602 :未熟者:2015/07/04(土) 21:01:22
それではまいりますー、例の如く台本形式な感じですが










メタルギアソリッドPWブリーフィング~客観的視点~

ビッグ・ボス「カズ、何の写真だ?」

カズ「ん~?ボス、見てみるか?」

ビッグ・ボス「子供が剣牙虎に食われかけている!?」

カズ「違うボス!子供が猫にじゃれ付いて猫がそれに構っているの構図だ!癒されるだろう?」

ビッグ・ボス「いや、しかしこれはどう見ても」

カズ「ボス、お前なら分ってくれると思ったんだがなぁ」

ビッグ・ボス「・・・」

カズ「誰に見せてもこんな反応なんだ、おかしいとは思わないか?」

ビッグ・ボス「ああ、確かにおかしいな」

603 :未熟者:2015/07/04(土) 21:01:59
メタルギアソリッドPWブリーフィング~第二次世界大戦の影響~

ビッグ・ボス「しかしカズ、お前は本当に祖国が好きだな」

カズ「ま、生まれ故郷だからな」

ビッグ・ボス「日本か・・・あの底力は凄まじい、アメリカからの多くの支援があったとは言えあの大戦からの復興をあんなに早く済ますとは」

カズ「確かに現在じゃ経済と軍事と両方アメリカとは切っても切れない関係にある、アメリカも戦争での大きすぎる犠牲や損失を埋めるために日本を利用するしかなかった」

ビッグ・ボス「今じゃ日米共に双方の経済力や軍事力なしの状況なんて考えられない、そしてそんな状態でも日本は日本として自分の足で立っている」

カズ「伊達に連合国相手に一国で殴り合っていた、何て言われる国じゃないさ」

ビッグ・ボス「オイオイ、当時の同盟国はどうした」

カズ「ドイツは頑張った!」

ビッグ・ボス「ハハハハ・・・しかし当時はまさかあんな酷い戦争になるなんて誰も思っていなかっただろうな」

カズ「ボタンの掛け違え、相互の不理解、思惑の噛み合い絡み合いの結果、それで片付けるには世界は傷つきすぎた」

ビッグ・ボス「真の勝者は居らず、傷ついた体を必死に立て直そうとする者達ばかりになった」

カズ「そして互いを知ろうと思い、その結果世界の繋がりは強固になった」

ビッグ・ボス「生き残ったのなら敗北からは多くのものを学べる、時には勝利よりも遥かに多くを」

カズ「でも学んだ事を生かすには多くの試行錯誤と長い年月が必要だ」

ビッグ・ボス「時間を掛けても尚、幾つも間違いを犯すが人間だ・・・だから世界はこうなってるんだろうな」

カズ「・・・」

ビッグ・ボス「世界に戦いは尽きない、俺たちのような存在も必要とされる」

カズ「MSFのような存在や各国の特殊部隊、幾つもの平和の為に数多くの戦場が必要不可欠となった」

ビッグ・ボス「兵士や戦士が生きる場所には事欠かないな」

カズ「あの大戦が今の世界を作り上げたんだ、あの大戦がな」

604 :未熟者:2015/07/04(土) 21:03:44
メタルギアソリッドPWブリーフィング~????~

カズ「はい、はい、任務は順調です」

カズ「ええ、まだ私が二重スパイだとは感づかれては居ません」

カズ「ふざけた話です、極東の国家一つに自らの基盤を伸ばす為に世界規模の戦争なんて」

カズ「まぁ出来レースのつもりが足腰が立たなくなり最後の方で仲間割れを起こしたのは滑稽ですが」

カズ「ええ・・・奴らは滅びました、しかしその巨大な力を持つ死骸を利用しようとする者達は残っています」

カズ「貴方からの接触がなければ全て彼らの手の平の上でした」

カズ「それではまた、我が祖国の守人達」






「賢者達がこの世界にいたなんて予想外にも程があったぞ」

「この国はさぞ彼らにとって不都合だったでしょうね、歴史的経緯から彼らの影響力から切り離され独自に動きたがる訳ですから」

「米中ソの動きが偶然にしては噛み合ってたと思ったよ」

「気付けなかったのはそれで彼らが損をしていたからです、どこの世界に国益を大幅に損なって理想を追う大国があるんですか」

「実際に賢者達以外の各国の人々は思っていただろうよ「何でこんなに運悪く出来事が重なるんだ」ってね」

「大戦とその戦後処理を含めて巨大な金銭と物資の流れを作り出し見えない影響力を広げる」

「大戦を5回繰り返せると言われた賢者の遺産の正体に実体は存在せず、世界を利用した見えない権力と資産をひねり出すネットワークか」

「当たり前ですよ、そんなお金が闇に消えたら絶対に私が気付きます」

「こんな裏話なんぞ盛大で壮大すぎて予測なんて出来んかったわ!!その為にあんな事やるか!?」

「ボロボロの筈のソビエトが何であんなに一気に元気になったかが分ったよ、こんなもんの大半を握ってたんならな」

「まぁ何とかスネークイーター作戦で賢者の遺産の一部は此方が確保できました、山猫は上手く動いてくれたようです」

「賢者たちが滅んでその遺産がどの程度の規模か不透明になったのは僥倖だった、御蔭で奴等は遺産が全て自分の手にあると思っているだろう」

「それでも気付かれるのは時間の問題でしょう、それまでに手出し出来ない位にはならねばなりません」

「現状自由に使える手札は山猫と平和の二枚のみ、辛い戦いになりそうだ」

605 :未熟者:2015/07/04(土) 21:04:42
PWのネタは以上になりますー
後これはオマケ





メタルギアソリッド4無線~動物用の装備~

スネーク「全くどこのどいつだ、剣牙虎用の強化スーツとナノマシンなんて作った国は!!」

オタコン「出会ったら即死と同義だって言うからね、ナノマシンによる補正と強化スーツを装備した剣牙虎は短距離なら陸上を走るほぼ全ての車両よりも速い」

スネーク「弱点となる五感への攻撃も強化スーツとナノマシンによって完璧に対策されているらしいじゃないか」

オタコン「その上ナノマシンでのネットワークによる情報共有で率いる人間と剣牙虎の意思のやりとりが実現された、人間並みの意思を持ち軽装甲と軽火器で武装した野生動物の出来上がりだ」

スネーク「人間より遥かに鋭敏な嗅覚、聴覚、そして強靭な身体能力、それをスーツの補正で使いこなす猛獣に追われるのは生きた心地がしなかったぞ、しかし正規の軍隊にしか所属してない筈の剣牙虎が何故リキッドのPMCに?」

オタコン「彼の国が剣牙虎を簡単に譲ったりする訳もないし、あの装備どうも正規軍の装備とは違うみたいだ」

スネーク「奴のPMCが独自に開発したと?」

オタコン「独自開発というには正規のものと類似点が数多いから影響は間違いなく受けてるだろうね、剣牙虎については・・・君と同じ産まれかな?」

スネーク「クローンか・・・確かに今じゃ絶滅危惧種だろうと遺伝子工学で数を増やすのは出来なくもない」

オタコン「方法がアナログかデジタルかは分らないけれどね、それにしても知ったらあの国は怒りそうだな」

スネーク「きっと激怒の余りリキッドを叩き潰そうとするに違いない」

オタコン「かもね」

606 :未熟者:2015/07/04(土) 21:07:49
最後ミスった・・・orz
オタコンの「かもね」で終わらせるはずが
最終更新:2016年10月12日 04:28