ソフト > アスディバインハーツ

―そして想いは、世界を越える
王都を目指す少年ソルと幼なじみのステラを、奇妙な出会いが待っていた。
ネコ型凶獣の子供が突如えらそうに喋りだし、自分は「神」だと言い出した!
神々の争いに否応なく巻き込まれた2人は、ソルを勇者と慕う少女・アリエス、王都の巫女・セレーネも仲間に加え長く険しい、トラブル満載の冒険に旅立つ羽目に……。
彼らは果たして世界を救えるのか。そして、ソルを巡る恋の行方は如何に……?
連続ヒットやオーバーキル、5人での陣形要素にスキル連発、超強力必殺技「ブレイク」など、バトルでド派手に戦える要素がてんこもり。 
ジュエルを組み合わせて、キャラクターをあなただけの仕様に強化。 
多数のサブクエスト、闘技場、レアアイテム集め……度を超えたやりこみ要素は、60時間かかってもまだ終わらないレベル! 
幼なじみゆえに素直になれないステラ、毒舌で一途な少女アリエス、強気で凛々しいがコンプレックスだらけの巫女のセレーネ、そして人間の感情に興味を抱き始める神・リオン。
皆が主人公・ソルを想うパーティでは、条件によって彼らの信頼度がどんどん変わります。
どんな結末を迎えるのか、すべてはあなたの行動次第です!

配信日
2018年4月12日
メーカー
ケムコ, EXE-CREATE

対応ハード
Nintendo Switch
対応コントローラー
Nintendo Switch Proコントローラー

プレイモード
TVモード, テーブルモード, 携帯モード
プレイ人数1人

対応言語
日本語, 英語
CERO A

  • セール履歴
    • 756円(30%off) 2019/1/31 00:00~2019/2/7 23:59


  • ◎アスディバインハーツ
    ケムコのスマホ移植低価格RPGシリーズの1つで先週配信されたもの
    結論から言うとかなり楽しめたのだけど難点も多いので短所→長所という感じで書いてみる

    まず目につくのがRPGツクール臭がするしょぼいグラフィック
    ストーリーはハーレムもので特に面白くもなければ驚きもない
    PTメンバーの名前を自由に変更できるのだが入力がまさかのガラケー方式(アを5回押すとオになるやつ)
    そこはSwitch標準のを使おうよ手抜き移植かよと思って若干萎えた
    BGMもあまりいいとは思えないうえにそもそもの曲数が少なく使い回しが目立つ

    あとこれはよくあるバグだがスリープ中もプレイ時間が経過してしまいクリアデータが156時間とかになっていた
    さすがにそこまではやってない

    という具合に値段が値段だけに短所も多いのだがそれでもやけに面白かった
    何故なのか考えてみたのだが一番はやはりテンポがいいということ
    暗転ロードはほぼないし移動スピードも速いし戦闘中の演出も簡潔で待たされることがほとんどない -- 名無しさん (2018-07-08 21:00:36)

  • 戦闘はそこそこ難易度高めで歯応えがあり序盤はわりときつく全滅することもしばしば
    中盤以降寄り道要素が増えると自然とレベルが上がり雑魚戦は余裕が出てくるがそれでもボスは苦戦する
    総じて戦闘は終盤まで楽しくいいバランスだった
    (難易度は4段階ありノーマルでの感想、もっと簡単にもできるし鬼畜なのもある)

    また新しい町に着いて装備を新調する・宝箱の中身で喜ぶといった昔ながらのRPGの楽しみもしっかりしていた
    そしてFF7でいうマテリアみたいなジュエルという装備アイテムがありこれもよくできていた
    ハクスラ的なランダム要素はないのだが合成で強化できるためこれ以上要らないとならない
    なので弱いものでも入手が嬉しいし高性能のものが手に入った時は更に嬉しくなる
    といった感じでRPGの基本をきちんと押さえている印象
    どこかのメーカーの開発者もこれをプレイして基本の大切さを思い出して欲しいくらい
    -- 名無しさん (2018-07-08 21:01:44)

