687 :New ◆QTlJyklQpI:2013/03/20(水) 17:37:38
※これはearth氏作品と違い夢幻会の日本掌握が早期に達成された設定です。

大陸ネタSS ~やりすぎ注意、二度目のハル・ノート~

「・・・・流石にこれはないだろう」

1941年、晴れて大日本帝国の総理大臣となった嶋田の目の前には前回どころでないあまりに挑発的・一方的な
通称”ハル・ノート”の内容が記されていた。

「全く米英財界の方々は余程我々が利益を上げることが気に食わないようで・・・・」
「「「そりゃあ、あれだけ毟れば・・・・・」」」

辻の言葉に夢幻会メンバーたちは仕方がないとばかりに溜息をつく。
大陸になっていたとはいえ何とか日本の中枢を掌握した夢幻会は順調に国力増強をしつつあったが
世界恐慌でのマネーゲームにて想定外の事態に発展することとなった。
簡単に言えば”毟り過ぎた”のである。

大陸化したことでの動かせる資本や変動した世界経済、それに2度目ということで微かな油断にいざという時の
ストッパー&調整役の辻がインフルエンザに倒れるなど様々な要因が絡まった結果、
世界恐慌は前回を上回る最大規模のダメージを欧米各国に与えていた。
アメリカではボーイングなど有名どころはバタバタと倒れ(無論技術は適正価格で戴いた)、
英仏独では暴動騒ぎ、そして東欧を中心に共産主義運動が激化するなど非常に悲惨な状況に
毟った張本人らも「やり過ぎだああああ!!」と顔を蒼褪めさせて叫んでいた。

結果として一国だけ利益を貪り、急成長を続ける日本帝國は欧米各国の嫉妬と警戒を買うことになり
早々に列強の経済ブロック圏形成時に叩きだされ孤立することとなった。
日英同盟も解消されたが幸い大陸化による内需と激しい内戦真っ最中の中国需要で国際的に孤立しつつも
膨大な資本と技術で発展し続けたが共産化寸前の東欧諸国に列強黙認の下、早期に台頭したナチスドイツが進駐、
米国のメキシコ侵攻に続く南米への干渉による英国との対立、フランスが右派と左派が入り乱れる内戦に突入するなど
史実も前回の歴史も全く役立たずな状況に夢幻会は困惑を隠しきれなかった。

やがてドイツがフランスに侵攻したことから第二次世界大戦が勃発。
傀儡政権を押し立てつつフランスを文字通り蹂躙し、BOBでは航空戦力に乏しく南米情勢から
対米関係が悪化し大規模な支援を受けられなかった英国が押し負け、チャーチルが顔を歪めながらドイツ有利の
停戦協定にサインという形で終結、ドイツは対ソ連戦へ移行することとなる。

その間中国市場をほぼ牛耳る形になっている日本へ中国市場を求める米国が露骨なネガティブキャンペーンを開始。
米国での黄禍論の激化や日本商船への臨検などにより対米関係は瞬く間に険悪となり、
ドイツとの停戦後弱体化した英国も日本による植民地への干渉や独立運動を警戒して米国と連動する動きを見せるなど
夢幻会の戦争回避の努力も虚しく1941年、フィリピンの政府機関施設への爆破テロとマレー向けの日本商船
の中から大量の日本製兵器が出たことで米英は”日本政府の画策したテロ行為である”と糾弾。
日本に対し内南洋の非武装化と米英への統治の移譲、中国大陸の権益放棄に加え一方的な軍備制限など
を要求する”ハル・ノート”を掲示し米英国内の日本資産を凍結したことで対米英戦は決定的となった。

「オランダはどうなっている?」
「今は様子見している段階だが戦況如何によってはあっちにつくだろう」
「大陸は奉天・国民党・共産党でほぼ三竦みの状態で争っているのでこちらに構う余裕はないでしょう。
ソ連はまだシベリアに兵力を置いてますがドイツ相手で兵力を引き抜きたいらしく
不可侵条約を打診してきてます」
「英国も消耗してるから実質米国1国だけだが文字通りの総力戦だな」
「初戦はやはり・・・・・」
「真珠湾攻撃だ」

かくして1941年末、対米戦の火蓋が切って落とされようとしていた。
最終更新:2013年03月24日 20:11