812 :ハニワ一号:2016/11/09(水) 20:53:40 日本大陸×信長征海伝クロスネタSS

その日にカール5世の孫であり、フェリペ2世の甥子であるパルマ公アレッサンドロ・ファルネスはスペインの将来を決めるであろう東洋経略についてスペイン国王フェリペ2世と会うことになっていた。

そして王と面談したパルマ公はフェリペ2世が旧世界を捨て、スペインの未来は海洋帝国としての繁栄にあり、また東洋に連れてゆく欧州各国の艦隊は使い潰すつもりであるとの王の真意を知ることになる。

スペイン王の真意を知ったパルマ公はこう答えることになる。

「卓見です。目論見通りに進めばスペイン王国の繁栄は千年続くでしょう。王の言う通りに世界最強であるスペイン兵と欧州各国の兵の総計10万5000人以上の兵力とこれまた世界最強のスペイン海軍の戦闘艦75隻とイングランドやフランスなど欧州各国の艦艇60隻以上の艦隊がそろえば東洋侵略を成し遂げられる事でしょう。」

そしてパルマ公は侵略すべき新たなる新大陸の名を王に尋ねるのだった。

「王よ、新たなる新大陸なるべき地はどこですか。シナですか。」

侵略すべき地を問う甥御に対して王は答える。

「ローマからの意向もある。滅んだはずの異端(ネストリウス派、日本でいう景教の事)が生き残っているかの大陸だ。そう黄金の大陸ジパング大陸こそが新たなる新大陸であり、貴様は欧州よりかき集めた十字軍を編成して異端(ネストリウス派)と現地の異教を完全に滅ぼし、真の正しき神の教えをジパング大陸に広め、欧州各国の兵と艦艇をうまくすり潰してジパング大陸をスペインの物とするのだ。本来ならば7万の兵力とスペイン海軍の戦闘艦50隻と欧州各国の艦艇40隻の予定だったのだがジパング大陸の富目当てに欧州各国が予想以上に兵を出した事に対するバランスとローマの教皇庁が今回の遠征に対して異端(ネストリウス派)と現地の異教を滅ぼし現地の民を真なる神の教えに改宗させる聖戦を宣言して十字軍認定した以上はスペインも本来の想定以上の兵力と艦艇を出さざるを得なくなったのだ。これで遠征が失敗すれば大赤字だ。パルマ公よ、今回のジパング大陸の侵略失敗は許されんぞ。」

「王の御意のままに」

ジパング大陸の経略の失敗などありえないとばかりに自信に満ちた声でパルマ公は答えた。
だがスペイン王フェリペ2世とパルマ公アレッサンドロ・ファルネスは知らなかった。征服すべきジパング大陸に何が待ち受けているのかを。

日本大陸、西洋人の言うところのジパング大陸には数十万~百数十万人以上の戦国を生き抜いた精強な大兵力と欧州では考えられない規模の大火力の重火器類、剣牙虎を始めとする未知の動物兵、西洋と変わらぬ艦船どころかそれ以上の性能の艦船をそろえた大艦隊が待ち受けており、それらの兵を統べる日本大陸を統一した織田信長という第六天魔王と織田信長を支える夢幻衆が存在する事を・・・。

そしてパルマ公アレッサンドロ・ファルネスを始めとするジパング十字軍はジパング大陸の土となって壊滅し、欧州連合艦隊は海の藻屑となって壊滅して帰ってくる事のない未来が確定したのだ。そして今回のジパング十字軍によって日本と西洋の対立は決定的なものとなり数百年後にはスペインのマドリードとイタリアのローマに西洋世界の新たなる支配者として日の丸が掲げられる未来が決定した事を神ならぬスペイン王フェリペ2世とパルマ公アレッサンドロ・ファルネスは幸福な事に知る事はなかった・・・。

814 :ハニワ一号:2016/11/09(水) 20:55:53
あとがき
今日は日本大陸と佐藤大輔の信長征海伝をクロスさせてみました。
当然ながらこの信長征海伝日本大陸には夢幻会が夢幻衆として存在しています。欧州側は原作以上の大兵力を用意しましたがそれ以上に日本大陸と信長征海の信長がチートすぎて欧州側に勝ち目はありません。欧州十字軍大壊滅と日本大陸侵攻の報復による日本軍のフィリピンを始めとする欧州植民地への逆侵攻による大損害と大赤字によって欧州の大混乱は確定されていますw
そしてこの世界の未来の日本では50口径66センチ3連奏4基12門の常備排水量30万トン戦艦「上総」型が4隻ぐらいは量産されたり、もしくはそれ以上の50万トン級の戦艦が就役している事でしょう。

誤字修正
最終更新:2016年11月15日 20:27