※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

月光ほろほろ :こんばんは。生活ゲームに参りました。宜しくお願いいたします。

芝村 :記事どうぞ

イベント選択も

月光ほろほろ :はい
【予約者の名前】26-00500-01:月光ほろほろ:たけきの藩国
【実施予定日時】10月6日/21:00~22:00
【ゲームの種別】生活ゲーム
【イベントの種別(時間):消費マイル】
 ・ミニイベント(1時間):20マイル
【予約の有無】予約 有り(10マイル)
【召喚ACE】(※生活ゲームのみ)
 ・BL:藩国非滞在:10
【参加プレイヤーの食糧消費】3マイル
【合計消費マイル】計43マイル
【参加者:負担するマイル】
 ・26-00500-01:月光ほろほろ:たけきの藩国:43マイル:入学済

イベントは、二人で会えればと思います

芝村 :数分待ってね

月光ほろほろ :はい。お願いいたします


/*/


ここは春の園だ。

桜が咲き乱れている

月光ほろほろ :「綺麗だなぁー」

ヨーコ:「はい」

月光ほろほろ :「おっ!!ビックリした!…逢えて嬉しいよ、ヨーコさん」
r:にっこり笑います

芝村 :ヨーコはにこっと笑った。

月光ほろほろ :「えへへ。今日はどこ行こうか?」

Q:ヨーコさんの服装はどのようなものでしょうか?

芝村 :おとなしい、長い巻きスカートに、つばの長い帽子、花柄の長袖のカットソー

ヨーコ:「お、お弁当作ってきました」

ヨーコは恥ずかしそうに下を見てる

月光ほろほろ :「嬉しいなぁ。お腹すいてたんだよね。花も綺麗だし。どこで食べようか?」

ヨーコ:「あちらはどうでスか?」

芝村:ベンチがあるね。

桜の木の下だ

月光ほろほろ :「うん、行こう」

r:そっと手をつなぎます(驚かせないように優しく)

芝村 :ヨーコは速度を落としておずおずとついてくる

ヨーコの顔が輝いた。嬉しそうだ。一緒に歩いている。

月光ほろほろ :「桜って本当に綺麗だよね…」

芝村 :ヨーコは桜を見上げた。

ヨーコ:「はい」

月光ほろほろ :「なんだかこう、ポップコーンみたいに弾けるというか、こう…良いな。一緒に見れて嬉しい」

芝村 :ヨーコは恥ずかしそうに下を向いてうなずいた。

顔が赤い。

月光ほろほろ :r:自分も真っ赤です。熱いくらい

芝村 :ヨーコはちょっと貴方のそばに寄りました

月光ほろほろ :r:笑顔があふれて大変です

月光ほろほろ :「ベンチ、座ろうね」

ヨーコ:「はい」

一緒に座った。

ヨーコはお弁当の包みを開いている

月光ほろほろ :r:ワクワク見ています

芝村 :花をあしらった弁当だね。気合いはいっている。

月光ほろほろ :「うわぁ…美味しそう。それに綺麗。時間かかったよね。ありがとう、嬉しい」

r:ウエットティッシュで手を拭きます。ヨーコさんにも新しいのを渡します。

芝村 :ヨーコは三段重ねにしていた。

ヨーコ:「い、色々食べてもらいたくて・・・量が」

月光ほろほろ :「ぅははは!大丈夫。俺、身体が大きいから!美味しそうだなぁ!!」

ヨーコ:「わ、私もたべます」

ヨーコは小さくなってる。

月光ほろほろ :「うん。一緒に食べよう。桜も素敵だけど、ヨーコさんと一緒に食べるのが一番のご馳走だよ」

月光ほろほろ :r:嬉しそうにニコニコします

芝村 :ヨーコは照れてうなずいた。

おにぎりは絶妙だった。

月光ほろほろ :「美味しい!本当に美味しいよ!!」

月光ほろほろ :r:大事によくかんで食べます

芝村 :ヨーコは嬉しそうに微笑んだ。

佃煮だけで六種類ある。わかごがうまい

月光ほろほろ :「ヨーコさんも食べて、美味しいよ!…って知ってるか」

r:お酒も入ってないのにテンション高いです

ヨーコ:「はい」

月光ほろほろ :「おススメのオカズはある?」

ヨーコ:「鮎を焼いてみました」

ヨーコは鮎を貴方の前においた。

月光ほろほろ :「鮎とおにぎりなんて、至福だ。じゃあ鮎いただくね」

ヨーコ:「はい」

どういう技か、暖かくて塩も振りかけた直後のようだ。

うまい。

月光ほろほろ :「美味しい…身がホロホロで、あたたかくて。まるで今焼きあがったみたい」

r:丁寧に鮎の身を骨から外して食べます

芝村 :ヨーコはにこにこ笑っている。

幸せそうだ

月光ほろほろ :「美味しい。それに作ってきてくれて嬉しい」

「この鮎美味しいよ。ヨーコさんも食べる?」

ヨーコ:「見てるだけで、しあわせ・・・デす」

月光ほろほろ :r:あーんして欲しいので、鮎の身をつまみます

ヨーコは顔を赤くしながら口を開いた。

月光ほろほろ :r:食べてもらいます。そっと

芝村 :ヨーコは食べた。

ヨーコは下向いてうなずいた。

月光ほろほろ :「美味しいよね。あー楽しいなぁ。桜の花の満開の下、お弁当最高」

ヨーコ:「……好きデス」

ヨーコ:「あ、アナタが」

月光ほろほろ :「俺も好き」

r:手を握ります

r:お弁当は、落とさないようにキープしつつ

「好きなんだ。…うん、本当に心のそこから好きだ」

芝村 :ヨーコはうなずいた。

ヨーコ:「・・・・・」

月光ほろほろ :r:じっと見つめます

芝村 :ヨーコは目をつぶった。

月光ほろほろ :r:キスします

芝村 :ヨーコはうなずいて照れている。

ヨーコ:「た、たべましょウか?」

月光ほろほろ :「う、うん。食べましょう食べましょう!」

r:頬は焼けそうに熱いです。心臓がバクバクいいます

芝村 :ヨーコは貴方に卵焼きをたべさせようとしている

月光ほろほろ :「ぁ、あーん」

r:大口開けます

芝村 :卵焼きは微妙に甘く。うまい

月光ほろほろ :「美味しい…優しい味がする」

ヨーコ:「はい」

ヨーコ:「……」

ヨーコは何も言えずに下を見た

月光ほろほろ :「はい。あーんして?」

芝村 :ヨーコ:「はい」

月光ほろほろ :r:卵焼きを食べさせます

芝村 :ヨーコはちょっと口をあけた

月光ほろほろ :r:優しく食べてもらいます

芝村 :ヨーコは優しく食べた後で照れて、結局本当に言いたいことは、言い損ねた


/*/


はい。おつかれさまでしたー

月光ほろほろ :ありがとうございますー

Σ(゚Д゚,,)>本当に言いたいこと

芝村 :ははは。

まあいいか。

評価は+2+2

微笑青空、どうぞ

月光ほろほろ :ええぇ!!良いんですか!?

ありがとうございます。ありがたくいただきます(ふかぶか)

芝村 :はい。

秘宝館には2,2で頼めます。

それでは解散しましょう。お疲れ様でした-

月光ほろほろ :はい。重ね重ねありがとうございました(お辞儀)お疲れ様です