  • Switch版は片手操作にも対応していてオプションから変更可能なのもポイント高い
    片手操作は左手でも右手でも可能でながらプレイが捗った
    あとグラフィックしょぼい分携帯モードでもバッテリーの減りが少なくてよかったw

    結局楽しくてレベル最大まで上げてやり込み要素もほぼほぼやり尽くしてしまった
    見た目のしょぼさからあまり期待はしていなかったのだが十分過ぎるほどに満足した
    漠然と何かRPGがやりたいと思っている人にはオススメしたい とんどない -- 名無しさん (2018-07-08 21:02:07)

  • 〇~◎:アスディバインハーツ \1080
    https://www.youtube.com/watch?v=HZLWGltY4vQ

    公式紹介画像を見た際、猫にメイドにとおよそ戦闘員らしくない仲間PTの顔ぶれに
    購入を躊躇していたんだが忘失のイストリアをクリア後に、勢いで購入

    結果としては意外にもレトロJRPGスタイルを踏襲した良作だった
    コツコツとレベルを上げていきそして物語を進めていく楽しみがある作品だと思う

    戦闘バランスについて
    イストリアは、スマホ寄りの大味な物だったが
    このゲームは、家庭用RPG的な強さバランスで調整されており、難易度はNOMALで丁度いい匙加減
    状態異常や異常回復アイテムが死に要素になっておらずボス戦は、どの戦闘でもそこそこ苦労する

    戦闘システムについては
    陣形を組んでパワーアップしたり
    縦 × 横 のマスにテトリス的な形をしたジュエルを嵌めて強化したりする仕様
    敵キャラマスは、イストリアの2×2から3×2に増えていたりと、諸々含めて
    戦闘要素の幅は広がっている -- 名無しさん (2018-07-08 22:05:00)

  • UIは多少、気になる点は多い
    商品の売り買いで余計な確認を求めて来たりカーソルがその際にあっちこっちに移動したり
    現在の選択カーソル位置が一目で解りにくくて誰の戦闘ターンなのか、良く見ないと解らなかったり
    ナナメ移動がやり辛くて、所々キャラが引っ掛かったりする
    現状も継続的にRPGを生産している様なのでこういう部分、どこかで改善されると期待したい

    敵キャラの種類については
    他作品からの使いまわしが少々目につき予算の都合からくる妥協が見て取れる

    音楽は悪くないけど、曲数が足りてない印象
    これもきっと、予算的な理由なんだろけど
    ボス戦が多い作品なんで終盤、ボスBGMに耳が慣れてしまい
    ここぞと言う時に使われる感が消え失せてしまった
    後一曲だけ、ボス戦用の曲を用意してシナリオ前半用・後半用で使い分けたら
    自分は文句なしに◎をつけてたと思う -- 名無しさん (2018-07-08 22:05:16)

  • メインシナリオは普通~やや良
    イストリアのメインシナリオは流し読み感が有ったがこちらはやや、先の展開が気になると感じた
    キャラクターの掛け合いも楽しいので最初はどうかと思っていたキャラクター達も段々と好きになっていった
    メイドと猫がお気に入り
    クリア時間は約30時間
    クリア後裏ボス撃破で35時間
    各キャラエンド確認済み
    クリア後の追加要素についてやり込もうとするなら更に時間は必要

    1000円で遊べるレトロスタイルのJRPGとしてコスパと品質に優れた作品
    Switchで低価格帯のJRPGを試してみたい人に最初に勧めたいと感じるタイトルだった
    既に続編も出ているらしいのでそちらの移植も、期待して待とうと思う
    オススメ

    「逃げる」コマンドについて
    戦闘画面で表示されていないので戦闘は逃げれない仕様かと思っていたんだけど
    実は「+」キーで逃げる事が可能だった
    自分みたいに、クリアまで気付かない人もいるかもなので念のため書き添えておく -- 名無しさん (2018-07-08 22:05:30)

  • アスディバインハーツ
    https://www.youtube.com/watch?v=HZLWGltY4vQ
    ケムコRPGで一番出来が良い
    1000円30時間でコスパ良
    レトロ系RPGを遊びたい人や
    インディ系のRPGを試したい人にオススメ -- 名無しさん (2018-07-08 22:33:26)

名前:
コメント: