 1丁目4番19号
              (賃借、宝組勝島倉庫)
旧コーショー東京支店 - 品川区東品川 1丁目32番15号 天王洲
 しかし、農林水産省の米殻指定倉庫(低温設備装置付き)は無いからコメの貯蔵はない。北朝鮮絡みのコメの利権で考えられることは、日本が提供した有償 35万トン、無償 15万トンの計50万トンの援助米は 約360億円に相当するが、これは政府保管米であるから、米殻指定業者か、指定倉庫を持たない以上、儲けるためには闇米の密輸出しかないはずである。
昨年の3月、富士産業(渡辺日出男社長)が、大理石粉粒として輸入申告した中国大連仕出しのコンテナ 28本のうち 22本が横浜税関によって摘発された。コンテナの中には玄米が 363万トン入っていた。
この密輸入事件で 10月神奈川県警は関税法違反で 11名を逮捕したが、行方不明の6本の中には麻薬や拳銃かあるいはコメが入っていた可能性がある。
この密輸事件に山口組系暴力団が関わっており、コメは「オウム真理教」の備蓄米(同教団と関係の深い「芝興産」が介在)であったと噂されている。
 このコメと佐藤との関わりはなさそうであるが、横浜の治安当局の間では、「コメの捜査は渡辺日出男クラスの線で止めて、与党の幹事長の身辺には及ぼさないようになっている」と何かいわくありげな話も聞かれる。
 加藤紘一が余りにも援助米に積極的だったために、昨年5月、李成禄国際貿易推進協会委員長が全日空ホテルで訪朝与党代表団に対して初めてコメの援助を要請した時に佐藤三郎も列席したというので、例えば「佐藤がコメ援助に暗躍した」(95年10月31日)と言ったマスコミの見方が当然視されるようになった。
 しかし、コメとは無関係と明言している吉田猛と同様、佐藤三郎とコメの関係も今のところ裏付けるものは何もない。
ただ、北朝鮮ではコメの闇値が日本の2倍(例えば、日本で10キログラムの値段が 5,000円とすると 北朝鮮では 10,000円という)というから、もし密輸出が出来たら儲けられることは間違いない。(源・北朝鮮問題研究家)
(3)佐藤と実業家、熊取谷稔(いすたに みのる)および 泰道三八との関係
佐藤は加藤を通じて熊取谷稔を知っている。
熊取谷は、リクルート事件の際、NTT真藤恒前会長との緊密な関係で世間から注目された人物で、「ゼネラルコーストエンタープライズ」代表であると共に、コスモグループを率いて国内13カ所でゴルフ場を経営する実業家である。
 加藤が宮沢内閣の官房長官であった3~4年前に、加藤は相場が 1億5000万円はするという「東京よみうりカントリークラブ」の会員権をただで熊取谷から譲渡された疑惑が持たれる問題が起きた。加藤は一度も使わず、名義も返還したと弁明した。
また、熊取谷の仕手筋の所有する世田谷区内の高級マンションにただで住んでいたこともマスコミに騒がれて、慌てて現在のマンションに移転した。
 熊取谷と加藤とが密着している背景には、防衛庁長官も歴任した加藤の「防衛利権」絡みの問題があるのではないかとの噂がある。
この熊取谷の息子(日本航空に勤務)の結婚式が昨年12月1日、四ッ谷の教会で行われた時、加藤とともに佐藤三郎も招待されている。(1996年1月頃の怪文書の一部)これから見ても、熊取谷は佐藤にとって現在も重要なカネづるに違いない。
佐藤は泰道三八(コスモ信用組合前理事長)をもカネづるにしていたと推定される。
個人的な接触の情報はないが、加藤を通じて当然コスモ信用組合からの借り入れは可能であったと思われる。というのは、昨年9月の怪文書「ラスプーチン政治家・加藤紘一の知られざる顔」の中で、加藤と泰道は極めて親しい間柄にあり、泰道は政務調査会長室にも気軽に出入りしていたぐらいである。
 怪文書は更に「加藤は泰道からかなりの資金援助を受けていたハズ。言うなれば、加藤は高橋(旧東京協和・前理事長)の山口敏夫的存在だ。これを追ったら疑惑が続出するはずだ」と書いている。
 佐藤は今後、泰道をカネづるとして利用できないばかりでなく、加藤の疑惑のマイナスを背負っていかなければならない。それが、加藤によって信頼されている「金庫番」の宿命だからである。(源・政治評論家)
(4)佐藤と加藤紘一後援会長・木村知躬(ともき)の関係
 佐藤は当然、複数の加藤後援会と緊密な連絡を取っており、その一つに木村知躬を会長とする後援会がある。
木村知躬(昭和13年11月26日 東京都出生、国学院大学卒)は、「オーテック(旧大崎建運)」社長、「アサガミ(旧浅上航運倉庫)」社長である。
 協和献金疑惑問題で加藤を裏切った水町重範(49歳、クリニック経営、医師)からクリニックの理事長になってくれと頼まれたが、副理事長を引き受けた。
 平成6年秋に同クリニックに入会したが、加藤の依頼でクリニック経営の会社に 1000万円寄付した。さらに1億円を要請されて 5000万円出そうとしたが、クリニックの経営難を知って中止した。
水町は加藤の差しがねで中止したものと誤解して、今度の裏切りの挙に出たらしい。
木村の関係している「アサガミ」は最近、背任横領罪で懲役7年の判決を受けた渡辺広泰の「東京佐川急便」の関連企業として知られている。
 水町は加藤と手が切れたから佐藤とも切れたことになるが、佐藤と木村との関係は今も密接である。(源・週刊誌記者)
(5)加藤の有力スポンサーとしての佐藤
 佐藤は加藤にとって有力なスポンサーの一人である。例えば、加藤の政治資金団体「社会計画研究会」の 1994年度収支報告書によると、佐藤はこの団体に 1000万円を貸付け、更に 150万円を寄付している。(1995年8月号 財界展望)
4.北朝鮮援助米の保管問題等について
(情報源・自社所有倉庫及び借用倉庫の関係者、契約業者、関係会社退職役員)
(1)倉庫関係者の証言内容
◎ 株式会社コーショーの倉庫が所在する工業団地組合長談
(同所は JR東海道線戸塚駅北東約2km、上矢部町第2次中小企業工業団地で、以前ここには三工ポンプ《現・コーショーコーポレーション》があったが、現在は株式会社コーショーの倉庫とこれを管理する事務所となっている)
「コーショーは三工ポンプ時代から工業団地の組合に加入しているが、佐藤社長本人が会合等に顔を出したことはない。
 同社は薬品類を扱っているようだが、今までは何の説明もなく、以前、薬品の異臭で周囲とトラブルを起こしたことがある。その際にも佐藤さんが表に出るようなことはなく、現場の責任者という人物が対応していた。ここの倉庫で三工ポンプじだいから食料品等を扱っている様子は一切なく、倉庫内には常に工業用化学薬品が備蓄されている。同社がコメを扱っているという話は全く聞いたことがない」
◎ 新興運輸倉庫株式会社倉庫担当者談
(コーショーは新興運輸が東京芝浦に所有する倉庫の一部を借用して使用している)
「コーショーとは月間 600万円の取引がある。この取り引き金額の内訳は、薬品類の倉庫保管料、出し入れの際の人件費及びそれらの物品の一部運送料、営業所所在事務所家賃などで、これまでに滞納はなく、きちんと支払われている。コーショーが専用している倉庫にはドイツのケミカル会社「BASF」から輸入された工業用化学薬品をはじめ薬品類だけが保管されている。コーショーと付き合いを始めたのは昨年の1月頃からで、これまでの間、折衝などは全て「金津」さんが行っている。このためコーショーの社長は佐藤さんであることは承知しているが、人物などについては全く分からない。同社では薬品類のほか、輸入ワインと食品添加物を若干扱っていると聞いたことがあるが、ここには保管されていない。また、コメを扱っているというはなしは全く聞いていない」
◎ 宝組勝島倉庫関係者談
(コーショーは港区勝島の宝組勝島倉庫の一部を借用しているとの話を聞いたため、同所の調査を行ったが、「過去現在に至るまでコーショーと取引を行ったことはない」との回答であった)
◎ 藤木陸運関係者談
(コーショーは輸送関係の一部を藤木陸運に委託している)
「コーショーさんとは古いお付き合いである。これまで工業用薬品類やタイヤ等の運送業務を委託されているが、それ以外に食品関係を扱ったことは全くない。佐藤社長個人については会ったこともないし分からない」
◎ 京浜港運関係者談
(コーショーは同社にも輸送関係の一部を委託している。数回に亘る訪問にもかかわらず、担当者不在であったが、応対者の話によると同社はコーショーからコメなど食料品の委託を受けたことはないといわれる)
(2)佐藤経営会社退職役員の証言内容
(注)佐藤が経営(関係)する株式会社コーショー、株式会社コーショーコーポレーション、日本貨物流通株式会社の3社の退職役員計8名から関係事情の聴取を試みたが大半の元役員から忌避され、下記2名と面談するにとどまった。
◎後藤健明氏(昭和60年7月 コーショーコーポレーション役員を辞任)
「佐藤社長は何事に対しても強引で、実行力に富み計画立案にも長けている。このため周りの人物の中には『そのようなハードさについて行けない』という不満も多く、敵の多い人物でもあった。加藤紘一とは私が在社した頃から親しい付き合いがあり、頻繁に接触していたようだ。詳細は分からないが、10年前頃(三工ポンプ工業株式会社 当時)、加藤紘一の線で中国にポンプの会社をつくるという話が持ち上がったことがあるが、これは成功しなかった。私が会社を辞めるまでの間、グループ会社の中で、北朝鮮とのつながりのあった会社はなく佐藤社長個人としてもそのようなつながりはなかった。当時、コーショーなどでコメや食料品を扱ったことはなく、その後もその話は聞いていない。また、コメを扱う場合は国から何か特別の指定を受けなければならないはずであるが、グループ会社中にその指定を受けている会社はない。本人の人脈は早稲田大学時代の水泳部関係者に多く(本人は同部に所属していた)その中でもオリンピックに出場し自由形で銅メダルをとった「山中毅」との親密さが知られている。
また、加藤紘一とは特別な仲で、そのきっかけは同郷ということでの付き合いと聞いているが定かではない。
会社役員(監査役)の榎本は本人と従兄弟関係にある」
◎中川洋介氏(昭和60年7月 コーショーコーポレーション役員を辞任)
「コーショーの業務については今でも話を聞いているが、取扱品の中心は工業用薬品やドイツのタイヤで、コメや食料品等は扱っていない。佐藤社長と加藤紘一が私の在社当時から付き合っていたことは承知していた。両者は山形の高校時代からの付き合いであると聞いたことがある。北朝鮮とのつながりは極く最近のことのようで、私がいた当時には北朝鮮のことは話にも出たことがない」
以 上 

