ソフト > 秋葉原クラッシュ!123ステージ+1

『常識がクラッシュする!ブロック崩しの進化系!』
常識を超えるブロック崩しとして話題となった「ブロッククラッシュ」がNintendo Switchに登場!
■ブロックを破壊するだけじゃない!これぞ「ブロック崩しの進化系!」
  • 様々なアイテムが出る「アイテムブロック」
  • 一定の範囲のブロックを破壊出来る「爆弾ブロック」
  • ボールの軌道が変化する「重力ブロック」
  • コントローラーを傾けると傾けた方向に滑る「スライドブロック」
などのギミックに加え、今作では
  • 全てのブロックを破壊出来る「爆弾ブロック(オール)」
  • ボールの軌道が矢印の方向に変わる「方向ブロック」
という新ギミックも登場!
ここに説明していないギミックもまだまだあるぞ!!

■「メイド」「コスプレイヤー」が多数登場!
今回は秋葉原で活躍するメイドや各地のイベントなどに出演経験もあるコスプレイヤーが登場!
その数なんと総勢29名!
クリアする度に獲得出来るポイントを集めると、コスプレイヤーやメイドのスチルや動画をGET!
獲得したスチルはゲーム中の背景に設定する事が可能!
お気に入りのメイド、コスプレイヤーの背景でゲームの楽しむ事が出来る!

■ステージ数は123ステージ+1!幅広い難易度を用意!
全メイド、コスプレイヤー毎にエリアを分けた全29面、ステージ数は123ステージを用意!
幾つかの段階に分かれた難易度を用意しており、最初から好きな面を選択する事が可能!
初心者でも楽しめるステージから熟練のプレイヤーも手に汗を握る高難易度ステージまで、幅広いステージを楽しむ事が出来る!
ブロックを全て破壊する通常ステージの他、上から迫ってくるブロックを破壊するステージや、ボスが出現して倒すステージもあるぞ!

■ボールや迫ってくるブロックの速度を変える事が出来るオプションも実装!
「ボールが速くてすぐにゲームオーバーになっちゃう…。」
「落下するブロックが速くて壊せない!」
という方もご安心を!
ボールや落下するブロックの速度を変える事が可能だ!
逆に
「通常の速度では物足りない!」
という方はボールの速度を上げる事も出来るぞ!

■更に!難しいステージでも安心!プレイをサポートするアイテムが登場!
「どうしてもこのステージがクリア出来ない…!」という方の為に、
新要素としてステージ選択前に全部で4種類あるサポートアイテムを使用する事が可能!
  • 普段は壊れない「お邪魔ブロック」すら破壊可能になりボールが大きくなる「おおきくな~れ」
  • ボール発射時の迫力が凄い!ボールが10個に大増殖!?「いっぱいにな~れ」
  • 落ちる範囲が狭くなって安心!壊れないブロックがバーの下に配置される「おちなくな~れ」
  • 何度落ちても続ける事が出来る!不死の力を得る事が出来る「いんふぃにっと」
サポートアイテムはスチルや動画同様、ポイントを獲得する事で獲得可能!
数に限りがあるのでここ一番のステージで使おう!

■主題歌として男装ユニット「ROYCEandGEEK」の曲がゲームを盛り上げる!
男装ユニット「ROYCEandGEEK」の楽曲が主題歌としてゲームに登場!
どこで流れるかは遊んでからのお楽しみ…!?

メーカー
ドラス
配信日
2018年11月29日

対応ハード
Nintendo Switch
セーブデータお預かり対応
対応コントローラー
Nintendo Switch Proコントローラー
 タッチスクリーン

プレイモード
TVモード, テーブルモード, 携帯モード
プレイ人数× 1

対応言語
日本語
レーティング
CERO B
セクシャル

  • 『秋葉原クラッシュ!123ステージ+1』(11/29配信・888円)クリアしたので感想書きます。
    ブロック崩しをクリアすると秋葉原のメイドさんやコスプレイヤーの写真を見ることが出来るという変なゲーム。
    タイトルの通り123以上のステージが用意されている。
    それぞれ難易度やギミック、クリア条件が異なるが、基本的には3回ミスしたらゲームオーバー。
    ステージをクリアするとタイムに応じたランク評価とポイントを獲得する。高ランクでクリアするほど多くのポイントを獲得できる。
    ポイントが一定数溜まると報酬として、ステージ挑戦時に適応できる使い捨てのサポートアイテム
    (ボールの数が増える、障害物を壊せるようになる、など…)
    もしくはメイドさんやコスプレイヤー(以下、出演者)の画像や動画を入手することができる。

    オプションでボールの速さを調節できるし、前述のサポートアイテムもある。
    ボールが当たった時の振動や、発射時の方向ジャイロ操作、またジャイロで作動するステージギミックなど、
    Switch向けにわりとちゃんとしてるのかな!?と思ったけどやっぱり変なゲームだった。 -- 名無しさん (2018-12-02 12:35:08)

  • ステージのギミックがおかしい。テクニックで攻略できるレベルではないような気がするし、
    サポートアイテムを使用する前提…それですら高ランククリアは困難に思われるステージもいくつかあったように感じた。
    ボールが当たると急加速させて跳ね返すバーが、初心者向けに用意されたボールの速さ調節を破綻させているのはともかく、
    上空でボールを吸い込んで適当な方向に放り飛ばす渦巻(拘束時間がやたら長い)はクリアタイムを無駄に延ばし、
    矢印の描かれた円の中に入ったボールをその矢印の方向に射出する仕掛けは、矢印が超高速回転しているという問題点を抱えている。
    幸いリトライは超スムーズに行えるし、祈りも通用するのだがどうしても苦行の二文字が頭に浮かんでしまう。 -- 名無しさん (2018-12-02 13:47:27)

  • 出演者の扱いにも疑問を覚える。ステージ選択画面にはそれぞれ難易度が設定された出演者たちの写真が並べられており、
    好きなものを選んでその出演者のエリア、またその中に用意された3~6つのステージに挑戦することになるのだが、
    クリア報酬はポイント制、しかも報酬で入手できるアイテムや画像の順番があらかじめ決められているから、
    つまりどういうことかというと出演者でステージを選ぶ意味がまるで無い。
    目当ての出演者の画像が見たいから難しいエリアにも挑戦してみよう、という動機づけが機能していないのはもったいない。 -- 名無しさん (2018-12-02 13:47:48)

  • 画像を入手した出演者はお気に入りキャラとして設定することができる。
    これに設定するとゲーム中、画面横でデフォルメされた出演者のイラストが出現し、
    ボールのヒット時に褒めてくれたり、ミスした時はがっくりしたりと、様々なボイスで反応してくれる…ものの、
    その声は画像の出演者とは別の声優さんによるものなので、実写でなく声も異なるなら出演者をモチーフにする必要がない。
    多少拙くてもいいから出演者本人の声で応援してほしかった。
    「オタクだけどギャル系のコスプレしてます」とプロフィールに書いてある女の子のデフォルメキャラが何故か、
    おしとやかなお嬢様ふうのボイスだったのでおそらく出演者本人の性格に準拠しているわけでもないと思われる。
    お気に入りキャラに設定した出演者は画像がゲーム中の背景に適用されるので、この点においても出演者でエリアを選ぶ意味がない。

    報酬で動画も入手できるがわずか10数秒の挨拶程度でほとんど魅力が伝わってこない。
    とにかくタイトルの秋葉原要素をゲームとして上手く扱えていなかったことを非常に残念に思う、奇妙な体験だった。 -- 名無しさん (2018-12-02 13:48:09)

名前:
コメント: