※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

はじめに ~法官の意味、罰則の意味~

    法官は「ミスの再発防止」のためにあり、
    罰則を出すのは「こういうミスがあり、そのミスはこれだけの重要度があります」と、以後の注意を促す意味があります。


自首ルール

    自首は「一番最初に自分(藩国)でミスを発見し、一番最初にミスを修正申告する」ことで成立します。
    自首によって罰則が軽減されるのは、「ミスを自分で発見することによって、今後は再発しないよう、どこに注意すればいいかがわかっている証拠になる」ためです。ですから公式な吏族チェックの作業上で報告が最初に確認された時点で自首は成立しなくなります。


善意の指摘

    善意の第三者(藩国外)からのミス指摘があった場合については自首成立を認めます。
    理由については「善意の指摘を得られるような、『みんなで遊ぶ』というアイドレスの精神にのっとったプレイングができている証拠であり、そうしたプレイングは推奨される行為だから」です。一緒に遊ぶ仲間を今後も大事にするようにしてください。(つまり、この場合は幸運な予想外のサポートに甘えることなく自分でも再発防止に努めることが期待されています)