偽ドル・スーパーK と 加藤紘一   貿易会社 「大進商事」 と 「加藤 紘一」 とのつながり
http://megalodon.jp/2013-0827-2030-35/www.rondan.co.jp/html/news/seiji/super_k.html
北朝鮮への潜水用具を輸出し、外為法違反で摘発された貿易会社 「大進商事」 の背後に 加藤 紘一・前自民党幹事長の影。
「大進」 と加藤の 「点」 は “北朝鮮疑惑” で一本の 「線」 でつながる。
加藤サイドが 「政敵と公安のデッチ上げだ」 と言っていたという怪文書には、このつながりが詳しい。今回の摘発は 「加藤、北鮮疑惑」 解明の入口か。以下、その 「怪文書」 を掲載する。
偽ドル・スーパーK と 加藤紘一
 『スーパーK』 の流通に北朝鮮政府の関与が取りざたされている矢先、姫路市内の金融機関でも 『スーパーK』 とみられる百ドル札一枚が発見された。『スーパーK』 はこれまで世界各地で 700億ドルが出回っているといわれているが、昨年国内で見つかった 『スーパーK』 は 472枚。このうち 54枚が 『スーパーK』 だった。
しかも、この 54枚の 『スーパーK』 は北朝鮮系企業の近海商事が北朝鮮への輸出を目的に 95年6月に中古車を購入した際の代金5万ドルの手付け金としてその中古車の販売元でこれも同じ北朝鮮系の大進商事(渋谷)の銀行口座に振り込まれていたもの。
大進商事の社長はかって東海商事の副社長を務めていた人物。
さらに東海商事の有力取引先である新日本産業が過去 20回にわたって偽ドル識別機を北朝鮮へ輸出。
新日本産業の吉田猛社長が一昨年の渡辺美智雄を団長とする与党訪朝団に加藤紘一秘書の肩書きで参加していたことからこの一連の偽ドル事件が加藤紘一代議士と北朝鮮との新たな疑惑として浮上してきている。
 加藤代議士については、すでに先の予算委員会において新進党の米田建三代議士が北朝鮮へのコメ支援問題をめぐる加藤疑惑を追求している。米田代議士は北朝鮮に対する第二次援助米 20万トンの中に 『援助米には輸入米を当てる』 としていた閣議決定に反し全体の約3割が国産米にすり替えられていたことを指摘。
一連の援助米の調達、保管、北朝鮮への輸送に加藤代議士の事務所代表である佐藤三郎・(株)コウショウ社長や前述の吉田猛・新日本産業社長が関与していたことを外務省が認めたため、かねてから噂されていた加藤代議士と北朝鮮とのただならぬ関係を裏付ける結果となった。
さらに北朝鮮が手配した援助米運搬船を使ったサリン原材料の不正輸出が神戸で摘発されたことが加藤代議士の党内での影響力に微妙な陰を落としている。

