107 :モントゴメリー:2016/09/17(土) 22:08:12
戦後夢幻会SS 

アメリカ戦車が最も破壊された戦場はどこか?

この問に対して人々はどう答えるであろうか。

戦史・ミリタリーという迷宮に足を踏み入れたばかりの少年なら「ヴィレル・ボカージュ」や「バルクマン・コーナー」の名を挙げるだろう。しかし、幾年も迷宮をさまよい歩いている読者諸兄らならお分かりだろう。これらはヴィットマンやバルクマンといった『個人』が挙げた戦果であるから伝説として後世まで語り継がれているが、戦争全体から見れば誤差の範囲だと言う事に。付け加えるならば「ヴィレル・ボカージュ」はアメリカではなくイギリス軍が相手である。アメリカ戦車は強いて挙げてもファイアフライぐらいしかいない。まあ、少年たちもいずれそれを学ぶだろう。

迷宮に入ってある程度経った者なら「北アフリカ」を挙げるかもしれない。確かに『トーチ作戦』での戦術的敗北は大戦参加時のアメリカ軍の未熟さの象徴であるが、最大には程遠い。

さらに長い時を経たものなら「バルジの戦い」を挙げるだろう。なるほどあの戦いはアメリカ陸軍の歴史に残る大敗である。しかし、これも最大ではない。

ではどこか?「バルジの戦い」より上という所で気付いた方もいるかもしれない。答えは「レイテ湾」である。

 レイテに上陸したアメリカ陸軍の兵力は二個軍団、五個歩兵師団に一個騎兵師団である。そして、アメリカの1943年式歩兵師団にはほぼもれなく一個独立戦車大隊が付いてくる。その戦力は中戦車三個中隊59両、軽戦車一個中隊17両である(ちなみに大日本帝国陸軍の第二『戦車』師団は三個連隊、軽・中・砲戦車合計で約60両である…)。これの五倍、すなわち295両の中戦車と85両の軽戦車合計380両、騎兵師団の分も合わせると500両以上のアメリカ戦車がレイテで失われたのである。それも約2時間と言う短時間で。また、厳密には戦車ではないが、歩兵師団には更に一個独立戦車駆逐大隊も配属されておりその戦力は戦車駆逐車36両である。すなわち180両の戦車駆逐車も上記の犠牲につけ加えられる。

 太平洋戦争で数々の伝説を打ち立てた大日本帝国『連合艦隊』。私はその伝説に新たな一章を付け加えたい。『一戦場で最も多くのアメリカ戦車を破壊した者達』と。

108 :モントゴメリー:2016/09/17(土) 22:08:57
あとがき
 人生初SSです。お目汚しでした。ひゅうが氏の作品の足元にも及びませんがご笑読ください。wiki掲載は自由です。
「コテハン付けたのは何のためか?SS書くためだろう」と自分を奮い起こしてみました。病気療養中とはいえ、思いついてから2か月は掛かりすぎですからね…
 で、連合艦隊の伝説に一個付け加えさせてもらいました。米第一騎兵師団の編制がよく解らなかったので正確ではないのですが、そこはひゅうが氏かyukikaze氏に修正してもらおう(オイ)

113 :ひゅうが:2016/09/17(土) 22:26:42
いえいえ!
「そのはっそうはなかった」。
あと嘉数対戦車戦でもそれなり(最低でも100両くらい)に失われていますがレイテはやはり別格ですなw
最終更新:2016年09月21日 10:14