※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

湊川親方(元小結大徹)のこと。
由来は、平成二十四年大相撲九州場所9日目の横綱日馬富士対関脇豪栄道の取り組みで、日馬富士の足が土俵外に出たとして、行事溜まりの勝負審判だった湊川親方は取り組み中に手を上げ中断させた。その後物言いの末、「湊川審判が日馬富士の足が出ていると勘違いしていた」と発表。その後取り組みやり直しという前代未聞の珍事となった。そしてやり直しの一番で日馬富士は寄り切りで豪栄道に勝利した。
最終更新:2012年11月28日 00:57