http://megalodon.jp/2013-0827-2059-56/ameblo.jp/yoji1970/entry-11204890449.html
「インサイダー」と謎の同居東京の麻布十番には変ったビルがある。オーストリア大使館の向かい側で、近くには韓国大使館があり、5階だての、見た目はごく当たり前のビルだが、表通りに掲げた看板には「インサイダー」と小さく書かれている。
「国際ジャーナリスト」高野孟の発行する情報紙の事務所が入っているのだ。
しかしビルには、なぜかもう一つ入り口がある。ビル横の駐車スペースを入って行くと、入口の上に「金剛山国際観光」と書かれた大きな看板が、表通りからは目立たないところに掲げられている。入ると「インサイダーへおいでの方は、こちらからは入れません」という断り書きが出ている。しかし、入ってみるとまったく同じフロア。
「金剛山国際観光」と「インサイダー」のオフィスは入り口は別に構えているが、実は中でひとつに繋がっている。
そしてこの金剛山国際観光こそ高野孟のスポンサーとしてしばしば本誌に登場する謎の女性「マダム朴」の経営する会社なのである。
金剛山国際グループは、1991年10月に組織されたばかり。5つの会社で構成される一大事業体である。1988年9月に北朝鮮との間でフィフティの比率で作った合弁会社「金剛山国際貿易開発会社」。同11月に羊角島ホテル建設を目的に成立した「金剛山国際観光会社」。北朝鮮への直行便を飛ばすための「金剛山国際航空」(エア・コリア)。経済・金融の自由化を踏まえた「金剛山国際株式会社」、そして「高麗商業銀行」である。資本金はそれぞれの会社が500万ドル。
現在、平壌、北京、香港、東京、台湾に事務所を置いて活動している。
これらグループを構成する企業の業務内容をみると貿易・通商、航空・運輸、観光・リゾート、建設、不動産、金融・証券ほか、商業のあらゆる範囲をカバーし、いずれも北朝鮮と密接に関係する。まるで北朝鮮の「仮設通商代表部」の趣きさえあるのだ。いったいこの金剛山図際グループとは、そしてそのオーナーである「マダム朴」とは何者なのか。
「マダム朴」は本名を朴敬允という在米韓国人女性。
北朝鮮ロビーで金日成親子から対日交渉を商業面で一任され、日本の政治家もかなわぬ政治力で北の利権を一手に掌握する人物である。
彼女の絶大なパワーを示す一例は、北朝鮮へのビザの発給である。金剛山国際観光は、なんとビザの発給窓口業務まで行っているのである。
今回の北朝鮮と台湾の国交回復も彼女が橋渡し役であり、6月5日北朝鮮の大物政治家・催鼎根(朝鮮労働党貿易部長)の訪台も彼女のセッティングである。北朝鮮との窓口業務は、従来は朝鮮総連だったのだが、マダム朴は「朝鮮総連など頭の古い連中」と一蹴、相手にもしていない。「いくら社長がアメリカで財をなした女性だといっても、よほどのスポンサーなしにはここまで手広くやっていけない。朴のバックには文鮮明がいると思っていた。我々は彼女を北の内部撹乱を狙った韓国安全企画部の謀略の手先と考えていたくらいです」(「朝鮮新報」記者)
いずれにせよ朝鮮総連、民団にとっては、朴敬允が非常に面白くない存在であることは間違いないだろう。
マダム朴の〃“バツイチ履歴書”
 二度目の夫は大物経済人91年9月17日南北朝鮮の国連同時加盟が実現し、アントニオ猪木参院議員らの日本人有志が超党派で発起人になって「南北国連同時加盟記念祝賀会」が盛大に挙行された。
仕掛人は「コリア・レポート」辺真一編集長である。
その会場にマダム朴がいた。笑うとアキノ大統領に少し似ている容貌だ。マダム朴は57歳。1935年韓国忠清北道清州に生まれ、ソウルの首都女子高を卒業後、在韓米軍関係の事務員になった。表向きの履歴書では梨花女子大卒業と称しているが、これは虚偽の学歴である。彼女の英語力を磨いたのは女子大ではなくもっぱら米軍将校たちだった。後に米国人の紹介で渡米し、彼女はオクラホマ州立大で会計学とマーケティングを学ぶ。最初の夫(韓国人)とはそこでの学生結婚。卒業後ロサンゼルスに移り、夫は弁護士となり、彼女は不動産の斡旋業者になった。しかし最初の結婚はほどなく失敗した。
1974年、彼女の人生にとって最大の転機が、アメリカに不動産投資を目的にやってきた朴魯貞(日本名・安田英治)との出会いだ。
秘書になり親密な関係を経て再婚し、マダム朴となった。彼女のビジネスセンスは夫の影響が強い。安田を知る経済人はこう語った。
「安田英治氏は韓国生まれのビジネスマン。戦時中に日本に渡り財をなし、戦後の混乱期に東京・銀座にビルをたて、ローヤル・レコードという名のレコード会社を設立した。成功者として韓国人社会では知る人ぞ知る人物です。今でも彼の銅像がある八丈島のロイヤル・ホテルも彼の所有だった。熱海にもホテルを建設し、莫大な財を一代でなした。朴さん(安田氏のこと)は結婚でもマダムと同じバツイチでした。韓国で最初に結婚したのは17歳。そのときの子供が朴三圭、日本名・安田銀治という有名な人物です。アメリカのラスベガスでカジノを買って新聞を賑わせた、今は亡き実業家です」(前出経済人)つまり、マダム朴は安田銀治の父の後妻、義母に当たるわけである。
朴正熙政権に裏切られた「セナラ自動車疑惑事件」
 亡夫・朴魯貞のことを「朴先生」と呼ぶマダム朴。夫の影響は大きい。夫が韓国で受けた仕打ちは今でも忘れないという。1963年ごろに起こった「セナラ自動車疑惑事件」のことである。この事件は1961年の朴正熙軍事クーデターの後、韓国経済復興策の一つとして韓国を代表する自動車産業を育成しようという国策から始まった。当時のKCIA(韓国中央情報部)部長の金鐘泌(現・民自党最高委員)から協力要請があり、朴魯貞は日本の日産自動車の部品を使ったノックダウン(現地組立て)の自動車会社「セナラ自動車」を設立した。ところが、政治との癒着を拒絶したために朴魯貞は生命を落とす寸前まで追い込まれた。
 韓国の政治経済に詳しい韓国経済紙の記者は、事件とその裏事情をこう振り返る。
「朴魯貞は新政権の金鐘泌の資金源に利用されて捨てられた。韓国で一番最初の自動車会社だったセナラ自動車は利権の温床にされかかった。ノックダウンの車は生産コストが安いから価格操作しやすい。セナラの車にも金鐘泌の取り分が上乗せされた。しかし金鐘泌は配分増加や企業献金を強引に要求し、拒絶すると朴さんのパスポートを取り上げ、拘束し、拷問にかけた。朴さんは傷だらけで釜山港から漁船に隠れ、密入国で日本へ逃げた」
 この事件は企業と政府の癒着疑惑として韓国では社会問題になった。朴正熙政権と敵対関係にあった北朝鮮の金日成は事件後に韓国入国禁止となった朴魯貞を覚えており、その妻だったというマダム朴を信頼したのだと韓国経済紙の記者は言う。
「入国禁止が解けて朴さんは韓国で87年に亡くなり、350億円と言われた遺産のうち安田銀治が300億円を持ってアメリカに行き、残り50億円をマダムが相続した。銀治の死後は相続で係争中の不動産などもマダムには有利にはたらいた」
 遺産を受け継いで、彼女が朴魯貞の遺志から南北統一のためと、意気込んで最初に北朝鮮へ行ったのは88年の7月の末。彼女が特許を所有していた米糠と米油を分離する機械を売込むためだったという。そこで金日成親子に会い、金剛山開発の提案を受けた。それ以来、とくに金正日書記の厚い信頼を得てマダム朴は北朝鮮での活動を展開しているというわけである。
 国連同時加盟と合わせて北に合弁会社設立91年4月には名古屋ー平壌行きの民間人初の直行航空便、エア・コリアを在日朝鮮人実業家や旅行業者を乗せて飛ばし、6月には南北間の直接交易を実現。韓国からは米10トン、北朝鮮からは無煙炭やセメントを送る合意書を発表。バーター取引を成功させ反響を呼んだ。北朝鮮への企業進出を研究している経済アナリストは言う。
「昨年9月の南北国連同時加盟とほぼ同時に金剛山国際グループの東京事務所が、韓国大使館近くの現在地に開設。だれでも日朝国交正常化のあかつきには、ここが北朝鮮の貿易代表部の役割を果たすのでは? と思った。現にビザ発給の代行機関のようですし、一企業の業務の枠を超えている。あの興銀が融資しているという噂さえある。興銀カリフォルニア支店開設には元KCIAの朴東宣が協力したというが、マダム朴は彼とも会っているんですから。また、黒沢洋頭取は個人的にマダムと親しいが、噂では弱みを握られていて頭が上がらないらしい」
日本企業が外国に進出する際、資金を融資するのが日本興業銀行の役割。その点ではマダム朴に融資するのは筋違いである。
「確かにマダム朴は、金丸信の訪朝や現代財閥の鄭周永会長の訪朝をセットし、大字グループの金宇中会長の訪朝にも立ち会った。金正日書記と同じマンションに住み、専用のベンツで送迎されているVIPとして北では特別待遇を受けているし、韓国でも盧泰愚大統領の親戚で体育部長官の朴哲彦の個人的な相談役。アメリカの市民権をもっている彼女は韓国の反共法などは適用されない。興銀もそこに注目したらしい」(同)金丸信はじめ日本の政財界とも注目すべき人脈がある。昨年5月の名古屋ー平壌直行便には金丸信の長男の信吾、竹下派の野中広務が招待された。
「もちろん自民党では羽田孜、石井一など竹下派が中心。アントニオ猪木とも親しいが、彼女は金丸とは特に親しい。金丸の行く所には必ず彼女がエージェントのように先乗りしている。北朝鮮訪問も本当の窓口は社会党ではなく彼女だ。台湾訪問も彼女が先に入っている。今年初め北朝鮮が対台湾の貿易を開放して以来、台湾と北朝鮮との貿易も彼女の金剛山国際グループが一手に握っている。
豆満江開発にも台湾が国連開発計画(UNDP)を通じて参加を表明したのも全部彼女の根回しだ。航空ルートも日本ー北朝鮮、台湾―北朝鮮、韓国―北朝鮮というルートはエア・コリアが押える。まだ商売は小さいが政治的には極秘ミッションの派遣など恐るべき影響力があるし、航空の利権は将来凄い金を生むだろう。金日成と金丸は金泳三を通じてホットラインをもっているが、北と南と日米を自由に動けるマダム朴と文鮮明には、金丸は頭があがらない。財界もミッションに参加した大企業は『マダム詣で』のつもりですよ。西武グループが金剛山開発に乗り気で、ある商社は20億ドル提示とか、羊角島ホテルのマネージメント権もヒルトンと全日空が競争したとか聞いているよ」(自民党の若手議員)
 すべては利権がらみの動き。
 日朝国交回復をにらんでの根回しと事前の市場開拓だが、しかし、北とのつきあいの前提には大変な問題が横たわっている。
「戦後賠償金の問題。金丸筋に聞いたら『北朝鮮側には200億から300億ドル要求させるよう、朴さんに伝えてもらう。そうすれば結果が半分でも100億ドル、3分の1でも60億ドルで手打ちができる。年間8億ドルの経済援助として出せば、その見返りだけで数年は安定した収入が見込める。自民党政権の安泰がかかっている』と平然とリベート期待発言をした」(前出の自民党若手議員)
