※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ターン10/吏族財務/神聖巫連盟」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

ターン10/吏族財務/神聖巫連盟」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

-*罰金:-○億【未決済】 
+*裁定結果
 -[[使用された罰則用基準>http://www26.atwiki.jp/tdkm/pages/498.html]]
 -裁定手順:裁定を下し、それが適切かどうか複数回のチェックをかけ、各国の皆様からの情報を反映、最終的に基準にブレが生じていないかどうか法官長が確認し、このようになりました。 
+-裁定結果の見方:裁定番号について:法官内で識別するためマークをにつけさせていただいております。&color(blue){M:紋章 Z:財務 K:工部}
 
-*裁定結果
-裁定結果の見方:裁定番号について:法官内で識別するためにつけさせていただいております。
-&color(blue){M:紋章 Z:財務 K:工部 という識別マークになっています。}
+----
+
+&size(20){罰則額:-24億}
 
 ----
+
+-裁定番号:36-Z-01
+-罰則用基準:02-03:国内の表記ミス(数値以外の紋章関連):罰則対象:藩国
+-法官が把握した内容:根拠となるURLなどのミス
+--1件目:
+>イベント名:イベント90 マジックアイテムを探そう
+>該当内容:根拠不足
+>詳細:
+>誰が参加したのか、消費はどれだけあったのかの根拠がありません。
+>戦闘への参加状況や資産の消費に関する詳しい説明を詳細で記載するようにしてください。追跡調査が非常に困難となります。
+--2件目:
+>イベント名:ターン8市場
+>該当内容:根拠不足
+>詳細:
+>どの資産をいくらで買ったかなど詳しい説明を詳細で記載するようにしてください。追跡調査が非常に困難となります。
+>また、6月30日の市場(生産除外)だけではケントを購入された根拠とはなりません。
+>ターン8 市場判定のおしらせ。(2)生産を、追加根拠として記載してください。
+>http://blog.tendice.jp/200803/article_29.html
+--3件目:
+>イベント名:イベント97 ベールの戦い
+>該当内容:根拠不足
+>詳細:
+>誰が参加したのか、消費はどれだけあったのかの根拠がありません。
+>戦闘への参加状況や資産の消費に関する詳しい説明を詳細で記載するようにしてください。追跡調査が非常に困難となります。
+--4件目:
+>イベント名:イベント97-2 地獄の山
+>該当内容:根拠不足
+>詳細:
+>誰が参加したのか、消費はどれだけあったのかの根拠がありません。
+>戦闘への参加状況や資産の消費に関する詳しい説明を詳細で記載するようにしてください。追跡調査が非常に困難となります。
+-罰則の理由:ゲームには直接関係しませんが、エントリーミスや吏族チェックの混乱につながります。
+-軽減発生の有無:なし
+-罰則:-4×4 = -16億
+-再発防止に向けて:コピー&ペースト後のミスや見落としが生じがちです。終了後にチェックの習慣付けをどうぞ。
+
+----
+
+-裁定番号:36-Z-02
+-罰則用基準:02-02:国内の表記ミス(財務表関連):罰則対象:藩国
+-法官が把握した内容:収入(報酬など)の反映漏れ
+>イベント名:ターン7法官俸禄
+>該当内容:反映漏れ
+>詳細:
+>3600696:有馬信乃さんの俸禄3億わんわんが未反映でした。
+>http://www26.atwiki.jp/tdkm/pages/269.html
+-罰則:なし
+-再発防止に向けて:報酬の未適用はゲームへの影響は小さいですが、編制やチェックの混乱につながります。財務表作業時のコピー&ペースト後のミスや見落としが生じがちです。リザルト発表後の作業とチェックの習慣付けをどうぞ。
+
+----
+
+-裁定番号:36-Z-03
+-罰則用基準:02-01:財務の適用ミス:罰則対象:藩国
+-法官が把握した内容:支出(消費や輸送など)の反映漏れ
+>イベント名:イベント100大規模輸送計画の策定
+>該当内容:反映漏れ
+>詳細:
+>輸送した燃料7万tが未反映でした。
+>http://civil.servic.etr.ac/?stage9%2Fevent100%2Fitem
+-罰則の理由:正確な消費の記入を行わないとゲームへ影響が出ます。
+-軽減発生の有無:なし
+-罰則:-8億
+-再発防止に向けて:ゲームへの影響が出る場合があります。また編制やチェックの混乱につながります。消費確定後などにチェックの習慣付けをどうぞ。