簡単に土下座外交をする理由は金だけで、心中では早く謝罪を済ませてしまいたいだけだという。
エア・コリア機内のエピソードだが、金日成が金丸信宛に生きたボラを10匹土産に持たせた。生きたまま届けるという命令を受けて水槽にエアーを送るボラ要員が2人、平壌から3時間つきっきりで面倒をみた。飛行機が名古屋空港について朝鮮側のクルーと別れるやいなや、金丸の側近はドライアイスを買い、魚を凍らせて発泡スチロールの箱に投げ込んだ。
「金丸信の腹のうちを象徴する出来事でしたね。北朝鮮には対日請求権の戦後賠償金として支払い、日本国内には経済援助という名目で送る。どちらにも都合のよい言い訳をするが利権のため。心ない友情、うわべだけの友好ですよ。10匹のボラのことはマダム朴も知っているし、彼女もまったく同じです。知らないのは金日成と北朝鮮の人間だけですよ」(ミッション同行者)
マダム朴自身も北朝鮮のことを平然と「金のなる木」と言い切る。
そこだけは亡き夫とは違うと韓国関係の企業家は指摘する。
「彼女のセリフでは、『北は天然資源の楽園で金のなる木。韓国がこれを利用しない法はない。そのためには統一するのが一番てっとり早い』。乱暴な考え方だと思いますが、彼の取り巻き連中の影響もある」(金剛山国際グループの関係者)
マダム朴の取巻き連中にはウサン臭い面々がいっぱい
 金剛山国際グループの土地・建物の登記、会社登記を見ると、ユニークな人物たちが、マダム朴のまわりを固めているのが分る。
「ビルのオーナー会社の役員は、金剛山グループの会社役員にも名を連ねていて問題の多い人物たち。
なかでも中心人物は、西田憲正、関口勉という役員です。
関口は金剛山国際グループの役員をいくつも兼任しているが、最近までアイ・ティ・エスという海外旅行代理店の会社を経営していた。
この会社は、あの『幸福の科学』の出身母体として有名なGLAという宗教団体の『フィリピン・心霊治療ツアー』を扱い、高橋信次教祖と親交をもつなど、やたらと宗教がかった人物です。マダム朴のような資産家や高橋信次のような宗教家に近づく、詐欺師的な人間で、彼はフィリピンの心霊治療ツアーで知り合ったアメリカ人から、『日本人のすごい霊能者がいる』と紹介された。それが今、TV等で話題の霊能士・美穂希夕月なんです。関口は彼女を利用して金もうけをしようと目論み、深いつきあいになったが、逆にアイ・ティ・エスを売却した5億円のうち1億円を彼女に捧げるハメになった。一時にせよ美穂さんも『関口は私のカレシなの』と紹介していたほどです。
役員の五十嵐啓子は、関口の愛人という噂がたっている。誰が見ても経営者の器ではないからでしょう。アイ・ティ・エスのツアーコンダクターだった彼女が、金剛山国際観光の代表取締役に就任しているんですから。
関口はマダム朴をスポンサーにして金剛山国際グループで大儲けしようと思ってマダムに近づいたんです。
役員の西田憲正は大手町のビル貸し業や鉄鋼の会社をもっていたんですが、バブル経済の破綻で大手町のビルを手放した。こちらもスポンサーが欲しくてマダムに近づいた人間です」(金剛山国際グループ関係者)
証券相場の予想から運勢占いに凝り始め、神頼みが昂じて「新興宗教」や「霊の世界」に走るビジネスマンの話なら腐るほどある。
しかし、金剛山国際グループが企業ぐるみで現在もっとも「お付き合い」を深めているのが、統一教会と聞いたら、もはや「笑い話」では済まないはずだ。
「金剛山グループが統一教会と手を結んだのは、文鮮明とマダム朴の利害関係が完全に一致したんです。今、五十嵐社長や関口社長が一番の上得意にしているのが統一教会とその関連会社である世一観光。朴敬允社長が、文鮮明の北朝鮮訪問を直接つないだことは事実ですし、統一教会側も世界平和教授アカデミーの福田信之の本『文鮮明師と金日成主席』の中でマダム朴の仲介があったことを認め、彼女のことを『金正日のアンテナ』と褒め称えている。マダム朴はまぎれもなく統一教会に協力的な企業家です」(統一教会ウォッチヤー)
 マダム朴は2年ほど前、中国で・朴普熙を広東省知事から紹介された。朴普熙は広東省の恵州で統一教会が失敗した自動車会社・パンダモーターの社長であり、統一教会ナンバ―2の男である。しかし、マダム朴と文鮮明とのつきあいは同じ在米韓国人同士の社会では、コリアゲートより前からのつきあいであると、在米韓国人ジャーナリストの一人は断定する。
いまや北朝鮮に「聖地」を求める統一教会文鮮明とも一体化作戦しかし、クリスチャンであるマダム朴が企業人としてあからさまに統一教会及び統一グループとっさあい始めたのはここ2年ほどのことである。
金剛山国際グループの朴鐘根・金剛山国際貿易開発社長(北側の代表)をはさんで朴普熙と北朝鮮対外経済担当の金達玄が極秘のうちに話を進めた結果、91年11月30日、反共の雄、文鮮明の北京経由での訪朝が実現した。北朝鮮ロビーに直接、文鮮明を紹介したのはあきらかにマダム朴である。
「しかし、金剛山の観光開発や豆満江の開発、南海や木浦にいくら開発の可能性があるといっても、北朝鮮の経済的困窮はかなり進んでいる。いまから開発して完成を待っていられない。北朝鮮にはもっと速効性のある外貨獲得方法が必要だ。そこで文鮮明が信者に彼の生家を訪ねさせ、金日成に援助を申し出た。合同結婚の延長で考えれば韓国にきた信者の何人かを送り込めばいいわけですから」(統一教会ウオッチャー)
 確かに文鮮明の生家観光は、まったく資本投下の必要もないし、いくらでも上乗せが可能な「錬金術観光」である。文鮮明の生家は平安北道定州にあり、彼の義理の姉・池治淑や親戚が住んでいる。統一教会の信者は、高級ホテルを望むでもなく、豪華な食事を要求することもなく、不平ひとつ漏らさずに、そこを訪ねるだけで満足してくれる客である。背に腹はかえられないところまで追い詰められている金日成にとって文鮮明しか残されていないのである。マダム朴にとっても、自分が最初に連れて行った韓国の財閥・現代グループは金剛山開発の共同声明まで出したのに結局はカラ手形に終わった。大宇グループは南浦の視察までやっておきながらこれもホゴになった。
「彼女はカチンときたはず。だから次にやってきた統一グループの文鮮明が故郷をキーワードに聖地礼拝という形で、世界中の信者に観光させドルをおとさせると見込んで、積極的に提携した。タイミング的にもまだ北側の観光施設や受入体制が出釆ておらず、JTBや近畿日本ツーリスト、総連系の中外旅行社等がいくらツアーを募集しても集まらない。文鮮明の目的が『世界言論人大会』等を平壌で開催するという功名心しかなくとも、マダム側から見れば、又はアメリカの共和党にも威力を持っており、彼女の対米工作にも役立つ。対韓国強硬派を抑え、資本投下も期待できる。一方、恩恵問題や核査察問題で日朝交渉が怪しくなり、結果的に北のイメージがますます悪くなった。しかもホテルはよくないし、食事も御馳走と呼ぶにはかなりの無理がある。それに異様に高額で、30万円から50万円で値ぎめしているというから、上乗せがすぐバレてしまう。その証拠にエア・コリアの第2便、第3便には飛ばせるだけの人数があつまらなかったはずです」(前出・統一教会ウオッチャー)
そこで急速集めたのが統一教会の関係者たちだった。
航空局の調査資料に記載された名前には、7月の23日から27日のツアーを組んだエア・コリア第3便では4つのグループの内の4班が「定州・感興視察団」となっており、参加者は次のようになっている。
宮下昭彦(世一観光社長)・今村政純(世一観光中国室係長)・可知雅之(世界基督教統一神霊協会教育部教育資料室長)・竹内清治(正心社編集部論説委員)・竹谷文男(世界日報社編集局編集委員)・小林久人(世界日報社販売局次長)・福良義昭(ハッピーワールド海外統括室長)・小林登一郎(丸興 代表取締役)・幸本京子(世一観光中国室社員)・川元謙一(世一観光高崎営業所所長)・戸丸廣安(ワシントンタイムズ東京支局記者)…と列記された名前はいずれも統一教会に縁の深い人間ばかり。
 名だたる「霊感商法」の販社の名前も一つではない。しかも斑専属のツアーコンダクターまでつけている。このメンバーの中でも、霊感商法販社と言われる(株)美友(呉服販売)の元社長でもある今村政純の肩書は今、統一教会の関連会社である世一観光の中国室係長だが、関連会社のある常務はこういう。
「合同結婚式のツアーをやってる会社が、北朝鮮ツアーもやってると聞いたので、ビックリしたよ。調べてみたら世一観光の池袋にある中国室の中に今年になって北朝鮮室ができて、今村が担当係になっている。金剛山国際観光の専門の担当窓口は彼と幸本だ。金剛山国際観光に電話すると逆に世一の彼らを紹介してくれる。完全な提携関係だね」
いきづまるマダム朴戦略と高野孟「インサイダー」の立場
 金剛山観光も節操がないと、業界人は眉をひそめることになる。
「北朝鮮側も観光客の彼らを受け入れるハード面は未整備だが、革命の聖地白頭山とともに、文鮮明の生誕地・定州を共産主義という国是を曲げてまで『宗教的聖地』と定めた。これは、合法的に統一教会を北側が認めたということです。朝鮮戦争中脱走した痴漢を金ほしさから神聖視するとは、とんでもないことです。マダム朴は、父祖の地を汚す気ですか」(民団関係者)
 おまけに今回の国際合同結婚式の後、小山田秀生の率いる219人の「三万双(組)国際合同結婚式聖地訪問団」が定州の文鮮明の生家を訪れ、文の妻・韓鶴子の生まれた平安南道安州、平壌・万景台にある金日成の生家も訪ねている。
 9月4日の「世界日報」はその時の記事で、「私たちは南北統一、世界平和実現を全面的に支持し、その決意を固めるために来ました」という小山田団長の言葉を紹介しているがソウルで脱会した元信者はこう語る。
「韓国人と日本人の祝福子女(カップル)は中国・ロシアにいく。日本人同士のなかから700人を選び、北朝鮮にプレゼントを持って入るようにすると言われました」
 金を運ぶのは合同結婚式の延長線が延びただけのことなのだ。もちろん霊感商法や偽募金で集めた金であり、マダム朴のエア・コリアはその金運びの信者たちで成り立つというわけである。
「マダムは『夫・朴先生は祖国統一のために生き、そして死にました』と亡き夫について常に朴氏の祖国愛を引き合いに出しますが、ご自身は統一教会から金をもらい金日成に金を運ぶ仲介屋として会社経営を繋いでいる。亡き夫、朴魯貞が生きていたら、この妻をどう思うでしょうか。私だったら許しません」(朝鮮総連関係者)
 バブルが弾けて苦境に陥ったのか、いまや文鮮明と組まずにはいられない状況に追い込まれたマダム朴。修羅場をくぐり抜けても祖国統一の夢は捨てなかった夫・朴魯貞なら、この苦境を果たしてどう切り抜けるか、一番聞きたいのは、ほかならぬマダム朴自身かもしれない。そしてこのマダム朴から西麻布の超豪華事務所の“便宜供与”を受けておいて、素知らぬ顔で国際ジャーナリストとしてブラウン管に登場する「インサイダー」の高野孟にも、ジャーナリストの立場とは何かをいま一度キチンと問うてみたいものである。

河信基『証言「北」ビジネス 裏外交』(講談社、2008年11月刊)
その281頁に「熱海で再会、号泣した韓徳銖と吉田龍雄」の項がある。
吉田龍雄氏は帰化する前の名前は、金泰龍であった。金泰龍は戦時下で松井石根に仕えている。
松井石根と言えば、A級戦犯として巣鴨の絞首台の露と消えた陸軍大将であった。
http://www.tamanegiya.com/yosidatakesi.html
 今日の産経新聞に「北朝鮮の闇」という特集の中で、「過去の日朝交渉や南北間の協議で、双方をつなぐ“パイプ役”として、たびたび取りざたされた。」としてAという匿名で書かれている男は吉田猛という名前の男です。
 この吉田という男は、「北朝鮮労働党の対日工作機関と直結している」ともいわれ、あの金丸の土下座外交訪朝団や韓国の財閥グループと北朝鮮側をつなぎ、2000年6月の南北首脳会談にも暗躍し平沢勝栄議員らと北朝鮮側との北京での会談(平成15年12月)でも、北朝鮮側の窓口として政府間協議に舞台が移った後も同様です。
 この吉田という男は、貿易会社の創業者で朝鮮半島出身で、後に日本に帰化した父親(故人)の代から、北朝鮮の朝鮮労働党幹部と親密な交際があり平壌の指令を受けてさまざまな動きをしていたそうです。
 親北朝鮮議員として知られ、コメ支援などに熱心であった加藤紘一議員の事務所の「加藤紘一事務所 吉田猛」という名刺を持って、渡辺訪朝団(平成7年3月)に参加したのも吉田です。

2008年07月14日 北朝鮮利権にうごきだしたKY(加藤紘一・山崎拓)コンビ

http://office-ym.seesaa.net/article/102855094.html
 自民党の加藤紘一が、相次いで「日中友好協会(会長)」「日朝国交正常化推進議員連盟(顧問)」の要職に就き、これをシオに、堰を切ったように、メディアで売国な発言を連打している。
むろん、思いつきの放言ではない。この男の発言は、つねに、計算づくで、深謀がはたらいている。
北京で行くたび、「首相の靖国参拝批判」「A級戦犯合祀反対」「戦争謝罪」「台湾独立不支持」を公言してきたのは、中国政府の飼い犬になるためで、訪韓して、「日韓併合謝罪」「従軍慰安婦謝罪」「竹島の放棄」を口にしてきたのは、韓国に独自のチャンネルをつくるためだった。
いずれも、自国を貶めて、相手国に媚びる、外務省チャイナスクール出身者特有のやり方で、そのため日本は、これまで、どれほど国益を害ってきたことか。
今回の一連の放言も、スタンドプレーで、顔色をうかがう先は、北朝鮮である。
(中略)
 北朝鮮利権ということばに、過剰反応するのには、わけがある。加藤が、北朝鮮の天敵である安倍前首相に噛みつくのは「日朝国交正常化推進議員連盟」をとおして、山崎拓とともに、利権にありつこうという魂胆があるからである。
金丸が先鞭をつけ、小沢一郎から旧橋本派、野中広務へひきつがれてきた北朝鮮利権は、野中からさらに加藤と山崎へ移ってきた経緯がある。
加藤が「コメ無償支援」に狂奔する一方で、山崎が売国奴へなりさがっていったのは、金正日から、戦後補償をふくめて、5千億円~1兆円といわれる対朝経済援助の"エージェント指名"をうけたい一心からだった。
 1995年の「連立三与党訪朝団(自・社・さ)」の事前折衝をおこなった加藤政調会長は、このとき、在日朝鮮人から日本に帰化した北のエージェント吉田猛(「衆議院加藤紘一事務所」の名刺をもたせていた)と所得税違反で逮捕、有罪判決をうけた秘書の佐藤三郎とともに、北朝鮮への米支援をすすめ、6月に30万トン、10月に20万トンの大量のコメを北朝鮮に有償・無償で支援、この支援は、96年・97年まで継続された。
一連の援助米の調達、保管、北朝鮮への輸送に、加藤事務所の代表だった佐藤三郎と吉田猛が結託していたことは、当局もつかんでおり

佐藤三郎の脱税事件では、吉田猛がらみの余罪追及で、加藤紘一の任意取調べから、逮捕もありえた(警視庁筋)

という。
情報筋によると、余罪とは――閣議決定で、輸入米を当てるとされていた第二次援助米 20万トンのうち、3割が国産米にすり替えられて、香港で転売されたという疑惑である。
支援米のうち、換金性のある日本米が、米ドルにかえられて、金正日へ献じられたというもので、この秘密工作にうごいたのが、加藤事務所の社長・佐藤三郎と同事務所の名刺をもつ吉田猛だったというのである。
 もう一つは、佐藤三郎と吉田猛が、北朝鮮製の偽ドル(『スーパー・ノート』)のマネーロンダリングに関与していたのではないかという疑いである。
 日本で発見された偽百ドル紙幣『スーパー・ノート』 は、北朝鮮へ輸出する中古車の購入をめぐって複数の北朝鮮系企業のあいだで流通していたもので、
そのなかに、佐藤三郎が関係していた企業や偽ドル識別機を北朝鮮へ輸出していた吉田猛のS社がふくまれていたとつたえられる。

だが、結局、二件とも立件されず、加藤の捜査についても、「東大出を逮捕するわけにはいかない」という法務省エリートの判断で、事件にならなかったという。


シリーズ・加藤紘一研究⑤ 検証共和・リクルート、巨額脱税事件! 私設秘書と裏社会! 北朝鮮の利権と闇!

http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/51074390.html
北朝鮮コメ利権で一挙両得を狙う
 中国政府高官との人脈を持っていた加藤は、その筋から様々なルートを以って北朝鮮と接触を図るようになる。統一教会ルート(朴啓充女史)、帰化朝鮮人実業家ルート(吉田猛新日本産業社長)、今村富也(マスコミ情報研究会事務局長)ルート。
この今村氏は金正日の義理の弟である張成沢労働党組織第一副部長及び崔龍海・金日成社会主義青年同盟委員長と直結していた。
北朝鮮人脈を売りに複数の政治家と親しくしており、小沢一郎などとも懇意であった。
 加藤が北朝鮮との国交交渉再開の小道具に使おうとしたのがコメであった。加藤の出身地の庄内地方は日本でも有数のコメ作地帯でもある。加藤は当選10回(当時)のキャリアがありながら大蔵、外務、通産、建設、農林などの主要な閣僚経験がなかった。不思議と言えば不思議なことだったが、これには理由があった。
 加藤は大臣よりは党の役員をより重視していた。これは政界と一般社会では常識というか価値観がまるで違う。自民党においては大臣になるよりは、党の要職の方がはるかに力を持っているのだ。
加藤が特にこだわったのは、「農林部会長」「自民党総合農政調査会長」などのコメに関するものだった。
これらはコメの買い入れ価格や補助金を決めるにあたって影響力を発揮した。
 今回の谷垣財務相の総裁戦出馬における予想得票でも、谷垣氏の地元京都市よりも、推薦人に名を連ねた加藤紘一の地盤である山形県の方が票は多いと見られている。それは加藤が長年に渡って、このように自民党の農政族として力を持って来たからに他ならない。この自らの立場を有利に使いこなせるのが、余剰米250万㌧の北朝鮮への無償援助であった。加藤は余剰米の処分と北朝鮮利権、更には国交正常化という一挙両得を目指すことによって、より将来への足固めをしようと企てたのである。
http://megalodon.jp/2013-0827-2219-37/blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/51074390.html

http://news.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1010635089/
78 名前:ぺ[] 投稿日:02/01/10(木) 13:30 ID:9Af8uRa5
東京国税局は自民党の加藤紘一元幹事長秘書の関係先を強制調査
80 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:02/01/10(木) 13:32 ID:OTcxjLxK
叶姉妹も加藤紘一系の接待要員だったと言われてるんだが。
キッシンジャーなども接待にあずかったとか。芸能界やばし。
89 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:02/01/10(木) 13:37 ID:qyVTKAQp
加藤ってライジング経営のミラージュにも通ってたんだろ。
タレントの卵とやりまくりだろうな・・・(゚д゚)ウラヤマー
91 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:02/01/10(木) 13:40 ID:gFOn3r0v [3/3]
芸能プロダクション「フリーゲートプロモーション」(旧ライジングプロダクション)の
巨額脱税事件に絡み
この関係で各方面イパーイ捜索できるね
94 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:02/01/10(木) 13:42 ID:CZ0rCQP9 [3/4]
86 佐藤三郎に金を流したのはライズの平瀬だから取締役の周防にも影響あると思われ
98 名前:叶裏姉妹[] 投稿日:02/01/10(木) 13:48 ID:ZyoPB7mo
叶は、横井(ニュージャパン)→中曽根だよ!
加藤は関係ないだろう。
叶姉妹のマネージャーって未だに横井の秘書だし。
106 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:02/01/10(木) 14:03 ID:6en4bgaT [2/8]
ライジングの平社長が逮捕されたときに、この話題が大きく取り上げられたよな
http://www.mainichi.co.jp/news/selection/archive/200110/19/20011019k0000e040024001c.html
加藤元幹事長秘書:旧ライジングプロ側から約1億円借り入れ 加藤紘一・自民党元幹事長の佐藤三郎秘書(60)が、法人税法違反(脱税)容疑で元社長らが逮捕された大手芸能プロダクション「フリーゲートプロモーション」(旧ライジングプロダクション、東京都港区)側から、
約1億円を借り入れていたことが、関係者の話で分かった。加藤元幹事長は毎日新聞の取材に対し、この借り入れの事実を認めている。
 佐藤秘書は加藤元幹事長の「金庫番」として知られ、元幹事長の事務所代表や、資金管理団体「社会計画研究会」の会計責任者も務めている。
 関係者によると、約1億円は99年ごろ、旧ライジングプロの関係口座から振り込まれ、すでに返済されているという。この前年には、旧ライジングの約2億9000万円に上る申告漏れが発覚していた。
 加藤元幹事長は19日朝、「佐藤秘書から、借り入れの後に報告を受けている。個人的な貸借だと聞いている」などと語った。道義的な責任については「単純な貸借ですから」と答えた。
 政治資金収支報告書によると、加藤元幹事長側には96~99年、旧ライジングプロや関連会社、逮捕された元社長の平哲夫容疑者(55)から、計230万円が献金されている。また、97年には200万円分のパーティー券を購入している。
122 名前:ムーミソ ◆LaLaLaO. [] 投稿日:02/01/10(木) 14:53 ID:fWExaPhH
どこが国税局に情報流したかをまず考えろ!
124 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:02/01/10(木) 15:35 ID:Eofu0ym3
122
ライジングプロ関係でしょう?
かなり沖縄利権みたいだし。
131 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:02/01/10(木) 16:50 ID:PK3wedsn
加藤は、外務、防衛当局から、はずされてる。中国に近すぎて危険だと。
中国は自分のライフワークだといってるくらいだ。チャイナスクールだよ。
売国奴。加藤つぶしの内偵ずっと入れてたんじゃないの。あと、いいネタ見つかって、強制捜査入れたとか。
133 名前: [] 投稿日:02/01/10(木) 17:05 ID:o1PGmjNX
加藤と言えばヤミ献金疑惑。うやむやになったけど
158 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:02/01/10(木) 19:18 ID:kBPqDLg1
加藤と北鮮を結びつけたのは野○だ。
その後加藤が手を引いたのが、確執の始まりで、加藤の乱に至る。
159 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:02/01/10(木) 19:23 ID:6en4bgaT [6/8]
158 これだな
http://www.bekkoame.ne.jp/~mki/991200sato.html
日朝交渉推進の背景
(略)
関係者の最大の関心事は「野中氏が何ゆえにかくも熱心に日朝交渉再開に入れ込むのか」である。
野中氏が北朝鮮問題に関係した契機は90年の金丸訪朝団に参加したときからである。
朝鮮労働党のスパイ吉田猛と関係が出来たのもこの時からで、吉田を加藤紘一氏に紹介したのは野中氏である。
163 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:02/01/10(木) 20:14 ID:To3YvUZH [1/2]
本丸バーニングにまでメスが入るといいんだけど。
164 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:02/01/10(木) 20:17 ID:6en4bgaT [8/8]
ライジングの顧問弁護士は、今日告発されたと思ったら、一気に逮捕
http://www.yomiuri.co.jp/04/20020110ic44.htm
元札幌国税局長を東京地検が脱税で逮捕
188 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:02/01/11(金) 05:33 ID:QvPETU3x
 自民党元幹事長・加藤紘一衆院議員の事務所の佐藤三郎代表(61)側に1997年、芸能プロ「ライジングプロダクション」(現フリーゲートプロモーション)側が1億5000万円を提供していた疑いがあることが10日、関係者の話でわかった。
同社の経理担当者は「加藤事務所に渡した」と記したメモを残していた。
http://www.yomiuri.co.jp/top/20020111it01.htm
一億円の借金以外に 一億五千万円もらってたみたいだね。鈴木あみの事務所の脱税に関与してたネオギルドとか関係ありそうだな。小室哲哉の吉本入りとか 最近のバーニングプロの発砲事件とか
190 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:02/01/11(金) 08:50 ID:bfKpXcbt
加藤氏は、かつては「魂の触れ合う仲」だった野中広務元幹事長らから何度も
「首相を目指すなら佐藤氏を切るべきだ」と進言されていたが、加藤氏は,
「佐藤は政治的パートナーだ」として耳を傾けなかったという。
野中は佐藤の悪事をすべて掴んでいたと言う事か。
191 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:02/01/11(金) 08:56 ID:XffHeESl
190 加藤の北朝鮮利権とか、野中が紹介したものだから、詳しいのは当然なんだろうな
http://www.bekkoame.ne.jp/~mki/991200sato.html
野中氏が北朝鮮問題に関係した契機は90年の金丸訪朝団に参加したときからである。朝鮮労働党のスパイ吉田猛と関係が出来たのもこの時からで、吉田を加藤紘一氏に紹介したのは野中氏である。
201 名前: [] 投稿日:02/01/11(金) 13:05 ID:LIK5Dk93
加藤は中共や北ちょんべったりで前から嫌いだったからいい気味なんだけど
野中は無傷っていうのがむかつく。
202 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:02/01/11(金) 13:08 ID:sgMCTcZe [1/7]
野中侮るべからず。
207 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:02/01/11(金) 13:24 ID:Kd3ZAMTm [1/7]
201 昨日発売の噂真に、野中の北朝鮮との関係を追求した記事が週刊新潮に載り関西の朝銀事件も、野中の力が及ぶ京都・大阪府警ではなく兵庫県警にやらせており野中包囲網を作っていると書いているので、その内にやられるんじゃないか
208 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:02/01/11(金) 13:33 ID:/ge5+CLp
この人は何かと名前が挙がるよね。
209 名前:名無しさん@お腹いっぱい[] 投稿日:02/01/11(金) 14:11 ID:Z7QM3cKW
というか加藤の件は野中と層化がやらせてるんだろう?
YKKと民主の連携潰しで。
211 名前: [] 投稿日:02/01/11(金) 14:45 ID:eWYcyzHy [2/2]
事務所代表、佐藤三郎の強制調査を「この調査は加藤事務所とは無関係である」
と言っていた加藤だが、佐藤三郎の会社の監査役に加藤紘一の妻が就いていたことが分った、加藤紘一ジ・エンドの巻ですな。
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=JOM&PG=STORY&NGID=AMAN&NWID=A0111110
215 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[SAGE] 投稿日:02/01/11(金) 14:53 ID:X0E5cpLv
加藤鉱一は2ちゃんねら~なの?
216 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:02/01/11(金) 14:55 ID:BPnxCucQ [1/2]
これからは加藤メンバーと呼ばなくちゃ
217 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:02/01/11(金) 15:12 ID:ML76XGQD [1/3]
215 その証拠に窓際国会議員のカキコをこの事件以来見かけない
219 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:02/01/11(金) 15:15 ID:YkCnx0IN
217 あれ、加藤だったのれすか?
橋本派にも大分食い込んでるはずだよな。ライジング人脈。沖縄サミットで、お馬鹿な学芸会やったんだから。
225 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:02/01/11(金) 16:03 ID:ixsD26YJ
で、2ch的には、窓際国会議員は加藤紘一@ロリ確定、と。
226 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:02/01/11(金) 16:05 ID:6q2ZmVJU [2/2]
窓際国会議員は加藤じゃないってだいぶ前聞いたよ
つーか加藤なはず無いじゃん
227 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:02/01/11(金) 16:07 ID:ML76XGQD [3/3]
226 たしかに。本当だったら支持者が泣くね。
235 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:02/01/11(金) 19:04 ID:sgMCTcZe [4/7]
去年の秋、加藤は菅と自由党の小沢と会談してたけど…>>233
野中はその辺警戒していたようだけど。
236 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:02/01/11(金) 19:07 ID:7ozx1/Ew
加藤紘一は公安廃止論者の売国奴なので逝ってよし。
237 名前:名無しさん@お腹いっぱい[] 投稿日:02/01/11(金) 19:07 ID:UlZY6Ljb [1/3]
野中が憎いのは、YKK,民主党、小沢。この連携がなければ(小沢・菅・加藤会談)
選挙制度改定ができたと思っている。
238 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:02/01/11(金) 19:08 ID:sgMCTcZe [5/7]
237 確か、小沢のことを悪魔呼ばわりしてたよな。
239 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:02/01/11(金) 19:09 ID:wCDNE2uD [2/4]
橋本内閣からずっと次期総理候補No1だったのにそんな危ない真似しないでしょ普通。
秘書が暴走したのでないなら、裏に何かあると考えるのが当然。
240 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:02/01/11(金) 19:13 ID:wCDNE2uD [3/4]
加藤って親中なのは事実だろうけど、台湾の方が人脈が多くなかったっけ?
241 名前: [] 投稿日:02/01/11(金) 19:14 ID:QUZBupwc
芸能事務所がかとちゃんに金渡して何の得が?
242 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:02/01/11(金) 19:15 ID:pX7bqUPL [1/2]
カトちゃんもトカゲの尻尾きりかあ。
246 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:02/01/11(金) 19:18 ID:Duc028kV [1/2]
でも、いい気味だよ。緊縮財政で毎年三万人自殺する国にした奴だもの。
そのくせ山形新幹線を新庄に延伸させ。とうとう年貢の納め時が来た。
264 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:02/01/11(金) 19:43 ID:Kd3ZAMTm [6/7]
去年は、北鮮への米援助の話が盛り上がらなかったのも、小泉首相ら執行部が反対だったから野中も動けなくなっていた
http://www.mainichi.co.jp/news/flash/seiji/20011102k0000m010132000c.html
北朝鮮コメ支援:再び政治問題化の様相 自民党内に慎重論
(略)
 ただ、昨年は朝鮮半島の緊張緩和を受け、日朝国交正常化交渉の進展への期待感が政府・与党に強く、それが日本人拉致問題を理由にした党内の反対論を抑えこんだ。ところが交渉は昨年10月末を最後に1年間停止したままで、再開の見通しすら立たない状況。日本人拉致問題などの懸案も解決せず、北朝鮮に厳しいスタンスを取る米ブッシュ政権が誕生するなど、環境は様変わりしている。
さらに昨年は北朝鮮との独自の人脈を持つ野中広務自民党幹事長が推進役となり、森喜朗首相や河野洋平外相(いずれも当時)らがこれを後押しした経緯があった。
しかし、小泉純一郎首相に日朝関係の改善への強い意欲は見られず、自民党の山崎拓幹事長、麻生太郎政調会長も外務省側のコメ支援打診に難色を示している。
野中氏も「今回は一切動かない」と静観の構えで、与党のハードルは高そうだ。
268 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:02/01/11(金) 19:52 ID:Duc028kV [2/2]

橋本政権の幹事長だったこと忘れられていますね。

アジア通貨危機や金融恐慌ひきおこしたトンデモナイ政権でもっとも
あの政策が正しいと論じていらっしゃった人です。
最近も円安容認発言をして居られますが、アジア通貨は大丈夫なんでしょうかね?アジア市場が混乱すれば頼みの輸出ドライブも停滞する
のは既に経験積みだったはず。
303 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:02/01/12(土) 03:05 ID:LaA0CgQl [1/3]
それより問題は 加藤はライジング所属のタレントとやったのか?
どうしても料亭のお座敷、障子の向うに敷かれた布団の上には枕が二つって
シーンが目に浮かぶ。
アムロ、SPEED、OLIVIAあたりか?
304 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:02/01/12(土) 03:19 ID:6X8bZZJ6
303 売れてないのに扱いのいい観月ありさに一票。
若しくは大穴で知念里奈(w
305 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:02/01/12(土) 05:28 ID:LaA0CgQl [2/3]
304 観月ありさは 母親の覚醒剤タイーホの時にお世話になってる可能性があるからな~
金の繋がりがあるのなら 絶対に女の繋がりもあるはずだ。
先生方はスケベだからな。
沖縄サミットがらみでアムロや知念って線もありそうなんだけどな~。
324 名前: [] 投稿日:02/01/14(月) 00:13 ID:OoJb5TBE
草加の陰謀っぽい
325 名前:名無しさん@お腹いっぱい[] 投稿日:02/01/14(月) 01:52 ID:S9xcpGd7
野中と草加は本当に汚いな。恫喝政治が国民に嫌われている事をわかっていない!
355 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:02/01/16(水) 17:07 ID:RymyZmCK
社民の総連との闇の関係も、明らかにすべきだが。
加藤氏疑惑は改革の試験紙=土井社民党党首
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020116-00000028-jij-pol
320 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:02/01/13(日) 22:11 ID:zuaSKWsp
http://ebi.2ch.net/test/read.cgi?bbs=regulate&key=994191951&st=88&to=88&nofirst=true
加藤さんキャップ持ちだったんだな。
372 名前:田口トヲロウ...だった。[sage] 投稿日:02/01/17(木) 14:38 ID:qV/++WVa
また新たな2ちゃんねら~が逮捕か...
373 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:02/01/17(木) 15:51 ID:wGO3PVrO
372 キャップ持ちでは初の逮捕?
380 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:02/01/18(金) 13:08 ID:MWbP21s0
379 朝鮮総聯の責任副議長・許宗萬および吉田猛と今村富也の推薦がある。
この許宗萬ってのが総連の首魁なんだそうな。
売国奴加藤&野中滅ぶべし。
387 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:02/01/20(日) 20:01 ID:x7HefQrh
なんで加藤鉱一が2ちゃんねらーってみんな知ってるの?
388 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:02/01/20(日) 20:02 ID:JKilkkCT
★印もらって嬉しそうにでてきたからだよーん。
389 名前:名無しさん[] 投稿日:02/01/20(日) 21:55 ID:lw+4H3mr
やっぱ、政治板にカキコしてたのか?カトちゃんは?
読んでみた方よ。
390 名前:(´・ω・`) ◆chiKoGo. [] 投稿日:02/01/20(日) 21:57 ID:EhPU5DPp
キャップもらってウレションでしゅか?
まったく・・・おちぶれたもんでしゅね
かとちゃんも
395 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:02/01/20(日) 23:44 ID:fJb+YeLb [2/2]
★★2ちゃんねるイベントに加藤紘一が登場★★
http://ebi.2ch.net/test/read.cgi/regulate/994191951/
こんなこともあった
398 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:02/01/21(月) 17:24 ID:dfkujlG+ [2/2]
395 ワラタ
2000年末。日本の戦後政治を代表する政治家、中曽根”大勲位”康弘は、後に”加藤紘一の乱”と名づけられた政変劇を評してこう云った。
「加藤はインターネットという満天の星を見上げて歩いているうち、ドブに落 ちた」

「フィクサー」熊取谷氏、傘下30社が所得隠し30億 [09/22] 
http://tokumei10.blogspot.jp/2007/09/blog-post_22.html
 財界や官界とのパイプを持ち、「政財界のフィクサー」とも呼ばれた熊取谷稔氏(67)とグループ企業約30社が東京国税局などの税務調査を受け、
2006年までの7年間で計約30億円の所得隠し
を指摘されていたことが、関係者の話でわかった。
 グループ企業間の取引価格を操作するなどして、利益が出ている企業の所得を意図的に圧縮したと認定された。経理ミスなどを含めた申告漏れは計約90億円に上る。
 所得隠しを指摘されたのは、熊取谷氏個人のほか、グループ中核のパチンコ機器製造販売会社「コスモ・イーシー」(東京都千代田区)、ゴルフ場運営会社「函南スプリングス」��文京区)など、資本や人事でつながりの深いグループ約30社。
 この中には赤字決算の企業もあったため、追徴税額は重加算税などを含めて法人税、所得税など計約7億円にとどまった。いずれも修正申告した。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070922i301.htm
http://megalodon.jp/2013-0827-2343-14/tokumei10.blogspot.jp/2007/09/blog-post_22.html


最終更新:2013年08月28日 00:01